PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

2019年、次期フルモデルチェンジに三菱のシステムを積んだ「エクストレイルPHEV」発売!

日産が三菱のPHEVパワートレインを自社SUVに搭載する
という報道は既にあったが、
今回その時期と車種が明らかに



 日産自動車は、家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を、2019年にも発売する方針を固めた。

日産 次期エクストレイルPHEV 2019発売


 16年10月に傘下に収めた三菱自動車の技術を活用し、人気が高いスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」の全面改良に合わせ、日産では初となるPHVを投入する計画だ。

 日産は「リーフ」などの電気自動車(EV)で先行するものの、PHVは販売していない。エコカーの品ぞろえを増やすため、三菱自が13年に発売したSUV「アウトランダーPHEV」に搭載した技術を活用。開発にあたっては車の骨格にあたる「車台」を日産製に共通化し、コスト削減を図る。

 一方、三菱自に対しては、ガソリンで発電用エンジンを動かし、モーターで走る日産独自のハイブリッド技術を提供。EVのような静かでスムーズな加速を楽しめるシステムで、日産が16年11月に小型車「ノート」に搭載し、販売が好調だ。



キタ〜ッ!
エクストレイルPHEVの登場が決まりました。
これは注目です。
しかも次期アウトランダーPHEVのFMCと同時期の2019年とは!!

これは完全にバッティング、カニバリ覚悟で
世界での電動SUVの優位を獲得する戦略です。

個人的には次に乗るクルマの有力候補の一つと言えると思います。

日産 エクストレイル キャシュカイ カスタム ジュネーブ
➡︎◻︎三菱のPHEVを積んでほしい日産SUV

アウトランダーPHEV vs ハリアーHV vs エクストレイルHV

➡︎◻︎三菱のPHEVを日産グループ転用 第一報2016年10月


アウトランダーPHEVの次は何に乗るか?乗り換え候補検討

➡︎◻︎アウトランダーPHEVからの乗り換え候補

新型エクストレイル2017 プロパイロット

➡︎◻︎プロパイロット搭載 エクストレイルMC2017

PageTop

「レンジローバー・イヴォーク」アウトランダーPHEVと値段があまり変わらない事実

カッコいいクロスオーバーSUVの代名詞
レンジローバーイヴォークですが、
高嶺の花と思いきや、実はアウトランダーPHEV
と値段があまり変わらなくなってきているという事実。



ランドローバー(レンジローバー)のデザイン革新を成し遂げた「レンジローバー・イヴォーク」は、新たな顧客層を呼び寄せたエポックメイキングなモデルとして後年語り継がれるモデルになるかもしれません。

レンジローバーイヴォーク フリーススタイル クールスタイル



そのイヴォークに、6月8日、90台限定の「レンジローバー・イヴォーク FREE_STYLE」と、54台限定の「レンジローバー・イヴォーク COOL_STYLE」が設定され、受注を開始しました。
レンジローバーイヴォーク フリーススタイル クールスタイル
2モデルとも「オールテレイン・プログレス・コントロール(ATPC)」やインフォテインメントシステムの「InControl Touch Pro」など、充実した機能が標準装備された2017年モデルの「SE」がベース。

オンロード、オフロードを問わない高い走破性能に加え、自動緊急ブレーキやアドバンスドパークアシストなどのドライバー支援システム、ハンズフリー式のパワーテールゲートなどの先進機能を特別装備し、安全性や利便性を高めています。
レンジローバーイヴォーク フリーススタイル クールスタイル
「FREE_STYLE」は「フジホワイト」のボディカラーに、キセノンヘッドライト、フロントフォグライトなどを含む「SEテクノロジーパック」や「レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)」、「レーンキープアシスト」などの人気の高いオプションを装備しながら、ベースモデルの502万円より価格を抑え、499万円となっています。

「COOL_STYLE」は、「フジホワイト」と「サントリーニブラック」の2色のボディカラーを用意し、ルーフとリヤスポイラーを「コリスグレー」で仕上げたコントラストペイントや外観を引き立てる18インチの「スタイル506アロイホイール」、「フィギュアドマカッサルウッド」のトリムなどの特別装備により、スタイリッシュに仕上げられています。「COOL_STYLE」の価格は549万円です。





この少ない台数での限定販売が、ニクいですね。
お得なモデルの様です。

これにジャガーの最新電動パワートレインが
のってくると羨ましいクルマになる気もします。
ジャガー『I-PACE コンセプト』

➡︎◻︎ジャガー「I-Pace 」電動車両


レンジローバー イヴォーク2015

➡︎◻︎毎年少しづつMCしているイヴォーク2015

PageTop

電動車両においては、中国でのNo1が世界のNo1という現実

中国の国策によりぶっちぎりで電動車両市場が
拡大している。
日本がHV、欧州がディーゼル、カリフォルニアなどの州を
除けばトランプ大統領を中心に環境は気にしていない米国が
ガソリン車をガンガン売っている間に、
中国が一気に電動車両の先進国に躍り出てしまった様です。



2018年に中国で導入が始まる「NEV(New Energy Vehicle)規制」。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)などの生産・輸入を一定の割合で義務付けるものだ。各社は対応を急ぐが、攻勢をかける欧州と中国の自動車メーカーに対して、日本勢は押され気味に映る。それでも後退するわけにはいかない。環境規制を乗り越えて競争力をつけ、世界市場に打って出られるか。模索が本格化してきた。

中国ではじまる EVの世界前哨戦
VW社が中国でEV専業の合弁会社を設立
2017年5月22日、中国国家発展と改革委員会から合弁会社の設立や工場の建設の許可を得たことが分かった。パートナーは江淮汽車(JAC)で、2016年9月に提携を発表していた。



 「中国でトップになれば、世界の電気自動車(EV)市場でもトップになれる」。日産自動車の専務執行役員で中国事業を統括する関潤氏がこう意気込むように、電動車両を巡る覇権争いで、中国が最重要市場になってきた。

 2025年に年間100万台のEV販売を目標に掲げるドイツVolkswagen(VW)社も、中国市場に傾注する姿勢を示す。VWブランドCEO(最高経営責任者)のHerbert Diess氏は、2017年4月の「上海モーターショー2017」で、「100万台のうち60%は中国市場で売る」と語った。

 年間60万台ものEVを中国で販売する戦略を披露したVW社は同年5月、ある“事件”を起こした。中国政府が長年にわたって海外の自動車メーカーを縛ってきた「合弁規制」を、実質的に緩和させてみせたのだ。

 中国の江淮汽車(JAC)は5月22日、「VW社とのEV合弁会社の設立が許可された」と明かした(図1)。VW社はすでに上海汽車(SAIC)、第一汽車(FAW)とそれぞれ上海大衆汽車(上海VW)、一汽大衆汽車(一汽VW)を設立済み。中国政府はこれまで、海外の自動車メーカーに中国で許可する合弁会社は最大2社までと規制していた。




 VW社にとって江淮汽車との合弁会社は3社目となる。EV専業メーカーとはいえ、異例の設立許可となった。新会社の名称は「江淮大衆汽車」。両社が提携を発表したのが2016年9月で、2018年にはEVの量産を始める計画だ。この早業ぶりに対してある日系メーカーの幹部は、「VW社の巧みな戦略と、中国政府のEVを普及させたいという本気度がはっきりと表れた」と舌を巻く。




そこに上手く食い込んでいるのがVWの様ですね。
さすがドイツ人、:中国外交が上手い様です。
チーム日本も負けじと頑張りましょう。

中国新興EVメーカー 前途の「K50」車和家のSEV 雲度の「A101」

➡︎◻︎中国産EV 8社


➡︎◻︎次世代自動車に関して日本政府は判断ミス?

PageTop

ホンダも自社開発オリジナル 2モーターPHEVパワートレイン 開発

ホンダは水素燃料電池車の普及スピードが
遅いため、HV及びここで培った技術を転用し
EV、PHEVの開発を進めていく様です。



 ホンダが技術試乗会「Honda Meeting 2017」で公開した新型プラグインハイブリッド車(PHEV)は、パワートレーンに2モーター式のハイブリッドシステム「i-MMD」を搭載した。現行のセダン「アコード」やミニバン「オデッセイ」のハイブリッド車(HEV)に搭載しているシステムをベースに開発したものである。

 パワートレーンの開発を効率的に進めるため、現行のHEVのシステムを活用した。同社社長の八郷隆弘氏は、「HEVのシステムをベースにしたPHEVを、今後の開発の中心にする」と言う。


ホンダ クラリファイ PHEV


 2016年5月に部分改良した現行アコードのHEVは、排気量2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせる。エンジンの最高出力は107kWで最大トルクは175N・m、モーターの最高出力は135kWで最大トルクは315N・m。システム全体の最高出力は158kWで、リチウムイオン電池の容量は1.3kWhとなっている。

 これに対して新型PHEV「クラリティPlug-In Hybrid」は、燃費を優先してアコードHEVよりも小排気量のエンジンを採用した。排気量1.5Lの直列4気筒ガソリンエンジンに、アコードHEVと同じ性能のモーターを組み合わせる。システム全体の最高出力も、アコードHEVと同じ158kWである。



 一方、電気自動車(EV)走行できる距離を伸ばすため、リチウムイオン電池の容量はアコードHEVの1.3kWh から17kWhに大きく増やした。前席と後席の床下全面に搭載する。EV走行距離は40マイル(約64km)以上であり、電池の充電時間は240Vで2.5時間。エンジンを併用すると、総走行距離は330マイル(約531km)以上になる。




アコードのHVは、既にEVっぽいチューンらしいですから、
ホンダ アコードPHEVが発売されるのも時間の問題か?
更にホンダはクラリファイとは別企画のEV開発も表明しています。



これに対して新たに開発するEVは、クラリティElectricとは異なるEV専用のプラットフォームを使い、世界各国向けの地域専用車として開発する。世界的に競争が激しく、将来、市場規模が大きくなると期待されるBセグメント車の分野を中心にして競合他社に挑む。EV開発を強化するため2016年秋に、本田技術研究所内に「EV開発室」を設置した。



これで日本のメーカーで電動車両開発をしない会社は無くなった
と言えるでしょう。


マツダ ロータリーエンジンをレンジエクステンダーに使うEV開発中


➡︎◻︎マツダのPHEV

スバル 新型XV 2017

➡︎◻︎スバル XV EV 2021


トヨタEV参入 各社の対応

➡︎◻︎トヨタがEVを出さざるを得ない理由

PageTop

ええっ⁉︎これがマーチって思う 次期新型マーチのデザインがSWAYコンセプト調で凄い



日産は新型マーチのフルモデルチェンジを2017年6月に行う予定だ

新型マーチ(マイクラ)を英国にて販売を開始する。
価格は2017年4月1日に発表した。
欧州では2017年5月22日に新型マーチに新型エンジン1.0L直列3気筒ガソリンエンジンを搭載すると発表した。


日産 次期マーチ SWAYコンセプトデザイン

ええっ⁉︎これがマーチ⁉︎‼️
これって以前から気になっていたコンセプトカー『SWAY コンセプト』
からのデザインを取り入れたものではないですか!
いいですね〜。
次期リーフもこんなイメージだったら売れるのでは?
(個人的には、本音ではリーフにSWAYデザインを期待してました)
次期ジューク、次期リーフ含め日産のデザインに期待です。



日産スウェイ SWAY
日産 スウェイSWAY
➡︎◻︎日産 スウェイSWAYコンセプト についての2015過去記述


次期 新型リーフ フルモデルチェンジ2018

➡︎◻︎次期リーフ 2017年内発表へ


日産 NISSAN GRIPZ Concept 東京モーターショー


➡︎◻︎次期ジューク 日産GRIPZ

日産 エクストレイル キャシュカイ カスタム ジュネーブ

➡︎◻︎三菱PHEVシステムを積んで欲しい日産SUVは

PageTop