PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

鬼怒川でペンタックスK3-IIのアストロトレーサーによる星空の写真撮影

PENTAX アストロトレーサー 鬼怒川
栃木のドライブ旅行で行ったハーヴェストクラブ鬼怒川の
駐車場でペンタックスK3-IIについているGPSを使った天体追尾撮影
機能「アストロトレーサー」を使って、天体写真を撮ってみました。
PENTAX アストロトレーサー 鬼怒川

オリオン座がはっきり写せました!
PENTAX アストロトレーサー 鬼怒川
よーく見るとめちゃくちゃたくさんの星があるんだなあと
実感させられます。


LINEスタンプ


PENTAX k-3II アストロトレーサー

➡︎◻︎アストロトレーサーチャレンジ①


PENTAX K3-2に標準装備アストロトレイサーでの星の撮影にチャレンジ②

➡︎◻︎アストロトレーサーチャレンジ②

PENTAX K3-II アストロトレーサー 天体撮影

➡︎◻︎アストロトレーサーチャレンジ③


PENTAX K3-Ⅱアストロトレイサー北軽井沢

➡︎◻︎アストロトレーサーチャレンジ④

PageTop

PENTAX K3-Ⅱのアストロトレイサーで天体写真にチャレンジ

PENTAX K3-Ⅱアストロトレイサー北軽井沢 ハーヴェストクラブ軽井沢高原
前日のスウィートグラスキャンプ場では空のコンディションが
悪く写真が撮れなかったのですが、翌日のこの日は空が
晴れたので、星の撮影にチャレンジ。
愛機PENTAX K3-Ⅱに内蔵されているGPSと
シェイクリダクション機能を連動させて星を止めて写す
「アストロトレイサー」の出番です。
PENTAX K3-Ⅱアストロトレイサー北軽井沢
今日は雲が全くない好条件です。
肉眼でも星がたくさん見えましたが、
カメラのシャッターを2分ぐらい開けていると
こんなに色々な色の星が写せました。
PENTAX K3-Ⅱアストロトレイサー北軽井沢
帰ってきてから、星座アプリに照らし合わせて確認した
「かんむり座」
PENTAX K3-Ⅱアストロトレイサー北軽井沢
同「はくちょう座」
と「ケフェウス座」
PENTAX K3-Ⅱアストロトレイサー北軽井沢
この日のベストショット。
中央やや右に縦に天の川が流れているのが写せました。
天体写真は、出かけた時の手軽で楽しい趣味になりました。
季節によって見える星が違うのが面白いですね。
本当はスーパーマーズが見えるはずだったのですが
それは残念ながら木の下の位置に。


PENTAX K3-II アストロトレーサー 天体撮影

➡︎◻︎アストロトレイサーチャレンジ③
➡︎◻︎アストロトレイサーチャレンジ②
➡︎◻︎アストロトレイサー 初チャレンジ

PageTop

ペンタックスK-3IIに搭載のアストロトレイサーで挑戦 星の写真  TRY③

GWにPENTAX K-3Ⅱを使った天体写真にトライしました(3回目)
以前紹介したとおり、このカメラは何とカメラに内蔵しているGPSと、
機内で手ブレを補正するモーターを連動させて、星を追尾するので、
シャッターを長く開けていても、星が止って写せる優れものです。

PENTAX K3-II アストロトレーサー 天体撮影
春~夏の空は冬にくらべてなじみの星座が少ないので、
星座表を見比べてみました。
夏の大三角形、ペガススの大四辺形が確認できました。

PENTAX K3-II アストロトレーサー 天体撮影
ものすごく明るく見えるのはこと座のベガですが
良く見るといるか座、かんむり座など今迄知らなかった
星座がかわいくならんで写っているます
楽しい!


PENTAX K3-II アストロトレーサー 天体撮影
超広角で見ると
アンタレス(さそり)、アルクテュールス(うしかい)、ベガ、アルタイル(わし)が目立ちます。

PENTAX K3-II アストロトレーサー 天体撮影
アンタレスの周りを狙ったのですが、さすがにボケてしまいました。
今回熱海で撮ったのですが、
条件が良ければ次回長野県でチャレンジしてみようと思います。
冬に比べて寒くないので助かります(笑)。


⇒□アストロトレイサー TRY②

⇒□アストロトレイサー TRY①

PageTop

PENTAX K3-IIに標準装備アストロトレイサーでの星の撮影にチャレンジ②

PENTAX K3-2に標準装備アストロトレイサーでの星の撮影にチャレンジ②

昨年、基盤故障によりやむなく買い換えたデジタル一眼レフ
「PENTAX K3-II」には、天体撮影時に
星が止まって写せる「アストロトレイサー」が
標準で装備されている事は前述しました。

PENTAX k-3II アストロトレーサー

➡︎◻︎アストロトレイサー初チャレンジ

今回は、同じ場所から2度目のチャレンジをしてみました。
広角レンズで、先回より広く空を捉えてみました。
PENTAX K3-2に標準装備アストロトレイサーでの星の撮影にチャレンジ②
かなりはっきり大熊座(北斗七星)の7つ星が写りました。

PENTAX K3-2に標準装備アストロトレイサーでの星の撮影にチャレンジ②
これは、1分程度シャッターを開けています。
拡大してみると、周りの星はGPSと連動して
止まっていますが、運良く入った流星だけが、
動いています。

PENTAX K3-2に標準装備アストロトレイサーでの星の撮影にチャレンジ②
但し、この日は非常に月が明るい日で、
こういう日は、星の撮影には向かないんだな
と初めて認識しました。
(フレームのすぐ外側、上方に月があります、
もし月が暗ければ違う画角も取れるのですが、
明るすぎるので、月を入れて長時間露出すると、
白飛びしてしまいました)

また、地方に行って天気が良い時にチャレンジ
してみたいです。(楽しい!)
だけど、、冬は寒い!!

PageTop

ペンタックスK-3IIのアストロトレーサーで、星空の初撮影にチャレンジ!

愛用のデジタル一眼レフ「PENTAX K-3」が故障、復帰不能になってしまったので
図らずして後継機「PENTAX K-3Ⅱ」をてに入れる事になってしまったことは
既述しました。

この「PENTAX K-3Ⅱ」には、新しく恐るべき機能が搭載されています。
それが、「アストロトレーサー」なる機能です。
簡単に言うと「星を止めて写す」機能です。




PENTAX k-3II アストロトレーサー




カメラ本体に内蔵した手ぶれ補正機構“SR(Shake Reduction)”と連動して
簡易的な天体追尾撮影が行なえる“アストロトレーサー”を搭載しています。
GPS情報から取得した緯度で天体の動きを算出し、内蔵している磁気センサー
および加速度センサーから得られたカメラの状態(左右および上下の傾きと方位)によって、
イメージセンサーを天体の動きに同調して移動させることで、
長時間露光しても星が流れることなく、点像のままで撮影することができます。
専用の赤道儀等を使用することなく、三脚だけで簡易的な天体追尾撮影が楽しめる便利な機能です。


星を撮ろうとして長時間露出すると、その間に地球が回るので星が流れて
写ってしまうのを補正して撮れるという凄い機能です。
これが内蔵のGPSとシェイクリダクション機能の組み合わせで
カメラ単体でできてしまうというとんでもない機能です。


さっそく、ハーヴェスト熱海の庭に持ち出してチャレンジしてみました。
(運よく空が晴れていて、しかもここの1Fの庭は夜中になると消灯されて暗くて好都合です)

PENTAX k-3II アストロトレーサー 熱海
おおーっ!バルブ撮影で、50秒近くもシャッターを空けたのに
オリオン座が停まって点として撮れました!凄い!楽しい!

PENTAX k-3II アストロトレーサー 熱海
いつもは何気なく見ているオリオン座の周りの星にも色んな色が
あることがわかりました。
下の写真では、西へ向かう旅客機の光だけが動いていて、その他の
天体が止っているのがわかります

アストロトレーサー恐るべき機能です。
またキャンプなどに行って空が晴れていたらチャレンジしてみたいです。
「PENTAX K-3Ⅱ」買ってよかったです。(納得)

PageTop