FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

新型エクストレイル(北米仕様ローグ)動画切出し写真①エクステリア編

日産新型エクストレイルが年内にも発売されるとの噂。
北米では北米仕様の新型ローグが既に発売済みです。
又、上海では一足先に新型エクストレイルが公開されました
(仕様はエンジン以外ローグとほぼ同一)
日本では当分見れないので公開されている動画から写真を
切出しています。
又、このクルマは三菱新型アウトランダーとプラットフォームを
共通化した兄弟車となります。
三菱新型アウトランダーPHEVの発売が気になる方も、
見比べてみてください。
今回はその①エクステリア編です。

日産新型エクストレイル(北米仕様)Nissan XTRAIL 2022
ブラックアウトしたタイアフェンダーやサイドスポイラーが
アウトドア感を増しています。
(今回、都市型グランドツアラーに振った新型アウトランダーと特に違うところです)
アウトランダーがサイドに水平のアクセントを使ったのに対し、
エクストレイルがご覧のように前ドア部に凹型のアクセントを
使っています、これと下のサイドスポイラーの組み合わせで、
ウエストが絞られた印象に見えます。(昨今のトヨタのSUV(CH‐R等)的なデザイン)


日産新型エクストレイル(北米仕様)Nissan XTRAIL 2022
よく見ると上のデイタイムランニングライトの「への字」の太い部分と、
下のLEDヘッドライトの「☑型」の太い部分の幅は揃えられていて、
両方灯火すると、「真ん中が切れたCの字」になっているというのが判ります。

そしてなぜか日産のエンブレムは旧型、日本発売時に新型になるのかも?
日産新ロゴ

➡◇日産アリアに付いた新ロゴマーク

日産新型エクストレイル(北米仕様)Nissan XTRAIL 2022
そしてヘッドライトの下にあるスリットは、ギミックではなくて
本当にタイア側に貫通しているエアインテークです!。


日産新型エクストレイル(北米仕様)Nissan XTRAIL 2022
このブラックアウトしていますが、複雑な形状のグリルは、
近くで見ると高級感があっていいですね。
日産車の象徴「Vモーション」クローム処理は、2重になっています。

日産新型エクストレイル(北米仕様)Nissan XTRAIL 2022
サイドのスポイラー、アンダーガードはワイルドです。
足で開くオートリアゲートはやってみたいですね。

日産新型エクストレイル(北米仕様)Nissan XTRAIL 2022
リアルーフスポイラーは、端に黒い垂直パーツがついているのが
見えます。
リアコンビネーションライトは三菱同様あと一息のクオリティか。
「ROGUE」は上海日本では「XTRAIL」になります。

インテリア編に続きます、、、。


日産新型エクストレイル2021世界初公開上海

➡◇上海に新型「エクストレイル」世界初公開記事へ

PageTop

朗報!三菱「ラリーアートブランド」11年ぶり復活でパーツ販売へ

三菱の決算発表があり、業績は良くなかったわけですが、
ユーザーにとって嬉しいニュースが含まれていました。
「ラリーアート」ブランドの11年ぶりの復活です。




三菱自動車工業は5月11日、三菱自動車らしさの具現化に向けて「ラリーアートブランド」復活など、中期経営計画「Small but Beautiful」のアップデートを発表した。
三菱決算報告書2020 ラリーアート 新車発売中期計画

 中期経営計画のアップデートは、同日公表された2020年度決算報告の中で明らかにされたもので、中期経営計画で目指す姿の再定義として、三菱自動車らしさを「環境」を中心に据えて「安全・安心・快適」をかけ合わせた姿を目指すという。
三菱自動車 ラリーアート Mitsubishi Ralliart

 その中で、三菱らしさを体感したいユーザーや三菱ファンに向けて「ラリーアート」ブランドの復活を宣言。まずは純正アクセサリーとして幅広いモデルへ展開していく予定とのことだが、「機会をとらえモータースポーツへの関与も検討する」と明かされた。また、アセアンでの次期新型車による商品力強化を進めながら、アセアン以外でも2023年以降には三菱自動車らしさを示した新型車を投入する計画だと語られた。

 2021年度の商品面での取り組みとして新型「アウトランダー」については、4月の北米での発売に続いて、日本ではPHEVモデルを投入予定であることを明らかにし、そのほか豪州にガソリンとPHEVモデル両モデルを投入予定としている。

➡︎□元記事に


以下別の記事も紹介します。



1970年代から始まった三菱のモータースポーツ活動は、特にラリーでの活躍が目立った。
中でも1980年代から2000年代の初頭にかけ、三菱 パジェロによるパリ・ダカールラリーでの優勝記録や、ランサーエボリューションによる世界ラリー選手権(WRC)連覇といった数々の栄光は、未だに世界中の人々の記憶に残っている。
この活動を支えてきたのが、三菱ワークスチームの母体である「ラリーアート(RALLI ART)」だった。トヨタでいう「TOYOTA GAZOO Racing」や、日産の「ニスモ(NISMO:ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」に相当するものだ。
しかし2010年、ラリーアートは三菱経営不振の影響により実質的な活動を停止。メーカー主体によるモータースポーツ参戦も休止状態にあった。
三菱自動車 ラリーアート Mitsubishi Ralliart

しかし、2021年5月11日に発表された中期経営計画の新たな取組みとして、三菱はラリーアートブランドの復活を宣言。まずは「ラリーアート」ブランドのパーツ販売から取り組み、今後モータースポーツ活動の再参戦についても検討を始める。
PHEVを柱にした環境対策の取り組みと、クルマの根源的な楽しさであるモータースポーツ活動を象徴する「ラリーアート」の復活。このふたつの“三菱車らしさ”を強化することで、低迷していた三菱の元気を取り戻す目論見だ。

➡︎□元記事に




良いですね!!
なんだか最新のラリーアートパーツはどんなものが
発売されるか妄想してしまいました。
でもラリーアートパーツが合うとなると、
アウトドア感あふれる、デリカD:5のアクティブギアや、
パジェロだtろうなあと思ってしまいます。
アウトドア感を抑えた新型アウトランダーPHEVには
合わないかも、、
もしくはラリーアート特別車化なんかが発売されると
楽しいかも、、、
等のわくわくするニュースでした。

ローカル大会や電動大会でもいいので
再びラリーにも参戦してほしいものです。



アジアクロスカントリーラリー アウトランダーPHEV

➡︎□パリダカ後の三菱電動車両ラリー参加について


三菱新型アウトランダー2021-2022(北米仕様)

➡︎□ラリーアートパーツが似合いそうな新型アウトランダーレッドダイアモンド有料色もある 

PageTop

新型アウトランダーに採用予定のハンズフリーリアゲートは「実際使ったら「いま一歩」だった発展途上の装備?」

いよいよ日本での公表が迫る三菱新型アウトランダーです。
このクルマは日産新型エクストレイルと基本シャーシや
各機能を共通化した兄弟車になります。
今回両車に採用される新たな機能に「ハンズフリーパワーバックドア」
があります。
日産新型ローグ 新型エクストレイル 三菱アウトランダー
(写真はエクストレイル)
「Motion Activated Liftgate」日産
「Handsーfree rear power liftgate with adjustable height 」三菱
呼び名は違いますし、三菱は、標準装備ではなくオプションの様ですが
正直使ってみないとわからない機能です。
以下に一般的なその機能についての評価を



ボディやスイッチに触れなくても操作できるということで、コロナ禍でさらにその利便性が注目されている機能で、まずはラゲッジに荷物を積む際に便利な「ハンズフリーパワーバックドア」。スライドドアの自動開閉と同じように、両手を使わずに足の動作だけでバックドアが自動開閉できる機能です。段ボールなどの大きな荷物を両手で運んでくると、バックドアを手で開けるどころか、キーを取り出してスイッチを押すことさえ難しいものですよね。
ハンズフリーリアゲート エクストレイル アウトランダー

 そんなときに、足をリヤバンパーの下に軽く振り上げる動作で、バックドアが自動開閉できるという機能はとても便利。と思ったのですが、そもそも、何度足を振り上げても検知してくれなさすぎ! これも、たとえば人間でない猫などが通っただけで開いてしまったりしないように、足の角度や速さなどの条件が細かく設定してあるとのこと。

 なので、5回くらい足を振り上げてようやく開くこともあったりするんですが、これって他人が見たら、クルマに蹴りを入れている怪しい人ですよね。警備員呼ばれちゃいそうです。しかも、運よくスムースにバックドアが開きますよ、という合図が聞こえたら、急いで後ろに下がらないとバックドアに顔面をぶつけそうで怖いです。もちろん「下がる時間」を考慮して、ピーと合図があってから一拍おいて作動開始するのですが、ボーッとバックドアの目の前に立ったままでいないように注意してくださいね。


➡︎□元記事に


これって結構、検知してくれるかが難しい様です、(笑)
意外に使いにくいものなのかもしれません。
オプションだったら慎重な導入が必要かもの最新装備です。
確かにたまにですが両手が塞がっているシチュエーションは
ありますが、、、特に買い出しやアウトドア、旅行など
はたして?

FORD KUGA HANDSFREE GATE


➡︎□初めてフォードに導入されたハンズフリーリフトゲートについての記述2014年



レンジローバーイヴォーク フリーススタイル クールスタイル

➡︎□2017年にはレンジローバーイヴォークにも採用のハンズフリーリアゲート

PageTop

ベストカー誌も「新型アウトランダーはPHEVのみでデビュー!? 」と予想

当ブログでも既に記述している通りですが、
三菱新型アウトランダーの日本国内発売は
PHEVのみ2021年12月発売
という情報があります。

今回ベストカー誌にもこれに準ずる情報が掲載されましたので
紹介します。


アメリカでは今年4月に発売された三菱の新型アウトランダー。その北米仕様は2.5Lのガソリン車だが日本での新型アウトランダーはプラグインハイブリッド車だけに絞って販売するという情報が有力となっている。現行モデルにはあったガソリン車は新型では投入されないわけだ。
三菱新型アウトランダー2021-2022(北米仕様)
(写真は北米版新型ガスランダー)

 これと同じようなラインナップをニューモデルで展開したのが日産のノートやキックスだ。新型ではe-POWERのみというハイブリッドだけのグレード体系で販売している。
 ノートも先代モデルにはあったガソリン車を廃止したわけだが、新型アウトランダーは“ガソリン車なし” のモデルラインナップでも成功するのか? 渡辺陽一郎氏は次のように考察する。

中略
三菱が2020年7月に発表した新中期経営計画によると、2021年に新型アウトランダー、2022年には新型アウトランダーPHEV(充電可能なプラグイン方式のハイブリッド車)をフルモデルチェンジすることになっている。
しかし日本国内では、2021年後半に、新型アウトランダーPHEVを発売する可能性が高い。要は発売時期の前倒しだ。三菱の販売店では以下のように述べている。
Mitsubishi Engelberg Tourer Genève 2019 三菱エンゲルベルクツアラー
(写真はエンゲルベルクツアラー(PHEV))
 「新型アウトランダーの詳細な情報は、まだメーカーから聞いていないが、発表時期は2021年の10月から11月になると思う。
 しかし(納車を伴う)発売は、2022年に入る可能性もある。エンジンは国内仕様にはノーマルタイプを用意せず、PHEVのみになることが考えられる。今は売れ筋も、明らかにPHEVになっている」。
 発売時期に関しては、注釈が必要だろう。最近は各メーカーとも、価格などを明らかにして本格的な受注を開始する「発表」と、納車を伴う「発売」に時間差を設けるようになった。
 生産開始のかなり前から注文を取り始めれば、販売台数や売れ筋グレードが早期にわかり、生産計画も立てやすいからだ。その代わりユーザーは、注文を入れてから納車まで長々と待たされてしまう。
 例えばエクリプスクロスPHEVでは、2020年10月に予約受注を開始して、発売されたのは12月だった。このパターンを踏襲すると型アウトランダーの発表、あるいは受注開始は2021年の10月から11月に行う。納車を伴う発売は、12月から2022年1月と考えられる。 仮にこのスケジュールで発表/発売すれば、2022年の3月決算には、新型アウトランダーの売れゆきがプラスの効果をもたらす。メーカー、販売会社の両方にとって都合がいい。

気になるのはエンジンだ。2021年2月に北米で発売された新型アウトランダーは、新開発された2.5Lノーマルガソリンエンジンを搭載する。このエンジンは、同じく海外ですでに発売されたローグ(エクストレイルの姉妹車)と共通だ。
三菱新型アウトランダー 日産新型ローグ2.5Lエンジン
(北米新型アウトランダー 新型日産ローグの2.5Lエンジン たしかに共通)

 ただし販売店が述べたとおり、2.5Lノーマルエンジンは日本仕様の新型アウトランダーには搭載されず、PHEVのみになる可能性も高い。
 予想を裏付けるのは、アウトランダーの国内販売状況だ。2020年に国内で登録されたアウドランダーの内、75%をPHEVが占めた。ノートも先代型のe-POWER比率は75%で、新型になってノーマルエンジンを廃止した経緯がある。
 また三菱の場合、国内の販売店舗数は約600箇所だ。業務提携を結ぶ日産の約2100箇所に比べると30%弱の規模だから、エクストレイルに比べて登録台数も少ない。PHEVのみの設定にして、効率を高める可能性も高い。
 販売店でも「アウトランダーは三菱の上級車種だから、PHEV専用車にして、イメージリーダーにする方法もある」と述べている。


➡◇元記事に(ベストカー)




いよいよ日本での新型アウトランダーPHEVの発売が
迫ってきました。
今年は、場合によっては、無観客かもしれませんが東京モーターショーも
予定されています。
待ちどおしい限りですね。
このスケジュールならば
小生来年の2月が車検なので納車が間に合うかもしれません。
三菱からの公式の公表を待ちます。


三菱3代目新型アウトランダーPHEV発売までの経緯(修正)

➡□日刊自動車新聞より日本での新型アウトランダーの発売はPHEVのみ2021年12月?情報


Mitsubishi Outlander phev 三菱アウトランダーPHEV乗換え計画2021-2022

➡小生の初期型アウトランダー乗り換え計画2021年版

PageTop

メルセデス・ベンツの新型EVセダン「EQS」の電池性能が凄い

今日は日本で非常に販売を伸ばしているドイツの
メルセデスEVについてです。




ドイツの自動車業界が長いこと待ち望んでいたパフォーマンスそのものだった。4月15日(現地時間)、独自動車大手ダイムラーは高級車ブランド、メルセデス・ベンツの新型EV電気自動車)セダン「EQS」を世界初公開した。
ダイムラーのオラ・ケレニウス最高経営責任者(CEO)は、次のように強調した。
「EQSは最も要求の厳しい顧客の期待を超えることを考えて開発した。新たな車種に『S』を冠するには、それだけの条件を満たす必要がある。当社はこの称号を軽々しく与えたりしない」
EQSは全長5.22メートル、全幅1.93メートルと、内燃機関車のセダン「Sクラス」とほぼ同じサイズ。ダイムラーが新たに開発したEV専用プラットフォーム「MEA(Modular Electric Architecture)」採用の初となるモデルだ。

メルセデスベンツ EV「EQS」

総重量約2.5トンのEQSは、最高出力の異なる2種類のモデルが市場投入される。
エントリーモデル「EQS 450+」は、リアモーターによる後輪駆動で、電気駆動システム全体で最高出力245kW(333PS)・最大トルク568Nmを発生させ、0〜100km時の加速は6.2秒。
フロントモーターを追加した「暫定」トップモデル「EQS 580 4MATIC」は、最高出力385kW(523PS)・最大トルク855Nmで、0〜100km時の加速は4.3秒に短縮される。ただし今後、最高出力を560kW(761PS)に引き上げた最上位モデルも投入予定という。

メルセデスベンツは、自社開発のリチウムイオン電池に最新世代電池セル「NCM811」(=正極材の主要原料含有率がニッケル8コバルト1マンガン1)を採用することで、希少金属(レアメタル)であるコバルトの使用量を10%以下に抑えている。
メルセデスベンツ EV「EQS」

EQSの電池システムには10個あるいは12個のセルモジュールで構成される2つのバージョンがあり、蓄電容量はそれぞれ90kWhまたは108kWh(正確には107.8kWh)。いずれも前モデル「EQC 400 4MATIC」の80kWhを大幅に上回る。
後者の108kWh電池搭載モデルの航続距離は最大770km(WLTP燃費基準)。
他の多くのEVは、航続距離の観点からはEQSに敗北を認めざるを得ない。800km以上を実現しているのは、米ルーシッド・モーターズ(Lucid Motors)が2021年後半に市場投入予定の「ルーシッドエア(Air)」と、米テスラ(Tesla)の「モデルS プレイドプラス(Plaid Plus)」だけだからだ。

➡︎□元記事に


どひゃーです。
全長5.2m、重量2.5t の超重量級の床下に積まれたのは
何と100kWhにも及ぶ超大型リチウム電池です
そして航続距離は何と800kmです!アウトバーン走行も余裕ですね。
いかにその容量が大きいか以下の比較表をご覧ください。

★三菱『アウトランダーPHEV』  ●13.8kWh ◻︎60.8km
ホンダ『クラリティPHEV』   ●17kWh ◻︎75.6km
BMW『330e』        ●12kWh. ◻︎46.8km
BMW『X5 xDrive45e』    ●24kWh. ◻︎80km
フォルクスワーゲン『Passat GTE』●9.9kWh. ◻︎51.7km
ポルシェカイエンSE-ハイブリッド●10.6kWh ◻︎36km
AUDI A3 eーtron ●8.7 kWh ◻︎52.8km
メルセデス・ベンツ『C350e』 ●6.2kWh ◻︎28.6km
メルセデス・ベンツ『GLC 350e』●8.3kWh ◻︎30.1km
MINI COOPER S E CROSSOVER ALL4●7.6kWh ◻︎42.4km

参考EV(オプションの最大値) (●電池容量)(◻︎EV航続距離)
日産リーフe+         ●62kWh ◻︎570km
テスラモデルS ●100kWh ◻︎555km
ランドローバー ジャガーiーPACE ●90kWh ◻︎438km
GM キャデラックLyriq(開発中) ●200kWh ◻︎?


現行アウトランダーPHEVの約8倍、リーフの約倍です。
こんなクルマがどんどん出てくるといよいよ航続距離を
気にせずにEVに乗れる時代がもう時期来るかもしれませんね。


メルセデス デジタル走行サウンドシステム

➡︎□メルセデスが搭載予定のデジタル走行サウンドシステムとは?


メルセデスEQ 種類 EV PHEV EQパワー


➡︎□メルセデスの電動車両の名前はわかりにくい「EQ」がついているピュアEVは○

PageTop