FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

英国三菱、『ショーグン』(日本名:『パジェロ』)の最終モデルをヘリテージコレクションに収蔵



三菱自動車(Mitsubishi Motors)の英国部門は8月5日、『ショーグン』(日本名:『パジェロ』に相当)の最終モデルをヘリテージコレクションに収蔵した、と発表した。

初代は1982年に発売

初代パジェロは1982年に発売された。オフロードにおける高い悪路走破性と、都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を博した。英国ではショーグンの名前で、1982年から販売されている。

1991年には2代目にモデルチェンジした。フルタイムとパートタイムの両方式の長所をあわせ持つ、世界初の「スーパーセレクト4WD」を採用した。悪路走破性をさらに高めるとともに、ラグジュアリー性を引き上げているのが2代目の特長だ。

1999年には3代目にモデルチェンジした。ラダーフレーム構造からビルトインフレーム構造のモノコックボディに変更され、軽量化と高剛性化を追求する。高い悪路走破性に加えて、優れた操縦安定性と乗り心地も両立させた。

2006年には現行モデルを発表した。従来から定評のあったスーパーセレクト4WDに加え、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどを採用し、さらにその走りに磨きをかけた。日本国内での累計販売台数は64万台以上。英国では11万4164台が販売され、根強いファンに支持されている。

また、パジェロはモータースポーツでも活躍し、多くのファンを獲得した。世界一過酷なラリーといわれるダカールラリーに1983年から参戦し、7大会連続を含む通算12回、総合優勝を成し遂げた。参戦を通して得た4WD技術やSUVづくりのノウハウは、パジェロなどの三菱車に活かされている。

最終モデルを自動車遺産として大切に保存

現行モデルの国内向けパジェロは、2019年8月をもって生産を終了する。日本の岐阜県の三菱自動車の工場では、欧州向けの生産も終了しており、英国では最後の1台が登録され、37年の歴史に幕を下ろした。三菱自動車の英国部門はこのショーグンの最終モデルを、ヘリテージコレクションに収蔵した。これは、同車に敬意を示し、自動車遺産として大切に保存していく意思の表れだ。

英国向けの最終モデルは、ショートボディの「バーバリアン」と名付けられた特別モデル。ボディカラーはフロストホワイトで塗装された。インテリアには、レザートリムやDABラジオ、ナビゲーションシステム、後退カメラ、オートエアコンなどが装備されている。

初代パジェロや初代ランサーも収蔵

なお、英国の三菱自動車のヘリテージコレクションには、初代パジェロが収蔵されている。2.6リットルガソリンエンジン搭載のMT車だ。快適装備として、ラジオカセット、リクライニングフロントシート、高さ調節可能なステアリングホイールが備わる。2000年には、第2世代の三菱パジェロを追加収蔵。最終モデル同様、ショートボディの1台だ。3.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンを搭載する「GLS」グレードとなる。

この他、英国の三菱自動車のヘリテージコレクションには、1974年式の初代『ランサー』をはじめ、『ランサーエボリューション』の最終モデル、「FQ-440」などが収められている。三菱自動車の英国部門は、ショーグンは非常に重要なモデルで、1980年代前半から4WDおよびSUVセグメントのリーダーとして、急速に成長した。生産期間の長さは、ショーグンがどれほど愛されているかを示すもの、としている。
→■元記事に

PageTop

アウトランダーPHEVによるドライブ「紅葉の始まった箱根 蓬莱園〜湯河原GensenCafe」編

箱根 小涌園 蓬莱園 紅葉
先月行った愛車初期型アウトランダーPHEVで行った箱根〜湯河原ドライブです。
芦ノ湖元箱根から向かったのは小涌谷側の箱根小涌園横にある「蓬莱園」です。
こちらは、ホテル小涌園の広大な庭園です。
駐車場がないので箱根ユネッサンの駐車場をお借りします。
箱根 小涌園 蓬莱園 紅葉
この時は少し早めでしたが紅葉が始まっていました。
箱根 小涌園 蓬莱園 紅葉
落ち葉もキレイです。
箱根蓬莱園 駐車場 マップ 地図
蓬莱園とユネッサンの駐車場の位置関係はこんな感じ。
徒歩5分。
箱根を後にして湯河原へ向かいます。
奥湯河原 紅葉の里 お茶室体験
奥湯河原を通過する時に、
何やらイベントをやっているようなので
立ち寄って見ることに。
奥湯河原 紅葉の里 お茶室体験
湯河原紅葉まつり期間に、年に1回この時期だけお茶室
が解放されて体験できるとの事。かの黒川紀章氏の設計とか!。
500円。
奥湯河原 紅葉の里 お茶室体験
お庭を見ながらの日本茶は
とても素敵な時間でした。
来てよかった!。
Gensen cafe the ryokan Tokyo 湯河原 源泉カフェ Yugawara
次に寄ったのが、湯河原にある「人をダメにするソファのあるカフェ」
と言われる「Gensen Cafe 」に初めて行ってみました。
こちら外国人観光客にも人気の宿泊施設、兼日帰り温泉施設のようです。
驚くことに駐車場にテスラの充電器が2台ありました。
当然互換性がないので充電できません(泣笑)
Gensen cafe the ryokan Tokyo 湯河原 源泉カフェ Yugawara
エントランスからして外国人が喜びそうな
謎のジャパン感(笑)で素敵です。

Gensen cafe the ryokan Tokyo 湯河原 源泉カフェ Yugawara
中に入るとこんな感じ。噂の「人をダメにするソファ」が並んでいます。
こちらもジャパンイメージ全開。

Gensen cafe the ryokan Tokyo 湯河原 源泉カフェ Yugawara
今回はこの席になりましたが、
お風呂に浸かってこのソファに座ると何もしたくなくなります(笑)。
「ほっこりプラン」ワンドリンクが付いて2時間ゆっくり休憩できます。

湯河原ドライブ地図 gensencafe map ゲンセンカフェ
ゲンセンカフェは普通なら正面の駐車場にとまれます。
(混雑時は第2に停めさせられると思われます)
続く、、、
夜は熱海に。


中尊寺 金色堂

➡︎◻︎日本っていいね!世界遺産

PageTop

アウトランダーPHEVによるドライブ「マツダ(箱根)ターンパイク」〜「元箱根」

先月愛車初期型アウトランダーPHEVを駆って
箱根〜湯河原にドライブ旅行に行ってきました。
マツダターンパイク 日の出 アウトランダーPHEV クルマの写真
久々にマツダターンパイクを走りました。
アウトランダーPHEVの強力なツインモーターがグングン坂を
登っていくのは実に気持ちがいいです。
途中で夜が明けてきました。
マツダターンパイク 日の出
湘南の海に日が昇ってキレイです。

箱根ターンパイク 大観山スカイラウンジ 富士山と芦ノ湖 クルマの写真 アウトランダーPHEV
こちらは、富士山と芦ノ湖が両方見える
希少ポイント「大観山スカイラウンジ駐車場」
です。
この日は、朝のうちだけ富士山がキレイに見えました。

マツダターンパイク 箱根ターンパイク 旧TOYOターンパイク
旧TOYOタイアがスポンサーであった箱根ターンパイクは、
現在はマツダがネーミングライツを取得し、マツダターンパイクと呼ばれています。

アウトランダーPHEV S-AWC比較

➡︎◻︎何故アウトランダーPHEVはうまくカーブが抜けれるのか?
箱根芦ノ湖 逆さ富士 元箱根
芦ノ湖に降りると、関所跡のある元箱根
に出ます。

富士山と芦ノ湖 クルマの写真 元箱根 アウトランダーPHEV
ここの第8、第7有料駐車場は、空いている明け方は
富士山と芦ノ湖、箱根神社の赤い鳥居が
写せるレアスポットです。


元箱根 朝食 ベーカリーアンドテーブル ベーカリー&テーブル
ここの第7駐車場の隣に、
人気の食事もできるベーカリー
「ベーカリーアンドテーブル」さんがあります。

元箱根 朝食 ベーカリーアンドテーブル ベーカリー&テーブル 3F
この日は2階朝食ビュッフェは満席。
3階に上がり。

元箱根 朝食 ベーカリーアンドテーブル ベーカリー&テーブル ガレット
ガレット、キッシュのモーニングセットを
楽しみました。
旨し。
元箱根 ベーカリーアンドテーブル箱根地図 bakery & table

続く、、、

ベーカリーアンドテーブル箱根

➡︎◻︎2014開店直後のベーカリー&テーブル箱根店

PageTop

愛車アウトランダーPHEVで、6日間の東北旅行に行ってきました。総走行距離800キロ 累計33333キロ

月初に会社から勤続表彰として休暇と旅行券をもらったので、
東北旅行に行ってきました。
宮城山形の温泉旅館に連泊する贅沢を味わいました。
又、愛車アウトランダーPHEVに乗って、総走行距離800Kimを
超える楽しい、ドライブ旅行でした。
(ここにきて雨ばかりなので運が良かったです)
Mitsubishi Outlander phev アウトランダーPHEV 東北ドライブ旅行2017
さすが東北、蔵王の麓では日本では無いような絶景が、、、

2017 10月 宮城〜山形 東北ドライブ旅行 行程地図 アウトランダーPHEV
ほぼ一週間かけてゆっくり800キロ走ってきました。

EV充電スポット 東北自動車道 2017 東北旅行
途中の充電箇所はこんな感じ。珍しく給油2回しました。

宮城〜山形東北ドライブ旅行 行程 アウトランダーPHEV
宿泊のメインとなったのは各2泊連泊した
宮城の遠刈田温泉と山形の上山温泉です。

Mitsubishi Outlander phev アウトランダーPHEV 東北ドライブ旅行2017
2013年2月に新発売とほぼ同時に納車されて以来
愛車アウトランダーPHEVは今回も好調に旅行を
サポートしてくれました。
総燃費は16km/ℓ程度だったでしょうか。
忘れられない素晴らしい旅行になりました。
おいおい写真を上げていきます。

Thanks Outlander PHEV!

愛車アウトランダーPHEV累計走行距離33333キロ
自分は週末ドライバーなので、そんなに走りませんが
この旅行の途中で累計走行距離は33333キロ
になりました。山形の高速道路上でしたが
妻にiPhone で撮影してもらいました。

➡︎◻︎その①アプローチ編
➡︎◻︎その②もみじ部屋施設編
➡︎◻︎その③貸切露天風呂編
➡︎◻︎その④食事編
➡︎◻︎その⑤施設サービス編




⇒□上山温泉 名月荘 アクセス編
⇒□上山温泉名月荘 扇部屋施設編
⇒□名月荘 夕食編
⇒□名月荘 朝食編
⇒□明月荘 共用施設編
⇒□名月荘 部屋施設続編
⇒□名月荘 EV充電器編

PageTop

アウトランダーPHEVで夏休みに東名を走って思ったこと

夏休みにアウトランダーPHEVで浜名湖〜熱海へ行って帰ってきました。
東急ハーヴェストクラブ浜名湖 アウトランダーPHEV
総走行距離は600km 渋滞情報を見てすいている時間に走りました。

EV急速充電スポット 東名浜名湖SA 上り プリウスPHV アウトランダーPHEV
さすがに夏休みです。いつもはすいている充電器にもEVがたくさんいました。
こちらは浜松SAでのプリウスPHV
ここの充電器はスタバに近いので休憩しながら待機できます。
後ろに待たれると恐縮してしまい、
充電途中ですが譲ってしまいました。

EV急速充電スポット 東名富士川PA 上り 日産e−NV200 アウトランダーPHEV
こちらは富士川PAの充電スポット
めずらしく日産の「e−NV200」が充電してました!。
自分は空いていたら補充しようと思いましたが、やめました
(こういうところ「がツインエネルギーカー」アウトランダーPHEVは便利)

アウトランダーPHEV 浜名湖から熱海

いずれにしてもいまの電池技術では長距離の高速道路道路にはEVは向きません。
高速走行するとみるみる電池がなくなってしまうのに加え、
なんとか充電器をたよっても、混んでいてまたなくてはならなかったり、
たまに故障で充電できないことも。(これって致命的です)

そんなときやっぱりPHEVって便利だなと思う夏休みでした。



三菱本社ショールーム アウトランダーPHEV S-edition

➡︎◻︎自分にとってPHEVが合っていると思う理由


高速道路補助金

➡︎◻︎高速道路補助金をゲット2016

PageTop

祝首都高 横浜北線開通!アウトランダーPHEVで走ってみました。

3月18日に生麦JCTと港北JCTを地下トンネル中心に繋ぐ
首都高横浜北線「K7」が開通しました。
これにより、横浜港と港北エリアのアクセスが良くなります
今回お台場に向かうのに使ってみました。
首都高横浜北線
おおっと!
何と日産スタジアムの近くに新しい高速乗り場が
できているではありませんか!
首都高横浜北線
新品ピカピカの道路って気持ちいですね。
今はトンネル工事技術が進んだので
こんなすごい道が意外に早期に完成するんですね~。
素晴らしい。

アウトランダーPHEV 加速

**写真はイメージで当日、北線走行時のものではありません。**

首都高横浜北線
ちなみに帰りも使ってみました
これは羽田~のアクセスが良くなりますね!!
注意は第三京浜港北ICでは降りれない事
おかげで久々に続きPAで充電しましたが、何とスタバができてました!!


都築PA
(写真は都築PA充電スポット)
何となく得した気分でした。

あとは、東名の青葉ICと第三京浜港北ICを結ぶ
横浜環状北西線の開通に非常に期待します。
現在青葉ICの工事が始まっています。
(平成33年完成予定)


横浜環状北線 横浜環状西線

➡□首都圏高速道路の進化に期待!


➡︎◻︎首都圏の中央環状線 山手トンネル開通

➡︎◻︎圏央道 海老名〜八王子開通

➡︎◻︎東駿河湾環状道路 開通


首都高横浜北線

PageTop

山中湖に行ったら季節外れの雪だった中でのアウトランダーPHEV

ラコストリ山中湖 雪景色
先日アウトランダーPHEVに乗って山中湖に行った時のことです。
宿に着くとだんだん雲行きが怪しくなってきたかと思うと
何と4月というのに雪が降り出したではないですか、、、


ラコストリ山中湖 雪景色
翌朝になるとあたりは雪で真っ白です。
結構積もってしまいました。

ラコストリ山中湖 雪景色 アウトランダーPHEV
ご覧のように車の屋根には10センチ近く積もってしまいました。
宿に道具を借用して雪を下ろしました。
軽めの雪だったので助かりました。

アウトランダーPHEV 4WDロックモード 55:45
まさかで雪対策をしておらず
ノーマルタイヤでしたが
久々の4WDlockモードです。

ラコストリ山中湖 雪景色 アウトランダーPHEV
無事この日の河口湖までの行程を走り切りました。
さすがアウトランダーPHEV。頼りになります。


以下lockモードについての
記述を転載します。





ガソリンモデルのS-AWCではフロントデフが電子制御クラッチ式差動制御。前後の駆動配分には電子制御カップリングを利用している。PHEVでは前後の駆動配分は、それぞれ専用のモーターが担っている。つまりフロント、リヤにそれぞれ駆動用モーターがあり、フロント駆動用モーター、リヤ駆動用モーターがそれぞれの駆動を担当しECUで制御する。そして、左右の差動はブレーキ制御という仕組みになっている。
アウトランダーPHEV 4WD 4輪駆動でツインモーター

エンジン制御のECU、ASC/ABSユニット、フロントモーター/ジェネレーターを制御するパワードライブユニット、リヤのモーターコントロールユニットのそれぞれをまとめて制御しているのがPHEVのECUで、それぞれの制御ユニットのデータから最適な走行シーンとなるように制御されているわけだ。ちなみにセンサー情報としてはハンドル角、ヨーレート、前後加速度、横加速度、四輪車輪速など30個のセンサー情報を得ている。

前後のデフはいずれもオープンデフを装備。走行モードは、NormalとLOCKの2モードで、常時4WD走行をしている。滑った時にリヤへのトルクを多めに掛けているのがLOCKモードで、ドライビングスキルがあればコントローラブルに感じる。Normalはどんなスキルレベルでも安定方向の制御で、制御の介入が早めにそして多く介入するので、安心・安全ということになる。
力強さが際立っていた。


ノーマルモードを選ぶと、基本の駆動力配分が前後45:55という後輪寄りになり、軽快感のある走りを実現する。
4WD LOCKを選ぶと基本が前後55:45になって雪道や悪路などでより力強い走りを実現する。S-AWCも備えられているので、前後左右に自在に駆動力が配分され、それがインパネ内のインジケーターに表示されるのはアウトランダー用の新電子制御4WD+S-AWCと同様だ。




ECUが捉えているセンサーの数は
何と30個というのは知りませんでした。

ノーマルと4WD lockの駆動配分の
比率もこうだったのか~‼

PageTop

冬の箱根~熱海ドライブ旅行記 ①  BYアウトランダーPHEV

アップするのが遅れていますが
先月箱根~熱海にアウトランダーPHEV
に乗って2泊のドライブ旅行に行って来ました
箱根ドライブ旅行 海老名SA
早朝東名海老名SAで充電。
ツイン充電器で品川ナンバーのアウトランダーPHEV
さんとならんで縦列充電。

箱根ドライブ旅行 小田原魚市場食堂
朝食は小田原漁港内にある
魚市場食堂さんで。

箱根ドライブ旅行 小田原魚市場食堂
初めてここで金目の煮付け定食を
たのんでみましたが、この大ボリューム!
味付けも濃すぎない程よい程度で○。

箱根ドライブ旅行 小田原魚駅 箱根ベーカリーカフェ
小田原駅の 箱根ベーカリーさんがやっている
カフェで休憩。
さてさていざ箱根へ

続く、、、

PageTop

アウトランダーPHEVで行く 東急ハーヴェストクラブ 軽井沢高原

東急ハーヴェストクラブ軽井沢高原
北軽井沢の国道146号からクルマで10分ぐらい入って行った
所に「東急ハーヴェストクラブ軽井沢高原」があります。
こちらは「プレジデントリゾート軽井沢」「プレジデントカントリー倶楽部軽井沢」
(鹿島建設のグループ会社)との併設施設です。
今回初めて訪れました。
東急ハーヴェストクラブ軽井沢高原
高原のホテルらしいロビー
ミカドコーヒーが飲めるのが軽井沢らしい。
東急ハーヴェストクラブ軽井沢高原
ハーヴェストとしては非常に標準的な室内
東急ハーヴェストクラブ軽井沢高原
設備もスタンダードなものでした。
東急ハーヴェストクラブ軽井沢高原
夜は1階のレストランでビュッフェ形式の夕食をとりました。
ここの施設は、国道まで出るだけでクルマで10分以上かかるので、館内食が
便利かもしれません。
カニが出ました。味は普通。

軽井沢には軽井沢駅に近いエリアに施設があります。
➡︎◻︎ハーヴェスト旧軽井沢
東急ハーヴェストクラブ軽井沢 アネックス

➡︎◻︎ハーヴェスト軽井沢アネックス

PageTop

アウトランダーPHEVで行く 軽井沢 「カフェイーナ(Cafeina)」

軽井沢カフェイーナ cafeina
渋滞を避けて早朝家を出発して、軽井沢に向かいました。



軽井沢のサードウェイブカフェ natural Cafeína は、東雲交差点、
軽井沢駅北口より徒歩8分の場所にあります。
駐車場もございますのでお気軽にお立ち寄り下さい。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。
平日の営業時間は朝8:00〜18:00。
土日祝日は朝7:00〜18:00


と早朝からやっているカフェがあるというので、
行ってみる事に、、、店の裏に駐車場がありました。

軽井沢カフェイーナ cafeina

店内はお洒落なナチュラル感溢れる雰囲気です。


軽井沢カフェイーナ cafeina
自分はモーニングセット、妻は噂のアサイーボウルを注文。
コーヒーは、ご覧の様にボダムのフレンチプレスで出てきます。
軽沢の朝を堪能するには最適なお店です。

PageTop