FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

Welcome! PHEV blog

PHEVブログにようこそ!
Welcome to PHEV BLOG!
Welkom bij PHEV BLOG!
Добро пожаловать PHEV BLOG!
訪問感謝します!
Thanks for visiting!
Bedankt voor het bezoeken
Благодарность посещения выполняется.


Outlander phev
Mitsubishi outlander phev
アウトランダーPHEV 横浜赤レンガ倉庫
Mitsubishi outlander phev at factory
アウトランダーPHEV in green
Mitsubishi Outlander phev
三菱 アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV ステッカー
アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV 碓氷峠
三菱アウトランダーPHEV 春
桜とクルマ アウトランダーphev
Mitsubishi Outlander phev under cherry blossoms 桜
アウトランダーPHEV 桜 勝浦市佐野
Mitsubishi Outlander アウトランダーPHEV 桜




















アウトランダーPHEV アイコン







にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ
にほんブログ村

⬆️時々トップ写真を入れ替えています。励みになりますので、ポチをお願い致します。m(_ _)m

👉PHEV関連の最新記事へクルマ関連だけを見たい時はここへ


関連記事

PageTop

三菱欧州OEM車はルノー「アルカナ」と「カジャー」をベースか?

欧州での新型車の投入が凍結とも発表された三菱ですが、
昨今一転してルノーのOEMによる投入が検討されているという報道が
今回それを受けて、ベース車は「アルカナ」と「カジャー」ではないか
という予想記事予想CGを紹介します。



三菱自動車は仏・ルノーからOEM供給を受け、2つの姉妹モデルを販売する計画を発表しましたが、その2台のデザインを大予想しました。

この2台に関して詳細は明らかにされていませんが、ルノーのプラットフォームと技術を共有、「三菱ブランドのDNAを反映した差別化」を特徴とするようです。

予想CGを提供してくれたのは「KDesign AG」社です。
三菱欧州 ルノーOEM車 アルカナ arkana RVR




有力な1台と思われるルノー「アルカナ」をベースとしています。2018年に全車ハイブリッドモデルとして初公開されたアルカナの車名は「秘密」を起源とする「ARCANUM」から与えられています。

スポーティなクーペルーフ、高い位置に設定されたショルダーラインなどを特徴としていますが、これに三菱の最新「ダイナミックシールド」を採用、アウトランダー新型のスリムでシャープなヘッドライトを装備しています。

もう1台は2015年から販売されている、コンパクトクロスオーバーSUV「カジャー」をベースに製作されています。
三菱欧州 ルノーOEM車 カジャー kajar. ミラージュ

カジャーは欧州Cセグメントに属し、「キャプチャー」と「コレオス」の間を埋めるモデルです。こちらもダイナミックシールドがはめ込まれ、三菱モデルとしてまったく違和感のないエクステリアです。

現時点で、どのモデルが三菱のニーズに適合されるかについて公式発表はなく、「メガーヌ」のプラットフォームに基づいて「ランサー」が復活する可能性があるという噂もあるようです。

しかし、コスト削減、利益向上を目的とするOEMであるため、やはりクロスオーバーSUVが有力であることは間違いないと思われます。

いずれにしても、今後数ヵ月以内ですべてが判明するはずです。

(APOLLO)
➡□元記事に



いかにもエクリプスクロスっぽいフロントのあいのこ車と
RVRやミラージュをイメージさせるCセグメントが予想されています。
何とかアウトランダーPHEV独りぼっち状態を防ぐ意味でも
営業会社が活動できる品揃えは欲しいものです。
結果はいかに?



三菱欧州 Mitsubishi mortars uk RENAULT. UK ルノー英国

三菱欧州 Mitsubishi mortars uk RENAULT. UK ルノー英国

➡□三菱欧州ルノーから2種のOEM

ルノー日産三菱アライアンス2020


➡□ルノー22年までに2つの電動モデル発売


三菱3代目新型アウトランダーPHEV発売までの経緯(修正)


➡︎□三菱欧州市場撤退を一転撤回かアウトランダーPHEVで復活?

三菱決算報告 中期計画2020


➡︎□三菱選択と集中でアジアシフト欧州新車投入凍結過去記事

ルノーPHEV新型パワートレイン 三菱日産への横展開



➡□ルノーのPHEV「E-TECH」は日産三菱に横展開されるか?

関連記事

PageTop

興味深い「三菱のPHEVが急速充電できるのは、なぜ?」三菱担当者インタビュー

三菱自動車の電動技術のCTE(チーフテクノロジーエンジニア)である百瀬信夫氏
のインタビューがMOTOR FAN誌にでていましたので
3回にわたり紹介します。
2回目は何故三菱のPHEVは急速充電できるのか?についてです





――― ところで、エクリプスクロスPHEVにもアウトランダーPHEVにも、CHAdeMO対応の急速充電口を装備しています。現在、PHEVで急速充電できるモデルは少ないですよね。三菱自動車として、PHEVに急速充電口を付ける理由はどこにあるのですか?
三菱PHEVは何故急充電できる?
(右リヤ側に充電口を装備。左が普通充電用、右がCHAdeMOの急速充電用のソケットだ。CHAdeMOの特徴であるV2H機能を使って、新しいクルマの価値を創り出すために装備しているという。)

百瀬CTE:じつは主に急速充電でPHEVを走らせる理由はあまりありません。PHEVのコンセプトは、長距離走行は充電の時間をかけずにハイブリッドモードで走るということです。では、なぜ急速充電できるようにしているのか? それは「給電機能」のためです。CHAdeMOの大きな特徴にV2H(ビークル・トゥ・ホーム:EVと家を繋いでクルマから家へ給電できる)があります。やはり電力を外に向かって供給できるクルマっていうことが大事で、そのために急速充電口を付けました。ですから、急速充電して走るというよりも、いかに給電をするか、新しいユーセージ(usage=用途)を考えるときの、大事なソケットと考えています。


エクリプスクロスPHEVは、100V C電源(1500W)から給電できる。クルマに残された電力量が少なくなっても、ガソリンがあれば、エンジンで発電して蓄えた電力で給電ができる。また、V2H(ビークル・トゥ・ホーム)機器で家と繋げば、エクリプスクロスPHEVの電池に蓄えた電力を家庭へ給電できる。1日10kWhの使用電力量とすると、ガソリン満タンで約10日分の電力量の供給ができるという。
――― ということは、アウトランダーPHEVエクリプスクロスPHEVが家にあって、V2Hのシステムを組んでもらうのがEV、PHEVの使い方としては理想形なのですか?
三菱電動技術CTE(チーフテクノロジーエンジニア)百瀬信夫氏

百瀬CTE:理想形というよりも、クルマの新しい用途ですよね。2011年の震災のときもそうでしたが、ただ走るだけじゃなくて皆さんがPHEVを持つことでなにか新しい用途がないかを考えていました。もともとi-MiEVに給電機能を付けたいというところから生まれたのですが、電動車の高価な電池を、ただ走るためだけに使うのではなくて、新しい価値を生み出そう、レジリエンス(強靱化)じゃないですが、緊急時になにか使えるようにしようと考えました。クルマとしての機能というより新しい社会インフラとしてなにか貢献できないか。ちょうどスマートグリッドそのものがそういう考えで始まっていましたよね。その考えに則って、当社のPHEVには、CHAdeMO対応の急速充電口をつけています。



➡︎□元記事に



これは百瀬氏割り切った答え方ですね。
ユーザーとしては、急速充電は旅先などでは便利に使わせていただいているので
(普通充電よりは短時間で充電できるので助かります)、充電にも利点はあると思いますが、
あえてトヨタRAV4等とのスピリッツの違いを強調されたのだと思います。
自分も今度充電施設を見直す時がきたらニチコン等のV2Hの導入を検討しようかなとも思います。



トヨタRAV4PHV  プラグイン充電方法コネクター 急速充電できない

➡□トヨタRAV4 PHVは急速充電非対応だった!

三菱 MCリテールエナジー ダイナミックプライシング

➡□三菱 電気料金のダイナミックプライシングについて


三菱 dendo drive house

➡□東京電力・三菱のV2H計画


EV車種別 充電器出力別充電時間 EVsmart

➡︎□アウトランダーPHEVは急速充電器でも中速充電器でも充電速度が変わらない

ニチコンEVパワーステーション アウトランダーPHEV

➡□V2H用ニチコンパワーステーション

関連記事

PageTop

レクサスからEVコンセプトモデル「LF-Zエレクトリファイド」発表

レクサスの次世代をイメージさせる
意欲的な電動コンセプトカー「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」
が公開されました。




トヨタ自動車は2021年3月30日、レクサスブランドのEVコンセプトモデル「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」を世界初公開し、あわせて2025年までにEVやPHV、HVなど10以上の電動車を含むレクサスの新型や改良モデルを約20車種ラインナップすると発表した。
レクサス「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」

「スピンドルグリル」をボディーに一体化今回発表されたLF-Zエレクトリファイドは、2025年までに実現することを見据えた走りやデザイン、先進技術を織り込んだレクサスのEVコンセプト。ブランドの変革を象徴する位置づけのモデルにもなるという。同車は2019年10月23日、第46回東京モーターショー2019において発表された次世代電動化戦略「レクサス エレクトリファイド」に基づくEV専用プラットフォームを採用している。
 モーター駆動力のレスポンスの良さを活用し4輪を自在にコントロールする、高度かつ自由度の高い運動性能を実現した新たな四輪駆動力制御技術「DIRECT(ダイレクト)4」などにより、電動化技術と車両運動制御技術を融合。ドライバーの感性に寄り添った走りの進化を目指すとアナウンスされている。エクステリアデザインは、次世代のレクサスデザインを示唆するスタディーモデルとしての役割を担っている。
レクサス「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」


 レクサスのデザインアイコンでもあるフロントの「スピンドルグリル」は、ボディー全体のアーキテクチャーとした「スピンドルボディー」に進化。ブランドのアイコンをボディー造形として捉えた立体的なデザインにチャレンジしたという。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4880×1960×1600mmで、ホイールベースは2950mm。車重は2100kgと公表されている。インテリアでは、2019年発表のEVコンセプトモデル「LF-30エレクトリファイド」と同じく、「Tazuna」コンセプトに基づくコックピットデザインが採用されている。
 AR-HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)やメーター表示、タッチモニターなどドライバーへの情報をひとつのモジュールとし、ステアリング周辺に走行系機能を集約。視界が広がり、ドライバーの目線が自然に前方へ誘われるような次世代のインテリアデザインを示唆しているとレクサスは説明している。
 メカニズムでは、四輪駆動力制御技術「ダイレクト4」を用いて高トルクモーターの駆動力を自在に制御。前後の駆動輪を完全独立制御することで、FWDやRWD、4WDなど、走行シーンに応じた適切な駆動方式がチョイスできる。システム最高出力400kW、同最大トルク700N・mというスペックは、LF-30エレクトリファイドと同一。0-100km/h加速3.0秒、最高速度200km/hという動力性能を誇り、一充電あたりの航続可能距離は600km(WLTPモード)と発表されている。

レクサス「Toyota Technical Center Shimoyama(トヨタ テクニカルセンター 下山

 すべてのモデルに電動車を設定レクサスは2025年をめどに全車種に電動車を設定し、ガソリンエンジン車の販売比率を電動車が上回ることを目指すとしている。世界各国や地域のニーズに応じて適時、適材、適所の考え方の下、先述の通り10以上のEVやPHV、HVなどの電動車を含む、約20車種の新型や改良モデルを投入。基幹モデルとなるセダンやSUVラインアップの強化拡充にとどまらず、クルマを操る楽しさを提供し続けるスポーツモデル、新しいショーファーの在り方やこれまでにない新ジャンルのモデルなどの可能性を追求するという。
 さらに2050年には材料製造、部品製造・車両製造、物流、走行、廃棄・リサイクルの各段階を含めたライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指したクルマづくりに挑戦することも表明している。2005年の「RX400h」の発売以降、現在レクサスブランドは世界約90の国と地域で9車種のHV車やEV車をラインナップ。2020年末時点で電動化モデルの累計販売台数は約193万台となっている。
 今後も2019年に発表した次世代電動化戦略レクサス エレクトリファイドの下、パワートレインの電動化を促進していく考えだ。新たな開発拠点を愛知・下山に開設トヨタは2024年3月に、Toyota Technical Center Shimoyama(以下TTCS)にレクサスの新たな事業拠点を開設する。
 同拠点には開発やデザインのほか、生産技術や企画などの部門が集う。TTCSでは、自然の地形を生かした約75mの高低差と多数のカーブが入り組んだ全長約5.3kmのカントリー路がテストコースとしてすでに運用されており、2020年発表の最新型「レクサスIS」も同コースで開発が行われた。さらに今後、環境保全に配慮しながら高速評価路や特殊な路面を再現した特性評価路など、多種多様な約10種類のテストコースを建設する予定であるという
➡︎□元記事に



注目は
①フォントの処理です。
 グリルがボディと一体になっています。(これ今後の主流になりそうな予感です)
 「スピンドルグリル」ならぬ「スピンドルボディ」
 ボディが、スピンドル化している上に半分「半透明スモーク?樹脂」がかかっていて
 その部分がブラックアウトして見えます。(これは新しい!)
トヨタレクサスLFーZ electrified

②ドライビングシートが凄い
 TAZUNAコンセプトらしいですが、正に馬の手綱のように白いアームの様な
 デザインがハンドル方向に延びて、ドライバーを包んでいます。(これも斬新)
トヨタレクサスLFーZ electrified

③愛知県下山のドライビングコースも流石トヨタです。
 


レクサス EVコンセプト『LF-30 Electrified』

➡□2019年東京モーターショーのレクサスLF-30 小生撮影electrified


トヨタ レクサスUX300e

➡□現実は超「普通」な外観レクサス初のピュアEV「UX300e」

関連記事

PageTop

興味深いPHEVのバッテリー搭載量とEV走行距離について(三菱担当者インタビュー)

三菱自動車の電動技術のCTE(チーフテクノロジーエンジニア)である百瀬信夫氏
のインタビューがMOTOR FAN誌にでていましたので
3回にわたり紹介します。
1回目はPHEVのバッテリー搭載量とEV走行距離についてです。




PHEVのバッテリー搭載量とEV走行距離について
三菱PHEV アウトランダーとエクリプスクロス

新型エクリプスクロスPHEVは、容量13.8kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載して、57.3km(等価EVレンジ)をEV走行できる。WLTCモード交流電力量消費率が213Wh/kmで、充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ)が57.3kmということは、213×57.3=12204.9Wh=12.2kWhの電力を使えるということだ。バッテリー容量は13.8kWhだから88.4%までSOC(State of Charge)を使えているということだろう。
数週間お借りしていたエクリプスクロスPHEVは、満充電するとメーター上のEV走行可能距離が「50km」あるいは「49km」と表示された。

PHEVにおける(EVでも同じだが)EV走行の航続距離は搭載するバッテリーの量に左右される。たくさん積めば航続距離は伸びるが車両価格は高くなり、車重も重くなっていく。百瀬CTEは、ここをどう考えているのか? とても興味があったので伺ってみた。


――― PHEVにおけるEV走行での航続距離ってすごく難しい問題だと思います。EV走行できる距離が長くなればなるほど、バッテリーをたくさん積む必要があり、よりエンジンを使わなくなる。そうなると「じゃあエンジン、なくてもいいじゃない」というふうにどうしても繋がっていく。何kmに設定するかは難しいと思います。三菱としてはカタログ上の57.3kmが理想の数値なのでしょうか?
三菱電動技術CTE(チーフテクノロジーエンジニア)百瀬信夫氏

百瀬CTE:ちょっとエンジニアの立場を離れてオーナーとしての立場でいうと、「2倍走ってくれたらうれしいな」と思うことは正直なところあります。しかし、ずーっとEVモードで走ってガソリンを使わないと、ガソリンが腐ってしまいます。長い間エンジンを回さないと、オイルよりも先にガソリンが劣化します。ガソリンの揮発性成分が一部抜けてしまい、変質してしまいます。ガソリンが変質するとスラッジ含めてエンジンに良い影響はありませんし、排ガスにも良い影響はありません。やはり、ある程度フレッシュなガソリンにしておかないといけないのです。

――― カタログにも「長期間ガソリンが1回に15ℓ以上給油されていない場合、燃料系部品のメインテナンスのため、エンジンが自動的に始動します」って書いてありますね。


百瀬CTE:話を戻すと、確かにEV走行距離をどのくらいにするのが良いのかは頃合いが難しい。たとえば、EV走行で200km走れるようにしようとなったら、いまのエクリプスクロスPHEVの3倍は電池を積まないといけなくなります。そうすると電池代が3倍になるので、ちょっと買っていただけない価格になってしまいます。
――― 使い方によるのではないでしょうか?

百瀬CTE:たとえば、私自身の話をすると、年間の走行距離は2万kmくらいで、通勤で往復40km弱、休日は150km~200kmくらい走ります。そうすると、例えばEV走行を100kmするために重たいバッテリーを積んだとしても、通勤時は意味がなく、確実に40kmのEV走行ができる方が良いということになります。

――― 私もそう思います。会社まで往復30km弱くらいですが、週末実家のある三浦半島まで往復すると120~130kmくらいです。PHEVで電気を上手に使うと燃費は、ものすごく良くなりますね。燃費の測り方が難しいですけど。
➡︎□元記事に



百瀬氏正直な方だとお察しします(笑)
EV走行距離は、個人的には今の倍の100kmぐらい走ってほしい。
しかし200km走れるようにするには3倍電池を積まなければならない。
その時は価格が高くなりすぎてしまう。
という事ですね。
ここから推定すると、現在の57.3kmyよりは、伸ばす方向。
そして200kmはTOO MUCHであるという事から、
先行するトヨタRAV4 PHVの数値がひとつの目標になるのではないでしょうか?

★三菱『アウトランダーPHEV』  ●13.8kWh ◻︎60.8km
トヨタ『プリウスPHV』     ●8.8kWh ◻︎68.2km
☆トヨタ『RAV4PHV』     ●18.1kWh □95km
ホンダ『クラリティPHEV』   ●17kWh ◻︎75.6km
BMW『330e』        ●12kWh. ◻︎46.8km
BMW『X5 xDrive45e』    ●24kWh. ◻︎80km
フォルクスワーゲン『Passat GTE』●9.9kWh. ◻︎51.7km
ポルシェカイエンSE-ハイブリッド●10.6kWh ◻︎36km
AUDI A3 eーtron ●8.7 kWh ◻︎52.8km
メルセデス・ベンツ『C350e』 ●6.2kWh ◻︎28.6km
メルセデス・ベンツ『GLC 350e』●8.3kWh ◻︎30.1km
MINI COOPER S E CROSSOVER ALL4●7.6kWh ◻︎42.4km



GSユアサ リチウムイオンバッテリー


➡□新型アウトランダーPHEV FMC予想⑤バッテリー編(添削)

関連記事

PageTop