PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

初めての「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 その⑤撤収編

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 今回は撤収編。
翌朝は朝からあいにくの雨
「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記
雨でした〜☔️

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 朝食
しかしテラスに屋根があるので、
テーブルのガスコンロで朝食を作っても全く濡れません。


「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 朝食
前日頂いた食材でこんな立派な朝食ができました。
いただきます。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記
雨も小降りになってきたので撤収です。
THANKS PICA秩父。楽しく過ごせました。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 雲海
帰り際に秩父ミューズパーク内の展望台からの眺めが良いらしいので
行ってみることに。
クルマを停めて少し歩きます。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 雲海
おお〜〜っ!
雲の下に秩父の街並みが見えます。そして雲の上に山の頂上が、、


「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 雲海
どうやらここは雲海のメッカらしく運が良いとこう言う
SFの様な風景も観れるそうです。
➡︎◻︎西武鉄道hpへ

秩父良いところでした!
おしまい。

PageTop

初めての「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 その④窯焼きピザ編

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 。
今回は遂にメインイベントの窯焼きピザ編です。
「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
夕方5時から、コテージホールという場所で、
夕食と、翌朝食用の食材が渡されます。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
先ずはガソリンランタンを点火して雰囲気を出します。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ BBQ
今日のメニューは、バーバキューと窯焼きピザです。
バーバキューは、ガスコンロ付きテーブルで、
焼きながら食べられるので楽しいです。食材はカット済み。
(焼き手が、テーブルを離れなくて済むので素晴らしい)

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
一方で、窯焼きピザは、薪を使ったデンマーク製
本格ピザ窯で焼きます。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 釜焼きピザ BBQ
窯の加熱に40分から1時間かかるので、バーバキューを
食べながら薪に火をつけます。


「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 釜焼きピザ BBQ
秩父地元産の豚肉も美味でしたが、
何と言っても武州和牛A4がメチャメチャ旨し!絶妙の霜降り

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
バーバキューがひと段落してきたので、
ピザの準備にかかります。カットされている食材を乗せるだけで簡単。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
さていよいよピザ焼きに挑戦です。
上手く焼けるでしょうか?


「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
ほんの3分で上手く焼けました!。
これは本格的です。生地の縁がパリパリで旨し!
ピザ焼き楽しい!

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 窯焼きピザ
残りの薪を燃やしてマシュマロなどを炙りながら、
ドリップコーヒーでまったり。
炊事場がテラスに付いているので跡かたずけも簡単。
おやすみなさい


続く、、、

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 モルソーピザ窯
ちなみにこのピザ窯は、デンマークの「MORSOモルソー」社製です。
ピザ窯と専用キャスターで40万以上もする素晴らしいものでした。
お庭がある方は、自宅に欲しくなる方もいそうな逸品です。




「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 室内


➡︎◻︎PICA秩父 アプローチ&施設編

PageTop

初めての「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 その③ 長瀞川下り編

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記
今回は近くでのアクティビティ編です。
「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 長瀞川下り
アウトランダーPHEVで20分ほど走ると、秩父鉄道長瀞駅
に到着します。ここでクルマを停めて、船で川を下る
「長瀞ライン下り」にチャレンジ。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 長瀞川下り
今回は駅から上流にマイクロバスで上って、船で下るAコースです。
(船で下ってからバスで戻るBコースもあり)
ライフジャケットを着用して出発。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 長瀞川下り
途中で水しぶきを浴びるところもあって結構スリリング。


「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 長瀞川下り
正味20分弱ほどの船旅は楽しいです。



「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 長瀞かき氷
長瀞駅で、名物天然氷のかき氷を頂きます。
サクサクです。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 長瀞宝登山神社
駅前の宝登山神社(ほとさん)にお参り。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 手打ち蕎麦 武蔵屋
昼食は、あえての秩父駅前
手打ち蕎麦 武蔵屋さんで頂きました。
ボリューム満点美味しかってです。
秩父名物、小昼飯(こじゅうはん)味噌ポテトも旨し。

さて秩父を満喫できたのでサイトに戻ります
続く、、、

PageTop

初めての「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 その②ハッピーフライデー編

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記今回は、
ハッピーフライデー編です。
「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 森のカフェ&レストラン
こちらの施設は通常のチェックインが15:00からと遅めになります。
そこで金曜日の前日から連泊で利用すると金曜日の宿泊料が半額になる
という「ハッピーフライデー」というプランが用意されています。
今回はそれを利用して連泊することに。
しかし金曜の到着が遅い場合、そして2日同じメニューになってしまうのに
対応して、1日は施設内のレストランで同料金で食事する事ができます。
こちらが「森のカフェ&レストラン」。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 森のカフェ&レストラン
こちらのフルコースを食べる事ができます。
キャンプ場じゃあないみたいな贅沢感。
スタッフの方が使っている地元食材について説明してくれました。
特に青い「翡翠卵」を産むアローカナは初めて知りました。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」樹音の湯 お風呂
こちらには何と共同浴場もあります
かつて西武グループが開発したレジャー施設だったそうです。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 ホタル鑑賞
この日は丁度ホタルの夕べという事で、マイクロバスで生息地まで
送ってくださるという事なので行ってみることに。
写真は撮れませんでしたが優雅なホタルの舞が鑑賞できました。


「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 コーヒー
翌朝は、コテージに備え付けられているコーヒー豆を手挽きして
プレス器で抽出して楽しみました。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 森のカフェ&レストラン
朝食も再度、レストランで頂きました。
ハッピーフライデーを利用すると随分時間に余裕ができます。
さて、近所にアクティビティに出かけます。

続く、、

PageTop

初めての「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 その①アプローチ&施設編

先月初めて埼玉県秩父にあるキャンプ場「PICA秩父」に
泊まってきました。
「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記
こちらは他のPICA施設と違って、
サイトにはクルマが入れないのでエントランスで
アウトランダーPHEVとはお別れです。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記
今回宿泊したのは、サイトの北側奥に3棟ある、
ピザ釜があるというのがウリの、
「グランオーベルジュコテージ」です。
さてコテージの中は?

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 室内
おお〜っ! ウッディで素敵です。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 室内
備品も充実。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 施設
薪が使えるピザ釜と、ガスグリル内蔵テーブル、更にガスコンロ付きで
至れりつくせり。

「PICA秩父グランオーベルジュコテージ」宿泊記 施設
これは楽しそうです。
続く、、、

PageTop