fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ホンダ、カナダにEV新工場計画…車載用電池の単独生産も検討



昨年のジャパンモビリティショー以降、少し良い方向に
変わってきたのかな?と期待できるのがホンダです。
ミニトヨタの様な全方位戦略で、軽自動車しかヒットが
出ない苦しい状況が続きましたが、電気自動車の本気度が
いよいよ明らかになってきました。



 ホンダが、カナダで電気自動車(EV)の新工場建設を検討していることがわかった。車載用電池の単独生産も検討している。2030年頃までの稼働を目指しており、重要市場に位置づける北米で生産体制を強化する。

ホンダ電気自動車(EV)の生産体制を導入する米オハイオ州の工場=ホンダ提供
 ホンダは米オハイオ州で、26年からEVを生産する計画を公表しており、カナダの新工場は北米で2か所目の拠点となる。オンタリオ州にある完成車工場の近くに整備する方向で検討している。多額の投資が想定される。



ホンダカナダEV工場へ

 ホンダは、北米でEVと燃料電池車(FCV)の比率を30年に40%、40年に100%まで引き上げる目標を掲げている。中核部品となる車載用電池は、自前で生産することも視野に入れる。米国では、韓国大手のLGエナジーソリューションと共同で生産する予定だ。

 カナダ政府は、35年までにガソリン車など、エンジン車の販売を禁止する方針を示している。米政府も北米で車両や電池が生産されたEVに対し、最大7500ドル(約100万円)の税制優遇を行っている。

 カナダで生産を増強し、北米全体のEV販売に弾みがつくことを期待する。
➡︎□元記事に




メーカーにとって特に自動車メーカーにとって
世界のどこに何の工場を作るかは正に戦略の根幹の経営判断です。
ホンダは、北米市場を睨んでEV工場をカナダに建てることにしたのは、
かなりの覚悟を持ってのことだと推察します。

しかし一歩間違えれば大きな経営判断ミスに
繋がりかねません。
ここで生産するホンダゼロシリーズが、ホンダの不沈の鍵を握るかもしれませんね。
もう一つのリスクは北米のBEV市場が失速することです。
果たして?、、

Honda0 SALOON SPACE-HUB ホンダ0 サルーンスペースハブ


➡︎□2024CES公開のホンダZEROシリーズ

ホンダグローバルEVシリーズ CES

➡︎□ホンダグローバルEVシリーズ公表 第一報

テスラ サイバートラック 納車発売

➡︎□テスラサイバートラック納車開始


ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーパンク(小型BEV SUV)


➡︎□ジャパモビリティショーの日産ハイパーパンク(小生撮影)


本田技研工業の名車
本田技研工業 本田宗一郎

➡︎□2023年1月記述 ホンダ社内でエンジン派対EV派対立 どうなるホンダ?

EV化鈍化と戦略の変化

➡︎□米国のEV転換率鈍化2023年12月記述

PageTop

BYDに続き韓国ヒョンデもクアッドモーターで先行?日本の電動車両は遅れ気味か?

小生、気になるので海外各社のモーター数が多い
電動車両を記事化してきました。
今回紹介するのは韓国ヒョンデ社の電動車両です。




2024年1月10日、ヒョンデモービスは、次世代のモビリティ技術「e-コーナシステム」を搭載したBEV(バッテリーEV電気自動車)の新型「モビオン」をCES2024で初公開しました。

Hyundai mobion ヒュンダイ モビオン クアッドモーター 4morter


 新型モビオンは、これまでにないような横移動や斜め移動、ピボットターンなどの動きを実現しています。
Hyundai mobion ヒュンダイ モビオン クアッドモーター


 このダイナミックな動きを現実に変えるeコーナーシステムは、4つのキーテクノロジーで構成されています。そしてその中核となるのは、「インホイール テクノロジー」です。

 インホイール テクノロジーとは、一般的なEVに使用される単一の大型駆動モーターとは対照的に、各車輪の内側に4つの小型モーターを配置。これにより、各車輪が独立して動力を制御できるようになります。

 この技術はレースの現場などでも利用されており、EVならではの動力制御システムとして注目されています。

 また、新型モビオンにはe-コーナーシステム以外にも、いくつか特筆すべき技術が搭載されています。

 3つの光検出および測距計測装置が自動運転用のセンサーとして組み込まれており、横移動や近くの物体の認識に活用されています。
Hyundai mobion ヒュンダイ モビオン クアッドモーター

 さらに「Exterior Lighting」はじめ様々な意思表示機能を導入。特にフロントバンパーに組み込まれたLEDは、安全性とデザイン性の両方の向上を目指して装備されています。

 たとえば、車両が交差点にある場合、LED は歩行者が道路を横断している方向を表示しつつ、後部バンパーは後方ドライバーに車線変更や追い越しを警告、歩行者が左または右に横断していることを知らせます。

Hyundai mobion ヒュンダイ モビオン クアッドモーター


 この他にも、LEDの光を利用した様々な機能が実装されています。

 ヒョンデモービスで副社長を務めるイ・スンダン氏は新型モビオンについて以下のようにコメントしています。

「モビオンはヒョンデモービスの中核技術を体現したものであり、その全てが直ちに量産できる状態にあります。当社の主要な製品と機能を紹介するためにこの新型モビオンを作成しました」 

※ ※ ※

 ヒョンデモービスは韓国ソウルに本社を置く自動車部品メーカー。同社は、電動化、ブレーキ、シャーシとサスペンション、ステアリング、エアバッグ、照明、自動車用電子機器など様々な部品を開発・生産しています。
➡□元記事に


これまた、近々本当に発売されそうな、
クアッドモーターのEVです。
直ぐにでも量産可能と言っているところに真実味があります。
電動車両の方が、デバイスや安全性が担保されれば
実装開発にかかる時間は、短いのかもしれませんね。
超注目です。
三菱も負けじと実装にむけてデバイスメーカーと
ガッツリ協議、テストして欲しいものです。
次期アウトランダーPHEVのFMC(2028~2030?)に関しては
クアッドモーター化は必のように思います。期待しましょう。

ジャパンモビリティショー2023 BYD仰望 U8 タンクターン

➡□BYD U8(実車)は4モーターでのタンクターンを実現している


リヴィアン R1T タンクターン


➡︎□リヴィアンのクアッドモーターによるタンクターンと三菱追撃のイメージ

次期アウトランダーPHEV GT-PHEVconcept

➡︎◻︎三菱GTーPHEVコンセプト、トリプルモーターについて
アウトランダーPHEV GN0Wはトリプルモーターか?と思わせたが結果実現できなかった。
➡︎□明電舎開発中のインバーター一体モーターについて
✴︎リンクが切れていました修正しました
アウトランダーPHEVのモーターを納品している明電舎は、インバーター一体型のモーターを
開発中という記事も出ていました。

三菱 マイテック コンセプトPHEV ガスタービンMitsubishiMotors mitech

➡︎□三菱が今後追求すべきはクアッドモーター化か?

ovec-two i-MiEV インホイールモーター車 三菱

➡︎◻︎2016年記事いつかは実現して欲しい岡山大と三菱共同開発のインホイールモーター車

三菱PHEV EV・パワートレイン技術開発本部 澤瀬薫氏百瀬信夫氏

➡︎□モーターファンのインタビューでSーAWCを熱く語る澤瀬氏 ここではトリプルモーターと言っている

PageTop

三菱アウトランダーPHEVの三菱コネクトを使った、スマート充電サービスの実証事業を開始

アウトランダーPHEVオーナーで、東京電力、中部電力管轄にお住まいの方に
ちょっと気になる実証実験が始まります。




2月15日、三菱自動車、MCリテールエナジー、Kaluza、三菱商事の4社は、電動車のコネクティッド技術を活用した国内初となるスマート充電サービスの商用化に向けた実証事業を開始すると発表した。スマート充電サービスとは、社会全体のエネルギーコスト低減と電動車ユーザーにとって魅力的な充電環境の提供を目的としたサービスで、この実証事業で得られる成果は、同サービス開発に活用していく。

通常の家庭充電において、ユーザーがスマートフォンのアプリ上で指定した時間までに、電力市場価格等が安い時間帯に充電が自動で最適化されるサービスを提供

三菱 スマート充電 Kaluza アウトランダーPHEV


実証事業のイメージ
このたびの実証事業は、三菱自動車が販売する「アウトランダー(PHEVモデル)」を保有する方(※)を対象に、三菱商事の出資先であるOVOグループのKaluzaが提供するEV充電制御プラットフォームを通じて、通常の家庭充電においてユーザーがスマートフォンのアプリ上で指定した時間までに、電力市場価格等が安い時間帯に充電が自動で最適化されるサービスを提供するというもの。
※東京電力パワーグリッドまたは中部電力パワーグリッドの電力供給区域に居住しており、三菱自動車が提供するコネクティッドサービス「MITSUBISHI CONNECT」に登録、かつ自宅に普通充電器を設置している方が対象
実証期間中、ユーザーはMCリテールエナジーが同サービスのために開発する実証専用の電力プランに加入することで、充電制御の結果に応じて充電コストを節約することができる。また、このサービスでは、Kaluzaのプラットフォームから三菱自動車のコネクティッドシステムを通じて、車両に対して直接の充電制御が可能となるため、通信機能が付いた充電設備(スマート充電設備)等が不要となる



➡︎□元記事に



三菱 スマート充電 Kaluza
上記はKaluza社のHPです。グローバルにスマート充電に取り組んでいる企業のようです。


個人的にはちょっと気になります。
実用化されたら、使ってみたい気もします。
何故なら、今は東京電力の深夜時間にタイマーを
セットして充電しています。


電気代が安くなる「夜」の時間帯は電力会社やプランによって異なりますが、
おおむね21時前後~翌8時前後となっています。


このシステムを使えば勝手に安い時間を選んで
充電してくれるので便利な気がします。
特に三菱コネクトに入っていれば、新たな充電制御設備が
要らないのは非常に良いと思います。
実用化を期待します。

三菱カルーザ スマート充電サービス


➡□本件第一報、2023年記述三菱英カルーザ社と国内初スマート充電サービス開始へ


アウトランダーPHEV 英国 Mitsubishi outlander phev uk

➡□英国三菱のスマート充電サービス(2020年記述)

PageTop

ホンダ、新型軽商用EV「N-VAN e:」は「e:L4」「e:FUN」「e:L2」の3タイプ 2024年春発売予定

ホンダが売れそうなEVを今年発売するのはご存じでしょうか?
それは実は商用車です。
しかも3タイプもあるとは!!




本田技研工業は、2024年春発売予定の新型軽商用EV電気自動車)「N-VAN e:」に関して、「e:L4」「e:FUN」「e:L2」の3タイプをラインアップすることを、同社公式Webサイトで公開している。
軽商用車EV ホンダ NーVAN e:
3タイプは、スタンダードモデルの「e:L4」、フレンドリーなスタイルとナチュラルな室内空間を目指した「e:FUN」、新車オンラインストア「Honda ON」限定タイプの「e:L2」といった位置付けとなり、「e:L2」については助手席側シートをなくしてより低床化、積載性と乗降しやすさを高めたモデルとなっている。

軽商用車EV ホンダ NーVAN e:

ボディカラーは、「e:FUN」においては「プラチナホワイト・パール」「オータムイエロー・パール」「ボタニカルグリーン・パール」「ソニックグレー・パール」「ナイトホークブラック・パール」に、2トーンの「オータムイエロー・パール&ブラック」「ボタニカルグリーン・パール&ブラック」「ソニックグレー・パール&ブラック」を用意。
軽商用車EV ホンダ NーVAN e:

インテリアカラーについては、グレーとアイボリーが用意されるようで、現行ガソリンモデルの「N-VAN」では選べないボディカラーやインテリアが用意されている。

➡□元記事 HONDA公式HP



軽商用車EV ホンダ NーVAN e:

正式発売前なので、最終EV航続距離と価格は明示されていませんが、
先行する三菱に対して後発の強みを出してくると予想されます。
210km以上を目標に開発されているとのことなので、商用では十分な距離では
ないでしょうか。
N-VANというそもそも人気車種なのに加え、
ヤマト運輸への納車も決まっているようなので、初動は期待できそうです。
ニッポンの電動化は商用車から進むともいわれています。
ダイハツ、スズキ、トヨタGが、認証不正で出遅れると言われています。
ホンダ先行をどこまで活かせるか?注目です。



ジャパンモビリティショー2023 ホンダ N-VAN e:プロトタイプ
ジャパンモビリティショー2023 ホンダ MEV-VAN Concept

電池パック載せ替え式の「MEV-VAN Concept」も準備中。
➡□ジャパンモビリティショーで見たホンダN-VAN e:小生撮影

ダイハツ 認証不正で全車種出荷停止

➡□どうなるダイハツ?

インドネシア タイ EV 三菱 ミニキャブミーブ

➡□三菱ミニキャブミーブ インドネシアで生産へ

ヤマダ電器 三菱自動車EV販売


➡︎◻︎日本ではミニキャブミーブ ヤマダ電器で販売

インドネシア タイ EV 三菱 ミニキャブミーブ


➡︎◻︎ミニキャブミーブ 2024インドネシア生産既報

三菱ミニキャブ ミーブ EV軽商用車

➡□ミニキャブ ミーブ販売再開 日本

三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア
三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア

➡□三菱インドネシアでゴジェック社と実証実験

EV商用車連合 トヨタ スズキ ダイハツ


➡□スズキ トヨタダイハツのEV商業車連合に

三菱ekクロススペース ツートン

➡︎□ekクロスEVは、何故ハイトワゴンタイプの「ekワゴンEV」でなかったのか?の理由

三菱自動車タイ 日立物流 実証実験

➡︎□三菱タイで商用車EV実証実験開始


三菱 商用EV ミニキャブミーヴ ミーブ

➡︎□三菱次期ミニキャブMiEV開発決定

佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団


➡︎□佐川急便採用のベンチャーEV

PageTop

「EVとPHEVどちらにするか?夜も眠れません」の答えとは

EVPHEVのどちらにすべきか。考え出すと夜も眠れません。どうすればいいですか?
小生は10年PHEVに乗って、自分にPHEVがたまたま合ったので良かったのですが、
その間ずっと内燃機関車に乗っていて、今を迎えていたら、本当に迷っていたかもしれません。
以下にその道しるべとなる手引きが、、




自宅に充電設備があり、電動走行を楽しみたいというのであれば、購入の選択肢にEV(電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)が挙がってくるでしょう。それぞれに、どのような違いがあるのか、そのメリット&デメリットを並べて考察してみました。
【EVの素朴な疑問】EVとPHEVのどちらにすべきか。考え出すと夜も眠れません。どうすればいいですか?
EVかPHEVか悩む 

クルマをどのように使うかを確認しましょう
EVはモーターとバッテリーだけで走行を行います。メリットは充電のみで給油をしなくていい、ということでしょう。自宅で充電できるのであれば、帰宅してクルマを使っていない間に充電が行われます。
また、EV専用プラットフォームを使うことで、エンジン車よりも、自由なパッケージングが可能となります。具体的には、より広い室内空間を生み出すことができるのです。エンジン車とは異なる、ユニークなルックスや使い勝手も魅力となるでしょう。

デメリットはバッテリー価格が高額であり、しかもバッテリーが重いため、搭載できるバッテリーの量をあまり大きくすることができません。そのため、現状500〜600万円クラスのEVでは、400〜600kmの航続距離が限度になります。それ以上に、遠くまで走っていこうとすると、途中で充電する必要があります。その充電は数分ではなく、30分や1時間といった単位で、非常に面倒と言えるでしょう。
EVかPHEVか悩む 

ちなみに、EVはバッテリーが高額ということもあり、純エンジン車よりも車両価格が割高です。しかし、PHEVもそれなりに多くのバッテリーを積んでいるため、やはり純エンジン車よりも割高になります。ちなみにトヨタのEVである「bZ4X」の4WDの価格は600〜650万円、PHEVの「RAV4 PHEV」は563.3万円。同じサイズ感のSUVでも、EVの方が若干高くなっています。

PHEVはハイブリッド車のバッテリーを大きくして、外からの充電を可能としたクルマです。メリットは航続距離が長いこと。EV走行で充電した電力を使い果たした後も、搭載するエンジンで走り続けることができます。ほぼエンジン車と同等の航続距離を実現しています。

そして、短距離であれば、自宅で充電した電力を使ってのEV走行で済ますことができます。つまり、ふだんの近所の買い物はEV走行で済ませ、たまの週末のロングドライブも苦もなくこなすことができます。

ただし、EV走行距離は限られているので、「EV走行だけしかしたくない」という人にはおすすめできません。また、EVに対して、余分にエンジンと燃料タンクいう機械を備えているので、クルマが重くなってしまうのもデメリットです。さらに、プラットフォームはエンジン車やハイブリッド車と共有になるため、パッケージングは旧来通りのものとなります。
EVかPHEVかの選択基準とは?


「EVとPHEVのどちらを選ぶべきか?」というのであれば、その答えは「使用状況しだい」となるのではないでしょうか。「近隣の単距離だけしか使わない」、「EV走行のみで使いたい」というのであればEVですし、「長距離ドライブも行いたい」というのであればPHEVとなります。
➡□元記事に


「長距離ドライブも行いたい」というのであればPHEV」というのが結論です。
(こうなるとBEVでいいという人は絞られる気がします)
別のEVDAYSという記事で、あなたに最適なクルマを
プロ(山本晋也氏)が伝授という記事がありました。こちらの方がより具体的で
1回の走行距離で選ぶという基準がでていました。



結論、プラグイン車を選ぶ基準は「1日の最大走行距離」にあり


ここまでの記事を整理すると、次のようなイメージになるでしょう。

1日の最大走行距離 おすすめ車種
500km以上 PHEV
300~500km 中型サイズ以上のEV(例・日産アリア/トヨタbZ4X)
100~300km 小型サイズのEV(例・日産リーフ/レクサスUX300e)
100km以下 軽自動車などの小さなEV(例・日産サクラ・三菱ekクロスEV/ホンダHonda e)


もっとも、これはあくまでイメージであって1日の走行距離が100km超というユーザーであっても軽EVを毎晩充電すれば問題なくカバーできるケースもあるでしょう。
車の使い方は千差万別ですが、EVとPHEVの選び方としては、1日の最大走行距離を目安にして選んでみてはいかがでしょうか。そうして満足度の高いカーライフを送っていただければと思います。 ➡︎□元記事に


500㎞一度に走る人はPHEVという事になります。
しかし、今のBEVはエアコンを使ったり、極寒の冬などは、カタログ数値の7掛け程度しか航続距離がでない
という欠点があります。それを鑑みると、350km程度以上走る人はPHEVとしておいた方が安心な気がします。
勿論今後は、びっくりするような1000km以上の航続距離を実現するBEVが上市され、
この基準は覆される可能性は大いに秘めています。
しかし、いざとなったら、エンジンを回して発電できる、ツインエナジー車であるメリットなどは、
BEVが高機能化してもすたれることはありません。
寒暖にも強いメリットも同様です。
個人的には「1度の航続距離だけでEVとPHEVを選ぶものではない」と考えます。

過去の小生の記事をご覧ください。


三菱アウトランダーPHEV 初心者 プラグインハイブリッド


➡︎□PHEV及び三菱自動車初心者の方への過去記事まとめ


アウトランダーPHEV 富士山ブログ リアビュー


➡︎□何故アウトランダーPHEVが自分に合っているかと思うかについて2023年版書き直し記述

電動車両とは? EV PHEV HV FCV マイルドHV


➡□今更聞けない電動車両(EV HV PHEV FCV)の違いについて

HV PHEV

➡︎□小生記述 女性にもわかるHVとPHEVの違い

PageTop