PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

Welcome! PHEV blog

PHEVブログにようこそ!
Welcome to PHEV BLOG!
Welkom bij PHEV BLOG!
Добро пожаловать PHEV BLOG!
訪問感謝します!
Thanks for visiting!
Bedankt voor het bezoeken
Благодарность посещения выполняется.


Outlander phev
Mitsubishi outlander phev
アウトランダーPHEV 横浜赤レンガ倉庫
Mitsubishi outlander phev at factory
アウトランダーPHEV in green
Mitsubishi Outlander phev
三菱 アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV ステッカー
アウトランダーPHEV
北軽井沢 スイートグラスキャンプ場 クルマの撮影スポット アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV 夏
アウトランダーPHEV クルマと海
三菱アウトランダーPHEV リアゲート 海












アウトランダーPHEV アイコン







にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ
にほんブログ村
⬆️時々トップ写真を入れ替えています。励みになりますので、ポチをお願い致します。m(_ _)m

👉PHEV関連の最新記事へクルマ関連だけを見たい時はここへ


関連記事

PageTop

スバルのアクティブギアとも言える新型フォレスター「X−BREAK」

今夏スバルのフォレスターがモデルチェンジされます。




SUBARU(スバル)は5月18日より、新型『フォレスター』の先行予約を開始した。
スバル 新型フォレスター 「X−BREAK」

「X-BREAK」仕様は、冒険心をかきたてるデザインとアイテムを備え、アクティブさをより際立たせたモデル。エンジンは2.5リットルDOHC直噴ガソリンを搭載、リニアトロニック、AWD(常時全輪駆動)。
スバル 新型フォレスター 「X−BREAK」

新型フォレスターは、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用、安全な走行をサポート。プラットフォームは「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用、クラストップレベルの快適性と安全性能をめざした。「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車に標準装備した。

発売は夏を予定。



このモノトーンボディーカラーにオレンジのアクセントラインが入った
「X-BREAK」仕様は、
言わば三菱の好評な特別仕様車「ACTIVE GEARアクティブギア」を
いきなり標準で選択できるグレードとして発売してきた様なものです。
よく商売と顧客ニーズを把握されてます。
流石ですスバル
スバル 新型フォレスター 「X−BREAK」
乗車時、ドアを開けると運転席のシートをバックさせる運転席シート自動後退機能

東京モーターショー2015 スバル フォレスター X-BREAK


➡︎◻︎2015年東京モーターショーに出展されたフォレスター X−BREAKE

関連記事

PageTop

何故かノルウェー? ポルシェEV「Mission E」の先行受注を開始。

発売前から鳴り物入りの評判なのが
ポルシェEV「ミッションE」です。
遂にノルウェーで予約を開始したとの事。



ポルシェが同社初のEV「Mission E」の先行受注をノルウェーで開始しました。

ポルシェ ミッションE EV


システム出力は600ps、 0 –100km/h 加速が 3.5秒(0 –200km/h 12秒)の俊足で、満充電時の航続距離は500kmを超えるそうです。モーターを車両前後に搭載しており、2基のモーターで前後アクスルを駆動。ブレーキング時には効率的に運動エネルギーを回生します。



充電用のコネクトプラグがフロントフェンダー部に配置されており、800Vによる高速充電の場合、15分程度で400kmの走行が可能。ポルシェではこの高速充電を 「ターボチャージング」 と呼んでいます。



また、床に埋め込まれたコイルの上に車輌を駐車するだけで、ケーブル接続を行うことなくアンダーフロアにマウントされたリチウムイオンバッテリーを充電できる「インダクティブ充電」にも対応。
ポルシェ ミッションE EV

昨年にはメルセデス・ベンツやアウディ、ジャガーなども新型EVの先行受注をノルウェーで開始しているそうで、EV時代の「911」を予感させるポルシェ「Mission E」の予約金は約28万円となっています。





非常に長い車体の床一面に巨大なバッテリーを積んでいます。
フロントボンネットの中には何もなくスカスカです。
(トランクになるんでしょうか)。
充電コネクターの格納扉が流石の格好良さです。

しかし何で各社ノルウェーで先ず先行予約を取るのでしょうか?
EV大国で補助があるのはもちろんなのでしょうが、
お金持ちや、新し物好きが多いとか?

EV電動化王国 ノルウェー
➡︎◻︎EV電動大国ノルウェー


テスラ モデルS P100D 航続距離

➡︎◻︎ポルシェ ミッションE、テスラモデルSに対する優位性


ポルシェミッションEクロスツーリスモ

➡︎◻︎ポルシェ ミッションE 派生車「クロスツーリスモ」



ポルシェ ミッションe

➡︎◻︎ポルシェ ミッションEは本当に2万台予約を取れるのか?

関連記事

PageTop

中国市場でEV大競争、電動車両なら世界で一番選択肢が多いのは中国国民か。

電動車両に乗りたい人にとっては、
中国は世界一選択肢が多いのかもしれません。
日本未発売の日本メーカーの電動車両が
次々発売されます。



北京国際モーターショーが開幕した。世界最大の自動車市場を抱える中国政府は、電気自動車(EV)など新エネルギー車の普及に向けて規制を強化する方針で、日本勢を含む各国の自動車メーカーが最新のEVを公開した。

 中国国家統計局によると、1~3月期の新エネ車の販売台数は前年同期比154%増の約14万3000台。ショーでも展示された1022台のうち新エネ車は174台に上った。新エネ車の7割以上を中国企業が製造しており、国産メーカーのEVシフトが目立った。

 ホンダは年内発売を予定する中国向けブランド「理念」のEV試作車を、日産自動車は今年後半発売の新型EV「シルフィ ゼロ・エミッション」を、トヨタ自動車は「カローラ」と「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)をそれぞれ世界初公開した。(北京 西見由章)
理念 広汽本田 ホンダ 中国
(ホンダ 理念)
➡︎◻︎ホンダ理念記述に

日産 シルフィー EV 中国 セダン
(日産シルフィ)
➡︎◻︎日産シルフィEV記述に

トヨタ カローラ/レビン phv
(トヨタ カローラ/レビン phv)



→元記事に

こればかりでなく、欧州のメーカーの電動車両が順次発売されますし、
テスラも初の国外工場を準備中と聞いてます。
しかも現地メーカーもユニークな新興企業による電動車両が目白押し。
中国の方は選択肢が多くって羨ましいじゃあありませんか!

中国SFモータース SF5

➡︎◻︎中国SFモータースEV



アリババ出資の中国新興EV小鵬汽車、初の市販車「G3」を発表

➡︎◻︎中国の小鵬汽車EVG3

中国EV nio eve ニーオ イブ

➡︎◻︎中国のNIO イブ新興EV

関連記事

PageTop

三菱トレバー・マン氏衝撃の「パジェロとランサーに注力している」発言について、、、


三菱 中期計画とクルマのフォーメーションについて Mitsubishi mortars car formation


先日、三菱トレバー・マンCOOの衝撃のインタビューを元に、
三菱自動車の未来のグローバルカーラインナップ(フォーメーション)を
勝手に作ってみました。
(会話に出てこなかった、日本対応のデリカD:5や軽自動車ek等は除いています)
三菱CCO トレバー マン氏

➡︎◻︎三菱トレバー・マンCOO発言記事

注目すべきは、
『「アウトランダー」と「アウトランダースポーツ」(日本名:RVR)の後継モデルを発表する』
に加えて
『現在、三菱はランサーと「モンテロ」(日本名:パジェロ)に全力を注いでいる』
という非常に驚きの発言です。
これを真に受けて、現状の左側の乏しいラインナップに次期パジェロ
(一応2013年東京モーターショーの「三菱 GC PHEV concept 」を置いてます)
そして次期ランサー
(2017年東京モーターショーの「三菱 e−Evolution concept」)
を加えました。
ランサーは単なるCクラスハッチではなく、電動クロスオーバーSUVとして
復活するのでしょうか?



現行パジェロスポーツの後継者が
「三菱GT−PHEV concept」を実車化した「パジェロ デューククロス」に、
これがマンCOOの言う「モンテロ」なのか、しかし10年以上前にモデルチェンジ
したと言うのは所謂「パジェロ(モンテロ)」で「パジェロスポーツ」はモデルチェンジ
しているのでこれとは違うことを指しているとしたら、
やっぱり「パジェロ」と「デューク クロス」は別立てになるのか?興味津々です。

そしてアウトランダーが、2020年にフルモデルチェンジに、
RVR(米国名ASX アウトランダースポーツと呼ぶ国も)の後継が
2015年東京モーターショーの「三菱 eX concept」になる予定です。

これに世界戦略車の
3列車ミニバン(MPV)エクスパンダーとエクリプスクロス
加えたラインナップは壮観じゃあありませんか!
このほとんどに電動パワートレインを積むことができた時には、
日産傘下になる前に志した、「SUV×EV」でユニークな自動車メーカー
として生き残るという当初の狙いに近い非常に魅力的なラインナップ
になるような気がします。
期待します。

追記:そうなるとアウトプットが見えにくいのが次期アウトランダーです。
2019年の東京モーターショーまで見れないのか?
それとも今年のパリ、来春のジュネーブから登場してくるのか?
果たして???

三菱GT-PHEV consept パジェロduke cross アウトランダーPHEV
三菱GT-PHEVコンセプト Mitsubishi gt-phev concept

➡︎◻︎パジェロ デューククロスについて



次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測
次期アウトランダーPHEV FMC 全面改良 2020 Mitsubishi Outlander PHEV 2020

➡︎◻︎次期アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ迄


三菱 e-Evolution concept eエボリューション東京モーターショー2017 EV SUV
三菱 e-Evolution concept eエボリューション東京モーターショー2017 EV SUV



➡︎◻︎小生が見た次期ランエボ 三菱e–Evolution




ランエボファイナル 赤レンガ ルボラン2015

➡︎◻︎結果的に最後じゃなかった?ランエボ ファイナル

関連記事

PageTop

ホンダ、中国市場専用EV「理念 EV CONCEPT」発表

ホンダEVについての情報です。



ホンダは「北京モーターショー 2018」において、中国市場専用の電気自動車(EV)のコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」を世界初公開した。2018年内の発売を予定している。
理念EV CONCEPT 中国



 「理念」は広汽本田が展開するブランド。理念EVコンセプトは本田技研科技と広汽本田が共同開発した。同モデルは2017年に出資した中国のカーシェアリング会社Reachstar(リーチスター)向けに供給し、シェアリング車両としても活用する。リーチスターは中国のソフトウェア大手Neusoftのグループ会社だ。

 理念EVコンセプトのプラットフォームが中国で独自に開発したものかは非公表とした。なお、ホンダは2017年の各地のモーターショーで、新開発のEV専用プラットフォームを採用したコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」を披露し、2019年に欧州で、2020年に日本で発売する方針を明らかにしている。中国では2025年までに20車種以上の電動化モデルを投入する計画だ。


中々素敵なクロスオーバーSUVチックなデザインです。
ブルーのライティングが効いてますが、実車になると
コストダウンされそうな予感。


ちなみに中国で売られてきた広汽本田の「理念」はこんなクルマです。
理念 広汽本田 ホンダ 中国
ちょっとしたシビック〜アコードって感じでしょうか。
EVブランドを新規に起こすのより、お馴染みの車種で
発売した方がベターという判断でしょう。
本当は、東京モーターショーのアーバンEVを中国で
発売して欲しかったです。

東京モーターショー2017 ホンダブース HONDA URBAN EV CONCEPT
東京モーターショー2017 ホンダブース HONDA SPORTS EV CONCEPT

➡︎◻︎2017東京モーターショーの小生撮影

関連記事

PageTop

、『アウトランダーPHEV』が英国において、最量販電動車に

本日は英国の話



三菱自動車は、『アウトランダーPHEV』が英国において、最量販電動車になったと発表した。
三菱アウトランダーPHEV 英国

アウトランダーPHEVは2018年1~4月、英国で2695台を販売。これは、他のEVやプラグインハイブリッド車(PHV)を上回る台数。アウトランダーPHEVが最量販電動車に君臨する。

アウトランダーPHEVは、最新の2019年モデルで改良を受けた。2019年モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計とし、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割のコンポーネントを改良しているのが特徴。

エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに拡大。カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にする。

また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感が低減。三菱によると、モーター駆動が生み出す気持ちよい走りが、いっそう楽しめるチューニングを施しているという。

さらに、駆動用バッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhに。最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求している。



英国 イギリス アウトランダーPHEV


遠く英国でも評価を受けてのは嬉しい限りです。

東京オートサロン2016 三菱ブース 欧州ラリー仕様


➡︎◻︎欧州累計10万台達成!アウトランダーPHEV





世界の三菱車 global Mitsubishi car photo
世界の三菱車 global Mitsubishi car photo

➡︎◻︎三菱車のベストショット UK

関連記事

PageTop

トヨタ 中国で「C−HR EV」2020年発売へ、しかも全固体電池搭載?!

中国で電動化C−HRのEVが発売されるという情報です。




トヨタは2020年から中国市場向けに全電動化したC-HRを発売する。

トヨタ C−HR 中国


北京モーターショーで発表された内容によれば、プラグインハイブリッドのカローラやレビンの新バージョンに続いて、ゼロエミッションのクロスオーバーを発売するという。
トヨタ カローラ/レビン phv

これらのモデルは電気のみで48km程度の航続距離を実現。このプラグイン・トリオはトヨタが2020年までに10台の電動車を投入するという計画の一部で、中国政府が設定した、各ブランドの一定割合を電動車にするという規制に則ったものだ。

トヨタは中国向けプラグイン車のためのモーター、バッテリー、インバーターを生産。これらの車種は日本国外で生産される初めての電動車となる点は注目に値する。

中国におけるプラグインハイブリッド車の需要は非常に大きく、昨年はトヨタ単体で14万台を売り上げた。これは、トヨタの電動車の売り上げの40%を占めている。

プラグインハイブリッドに対する需要を満たすため、トヨタはバッテリーモジュールの生産能力を2020年までに22万ユニットまで引き上げる計画だ。同時にバッテリー検査施設も中国に設立する。

トヨタは最近2020年代前半までに全固体電池を実用化すると発表した。もしこれが実現すれば、世界初のメーカーとなる。この技術によってリチウムイオンバッテリーよりも大きなエネルギーを蓄えられるようになり、電動車の革命が起きるだろう。




トヨタとしては自慢のHVが規制の対象になってしまったことから、
先ずはPHVで対処した上で、人気のSUVクロスオーバースタイルで
ゼロエミッションに対応するという事でしょうか。
という事は、、
トヨタの共通シャーシTGNAに乗せられるEVパワートレインを
開発するという事になります。
これが出来ると、、、C-HR EVに続いてプリウスEV カムリEV
上市出来るようになりますね。
いつのまにか開発の流れは日本からでなく中国からに
注目しましょう。

トヨタC-HR カスタマイズ TRD エクストリームスタイル 東京オートサロン2017

➡︎◻︎2019年発売という情報からは1年遅れましたが、電動C−HR


全固体電池とは?


➡︎◻︎リチウムイオン電池の限界とその後に来る全固体電池

関連記事

PageTop

GWの根津美術館にカキツバタを見に行ってみた

根津美術館 GW カキツバタ 尾形光琳 燕子花図
都内港区にある根津美術館には庭園があってカキツバタが見頃というので、
愛車アウトランダーPHEVを出動させて行ってみる事にしました。
開演直後に着いたら無事9台ほどの駐車場に停められました。

根津美術館 GW カキツバタ 尾形光琳 燕子花図
ここが都内とは思えない緑豊かな庭園を降りて行くと、
そこにブルーの一団が見えてきました。

根津美術館 GW カキツバタ 尾形光琳 燕子花図
美しいカキツバタが見れました。

根津美術館 GW カキツバタ 尾形光琳 燕子花図
そしてここの美術館は、花が咲く時期に合わせて
かの有名な尾形光琳の「燕子花図屏風」を展示しているんです。
実際の花を見てから尾形光琳を見ると彼の構図のセンス良さに感心します。


根津美術館 GW カキツバタ 尾形光琳 燕子花図 ネズカフェ nezucafe
園内には「NEZU CAFE」ネズカフェがあります。
3面がガラス張りで、しかも天井に紙のような質感の
明かりとりがある明るい建物です。
カキツバタ柄の入っているカップでコーヒーをいただきました。


ちなみにカキツバタはアヤメ科でアヤメ、ショウブと見分けがつきません。
「いずれがあやめ、かきつばた」と言うように
いずれ劣らぬ美人が二人いるときに使っていました。
見分け方は
花弁の元を見よ!花菖蒲(カキツバタ)が黄色の目型模様、
あやめが網目模様、杜若(ショウブ)が白の目型模様。・・・だそうです。

横須賀しょうぶ園

➡︎◻︎横須賀 しょうぶ園

関連記事

PageTop

スノーピークコンセプトのレストラン「グランピングIKU青山」に行ってみました。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
都内にスノーピークが監修したグランピングコンセプトのレストランがあると聞いたので
GWに行ってきました。こちらのビルの屋上です。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
ビルの屋上ですが天井のシェードを開けていて、開放的なオープンエアです。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
この日は特別メニューでしたが、スノーピークのカトラリーやグッズに
囲まれて気分が上がります。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
最初にサーブされたのがコールドジュースです。
材料の野菜果物の見本も一緒に出ます。
次が見た目も美しいサラダです。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
ここで、スノーピークのガーデンテーブルに埋め込まれている
石油コンロ「タクード」に火がつけられます。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
その上に順次スキレットに入れられた料理が出てきます。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
最後はいよいよBBQです。
既にグリルしてありますが、:最後の仕上げに焦げ目を入れて
グランピング気分です。

グランピングIKU青山 スノーピーク レストラン
最後にデザートとコーヒーを頂いたところで、
お誕生日のサービスプレートを頂きました!
お店の方の対応も素晴らしく
思い出に残るランチになりました。感謝。

LINEスタンプ うさまる



熊谷 グランピング日帰り温泉 おふろcafe BIVOUAC ビバーク

➡︎◻︎グランピングコンセプトの日帰り温泉



アーセンプレイス 子安の里 earthen place グランピングカフェ

➡︎◻︎グランピングコンセプトのカフェ




星のや富士 くんせいづくりアクティビティー燻製


➡︎◻︎グランピングコンセプトのホテル星のや富士

関連記事

PageTop