fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

Welcome! PHEV blog

PHEVブログにようこそ!
Welcome to PHEV BLOG!
Welkom bij PHEV BLOG!
訪問感謝します!
Thanks for visiting!
Bedankt voor het bezoeken
(平和を祈り、ロシア語を消しました2022)


三菱新型アウトランダーPHEV22型 Mitsubishi Outlander PHEV Blog
新型アウトランダーPHEV PHEVブログ gieron 自家用車写真 横浜
新型アウトランダーPHEV PHEVブログ gieron 自家用車写真 横浜
新型アウトランダーPHEV22型 all new Mitsubishi outlander phev japan PHEVブログ
新型アウトランダーPHEV22型 all new Mitsubishi outlander phev japan PHEVブログ
Mitsubishi motors all new outlander phev blog japan 新型アウトランダーPHEV ブログ
新型アウトランダーPHEV22型 all new Mitsubishi outlander phev japan PHEVブログ
三菱新型アウトランダーPHEV22型 充電 ブログ
三菱新型アウトランダーPHEV GN0W ブログMitsubishi outlander phev
Mitsubishi motors all new outlander phev blog japan 新型アウトランダーPHEV ブログ
Mitsubishi motors all new outlander phev blog japan 新型アウトランダーPHEV ブログ
アウトランダーPHEV ブログ 富士山















新型アウトランダーPHEV PHEVブログ用アイキャッチロゴマーク



にほんブログ村 車ブログ 電気自動車へ
にほんブログ村

時々愛車(新型アウトランダーPHEV22型)のトップ写真を入れ替えています。
励みになりますので、ポチをお願い致します。m(_ _)m

PHEVブログ - にほんブログ村
👉PHEV関連の最新記事へクルマ関連だけを見たい時はここへ

アウトランダーPHEV - ブログ村ハッシュタグ
#アウトランダーPHEV

https://instagram.com/phev05?igshid=NTc4MTIwNjQ2YQ== PHEVブログ インスタ
➡︎□Instagramインスタ愛車写真集へ(リンク是正しました!失礼いたしました)

関連記事

PageTop

三菱アウトランダーPHEVの三菱コネクトを使った、スマート充電サービスの実証事業を開始

アウトランダーPHEVオーナーで、東京電力、中部電力管轄にお住まいの方に
ちょっと気になる実証実験が始まります。




2月15日、三菱自動車、MCリテールエナジー、Kaluza、三菱商事の4社は、電動車のコネクティッド技術を活用した国内初となるスマート充電サービスの商用化に向けた実証事業を開始すると発表した。スマート充電サービスとは、社会全体のエネルギーコスト低減と電動車ユーザーにとって魅力的な充電環境の提供を目的としたサービスで、この実証事業で得られる成果は、同サービス開発に活用していく。

通常の家庭充電において、ユーザーがスマートフォンのアプリ上で指定した時間までに、電力市場価格等が安い時間帯に充電が自動で最適化されるサービスを提供

三菱 スマート充電 Kaluza アウトランダーPHEV


実証事業のイメージ
このたびの実証事業は、三菱自動車が販売する「アウトランダー(PHEVモデル)」を保有する方(※)を対象に、三菱商事の出資先であるOVOグループのKaluzaが提供するEV充電制御プラットフォームを通じて、通常の家庭充電においてユーザーがスマートフォンのアプリ上で指定した時間までに、電力市場価格等が安い時間帯に充電が自動で最適化されるサービスを提供するというもの。
※東京電力パワーグリッドまたは中部電力パワーグリッドの電力供給区域に居住しており、三菱自動車が提供するコネクティッドサービス「MITSUBISHI CONNECT」に登録、かつ自宅に普通充電器を設置している方が対象
実証期間中、ユーザーはMCリテールエナジーが同サービスのために開発する実証専用の電力プランに加入することで、充電制御の結果に応じて充電コストを節約することができる。また、このサービスでは、Kaluzaのプラットフォームから三菱自動車のコネクティッドシステムを通じて、車両に対して直接の充電制御が可能となるため、通信機能が付いた充電設備(スマート充電設備)等が不要となる



➡︎□元記事に



三菱 スマート充電 Kaluza
上記はKaluza社のHPです。グローバルにスマート充電に取り組んでいる企業のようです。


個人的にはちょっと気になります。
実用化されたら、使ってみたい気もします。
何故なら、今は東京電力の深夜時間にタイマーを
セットして充電しています。


電気代が安くなる「夜」の時間帯は電力会社やプランによって異なりますが、
おおむね21時前後~翌8時前後となっています。


このシステムを使えば勝手に安い時間を選んで
充電してくれるので便利な気がします。
特に三菱コネクトに入っていれば、新たな充電制御設備が
要らないのは非常に良いと思います。
実用化を期待します。

三菱カルーザ スマート充電サービス


➡□本件第一報、2023年記述三菱英カルーザ社と国内初スマート充電サービス開始へ


アウトランダーPHEV 英国 Mitsubishi outlander phev uk

➡□英国三菱のスマート充電サービス(2020年記述)

関連記事

PageTop

ホンダ、新型軽商用EV「N-VAN e:」は「e:L4」「e:FUN」「e:L2」の3タイプ 2024年春発売予定

ホンダが売れそうなEVを今年発売するのはご存じでしょうか?
それは実は商用車です。
しかも3タイプもあるとは!!




本田技研工業は、2024年春発売予定の新型軽商用EV電気自動車)「N-VAN e:」に関して、「e:L4」「e:FUN」「e:L2」の3タイプをラインアップすることを、同社公式Webサイトで公開している。
軽商用車EV ホンダ NーVAN e:
3タイプは、スタンダードモデルの「e:L4」、フレンドリーなスタイルとナチュラルな室内空間を目指した「e:FUN」、新車オンラインストア「Honda ON」限定タイプの「e:L2」といった位置付けとなり、「e:L2」については助手席側シートをなくしてより低床化、積載性と乗降しやすさを高めたモデルとなっている。

軽商用車EV ホンダ NーVAN e:

ボディカラーは、「e:FUN」においては「プラチナホワイト・パール」「オータムイエロー・パール」「ボタニカルグリーン・パール」「ソニックグレー・パール」「ナイトホークブラック・パール」に、2トーンの「オータムイエロー・パール&ブラック」「ボタニカルグリーン・パール&ブラック」「ソニックグレー・パール&ブラック」を用意。
軽商用車EV ホンダ NーVAN e:

インテリアカラーについては、グレーとアイボリーが用意されるようで、現行ガソリンモデルの「N-VAN」では選べないボディカラーやインテリアが用意されている。

➡□元記事 HONDA公式HP



軽商用車EV ホンダ NーVAN e:

正式発売前なので、最終EV航続距離と価格は明示されていませんが、
先行する三菱に対して後発の強みを出してくると予想されます。
210km以上を目標に開発されているとのことなので、商用では十分な距離では
ないでしょうか。
N-VANというそもそも人気車種なのに加え、
ヤマト運輸への納車も決まっているようなので、初動は期待できそうです。
ニッポンの電動化は商用車から進むともいわれています。
ダイハツ、スズキ、トヨタGが、認証不正で出遅れると言われています。
ホンダ先行をどこまで活かせるか?注目です。



ジャパンモビリティショー2023 ホンダ N-VAN e:プロトタイプ
ジャパンモビリティショー2023 ホンダ MEV-VAN Concept

電池パック載せ替え式の「MEV-VAN Concept」も準備中。
➡□ジャパンモビリティショーで見たホンダN-VAN e:小生撮影

ダイハツ 認証不正で全車種出荷停止

➡□どうなるダイハツ?

インドネシア タイ EV 三菱 ミニキャブミーブ

➡□三菱ミニキャブミーブ インドネシアで生産へ

ヤマダ電器 三菱自動車EV販売


➡︎◻︎日本ではミニキャブミーブ ヤマダ電器で販売

インドネシア タイ EV 三菱 ミニキャブミーブ


➡︎◻︎ミニキャブミーブ 2024インドネシア生産既報

三菱ミニキャブ ミーブ EV軽商用車

➡□ミニキャブ ミーブ販売再開 日本

三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア
三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア

➡□三菱インドネシアでゴジェック社と実証実験

EV商用車連合 トヨタ スズキ ダイハツ


➡□スズキ トヨタダイハツのEV商業車連合に

三菱ekクロススペース ツートン

➡︎□ekクロスEVは、何故ハイトワゴンタイプの「ekワゴンEV」でなかったのか?の理由

三菱自動車タイ 日立物流 実証実験

➡︎□三菱タイで商用車EV実証実験開始


三菱 商用EV ミニキャブミーヴ ミーブ

➡︎□三菱次期ミニキャブMiEV開発決定

佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団


➡︎□佐川急便採用のベンチャーEV

関連記事

PageTop

「EVとPHEVどちらにするか?夜も眠れません」の答えとは

EVPHEVのどちらにすべきか。考え出すと夜も眠れません。どうすればいいですか?
小生は10年PHEVに乗って、自分にPHEVがたまたま合ったので良かったのですが、
その間ずっと内燃機関車に乗っていて、今を迎えていたら、本当に迷っていたかもしれません。
以下にその道しるべとなる手引きが、、




自宅に充電設備があり、電動走行を楽しみたいというのであれば、購入の選択肢にEV(電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)が挙がってくるでしょう。それぞれに、どのような違いがあるのか、そのメリット&デメリットを並べて考察してみました。
【EVの素朴な疑問】EVとPHEVのどちらにすべきか。考え出すと夜も眠れません。どうすればいいですか?
EVかPHEVか悩む 

クルマをどのように使うかを確認しましょう
EVはモーターとバッテリーだけで走行を行います。メリットは充電のみで給油をしなくていい、ということでしょう。自宅で充電できるのであれば、帰宅してクルマを使っていない間に充電が行われます。
また、EV専用プラットフォームを使うことで、エンジン車よりも、自由なパッケージングが可能となります。具体的には、より広い室内空間を生み出すことができるのです。エンジン車とは異なる、ユニークなルックスや使い勝手も魅力となるでしょう。

デメリットはバッテリー価格が高額であり、しかもバッテリーが重いため、搭載できるバッテリーの量をあまり大きくすることができません。そのため、現状500〜600万円クラスのEVでは、400〜600kmの航続距離が限度になります。それ以上に、遠くまで走っていこうとすると、途中で充電する必要があります。その充電は数分ではなく、30分や1時間といった単位で、非常に面倒と言えるでしょう。
EVかPHEVか悩む 

ちなみに、EVはバッテリーが高額ということもあり、純エンジン車よりも車両価格が割高です。しかし、PHEVもそれなりに多くのバッテリーを積んでいるため、やはり純エンジン車よりも割高になります。ちなみにトヨタのEVである「bZ4X」の4WDの価格は600〜650万円、PHEVの「RAV4 PHEV」は563.3万円。同じサイズ感のSUVでも、EVの方が若干高くなっています。

PHEVはハイブリッド車のバッテリーを大きくして、外からの充電を可能としたクルマです。メリットは航続距離が長いこと。EV走行で充電した電力を使い果たした後も、搭載するエンジンで走り続けることができます。ほぼエンジン車と同等の航続距離を実現しています。

そして、短距離であれば、自宅で充電した電力を使ってのEV走行で済ますことができます。つまり、ふだんの近所の買い物はEV走行で済ませ、たまの週末のロングドライブも苦もなくこなすことができます。

ただし、EV走行距離は限られているので、「EV走行だけしかしたくない」という人にはおすすめできません。また、EVに対して、余分にエンジンと燃料タンクいう機械を備えているので、クルマが重くなってしまうのもデメリットです。さらに、プラットフォームはエンジン車やハイブリッド車と共有になるため、パッケージングは旧来通りのものとなります。
EVかPHEVかの選択基準とは?


「EVとPHEVのどちらを選ぶべきか?」というのであれば、その答えは「使用状況しだい」となるのではないでしょうか。「近隣の単距離だけしか使わない」、「EV走行のみで使いたい」というのであればEVですし、「長距離ドライブも行いたい」というのであればPHEVとなります。
➡□元記事に


「長距離ドライブも行いたい」というのであればPHEV」というのが結論です。
(こうなるとBEVでいいという人は絞られる気がします)
別のEVDAYSという記事で、あなたに最適なクルマを
プロ(山本晋也氏)が伝授という記事がありました。こちらの方がより具体的で
1回の走行距離で選ぶという基準がでていました。



結論、プラグイン車を選ぶ基準は「1日の最大走行距離」にあり


ここまでの記事を整理すると、次のようなイメージになるでしょう。

1日の最大走行距離 おすすめ車種
500km以上 PHEV
300~500km 中型サイズ以上のEV(例・日産アリア/トヨタbZ4X)
100~300km 小型サイズのEV(例・日産リーフ/レクサスUX300e)
100km以下 軽自動車などの小さなEV(例・日産サクラ・三菱ekクロスEV/ホンダHonda e)


もっとも、これはあくまでイメージであって1日の走行距離が100km超というユーザーであっても軽EVを毎晩充電すれば問題なくカバーできるケースもあるでしょう。
車の使い方は千差万別ですが、EVとPHEVの選び方としては、1日の最大走行距離を目安にして選んでみてはいかがでしょうか。そうして満足度の高いカーライフを送っていただければと思います。 ➡︎□元記事に


500㎞一度に走る人はPHEVという事になります。
しかし、今のBEVはエアコンを使ったり、極寒の冬などは、カタログ数値の7掛け程度しか航続距離がでない
という欠点があります。それを鑑みると、350km程度以上走る人はPHEVとしておいた方が安心な気がします。
勿論今後は、びっくりするような1000km以上の航続距離を実現するBEVが上市され、
この基準は覆される可能性は大いに秘めています。
しかし、いざとなったら、エンジンを回して発電できる、ツインエナジー車であるメリットなどは、
BEVが高機能化してもすたれることはありません。
寒暖にも強いメリットも同様です。
個人的には「1度の航続距離だけでEVとPHEVを選ぶものではない」と考えます。

過去の小生の記事をご覧ください。


三菱アウトランダーPHEV 初心者 プラグインハイブリッド


➡︎□PHEV及び三菱自動車初心者の方への過去記事まとめ


アウトランダーPHEV 富士山ブログ リアビュー


➡︎□何故アウトランダーPHEVが自分に合っているかと思うかについて2023年版書き直し記述

電動車両とは? EV PHEV HV FCV マイルドHV


➡□今更聞けない電動車両(EV HV PHEV FCV)の違いについて

HV PHEV

➡︎□小生記述 女性にもわかるHVとPHEVの違い

関連記事

PageTop

新型トライトン先行受注が好調! 上級グレードGSRが88%

発売された新型トライトンの受注が好調とのことです。



トライトン発売前の先行受注が好調! 上級グレードが人気
三菱新型トライトン GSR GLS

2024年2月15日に販売を開始した三菱自動車の1トンピックアップトラック「トライトン」。販売開始に先駆けて2023年12月21日より先行注文を受け付けていたが、2月13日時点で約1300台を受注。月販台数計画200台の6倍以上と好調な滑り出しを見せている。
【画像】タフさとスタイリッシュさが人気の秘密?
三菱自動車はその内訳を公表しており、受注した約1300台のうち約9割(88%)人が上級グレードのGSRを選択しているという。新開発サスペンションによる乗り心地のよさや優れた操縦安定性、三菱自動車の四駆の顔として長らくラインアップしていたパジェロ譲りのスーパーセレクト4WD-Ⅱ(SS4-Ⅱ)システムによる悪路走破性を備えるトライトンにバンパーロアガーニッシュ、スタイリングバー、ホイールアーチモールなど上級グレード専用パーツを装着したタフなスタイリングに人気が集まったかたちだ。
トライトンは世界約100カ国で販売される商用ピックアップトラックではあるが、日本市場ではさまざまなアクティビティを楽しむ人や、スタイリングを重視した人からも選ばれているようで、スタイリッシュかつたくましさを強調した上級グレードを選ぶ人が多いのも納得できるだろう。
三菱新型トライトン GSR GLS

さらに、トライトンでは増車や他社からの乗り換えという人が予約の約8割を占めているとのことで、これまで三菱車に乗ってこなかった人にも受け入れられているということが見て取れる。
また、「デザインがかっこよく、ほかの人が乗っていないので自慢できそう」だったり、「仕事の道具も趣味の道具も載せられて頼もしい」といった声も寄せられ、アウトドアやキャンプ用品、自転車、バイク、サーフボード、カヌーなどの道具をのせて、趣味の時間を楽しむために購入を決めた人も多いとのことだ

➡︎□元記事に



まず受注台数だが、前述した通り約1300台。そのうちの88%が上位グレードのGSRで、残り12%がナローボディのGLSだった。ただしピックアップトラックは、自分でいろいろいじりたいというユーザーも多いことから、今後は素材感のあるGLSが伸びるかもしれない

 いっぽうボディカラーだが、今のところ1位はホワイトダイヤモンド(33%)で2位がヤマブキオレンジメタリック(27%)、3位がグラファイトグレーメタリック(20%)という順位だった。日本人には目立ちすぎかもと思われたヤマブキオレンジメタリックが思いのほか健闘している点に注目だ。


バンブルビーカラー(ヤマブキオレンジメタリック)注目です!!。
この色のトライトンが街で走ってきたらトランスフォームしちゃいそうですね。

ちなみにキャノピーを着けたい方は下位機種のGLSでないと装着できないそうです。
GSRにキャノピー着けれないここちょっと落とし穴ですよね。

新型トライトン アクセサリー
アウトランダースポーツに変身できるオプションのキャノピー

トランスフォーマー バンブルビー

➡□三菱新型トライトン ヤマブキイエローは「バンブルビー」からインスパイア?!


東京オートサロン2024 三菱トライトンスノーシュレッダー カスタム



➡︎□新型トライトンはカスタムカーの人気ベース車になる可能性 雪国用スノーシュレッダー


三菱新型トライトン GSR GLS

➡□三菱新型トライトン公式発表 (価格付)


トラック 1ナンバー登録

➡︎□トライトンの日本での成功の鍵は「1ナンバー」登録か?

三菱新型トライトン 試乗GQ


➡︎□写真が上手いGQ誌のトレインレビュー

新型トライトンインタビュー 三菱加藤社長以下

➡︎□トライトン日本仕様はどうなる?三菱幹部インタビュー


三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

➡︎□新型トライトン遂に公開(バンコク)

関連記事

PageTop