PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

アウディ トリプルモーター搭載EV SUVクーペ「AUDI エレーヌ」発表

こちらはVWグループアウディによる電動SUVクーペの
新しいコンセプトカーその名も「エレーヌ」です。
アウディは従来「スポーツバック」等コンセプトカー
にもいかめしい名前をつけていましたが、
今回は一転女性の名前をつけてきました。





アウディは9月11日、ドイツで、12日から始まる予定のフランクフルトモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、コンセプトカーの『エレーヌ』を初公開した。

エレーヌは、「アウディAI」により、「レベル4」の高度な自動運転を実現するコンセプトカー。ドライバーが既定のエリア内で車を降りると、そこから先は、車がドライバーなしで自律的に走行して、立体駐車場の建物の中で空いている駐車スペースを見つけて停まり、また洗車場、荷物受け渡し場、充電ステーションなどを見つけ、サービスを自動的に受けることができる。アウディAIの働きにより、車が一連の操作を完了してくれるのが特徴。
Audi Elaine アウディ エレーヌ

ボディはSUVクーペ。これは2017年春、上海モーターショー2017で初公開したコンセプトカー、『e-tronスポーツバック』同様。両車はボディライン、電気駆動システム、エクステリアライトを共有している。
Audi Elaine アウディ エレーヌ

フロントアクスルに1個、リアアクスルに2個の合計3個のモーターは、最大出力435hp。ブーストモードでは、最大出力が503hpへ引き上げられ、0~100km/h加速4.5秒の性能を発揮する。バッテリー(二次電池)は、蓄電容量95kWhと大容量。1回の充電で、最大500kmの航続を備えている。



個人的に注目はパワートレインです。
前1+後2の3モーターです。
アウディといえば4輪駆動 クアトロのイメージが強いですが、
こちらは未完成仕様ということでしょうか。
4輪電動駆動は、以下のAudi アイコンiconを同時に公開しています。
こちらが完成形という事でしょうか。

デザインはも自動レベル5運転車「アイコン」よりも
少し現実的なレベル4(笑)。
アウディ アイコン 完全自動運転 AUDI aicon
➡︎◻︎自動運転もデザインもレベル5なアウディのアイコン

PageTop

TRDのカスタマイズ「プリウスPHV GR SPORT」貼るだけで性能が上がるパーツ?

充電スポットでずいぶん見かけるようになった
新型プリウスPHEVですが、ちょっと気になる記事が、



TRD (ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、「プリウス PHV GR SPORT」「ヴィッツ GR/GR SPORT」の発売にあわせGR PARTS(TRD)の発売を開始した。
TRDのカスタマイズ「プリウスPHV GR SPORT」貼るだけで性能が上がるパーツ?

プリウス PHV GR SPORT用としては、車両のスポーティーさをより際立たせ、空力も考慮したブラック塗装の「GRフロントアンダースポイラー」(4万5,000円) が用意された。

フロントバンパー下部にスポイラーを装着することで、全長がオリジナルより約20mmプラス、地上高がオリジナルより約20mmダウンする。設定されているカラーは、ツヤありブラックのみだ。

中略

注目のパーツとしては、GRディスチャージテープ(GRロゴ入りアルミテープ)が登場。なんと、ボディ4カ所に貼り付けることで、ボディへの帯電を取り除き、車両本来の性能を引き出してくれるとのこと。

ただ貼り付けるだけで性能が変わるという点には驚きがあるが、既に、トヨタの量産モデルやオプショナルパーツでもこのようなアルミテープを採用している実績もあり、このテープにもレーシングカーを手掛けるTRDのノウハウが活かされているに違いない。

サイズは、(大)W約100×H約55mm(3,000円)と(小)W約50×H約25mm(1,500円)の2種類。もちろん、単品の他4枚セットも用意されている。なお、パーツの性能以上は引き出せない点はご注意を。

今回TRDから登場するパーツは少なかったが、トヨタでは、GRシリーズが展開され広がるにつれてユーザーの要望も増えてくると思われる。さらなるレーシーなパーツの登場も期待したい。



TRD カスタマイズ プリウスPHV


シールを貼ると、帯電を防いでクルマの性能を引き出すとのことですが、、、
その効果はいかに、
電動車両の方が帯電しやすかったりしたら意味があるかも?
その一方上下振動が少ない電動車両は逆に帯電しにくかったりして、、?

PageTop

クルマの電動化に対して逆張り日本の象徴マツダ ダイアモンド誌から

世論は電動化一色の2017秋ですが、マツダは逆張り独自路線です。




2017.9.18
世界的なEVシフトに日系メーカーが静観・逆張りする理由


 独フォルクスワーゲンによるディーゼルエンジンの排ガス不正問題に端を発したEVシフトは、各国政府の政治的な思惑も絡んで今や全世界を席巻し、リチウムイオン電池の素材などEVに関わる企業株は高騰を続ける。

 一方、伝統的なエンジン技術に強みを持つ日系メーカーには「EVは電池の消耗やインフラの問題があり、すぐに広まるわけではない。今は実力以上に期待が膨らんだバブルにすぎない」という懐疑的な見方が多いのも事実だ。

 EV関連銘柄についても、一部の投資家には「バブルがはじける前に売り抜こうと、その兆候を探している」(アナリスト)といった動きもある。

 またEVよりもむしろ内燃機関の開発に注力するマツダのような“逆張り”戦略も際立つ。
マツダ スカイアクティブX MAZDA skyactiveX

 EVは走行中の環境性能は優れているが、電気をつくる火力発電所で大量のCO2を排出する。そこで“ウェル・トゥー・ホイール”(燃料採掘から車両走行まで)の視点から、「再生可能エネルギーを使っていない地域では、むしろ内燃機関を徹底的に改善する方がCO2削減に貢献できる」(工藤秀俊商品戦略本部長)というのがマツダの考え方だ。マツダが12月に国内で発売する3列シートのクロスオーバーSUV「CX-8」は、燃費効率とトルクを同時に向上させたクリーンディーゼルエンジンを搭載する。


マツダ MAZDA CX8

 日本以外の主要国「政府」の主導で始まったEVドミノ。想定以上のスピードで巻き起こったEV旋風に、守り一辺倒だった日系メーカーの戦略の本気度が問われている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 重石岳史)➡︎◻︎元記事


マツダっていろんな意味で、キャラが立った会社ですね。
アウトランダーPHEVに一度乗ってしまうと
純粋fガソリン車は当分パスしたい感じですが、、

ロータリーエンジンPHEVがいいクルマだったら
ちょっと惹かれるかも、、、、、

マツダ スカイアクティブX MAZDA skyactiveX

⇒□マツダのスカイアクティブXとロータリーエンジンPHEV


トヨタ マツダ デンソー EV新会社

⇒□一方でトヨタ・デンソーとEV会社

PageTop

三菱は一番いいグループ傘下に入ったか?ルノー日産三菱3社連合について BY朝日新聞

朝日新聞にルノー日産三菱アライアンスについての
まとまっていてわかりやすい記事が


「われわれは今後も電気自動車(EV)のリーダーだ」

仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合は9月15日、アライアンスとして初めて、2022年までの中期経営計画を発表した。
ルノー日産三菱アライアンス

連合の会長を務めるカルロス・ゴーン氏はこれまで取り組んできたEV戦略の妥当性を強調したうえで、新たに12車種のEVの投入を宣言。3社協業で複数の車種に展開可能な専用の共通プラットホームも用意し、EV化を一気に加速させる方針を示した。

EV累計販売は50万台超で世界トップ


日産が刷新したEV「リーフ」。フル充電での航続距離は従来比4割増の400kmに伸ばした。(撮影:大澤誠)
日産は早くからEVに着手、2010年に発売しこの10月に初めて全面刷新する「リーフ」の累計販売は約28万台で世界トップだ。昨年アライアンスに加わった三菱自は2009年に世界初の量産型EV「アイ・ミーブ」を発売し、ルノーもEV「ゾエ」が欧州で最も売れており、3社のEVの累計販売は50万台を超える。

もっともゴーン氏が以前掲げた2016年度までのEV販売目標150万台には遠く及んでいない。航続距離や充電インフラの問題で、EVに対する消費者の支持が得られなかったためだ。
ただ足元は追い風が吹いている。世界的な環境規制で、英仏両政府は2040年までにガソリン車販売を禁止すると決めたほか、世界2大市場である中国と米国もEV優遇に大きく舵を切ってきた。これに各自動車メーカーも呼応。独フォルクスワーゲンは今月、2025年までにEVとプラグインハイブリッド車(PHEV)を世界で30車種販売するとしていた従来の計画を拡大し、EVだけで50車種を投入すると発表した。EVシフトの動きが速まっている。

一方、EVはガソリン車に比べて構造が単純だ。部品点数は約4割少なくなるとされ、コモディティ化(汎用品化)しやすい。参入が容易となり、競争激化を招くことは必至だ。

テスラやBYDなど新興勢力が次々台頭
中国ではじまる EVの世界前哨戦



EVベンチャーの米テスラは今年7月から納車を始めたEV「モデル3」の受注台数がすでに日産リーフの累計販売台数を超えた。中国は国策として自国産業の育成を進め、BYDなど新興勢力の台頭が著しい。

これに対し、ゴーン氏は記者会見で「自動車産業はこの先10年で、過去50年よりも多くの変革を経験する」と指摘。今回の中計では、EVと親和性が高く、ドライバーの運転への関与が不要な完全自動運転を2022年に実現することや、コネクテッド技術、モビリティサービスの強化策にも併せて言及し、総合力で勝負していく考えを示した。


武器とするのがスケールメリットだ。2017年上期は3社連合で初めて世界販売台数トップに立ち、2022年までに4割増の年間1400万台に伸ばす計画だ。EVなど電動車が販売に占める割合を3割まで高め、電池コストは30%削減を目指す。浮いたコストは車の付加価値向上に回すのが“ゴーン流”だ。
ルノー日産三菱アライアンス EV プラットフォーム 共通化

100年に一度の転換期を迎えた自動車業界。先の見えない戦いが始まった。




なんとなく三菱がどこのグループに属さないでいたら
このグローバル電動化競争の中、生き残っていけたのかとあらためて思います。

去年の燃費不正事件のときは正直かなりがっかりしましたが、
後で見返してみると、このルノー日産傘下入りがターニングポイントであり、
長い目で見て吉であったと信じたいです。
良いクルマが発売される事を期待します。


ルノー日産三菱アライアンス

⇒ルノー日産三菱6か年計画の既述

PageTop

ルノー日産三菱G、車載システムを統一し、クラウド型に

三菱の車載システムについてのニュースです




連合を構成する主要3社の車載システムを統一し、クラウド型に刷新する。自動運転技術の搭載拡大を見据えて、交通情報などを各車両で共有しやすくする。開発費は連合各社で分担し、低コストでの搭載を目指す。

ルノー日産三菱 車載システム クラウド

 注力していく領域は、音声操作や進行案内などの機能に加え、セキュリティーの強化や車両の遠隔操作など多岐にわたる。自動運転技術を取り入れた配車サービスなどへも蓄積した技術を生かして進出する。無人運転車両や物流車両などに、同様のシステムを提供することも検討しているようだ。


 同連合が中期経営計画の柱とするのは、電動化や自動運転化だ。それに伴って、コネクテッドカー(つながるクルマ)の領域で組織の拡大を進めている。2016年10月に専門のソフトウエア開発部門の立ち上げを発表。Renaultと日産に在籍する約600名に加えて、ソフトウエア開発、クラウドエンジニアリング、データ分析、機械学習などの専門家を約300名採用する計画だ。合計で約1000名の“大所帯”となる見通しである。

ルノー日産三菱 車載システム クラウド


 人員を増やしても不足する知見は外部から得る。同連合で会長を務めるCarlos Ghosn氏は「(新たな企業の参加を歓迎し)連合の拡大もありうるだろう」と語った。

(日経テクノロジーオンライン 窪野薫)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月27日掲載]



三菱のMMCSのなってなさを実感されているオーナー
のかたであれば、ルノー日産開発のクラウド型に
してもらえるのは朗報であると理解されるのでは
ないでしょうか。
電波の届かないところでスマホに頼るスマホ連携
カーナビの弱点もカバーできそうです。


独 地図大手ヒア HERE

→⬜地図を制す者が車載システムを制す

アウトランダーPHEV MMCSナビ地図無料更新


→⬜MMCS無料更新しました

三菱スマホ連携ディスプレイオーディオ デモ


→⬜アウトランダーPHEV2017スマホ連携ナビ

PageTop

トヨタ、マツダ、デンソーEV新会社設立!!

ついにトヨタEV会社新設!!



[東京 28日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>、マツダ<7261.T>、デンソー<6902.T>の3社が電気自動車(EV)の開発を加速するため、新会社を共同で設立する方針を固めた。複数の関係筋が28日、明らかにした。同日午後にも発表する。

トヨタ マツダ デンソー EV新会社


トヨタマツダは今年8月に資本業務提携を発表し、これまで提携内容の1つであるEVの共同開発について具体的な検討を進めてきたが、新会社設立はその一環。

トヨタグループ最大手の部品メーカー、デンソーも新会社の運営に加わり、幅広い車種で共用できるEV部品の開発を急ぐ。3社でコストのかかるEV開発の負担をできるだけ抑えたい考えだ。
トヨタ マツダ資本提携 どんなEVが

トヨタは昨年12月には、社長直轄でEVの開発や戦略を担う社内ベンチャー組織「EV事業企画室」を設置。社長自らが陣頭指揮を執ることでEVの早期量産化を目指してきた。同室にはデンソーのほか、グループ企業の豊田自動織機<6201.T>、アイシン精機<7259.T>からの出向者も在籍している。



デンソーが入っているところがみそかも!!
実は資金も豊富で凄い会社です。


東京オートサロンコンパニオン デンソー DENSO


→□デンソーのコンパニオン嬢



マツダ スバル



➡︎◻︎スバルは大連合に入るのか?

PageTop

独ダイムラー 2020年にEV「EQ」用の電池新工場建設へ 中国にも投資

ダイムラーもEVシフト本気の様です。



 【フランクフルト=深尾幸生】独ダイムラーは13日、エンジンや変速機を生産する独南部の主力拠点で2020年をめどに電気自動車(EV)用電池を生産すると発表した。投資額は数百億円。現在唯一の独東部の電池生産拠点を拡張しているほか、中国での生産計画も発表したばかり。生産能力は一気に高まる。ディーゼルエンジンの将来性が危ぶまれるなか、EVシフトを加速する。

 本社を置くシュツットガルトのウンタートゥルクハイム工場で生産する。敷地内に新工場を新設する。新たに立ち上げるEV専用ブランド「EQ」用の電池を組み立てる。EVの駆動系部品も生産する。

 この拠点では、EV部品の生産を求める従業員代表と経営側が対立し、従業員側が7月1日から残業を拒否していた。EV化が進めば既存エンジン車向けの変速機などは不要になるからだ。労使が合意したことで残業も再開した。

 ダイムラーは22年までに10車種のEVを発売し、25年までに販売台数の15~25%をEVにする方針を掲げる。この方針を達成するために独東部カーメンツに建てた電池組み立て工場に5億ユーロ(約650億円)を投資し大幅に拡張している。



電池を本社のあるシュツッツガルド工場で自社生産とは、本気度が伺えます。

一方中国では現地企業BAICと合弁で電池を生産とか、
独ダイムラー EV用のリチウムイオン電池自社生産に



ドイツの自動車大手のダイムラーと中国の自動車大手の北京汽車(BAIC)は7月6日、中国でのEVとバッテリーの現地生産に向けて、50億元(約835億円)を共同出資すると発表した。
両社は中国の北京市に新たな合弁会社、BBACを設立。このBBACにおいて、メルセデスベンツブランドのEVを生産する準備として、総額50億元を共同出資する。
また、この戦略的枠組み合意の一環として、ダイムラーと北京汽車は、2020年までにBBACでEVを現地生産する準備に着手。中国でのバッテリーの現地生産に必要なインフラと研究開発能力の強化に乗り出す。
両社は2017年6月、中国の新エネルギー自動車(NEV)への投資を通じて、戦略的協力関係をさらに強化するための枠組み協定に調印。投資契約の一環として、ダイムラーは、NEV部門における北京汽車との戦略的協力を強化する目的で、北京汽車の子会社である北京電気自動車(BJEV)の少数株を取得する意向を示していた。
ダイムラーの中国担当、Hubertus Troska取締役は、「中国のEV分野において、戦略的な一歩を踏み出した。パートナーの北京汽車とともに、世界最大のe-モビリティ市場に引き続き投資していく」と述べている。



ダイムラーは、過去韓国企業等から電池を調達していたのですが、
どうやら自社生産に切り替えていく方針の様です。本気です。
最終的なコスト、及び技術、そして調達競争になった場合有利と判断したのでしょう。
しかし、ダイムラーの記事にはいつもメルケル女史が写っているので、
この電動化シフトは、官民挙げてやっているのがよくわかります。

パリモーターショー ダイムラー EQ

➡︎◻︎ケタ違い一兆円の電動化投資ダイムラー

「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」

➡︎◻︎ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6・EV

PageTop

ジャガー「E-TYPE ZERO」は往年の名車をEV化

どうもクラシックカー&レトロデザインと
最新鋭EVパワートレインという組み合わせは、
けっこう一つのトレンドになっている様子です。
今回はジャガーの「Eタイプ」




1961年にイギリスの自動車メーカー・ジャガーが発表したスポーツカー「Eタイプ」は、流線型に形づくられた美しいボディラインが人気を集めた名作クラッシックカーの一つで、名門フェラーリの創始者エンツォ・フェラーリが「これまでに作られたクルマの中で最も美しい」と称賛したほどのモデルです。そんなEタイプを、2020年までに全ての自動車を電動化すると発表したジャガー・ランドローバーがオリジナルの車体を用いて完全に電気自動車(EV)へと変身させた「E-TYPE ZERO」を発表しました。

ジャガー ランドローバー E-TYPE ZERO EV レトロ 電気自動車


オリジナルの古い車体に最新のドライブトレインを組み付ける「レトロフィット」で生まれかわったE-TYPE ZERO。外観はオリジナルからほとんど変わらないクラッシックなスタイルを維持していますが、その心臓部は最新の技術へと換装されています。

ジャガー ランドローバー E-TYPE ZERO EV レトロ 電気自動車

直列6気筒・4.2リッターのXKエンジンが収められていたボンネットの中には、EV化にあたって容量40kWhのリチウムイオンバッテリーが収められています。

ジャガー ランドローバー E-TYPE ZERO EV レトロ 電気自動車

なんとこのバッテリーユニットは、オリジナルのXKエンジンと同じ寸法と重量になるように設計されているとのこと。さらに、もとはギアボックスが鎮座していた場所には出力220KW(約300ps)のモーターが置かれており、その重量もオリジナルのギアボックスと同等。これにより、車重の大部分を占めるパワーユニットの重量をオリジナルと同一にすることで運動性能を保つのと同時に、車体の補強など大きな構造改変を行わずに済むような対策がとられているそうです。EV化の結果、車重はオリジナルより46kg軽量化されていますが、前後の重量配分は変化なしだというから、ジャガー・ランドローバーは本気です。



一見アナログっぽいけどデジタルっておしゃれです。

いろんな車が電動化で復活するのは
非常にいいですね。

三菱A型 PHEV

⇒□ 三菱A型 電動化で復活



日産インフィニティ「プロトタイプ9」EV リーフ
⇒□日産 インフィニティ 電動レーシングカー



コンバージョンEV

⇒□往年の名車を電動化 コンバージョンEV


PageTop

ハンドルの無い完全自動アウディ「AUDIアイコン」発表


今年のフランクフルトで最も未来的なクルマの一つ
がこのアウディが提案する完全自動運転EV「アイコン」では。





アウディは9月11日、ドイツで開催した、フランクフルトモーターショー2017のプレビューイベントにおいて、コンセプトカーの『アイコン』を初公開した。
アウディ アイコン 完全自動運転 AUDI aicon

アイコンは、「アウディAI」搭載によって、「レベル5」の完全自動運転を実現するコンセプトカー。同じくフランクフルトモーターショー2017のプレビューイベントでは、「レベル4」の自動運転コンセプトカーの『エレーヌ』が初公開された。エレーヌがSUVクーペであるのに対して、アイコンはDセグメントサイズの大型4ドアサルーンとなる。

アイコンのボディサイズは、全長5444mm、全幅2100mm、全高1506mm、ホイールベース3470mm。ホイールベースは新型『A8』のロングボディよりも、240mm長い堂々の大きさを備える。
アウディ アイコン 完全自動運転 AUDI aicon

アイコンは、ステアリングホイールやペダル類のないアウディの未来の自動運転車を提案。4名乗りの4ドアモデルは、未来を先取りした内外装デザインを提示した。同時に、アウディの先進技術をアピールするために、ドライブトレイン、サスペンション、デジタル化、サステナビリティの各分野における技術革新を、目に見える形で表現している。
アウディ アイコン 完全自動運転 AUDI aicon

パワートレインはEV。4個のモーターは、最大出力354hp、最大トルク56.1kgmを獲得する。各モーターが4輪それぞれを駆動する電子制御の可変式クワトロを採用。リチウムイオンバッテリーよりも大幅にエネルギー容量の大きなソリッドボディの全固体電池を搭載し、1回の充電での航続は800km以上。800Vの高電圧システムにより、バッテリー容量の80%を30分以内に充電できる。


メルセデスが、2年前にハンドルが無い「ラグジュアリーイン モーション」を出してきた時以来の衝撃です
東京モーターショー2015 メルセデスベンツ F015 luxury in motion 自動運転 ラグジュアリーインモーション

➡︎◻︎メルセデス「ラグジュアリーインモーション」@東モ

アウディ アイコン Audi aicon revel5 自動運転 EV ハンドルが無い
ハンドル無し、応接間のような長い空間がアウディらしくまとまってます。

アウディ アイコン Audi aicon revel5 自動運転 EV ハンドルが無い
しかもこのクルマ、デザインもレベル5級の未来形。
全身がネット状にも見えるギザギザなパターンの装飾に覆われていて、
ヘッドライトや、リアコンビランプなどは全てパターンの下から浮かび上がる様子。
アウディの4輪ロゴや、タイアホイールまでパターン化されているこだわり様は
さすがドイツ人。

アウディ e-tronクアトロコンセプト audi e-tron Q6

➡︎◻︎こちらは現実的な2018年発売予定アウディQ6 e-tron

PageTop

日産、新車の無資格検査で、リコール対象100万台超! 販売停止も

三菱を傘下に入れた日産が大変なことになっている。



日産自動車で新車の無資格検査が見つかった問題で、リコールの対象が、100万台を超える可能性があることがわかった。
日産無資格検査で、リコール対象、100万台超

日産自動車は29日、完成した車の検査が、資格を持たない従業員によって行われていたため、ノートや電気自動車のリーフなど、21車種およそ6万台の販売を一時停止すると発表した。
日産では、販売済みの車についてもリコールを届け出る方針だが、関係者によると、対象は100万台を超える可能性があるという。
無資格検査は、国内6つの全ての工場で行われており、日産では、第3者を含むチームによる全容解明を進めることにしている。
日産無資格検査で、リコール対象、100万台超




これは大事です。
三菱の燃費不正も衝撃でしたが、
日産の無資格検査も、かなりビックリです。
そんな事が全国6工場でまかり通っていたなんて!
国交省の立ち入りで発覚したそうです。
・・・・・・・
LINEスタンプ

いくら人不足、働き方改革と言えども
クルマは人の命を乗せるものです。
三菱自動車 ゴーン

これは違反です。
業績インパクトもありそうです。
ゴーンさんも心中穏やかではないでしょう。
➡︎◻︎元記事に

PageTop