FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

Welcome! PHEV blog

PHEVブログにようこそ!
Welcome to PHEV BLOG!
Welkom bij PHEV BLOG!
Добро пожаловать PHEV BLOG!
訪問感謝します!
Thanks for visiting!
Bedankt voor het bezoeken
Благодарность посещения выполняется.


Outlander phev
Mitsubishi outlander phev
アウトランダーPHEV 横浜赤レンガ倉庫
Mitsubishi outlander phev at factory
アウトランダーPHEV in green
Mitsubishi Outlander phev
三菱 アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV ステッカー
アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV 碓氷峠
アウトランダーPHEV 神宮外苑紅葉
アウトランダーPHEV 芦ノ湖
アウトランダーPHEV紅葉
Mitsubishi Outlander PHEV in xmas 2016 アウトランダーPHEV クリスマス

















アウトランダーPHEV アイコン







にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ
にほんブログ村

⬆️時々トップ写真を入れ替えています。励みになりますので、ポチをお願い致します。m(_ _)m

👉PHEV関連の最新記事へクルマ関連だけを見たい時はここへ


関連記事

PageTop

ツインモーターの電動SUV PHEVは当たり前に?オペルからも発売

PSAグループは、
グループPSA(Groupe PSA)は、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクスホールブランドで自動車の製造・販売を行っているフランスの多国籍企業。です。昨年FCA(フィアット、クライスラーグループ)との統合で巨大企業グループに。
傘下のオペルからのPHEVの登場です。



グランドランドX ハイブリッド4は、ボクソール(オペル)ブランドとして初めてのプラグイン・ハイブリッド(PHEV)。中略
オペル グランドランドX ハイブリッド4 PHEV

搭載するバッテリーは13.2kWで、エンジンを用いず走行できる距離は56kmと充分。ボクソールによれば、およそ80%のユーザーは日常的な走行でガソリンを燃やすことはないだろう、としている。
7.2kWのウォールボックス充電器を用いれば、充電に必要な時間は2時間以内。ただし、500ポンド(7万円)の追加料金が必要だ。
加えてグランドランドX ハイブリッド4は、現在販売されている量産のボクソール(オペル)モデルの中では最も強力なクルマでもある。グループPSA由来の1.6L 4気筒ターボガソリンエンジンと電気モーターが組み合わさり、最高出力は300ps。4輪を駆動する。
0-100km/h加速は5.9秒でこなし、ホットハッチのドライバーを驚かせるのに不足のない瞬発力を持つ。英国では、装備の充実した4輪駆動のハイブリッド4 SRiナビの価格が、4万1500ポンド(593万円)から。ちなみにオペルは、2021年夏に日本市場への復活が予定されている。
オペル グランドランドX ハイブリッド4 PHEV

➡︎◻︎元記事に



丁度7年前の2013年初頭に三菱からアウトランダーPHEVが発売された時は、
SUVPHEVしかもツインモーターは、完全に近未来のクルマでした。
しかし今や「ネコも杓子も電動SUV」といったところです。

ツインモーターでEV航続距離50キロオーバー。
500万円前後で購入できる今風のSUV
このスペックでは何も新しいものは感じません。

日本発売になってもチャデモ対応でないと思われます。
現行アウトランダーPHEVのスペックは7年経って
完全に世界的に追いつかれてしまいました。


次期新型ではもう一度世界をあっと言わせて欲しいものです。
パワートレインが現行とほぼ同じだったら、乗り換えを悩む気がしてきました。



オペル EV GT X Experimental

➡︎◻︎オペルのピュアEV


「DS 7クロスバックE-TENSE 4×4」


➡︎◻︎グループ DSのSUV PHEV



プジョーピュアEV「プジョーe-208」

➡︎◻︎プジョーのEV e208


シトロエン C5 エアクロス SUV


➡︎◻︎同グループ シトロエンのSUV PHEV C5エアクロス

関連記事

PageTop

愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出③2014年前半 発売1年で失地回復?

愛車アウトランダーPHEV初期型が納車されてから丸7年経ちました。
今年は遂に次期型が発売される予定です。未だ未定ですが乗換も検討中です。
さて、区切りとなる8年目を迎えここで7年間を少しづつ振り返ってみたいと思います。

第3回は2014年前半です。

アウトランダーPHEV初期型の7年間を振り返る
大いに反省した三菱は、オーナーにステッカープレゼントを実施したり。
岡崎工場のラインをマスコミに公開
したり。
失地回復に頑張った時期でした。


アウトランダーPHEV2014

この春に発売技最初のマイナーチェンジが実施されました。
フロントバンパー下部にシルバーの
スキッドプレートが新装備された
ルーフレールがオプションで装着可能になった
フォグランプのメッキベゼルは、
よりスマートな新デザインに変更された
内装では、オフホワイトのレザーシートが
最上級グレードのG プレミアムパッケージで
選べるようになった。
充電リッドにロック機能が追加された。
運転席・助手席シートヒーターを標準装備
といった様な内容でした。
結構羨ましかった事を思い出します。



1月:2013年1月発売のアウトランダーPHEV遂に発売1周年を迎える。
➡︎◻︎アウトランダーPHEV発売1周年
2013年はリコール問題等で年始から大変な初年度でした。
この頃からやっとリコールで滞っていた納車待ちの方の
納車が進んで、街でアウトランダーPHEVを見るように。
2月:まずガスランダーが発売1年ちょっとでいきなりマイナーチェンジに。
フロントグリルのデザイン等が見直されました。
➡︎◻︎ガスランダーMC
3月:ユーザー向けのステッカープレゼントキャンペーン。
➡︎◻︎ステッカープレゼントキャンペーン
ユーザー向けにキャンペーンを実施するという三菱粋な計らい。
4月:アウトランダーPHEV昨年から累計3度目のリコール。
遂に3枚だったリコール済みシールが1枚に統合されました。
➡︎◻︎リコール3rd
2013年度の補助金が終了し、2014年度の補助金額が減額されるのを緩和
する目的も兼ねて、PHEVのお得なマイナーチェンジ車発売。
➡︎◻︎アウトランダーPHEV MC
5月:JNCAPファイブスター賞受賞。
運転席の安全、及び巨大バッテリーによる事故時の感電の心配払拭。
➡︎◻︎ファイブスター賞
6月:増産体制を整えた、新生岡崎工場公開。
➡︎◻︎新生岡崎工場

関連記事

PageTop

三菱ふそう、電気小型トラック「eCanter」をアスクルに納車

トラックにも電動化の波が来ているという事です。


三菱ふそうは、2020年1月21日にアスクル株式会社のグループ企業、ASKUL LOGIST株式会社へ電気小型トラック「eCanter」2台を納車した。また同日、ASKUL LOGIST新木場物流センター(東京都江東区)にて車両の納車式を開催した。


■環境のため、全車両EV化を目指す
アスクルは2030年までに全事業所からの排出、配送に係るCO2をゼロにする「2030年CO2 ゼロチャレンジ」を実現するため、原材料調達から商品配送までサプライチェーン全体でのCO2削減を進めている。
これに伴い、事業活動に関係する車輛をすべて電気自動車(EV)にすることを目指す企業が参加する国際ビジネスイニシアチブ「EV100(Electric Vehicles 100)」にも加盟。
今回、その取り組みの一環として、電動で駆動することで排出ガスが一切出ない三菱ふそうの電気小型トラック「eCanter」が導入された。

菱ふそう、電気小型トラック「eCanter」をアスクルに納車

今回納車されたeCanterは配送用トラックとして活用される予定で、Eコマース事業者への納車は国内で今回が初めてとなる。

環境に優しい「eCanter」とは
■100万キロの走行実績
電気小型トラック eCanterは、今日の都市が抱える騒音や排出ガス、CO2低減の課題を解決する答えとして、三菱ふそうが開発した車両である。
既に日本国内で46台が稼働中で、日米欧で合計100万キロ以上の走行実績があり、環境に優しく経済性に優れていることが証明されている。

■充電1.5時間で100km
eCanterは車両総重量7.5トンクラス、最長で急速充電の場合約1.5時間、普通充電では約11時間の充電で、航続距離は約100kmを確保している。

電気駆動システムには、モーター(最大出力135kW、最大トルク390Nm)と、370V・13.8kWhの高電圧リチウムイオンバッテリーパックを6個搭載している。
➡︎◻︎元記事に


菱ふそう、電気小型トラック「eCanter」をアスクルに納車

CO2削減にはトラックの電動化は効果的です。
この動きが高まると良いですね。
ちなみにこのトラックは未だ一般に販売されている
訳ではなく、以下の様なB toBのみで販売されているらしいです。



三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、2018年3月16日より、英国(ロンドン市)において世界初の量産電気小型トラック eキャンター(キャンター)を納車開始した。
新型eキャンターを英国で運行するのは、運送業のDPD社、製粉大手のホーヴィス社、物流のウィンカントン社の3社で、環境に配慮した取り組みを行う。

長年の幅広い開発と、欧州や日本での9万km以上の徹底的な試験走行を経て誕生した新型eキャンターは、MFTBCが開発し、欧州、北米市場向けの生産はポルトガルのトラマガル、日本向けの生産は日本の川崎工場で行っている。
2017年9月にニューヨークで世界発表以降、UPS社(米国)や、ヤマト運輸およびセブンイレブン(日本)、DHL、DBシェンカー、レーノス、ダクサ(ドイツ)といった企業に納車されている。
➡︎◻︎元記事に




PS いすゞはヤマト運輸にEVトラックを供給との事
日本の物流の電動化もいよいよスタートか、、


いすゞ EVトラックをヤマト運輸に

➡︎◻︎元記事に



ダイムラー「Urban eTruck」EVトラック


➡︎◻︎この技術を応用したダイムラーurban e truck

テスラ EVトラック「セミ」「ロードスター2」

➡︎◻︎テスラの電動トラック セミ

関連記事

PageTop

レクサス初のEV、『UX300e』ジュネーブに出展 価格がおいくらなのか気になる

レクサスにもいよいよピュアEVが登場。
ジュネーブに出店されるそうです。



レクサスの欧州部門は2月5日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2020に、ブランド初の市販EVの『UX300e』(Lexus UX 300e)を出展すると発表した。

トヨタ レクサスUX300e

同車は、レクサス最小のSUVの『UX』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルだ。エクステリアは、優れた空力性能を追求するために、専用ホイールや床下空力カバーを新開発した。インテリアは、シフトバイワイヤを採用したセンターコンソールなど、EVらしい操作系とした。
中略
UX 300eでは、「GA-C」プラットフォームのフロントに、最大出力204ps、最大トルク30.6kgmを発生するモーターを搭載する。パワフルなモーターにより、0~100km/h加速は7.5秒の性能を発揮する。最高速は160km/hに抑えられる。
EVでも、UXのガソリン車やハイブリッド車と同じく、ドライバーの意図に忠実な滑らかな加速フィーリングを追求した。ドライブモードセレクトによって、ペダル操作に対して、瞬時にトルクが立ち上がるEVならではの力強い加速フィーリングを味わうことも可能という。
トヨタ レクサスUX300e

また、パドルシフトによって、減速度を4段階から選択できる。ガソリン車のエンジンブレーキと同じように減速操作ができ、EVの特性を最大限生かしながら自然な操作性を実現することを目指した。
走行中のサウンドにもこだわった。アクティブサウンドコントロール(ASC)を採用することで、車両の走行状況を感じられる快適なドライビング環境を追求した。ドライバーや同乗者に心地良いサウンドをもたらすという。
専用ホイールや床下空力カバーを新開発
モーターは最大出力204ps
1回の充電での航続は最大400km
最大充電出力50kWの急速充電が可能
➡︎◻︎元記事に




これは、リーフでは物足りない。
テスラではアフターサービスが心配という御仁には、
良い選択かもしれません。
あとはおいくらかによりますが、、、、

カラーリングも
スバルヴィジヴアドレナリンコンセプトっぽくて今風。カッコいいです。

トヨタ レクサスUX300e EV


➡︎◻︎レクサスUX 300e既報記述記事

「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」

➡︎◻︎スバルヴィジヴアドレナリンコンセプト

関連記事

PageTop

愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出②2013年リコール復帰後〜素晴らしいクルマだった!

愛車アウトランダーPHEV初期型が納車されてから丸7年経ちました。
今年は遂に次期型が発売される予定です。未だ未定ですが乗換も検討中です。
さて、区切りとなる8年目を迎えここで7年間を少しづつ振り返ってみたいと思います。

第2回は2013年後半です。
アウトランダーPHEV初期型の7年間を振り返る
リコールによる全車駆動用バッテリー交換中は代車のプリウスに
乗らなければなりませんでした。(折角新車を買ったのに!泣)
その分戻ってきた時の感激はひとしおでした。
納車が2回あった様な感じでした。
そして改めてこの近未来電動車両が、従来のHVとはまったく違う
「基本充電して乗る、EV寄りのクルマ」
であることがよく理解できました。

アウトランダーPHEV初期型の7年間を振り返る
ツインモーターが生み出す電車の様な走行感や、静かでよく曲がる
異次元の乗り心地にビックリしたものです。
SAWDの効果で、まるで自分の運転が上手くなったかの様に錯覚
また、1500Wの給電でEVキャンプも楽しめました。
従来のカーライフの常識が変わりました。

アウトランダーPHEV初期型の7年間を振り返る
エンジンがかからないので、夏のエアコンの快適性にも感激しました。
ディーラーのオプションパーツをつける楽しさも。



今では懐かしい思い出です。続く、、、

アウトランダーPHEV復帰後イメージ

➡︎◻︎ただのHVとPHEVの違いを実感


アウトランダーPHEV 燃費Max

➡︎◻︎アウトランダーPHEVの短期燃費は99㎞/ℓ迄上げられる、そして—-に戻る



東京五輪開催決定 目指せ!EV環境都市

➡︎◻︎東京五輪2020開催決定(もこの頃でした)



phevはDETAILS

➡︎◻︎アウトランダーPHEV クイズ「これは一体どこの部分でしょうか?」


アウトランダーPhev


➡︎◻︎アウトランダーPHEVで運転が上手くなったような錯覚

関連記事

PageTop

愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出①2013年 納車〜電池発火全車回収事件

愛車アウトランダーPHEV初期型が納車されてから丸7年経ちました。
今年は遂に次期型が発売される予定です。未だ未定ですが乗換も検討中です。
さて、区切りとなる8年目を迎えここで7年間を少しづつ振り返ってみたいと思います。

まず第一回目は納車前後の2012年から2013年前半です。
愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出 納車
こちら7年前の納車された日に撮った写真です。
事前に200Vのニチコンの充電器を工事で設置して迎えました。
本当に嬉しかったですね(笑)。そして不安でもありました。
当時は情報が極めて少なく、
この近未来車を買ったのは正しかったのか全く予想できなかったからです。

アウトランダーphev新発売時 予約用カタログ
前年の2012年に三菱が公式に作ったのは
御覧の予約用パンフレット1枚だけ(!)
今思うとよくこれで、実車も見ずに予約したなあと思います。
(かなり勇気があります 笑➡︎◻︎勇気ある行動(実車を見ずに予約)既述記事)
こういう事を「清水の舞台から飛び降りた」と言うのではと思います。
ディーラーさんにも情報が薄く、参考になったのはSNSでした。
(このブログを始めたきっかけにもなりました)

愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出 初ドライブ
 そして実際は想像以上に素晴らしいクルマでした!。
こちらアウトランダーPHEVでの長距離初ドライブでの
東名海老名SAでの写真です。
古い形の急速充電器が1台しかありませんでした。
この頃は電気代がタダの所が多かったのが懐かしいです。
(起動用にNEXCO中日本のカードがあれば課金されませんでした)
➡︎◻︎2013年当時の急速充電サービス事情

 愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出 バッテリー発火リコール
気持ちよく乗っていた時に衝撃のニュースが、、、
リチウムイオン電池の発火懸念により「充電禁止」との事。
これではこのクルマを買った意味がありません。
本当にガッカリした事を昨日のように思い出します。

愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出 全車工場回収
そして、出荷済みの全車両を作った岡崎工場に返送して、
駆動用の巨大リチウムイオン電池を取り替えるという前代未聞の回収リコールが行われました。
その間は代車のリースカーが用意されました。
我が家はプリウスを選んだのですが、ガソリン代は払われましたが不満はありました。
但し結果的に『「アウトランダーPHEV」はHVとはまったく違うEV寄りの電動車両だ』と言う事が
図らずして理解できたわけです。

それなので戻ってきた時の感激はひとしおでした。

アウトランダーPHEV リコール1周年

➡︎◻︎2013年アウトランダーPHEVリコール生活を振り返る

愛車アウトランダーPHEV初期型7年間の思い出 2012〜2013
激動の2012年にアウトランダーPHEVの発売を知ってから、
このリコールによってプリウスに乗る事になるまで激動の1年でした。
(購入された方の中には納車待ちで、予定通り納車されなかった方も多くいました。)
しかしこの事によってこのクルマに非常に愛着が湧いたのは事実でした。


2013年の出来事


ちなみにある方の作った2013年です。
つづく、、、
次回はリコールから戻ってきてからの予定です。

関連記事

PageTop

かなり期待の本格2モーターEV「ボルボXC 40 EV」は、欧州で2020年後半には発売

ボルボXC40のEVは期待できます。
しかも今年後半には発売だというのです。




ボルボ XC40 のEV、欧州で受注開始…生産・納車は2020年後半から
フロント部分の構造を完全に再設計
1回の充電での航続は400km以上
ドライバーインターフェースはEV専用
インフォテイメントはグーグル・アンドロイドベース
ボルボXC40 EV volvo

XC40のEVは、ボルボカーズにとって初のフルEVだ。ベース車両のXC40の優れた安全基準に基づいて、ボルボカーズのセーフティエンジニアは、安全性に対する高い要件を満たす必要があった。エンジンを搭載しない状態でも、他のボルボ車と同じように乗員の安全を確保するため、フロント部分の構造を完全に再設計し、強化している。

XC40のデザインは、EV化されることにより、いっそう流線型が強調される。EVは、エンジン冷却のためのフロントグリルが不要になる。グリルが不要になったことにより、さらにクリーンかつモダンな顔つきになるという。また、内燃機関のエンジンを搭載しないため、ボンネットの下には追加の収納スペースが生まれる。テールパイプが不要になったため、リアエンドのデザインも変化する。

ボディと同色に塗装され、クローズド構造になった専用フロントグリルは、フロントエンドに独特な視覚的特長を生み出すという。このデザインは、EV化でエンジン冷却のための空気循環の必要性が減ったことで可能になった。専用のグリルには、先進運転支援システム(ADAS)プラットフォーム用のセンサーが、スマートに組み込まれる。

中略
ボルボXC40 EV

EVパワートレインは、前後にそれぞれモーターを搭載し、4輪を駆動する。2つのモーターは合計で、最大出力408hpを引き出す。1回の充電での航続は、400km以上の性能を備えている。急速チャージャーを利用すれば、バッテリーの8割の容量をおよそ40分で充電できる。

XC40のEVの独自の特長として、ボンネットの下に専用設計のフロントトランクルームが採用されている。電気モーターの方がエンジンよりもスペースを取らないため、容量約30リットルのフロントトランクルームを設けることが可能になった。

➡︎◻︎元記事に




これは本格的EVではないですか!。
東京オートサロンで見たPHEVは、正直ほとんどガソリン車と
見分けがつきませんでしたが、
このクルマはハッキリEVとわかってイイですね。


東京オートサロン2020 ボルボ XC60 T8ポールスターエンジニアード

➡︎◻︎東京オートサロンで見たボルボXC60のPHEV

ボルボ 新型S90 PHEV

➡︎◻︎ボルボS90 T8プラグインハイブリッドも2020年発売予定

関連記事

PageTop

ハンドルもミラーもない! 無人車両の公道走行 米当局が許可

遂に米国連邦政府が自動運転車(無人)の許可を出しました。




アメリカで自動運転の技術開発が活発になる中、交通当局がミラーやハンドルのない宅配用の無人車両が公道で走行できる許可を初めて出しました。
Nuro ニューロ 完全無人自動運転車

アメリカの道路交通安全局は6日、日本のソフトバンクグループが出資する自動運転ベンチャー「ニューロ」が開発した車両に、公道で走行できる一時的な許可を出したと発表しました。

許可が出たのは360度を見渡すカメラが搭載されている宅配用の小型の無人車両で、ミラーやハンドルがありません。
Nuro ニューロ 完全無人自動運転車

アメリカではカリフォルニア州などが独自に自動運転車両の公道での走行を認めていますが、連邦政府の規制当局がミラーやハンドルなどがない車両の走行を認めるのは初めてだということです。

➡︎◻︎元記事に



Amazonの活用を想定した様な写真が出ています
最高速度は40キロだそうですので高速道路にはのらない、
配送センターから近い近隣への配達をイメージすれば良い様です。。
一方の日本はトヨタが町を作って実証実験しているのでは遅すぎる気がします。
中国も許可しそうな予感がします。
そうなると日本はますます取り残される気も、、、

トヨタ実証実験都市「コネクテッド・シティ」裾野市

➡︎◻︎トヨタ コネクテッドシティ構想


アウディ アイコン 完全自動運転 AUDI aicon


➡︎◻︎ハンドルもミラーも無いアウディ

関連記事

PageTop

初期型アウトランダーPHEV リコール「ナビ不具合」車検後なのでガックリ

愛車の初期型アウトランダーPHEVがリコール対象車、直撃しました。



三菱自動車は2月13日、『アウトランダーPHEV』などのナビゲーションシステムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
三菱初期型アウトランダーPHEV リコール2020

対象となるのは『アウトランダーPHEV』、『アウトランダー』、『デリカD:5』の3車種で、2013年2月11日から10月18日に製造された3708台。このほか、交換修理用部品が組付けられた可能性がある42台も対象となる。

対象車両は、メーカー装着のナビゲーションシステムにおいて、液晶画面の電源用ICの製造工程での作業が不適切なため、通常使用しない薬液が残留しているものがある。そのため、使用過程でIC内部が断線し、液晶画面へ電源が供給されなくなり、直前直左確認用のカメラ映像が表示されず、保安基準第44条(後写鏡等の基準)に適合しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ナビゲーションシステムのシリアルナンバーを確認し、対象のものはナビゲーションシステムを良品と交換する。

不具合は12件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。
➡︎◻︎三菱公式HP



三菱初期型アウトランダーPHEV

本当に初期型のうち、リチウム電池の不具合で出荷停止になる前の
最初に納車された方々のクルマと思われます。
(2月から10月と書いてありますが、この間6〜8月は
 リコールによる生産販売停止期間なので、ほぼ実質
 その前の方々用がほとんどかと)
3度目の車検を通したばかりなのでガックリです。
ディーラーさんも大変です。

個人のカウントなので正確ではありませんが、
我が家の7年乗っている愛車のアウトランダーPHEV初期型は、
毎年1回のペースでリコールがあり累計8回と記憶しています。
三菱初期型アウトランダーPHEV リコール履歴

発売した時は、時代を5年近く先行していた近未来車だった
事を考えると仕方が無いことかもしれません。
「ユーザーに乗ってもらいながら進化したクルマ」と良く思うことにします(笑)。

さてこれが乗り換え前最後のリコールになるか?それとも、、、
最近はこれもこのクルマの進化の記録と前向きに思う様にしています。



アウトランダーPHEV黒歴史 

p❌hev
yしんぶん
リチウムイオン電池

➡︎◻︎2019 年2月エアフローセンサーリコール

⇒リコール 2017 9月エンジンコントロールユニット内リレー
アウトランダーPHEV 点火プラグ不良リコール2017


⇒□リコール 2017 5月点火プラグ



⇒□リコール 2017 4月 運転中にドアが開く恐れ

三菱燃費不正 2016

⇒□ 2016年燃費不正で販売停止


⇒□2016・6付セキュリティ脆弱性


⇒□2015年 11月燃料ホース継ぎ目

⇒□リコール 2014年その③


⇒□リコール2014年 ②
電池交換作業
➡︎◻︎岡崎工場の電池交換作業を公開!

⇒□2013年 最大のピンチ 全車工場返送バッテリーのせかえリコール
解体ショー

→⬜アウトランダーPHEV 解体ショー

関連記事

PageTop