fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

テスラが「Cybertruck(サイバートラック)」の納車開始!!

当ブログで、テスラが中期にピックアップトラックを計画中と最初に記事化したのが
2016年7月でした。
そこから7年が経過しましたが遂にテスラピックアップトラックが納車されました。



テスラ サイバートラック 納車発売

テスラが電動ピックアップトラック「Cybertruck(サイバートラック)」の納車イベントを開催し、イーロン・マスクが自ら顧客に引き渡した。発表された価格は日本円で約900万円からで、上位モデルのスペックは驚くべきものだ。

テスラの電動ピックアップトラック「Cybertruck(サイバートラック)」の量産モデルが、本当に現実のものになって登場した。当初予定されていた納車開始の時期から約2年を経て、わたしたちの目の前に姿を現したのである。
ただし、基本モデル(後輪駆動モデル)の価格は60,900ドル(約900万円)だ。これは約4年前にサイバートラックが発表されたときにテスラの最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスクが約束した価格より約21,000ドル高い。しかも、“低価格”な基本モデルは2025年まで販売されない。
テスラ サイバートラック 納車

この唯一無二のクルマを自分のものにしたいって? 実はすでに“納車”が始まっている。テキサス州オースティンで11月30日(米国時間)に開催されたイベントの壇上で、サイバートラックを予約した人たちへの引き渡しが始まったのだ。
テスラの公式サイトによると、基本モデルのほかに全輪駆動モデル(約80,000ドル=約1,200万円)と「CYBERBEAST(サイバービースト)」と名付けられた上位モデル(約10万ドル=約1,500万円)が用意されている。いずれも来年発売の予定だ。

テスラ サイバートラック 納車発売


テスラがサイバートラックを本格的に量産し始める時期は25年で、年間生産台数は25万台に達する見通しであると、マスクは10月に説明している。だが、まだ予約をしていなければ、もっと待つことになるかもしれない(テスラによると、すでに100万人以上が予約済みだ)。それにテスラは30日、(返金可能な)予約金をこれまでの2倍以上となる250ドル(約40,000円)に引き上げている。
もうひとつ、重要な数値がある。サイバートラックの満充電からの走行可能距離(航続距離)は、基本モデルが約250マイル(約402km)、全輪駆動モデルが340マイル(約547km)、上位モデルのCYBERBEASTが320マイル(約515km)だ。競合するリヴィアン「R1T」(満充電からの航続距離は270〜350マイル)やフォードの「F-150 Lightning」(同230〜320マイル)などと比べると、一部の人が期待していたほど印象的な数値ではない。
テスラ サイバートラック 納車発売

とはいえ、今回のイベントでマスクが強調したように、サイバートラックはパワフルだ。上位モデルの加速力は「ポルシェ 911」を上回り、しかも映像では別のポルシェ 911を牽引していたほどである。
なお、静止状態から時速60マイル(同約96km)までの加速は、後輪駆動の基本モデル(シングルモーター)が6.5秒、24年に出荷される全輪駆動モデルは4.1秒となる。同じく24年に出荷される上位モデルのCYBERBEASTは、最高速度が時速130マイル(同約209km)、60マイル加速が2.6秒、牽引力が11,000ポンド(フォードのF-150 Lightningを上回り、リヴィアンのR1Tと同等)だ。


いまから予約すると、いつ手に入るのか?
テスラとマスクが19年にサイバートラックを初めて披露したとき、テスラのチーフデザイナーであるフランツ・フォン・ホルツハウゼンが、サイバートラックの割れないはずだった窓を金属球で割ってしまった。その強度を証明しようとしたが、ガラスが粉々に砕けてしまったのである。このときは大量のミームがネット上に溢れた。
しかし今回のイベントで、テスラは少し“手加減”をした。フォン・ホルツハウゼンはサイバートラックの窓を野球ボールで狙ったのである。サイバートラックは無事だった。
テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック
(2019年のデモでは 何と窓が割れてしまった(下の写真))
テスラ サイバートラック 納車



サイバートラックの出荷は、テスラにとって大きな意味をもつ。テスラにとって実に3年ぶりとなる新モデルだからだ。これまでの自動車メーカーが毎年のように新機能や新型車を発表してきたことを考えると、目新しさで成り立っている世界において、新しいものを待つには長い時間といえる。
しかもテスラにとって、北米市場で人気で利益率が高いピックアップトラック分野への初めての参入となる。サイバートラックの売れ行きは、世界が、特に米国がいかに簡単に電気自動車EV)に移行できるかを占う試金石となることだろう。
サイバートラックの話題のみならず、テスラは業績が非常に好調でありながら、なぜか常に危機に瀕している。テスラは世界的に見ても時価総額の高い自動車メーカーのひとつであり、それはあらゆる種類の企業のなかでも同じだ。現時点での最新モデルである「モデルY」は米国で最も売れている電気自動車EV)で、米国の5つの州では全ジャンルのクルマのなかで最も売れている。
テスラは全世界に4つの工場があり、25年にはメキシコにも工場を新設する予定だ。そしてテスラは、ソフトウェアと製造に関して自動車ビジネスの考えを完全に覆した企業でもある。

一方でテスラは、サイバートラックの完成を急ぐあまり2年もの出荷の遅れに直面した。とはいえ、自らまいた種ではある。その異例ともいえるデザインと車体へのステンレス鋼の使用は、最終的にサイバートラックを高精度で量産しなければならないエンジニアリングチームにとっての“壁”となったようだ。『WIRED』が報じた内部報告書では、サイバートラックは試作段階にあった22年1月の時点で、サスペンションや車体のシーリング、騒音レベル、ハンドル、ブレーキといった基本的な問題を解決できていないことが示されていた。
しかもCEOのマスクは常にニュースの話題になっているが、それは必ずしもいい意味ばかりではない。Xの最高技術責任者(CTO)でオーナーでもあるマスクは、つい昨日も『ニューヨーク・タイムズ』のカンファレンスで広告主に対して「くたばれ」と発言したばかりだ。
テスラ サイバートラック 納車発売

今回のサイバートラックのイベントでも、マスクは同様に強気な態度をとっていた。「いまここに、実現が不可能だと専門家たちが言ったクルマがあります」と、マスクは壇上から語っていた。そして、従来とは大きく異なるデザインに言及した。「ついに未来は未来のように見えるようになるです」

なお、テスラの株価は今回のイベントのニュースを受けて下落し、30日の夕方(米国時間)までに1.8%下落している。
購入者はいつサイバートラックを手に入れられるのだろうか。マスクは先月、100万人以上が100ドルの返金可能な予約金を支払っていると説明していた。これらの人々は“行列”の先頭にいるわけだが、それでも25年まではサイバートラックを手に入れることは難しいだろう。サイバートラックの生産ラインが本格稼動して年間25万台が量産される時期は、25年になるとマスクが説明しているからだ。

要するに、こういうことである。まだ予約していなければ、かなり待たされることになるだろう。

➡□元記事に


➡□テスラジャパン公式HPへ



2019年のステージ上でのサイバートラック発表からも早くも4年が過ぎてしまいました。
このクルマの量産化にテスラが非常にてこずった(今も)がうかがいしれます。
それでも妥協を排して、全身ステンレスでしあげてくるあたりは流石です。
今後のこのクルマの評価や、年次改良に大注目です。




FORD ピックアップトラックEV フォード『F-150ライトニング』(Ford F-150 Lightning)

➡︎□フォードFー150ライトニング過去記述 前後に巨大なラゲッジ
米リビアン社 『R1T』リヴィアン

➡︎◻︎GMが買い損ねた米「リヴィアン」社の電動トラック

テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック

➡︎◻︎テスラのサイバートラックのデザインが凄い!!

テスラ ピックアップトラックEV

➡︎◻︎大幅に外れたテスラピックアップトラックの予想図

テスラ マスタープラン パート2


→⬜テスラ マスタープラン2

PageTop

補助金の算出基準見直しでアウトランダーPHEVの補助金は増える?それとも、、、

電動車両は高額な為、
政府や自治体からの補助金は非常にありがたく、
購入のハードルを下げる効果があります。
一方で3年間の保有縛りが発生する為、もらうと
簡単には売却できません。
来年以降の補助金の政府方針が出ましたので紹介します。




政府は、電気自動車(EV)などのエコカーを購入した人への補助金の算出基準を見直す方針を固めた。2024年度から新たに、EVの充電設備を増やしたり、故障時の対応を充実させたりといったメーカーの取り組み内容を評価項目に加える。EVの普及の妨げになっている要因の解消を各社に促すことで、業界全体の底上げにつなげる。
EV 電動車両補助金2024Iイメージ

(EV補助金のイメージ、政府の算出基準)

 国の「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」は、エコカーの種類と性能・機能によって補助金が決まる。新基準では、同じ種類でもメーカーごとに補助額に差が出る可能性があり、各社の取り組み内容が製品の競争力に直結することになる。1台あたりの最大の補助額など、基準の詳細は今後詰める。

 現在の補助金はEVは最大65万円で、航続距離やエンジン車の燃費にあたる「電費」、外部給電機能の有無などによって最大85万円に増額される。

 24年度からは新たに、各メーカーのディーラーにある充電設備の数や修理・メンテナンスの対応力などを評価項目に加える。災害時に地元自治体に電動車を派遣する協定を結んでいるかどうかや、EVなどの使用済み電池の回収に向けた努力なども考慮する。
EV充電器が設置してある日産、三菱ディーラーと無いトヨタディーラー

 政府は50年までに温室効果ガスの排出を「実質ゼロ」とする方針で、35年までに国内新車販売の100%をEVやハイブリッド車(HV)などの「電動車」とする目標を掲げる。

 22年度のEV販売は7・7万台と、乗用車の2%にとどまった。車両価格の高さに加え、充電設備が少ないことや故障時の対応を不安視する人が多いことも要因とされる。

 政府は、安くて質の低いEVが増え、業界全体の信頼が損なわれることへの危機感が強い。新たな基準により、EVを普及するための環境整備を各メーカーに促し、産業全体の成長を後押しする狙いがある。

 海外では、北米で組み立てられたEVへの優遇措置を米国が講じるなど、自国製EVの購入を促す政策が広がっている。特定の国・地域の製品を優遇したり、排除したりする制度は、世界貿易機関(WTO)のルールに違反する可能性がある。政府は、EVなどの普及に向けた環境整備につながる新たな基準案を米欧などと共有し、国際的に広げていくことも目指す。

➡□元記事に


小生は2022年に新型アウトランダーPHEV購入時に55万円を頂戴しましたが、
この改正により補助金が多くなると良いですね。
特にアウトランダーPHEVは数度値上がりして、来年の最上位グレードは600万円とも
言われています。
小生の時よりも60万円以上上がる事になります。
その差分を上回る補助金が出ると新規の方も溜飲が下がる気がします。

個人的にはディーラーさんの充電器の設置規模や、
自治体との災害協定、バッテリー回収など三菱が
長年頑張ってきたことが評価される優遇措置になると良いですね。

BYDなどの新規参入組よりも長年電動車両の真面目な普及に
取り組んできた会社に補助が行く改正を期待します。




新型アウトランダーPHEV EV補助金 振込通知

➡︎□2022年8月 新型アウトランダーPHEVの補助金55万円を遂にゲット

マンション EV充電器拡張 エネチェンジ


➡︎□マンションにEV充電器をつけたのに重くて停められない思わぬ落とし穴

PageTop

電動車両業界の逆を行く顔立ち?スバル 新型フォレスター

電動化が遅れている会社の代表がスバルです。
葛根急遽BEVの開発に注力するという中期計画が出されましたが、
足元で6代目フlォレスターは、バリバリの内燃機関パワートレイン1本でした。
しかもその顔つきは大型グリルの「エンジン車感」が半端ないものです。



 2023年11月17日、米国スバルは6代目となる新型「フォレスター」を世界初公開しました。
 ロサンゼルスオートショー2023でお披露目されたモデルには、どのような特徴があるのでしょうか。

「森に住む人」を由来とするフォレスターは、1997年に初代、2代(2002年)、3代目(2007年)、4代目(2012年)、5代目(2018年)とモデルチェンジを繰り返してきました。
 フォレスターは、30年近くにわたりスバルのベストセラーの1つであり、米国市場だけで260万台以上が販売されています。

 新型フォレスターの米国におけるグレードは、ベース、プレミアム、スポーツ、リミテッド、ツーリングを設定。

 ボディサイズは全長183.3インチ(約4656mm)×全幅72.0インチ(約1829mm)×全高68.1インチ(約1730mm)、ホイールベース105.1インチ(約2700mm)、最低地上高8.7インチ(約220mm)です。

 デザインはフロントに、コンパクトなLEDヘッドライトと一体化し、一体化されたシールド効果を生み出す大胆なグリルを採用したことが特徴です。

 またいくつかの空力性能の改善により、パフォーマンスと安定性が向上。

 具体的には前輪開口部の後縁にエアアウトレットを設けることで、ホイールハウスからの空気排出を向上させることで、前輪タイヤの浮き上がりを低減し、走行安定性の向上に貢献します。

スバル新型フォレスター2024北米

 インテリアには、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを統合したマルチメディアシステムを採用。
 シートではサポート性の高いフロントシートのデザインにより、全体的な快適性が向上。さらにフロントシートの肩部分もスリム化されており、視界と後部座席にアクセスしやすくなりました。

 さらにリアバンパーカバーに足を入れるだけで自動でリアゲートを開閉できる「キックセンサー式ハンズフリーパワーリアゲート」をスバルで初採用となっています。
スバル新型フォレスター2024北米

 パワートレインは、最高出力180馬力となる 2.5 リッター水平対向エンジンを搭載します。

 安全面では、最新のアイサイトを搭載する他、スバル車として初めて「アドバンスト アダプティブ クルーズ コントロール」の使用中にドライバーが警告に反応しなくなった場合に「緊急停止アシスト」が作動し、「SUBARU STARLINK Connected Services」が緊急サービスに通報する機能を採用しました。
スバル新型フォレスター2024北米

※ ※ ※

 なお米国での新型フォレスターの価格は、発売予定となる2024年春に発表されます。
スバル フォレスター現行5代目
(現行フォレスター、新型が大グリル化の方向がわかる)
➡□元記事に




そうですか、、「フォレスター」は「森に住む人」が由来なんですね!
もしそうだとすると、非常に環境問題に意識の高いコンセプトかもしれません
「SOLTERRA(ソルテラ)」に近い響きです。
しかし、会社の方向性とは相反して、6代目フォレスターは、エンジン車(HVでもない)で
登場です。
そして今BEVやHVで流行の「グリルレス」もしくは「グリルレス風」ののっぺりとした
顔つきとは一線を画す、大グリル化です。
グリルレス テスラ VoLvo ヴェゼル
エンジンがのっていないもしくは敢えて空冷の機能に頼らないグリルではなく。
如何にもラジエターでエンジンを冷やせそうな顔つきです。

200万台売れたのも、北米の雪国で、スバルの水平対向エンジンと四駆システムが評価された
結果だと思います。
現実的には、この雪国でのBEVの弱点問題は現状解決されていません。
6代目フォレスターが相変わらず人気だったりすると、北米のBEV化計画は
修正されるのでしょうか?
スバルにとって28年までの難しい経営判断が迫られます。



スバル 電動化と世界EV販売台数ランキング

➡□スバル28年までに7車種のBEVを発売

2022雪立ち往生 新潟

➡︎雪による立ち往生にはPHEV>BEV


トヨタ bz4x  スバル ソルテラsolterraの比較 違い

➡︎□トヨタbz4xとスバルソルテラの違いって何?


三菱自動車株価推移

➡︎□2020年ほんの3年前は今と違いスバル明、三菱暗だった。電動化とアジアが三菱を救う

PageTop

電動車両乗りなら知っておきたい「EVには何故ACとDC両方が使われているか?」

今日は、直流DCと交流ACのお話です。
ハードロックファンにはAC/DCというバンドが
有名ですが今日は真面目な電気の話です。
写真は小生が拾った(一部加工した)写真を挿入しています。



電気には直流(DC)と交流(AC)の2種類があるのはご存じかと思うが、EVにはその両方が使われている。一見、効率が悪そうな気もするのだが、それはいったいどういうことなのか。EVの基本的な構造を理解する上でも役に立つ、その理由を説明しておきたい。
電気の交流と直流について

EVは直流と交流を巧みに使い分けている。その概要を理解しておくといろいろなことに合点がいくはずだ。

電気には直流(DC)と交流(AC)の2種類があるのはご存じかと思うが、EVにはその両方が使われている。一見、効率が悪そうな気もするのだが、それはいったいどういうことなのか。EVの基本的な構造を理解する上でも役に立つ、その理由を説明しておきたい。

アウトランダーPHEV 直流交流 DC/AC


電気にはその流れ方の違いから「直流(DC)」と「交流(AC)」の二通りがある。直流は文字通り、電気の流れが一方向にまっすぐに流れる。すなわち+と-が一定だ。一方、交流は電気の流れが交互に変化する。これは+と-が交互に変わり、右から左に流れていたら、次には逆に左から右へと、電気の流れが交互に変化するのだ。

そしてEVには、直流(DC)と交流(AC)の両方の電気が使われている。その理由は簡単に言えば、EVに搭載されているバッテリーはすべてが直流で、一方モーターには交流(AC)モーターが使われているからだ。

そもそも電池やバッテリーなど電気を蓄積したものから出てくる電流はすべて直流、充電するのも直流だ。そしてモーターには、直流で駆動する直流(DC)モーターも存在する。実のところ、かつては一定速度で回転させるには交流(AC)モーター、回転速度を変化させるのには直流(DC)モーターという使いわけがあった。

それは交流(AC)モーターは、交流(AC)の電気の流れの向きの変わる速度(周波数)によって回転数が定まるという仕組みがあったからだ。そのため、家庭用電源のように周波数が一定の場合、交流(AC)モーターは回転数も一定になってしまう。

それに対して直流(DC)モーターは、電圧を変化させることで、回転数をコントロールすることが可能だった。そのため、回転数を変化させる用途には直流(DC)モーターが使われていたのだ。
アウトランダーPHEV 直流交流DC AC

しかし、エレクトロニクス技術が進化することで、一定回転=交流(AC)モーター、変化する回転=直流(DC)モーターという常識が変わってきた。技術の進化により、インバーターを使って、交流の周波数を自在に制御できるようになったのだ。

そうなると、直流(DC)モーターよりも交流(AC)モーターの方が、サイズを小さく、より高性能にすることが可能となった。そのため、現在のEVは、そのすべてで交流(AC)モーターが使われるようになっているのだ。

つまり、電力を蓄えたり放出したりする電池が直流(DC)でありながらも、モーターが交流(AC)のため、EVでは、直流(DC)と交流(AC)の両方の電流が使われるようになっているというわけだ。

➡︎□元記事に



過去、小生も少しづつ勉強して、
昔習った理科を思い出しながら直流と交流を
理解していった経緯があります。

電動車両に乗るまでは感心もありませんでしたが、、笑)
なんでも新しい事に興味を持つのは非常に良い事です。

これを理解すると、次は何故、急速充電ができるのか?
(交流電気を急速充電器の中で昇圧して直流化しているので
 直流同士で高速で大量の電気をチャージできるんですね)
そして、バッテリーは何故DCが良いのかが理解できます。
(今度は貯める方には直流が有利だからです)
一方で微妙な駆動力の制御には交流モーターをインバーター
で精密に制御しています。

それを使い方に合わせて走りながら切り替えている
今の電動車両の凄さが改めて感じられます。

更にアウトランダーPHEVはエンジンの物理回転力をジェネレーター
で電気エネルギーに変換する事も同時に行っています。
超絶技術です。

新旧アウトランダーPHEV 電動パワートレインモーターバッテリー比較


➡︎□今更聞けないアウトランダーPHEVは直流交流どっちでも走っている?



アウトランダーPHEV GN0Wのインバーターコンバータ とACインバーター


➡︎□今更聞けないインバーターって何するもの?

PageTop

注目したい BYDの2口同時急速充電とは?

今年のジャパンモビリティショーで注目を集め、
テスラをBEVの販売台数で抜いて首位を伺う会社。
それが中国BYDです。
当ブログでも最初は(2017年)電池のサプライヤーとして紹介する事からでしたが、
今や推しも推されぬ世界一の電動車両メーカーでもあると言えます。
たった6年で世界を変えた会社でもあります。
そのスピード感には敬服を隠せません。
今日は何でもやるという意味での2口充電について、、




デンツァ D9はBYDが「デンツァ(騰勢)」ブランドで展開するEVミニバンです。JAPAN MOBILITY SHOW 2023にて日本で初めて公開されて話題となりました。はたしてどんな電気自動車なのか。実際に試乗した中国車研究家、加藤ヒロト氏のレポートです。
BYD 二口急速充電技術 BYDヴェンツァD9

中略

BEVモデルで特筆すべき機能がその急速充電機能にあります。急速充電用の充電口を両側にひとつずつ搭載することで、同時に2つの急速充電器を用いて充電することが可能となるのです。これにより急速充電の最大出力は166kW、たった15分の充電で230km分を、30分でSOC30%→80%を充電するとしています。
BYD 二口急速充電技術 BYDヴェンツァD9
(D9には左右に別リッドがある これが使いやすいかは環境による?)
この手法はバッテリーサイズが大きく、また運用の回転率を上げる必要がある商用車などで用いられており、BYD製の電気バスも2口同時急速充電に対応しています。一方、乗用車では一般的ではないものの、ミニバンという長距離を快適に移動するための車種にこの技術を用いるのは納得がいきます。
BYD 二口急速充電技術
(バスでは同じリッドに2つ充電高がある)
800Vの高電圧システムを搭載しているので、それに対応する充電器を用いたらもっと速いですし、近日発売予定となるシャオペン(小鵬)初のミニバン「G9」ではそれによって充電の最大出力は480kWまで対応しています。ですが、BYDはシャオペンのように自前で急速充電網を整備していませんし、中国に設置されている大半の急速充電器は800Vに対応していないとも聞かれます。既存のインフラを最大限に活用できるのが、この「2口同時充電」であるとBYDは判断したのでしょう。

➡︎□元記事に



使い勝手はさておき、今できることはなんでもやってしまうBYDの
スピード感を象徴する様なクルマです。
バスなどは同じところに2口がある方が便利な気もしますが、
相当大きいインバータースペースを使う事から、両側に
一口づつにしたのか?それとも同じ側で2機の急速充電器から
ケーブルを回すのは非現実的?としたのかその点は不明ですが。

日本でこのクルマが急速充電器を2台使って充電していたら
顰蹙を買いそうですが、そこは中国です。
堂々と2台占有しそうなBYDのデンツァD9の出立です。





ルノー日産三菱アライアンス


➡︎□当ブログで一番最初にBYDの名前が出た2017年10月記事に

世界一のEVメーカー BYD 中国

➡︎□初めてBYDで1本記事を書いたのが2018年12月



テスラVS BYD


➡︎□推しも推されぬ世界一の電動車両メーカーでもあるBYD


ジャパンモビリティショー2023 BYD EVパワートレイン

➡︎□衝撃だったjMS2023のBYDブース

EV 海上火災

➡︎□危険なEV発火?による海上火災
BYD首位 2023世界EV販売台数ランキング

➡︎□衝撃のBYD瞬間世界首位記述2023年7月記述記事へ

PageTop