PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

連載4コマ漫画「アトランダーV」第47話〜最終話

連載4コマ漫画 アトランダーV 第47話

連載4コマ漫画 アトランダーV 第48話

連載4コマ漫画 アトランダーV 第49話

・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・かなりのパクリ感があったのは趣味としてご勘弁ください。○井豪先生、リスペクト。

アウトランダーPHEVに初めて乗って、起動させた時の「ロボット感」
をインスパイア元に、2月に、ほんの思いつきで描き始めたこの漫画ですが、
何と1年近くも続いてしまいました。(途中で自分が面白がってしまいました 笑)
ちなみに○井豪先生が名作○ジンガーZを思いついたのは、渋滞中のクルマの中で
「このクルマに足が生えて超えていけたら、、」というところから考えついたそうです。
・不条理、無理矢理感があるのは承知の上ですが、何とか最終回までたどり着けました。


ここまでお付き合いいただいた方は本当にありがとうございました。


➡︎◻︎「アトランダーV」を1話から続けてみる

連載4コマ漫画 アトランダーV 名場面


クルマ社会と電動車両の未来に幸あれ!

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」第46話「絶体絶命アトランダーV」

連載4コマ漫画 アトランダーV 第46話

・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・ 今年も残すところあと数日。 2月から続けてきたこのお話も
明日のアップ分で 最終回を予定しています。本当に終わり切れるのか??

・ちなみにアウトランダーPHEVブランド絶体絶命のピンチの瞬間と言えば、、、
2013年3月のアレです。
phevぶNHK

➡︎◻︎2013.3.31記述へ

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」第45話「アトランダーV崩壊」

連載4コマ漫画 アトランダーV 45


・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・ 今年も残すところあと1週間 2月から続けてきたこのお話も
年内で最終回を予定しています。本当に終わり切れるのか??

➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物

巨大な高電圧内部バッテリーを使うアウトランダーPHEVは、
何か事故が起きた時に、漏電、感電、火災などの危険がないように、
非常に堅牢に出来ています。

第3者機関による安全テストでも実証済みです。
『アウトランダーPHEV』「JNCAPファイブスター賞」

➡︎◻︎アウトランダーPHEV JNCAP ファイブスター賞


但し、ここでの映像を見ると新車が勿体無いぐらいに
メチャメチャに潰れています(人間が乗るスペースは、無事なのがわかります)。

大事に乗りたいものです。

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」第44話「さやか、ボス玉砕!」

連載4コマ漫画アトランダーV 第44話


・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・ 今年も残すところあと2週間 2月から続けてきたこのお話も
年内で大団円、最終回を予定しています。本当に終わり切れるのか??

➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物

日本カーオブザイヤー マツダロードスター
ちなみに今年は、日本カーオブザイヤー2015-2016に
マツダロードスターが選ばれました。
おめでとうございます。
のってますねマツダ!
独自路線で良いクルマを作ります。

次はRX-VISIONにロータリーエンジンを発電用に積んだ
PHVが現れたら又持ってかれそうな気がします。
➡︎◻︎マツダRX-VISION のパワートレインは?

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」第43話 「脅威の電磁撹乱波」

連載4コマ漫画 アトランダーV 43話

・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・ 年内で大団円、最終回を予定しています。本当に終わり切れるのか??

➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物


クルマが単なる機械ではなくって、様々な機能を電子制御で
行う為に多くのコンピューターを搭載するようになってきました。
更には、常にインタ-ネットにつながっている事が当たり前の時代に
なってきて、それで自動運転が出来るようになってくると、、、、
クルマがハッキングされたならば、外部から遠隔操作される
リスクも高まってくるのが事実です。
スマートカーがみんなハッキングされて大混乱になっても
 クラシックオフラインカーは全然大丈夫だったりして。


日本語の「自動車」という意味は、英語の「automobile」からきており、
人や馬が引っ張らないくて済むという意味で「自動(auto)」
という意味が付いていますが、
こんな時代を知らない子供たちには、「自動車」の意味は
「自動運転車」だと思う時代が来るかもしれませんね。
ちなみに、中国語の「自動車」は自動運転車の意味で、普通のは「汽車」だそうです。

いつの間にかSFが現実になってしまう、、、そんな局面がありますね。

クルマのハッキング 遠隔操作

➡︎◻︎現実を帯びてきたクルマのハッキングについて

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV 」第42話 「待ったなし!最終決戦」

連載4コマ漫画 アトランダーV 第42話





・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・今年の2月から連載してきた当漫画ですが、続くかもしれないぐらいの
気持ちではじめて、とうとう年末を迎えてしまいました。

年内で大団円、最終回を予定しています。本当に終わり切れるのか?(自分でも心配 笑)

➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物

今年の日産で一びっくりしたクルマが
東京モーターショーで見た「日産IDSコンセプト」です。
日産は、未来の車の技術を予感させる広告をやっているのですが、
提案しているのは結局はノートや、デイズじゃんと思って見ていましたが、
「IDS」は本当に「未来のクルマ」として自動運転してみせました。
デザインや塗装も未来的で印象に残りました。
日産 NISSAN IDS Concept 東京モーターショー
➡︎◻︎驚きの日産IDSコンセプト!

世界のトヨタは色々、話題満載の一年でした。
最後を新型プリウスの発売で締めくくってニクいですね。
個人的には度肝を抜かれる程の大きな新型「レクサスLX」
の迫力のエクステリアと、素晴らしいインテリアが
印象的でした。
レクサスLX 青山ショールーム
➡︎◻︎度迫力!レクサスLX
レクサス インスパイア 青山

➡︎◻︎レクサスLX 広告の本当に宙に浮くホバーボード

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」第41話 「DRセル軍団最終決戦へ」

連載4コマ漫画 アトランダーV 第41話



・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・今年の2月から連載してきた当漫画ですが、続くかもしれないぐらいの
気持ちではじめて、とうとう年末を迎えてしまいました。
我ながら感心しています(笑)
遂に年内で大団円、最終回を予定しています。


➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物


ちなみに今年の印象に残ったクルマの一つはこのマツダロードスターでしょう。
うっすり笑っている様な可愛い顔も印象的でした。
マツダ新型ロードスター(ND)2015東京オートサロン
➡︎◻︎マツダ ロードスターのソフトトップを開閉してみた


一方ホンダは印象が薄い一年でした。
昨年のフィットから続いた連続リコールの影響で新車開発が滞った影響が
今年に響いてしまったのかもしれませんね。
最後に見た新型NSXのゴロゴリのメッシュグリルがカッコよかったのと、
モーターをレジェンドとは違うマウント法で、3個も積んできたのが
印象的でした。
ホンダ 新型NSX 東京モーターショー2015
➡︎◻︎東京モーターショーの新型NSX
こんなホンダはいらない

➡︎◻︎こんなホンダはいらない 日経

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」 第40話「炸裂!ルストタイフーン」

連載4コマ漫画「アトランダーV」 第40話


・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。
➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物





このブログはアウトランダーPHEV乗りが、電気自動車やHV車などクルマの事、
ドライブなどについて書いています。

それにしてもパクリ元◯ジンガーZのルストハリケーンって
とんでもない武器です。◯井豪先生の発想力に頭が下がります。
何せ、金属を腐食させる強い酸を含んだ風を吹き付けるっていう
とんでもない攻撃です。
「キカイ」にとって何が嫌ってそれは、、、もう言うまでもありません。
アウトランダーPHEV 錆び
➡︎◻︎PHEV錆やすいところ

これには堅牢なドイツ製ロボットもひとたまりもありません。

何はともあれ
不正はよくないです。
東京モーターショー2015 VWコンパニオン
➡︎◻︎東モVWブース コンパニオンさんに罪はない

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」 第39話「決死ブラッケン伯爵」

連載4コマ漫画「アトランダーV」 第39話

・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。
➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物





このブログはアウトランダーPHEV乗りが、電気自動車やHV車などクルマの事、
ドライブなどについて書いています。


ドイツが誇る世界のフォルクスワーゲンが、ヒットラーが
先導した国策車をルーツとすることは記述しましたが、
そんなVWが、今年は排ガス不正による信頼失墜で、ピンチを
迎えています。
10月の日本の販売は、半減。
広告の中止やディーラーさんの販促中止も響いている様ですが、
それより大きいのはブランドが傷ついてしまったことでしょう。
VW一社提供の番組でAC(広告機構)のCMが流れていたのは、
痛々しい感じがしました。
これ見よがしにボルボが新聞広告を入れています。
(相対的にポジションを上げている会社の一つでしょう)

一方VW、中国では変わらず売れているみたいですけど、これもよくわかりません。
もしかして中国的に見ればごまかしは当たり前。
買う方が悪いってこと??彼らには安くなっている今がお買い得なのか?
VW 排ガス不正 環境のディーゼルに暗雲
東京モーターショー2015 VW
➡︎◻︎20世紀の広告100トップ1VWの「think small」
think small VW

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」 第38話「じっちゃんの死」

連載4コマ漫画アトランダーV 第38話

・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。
➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物





このブログはアウトランダーPHEV乗りが、電気自動車やHV車などクルマの事、
ドライブなどについて書いています。

本田宗一郎、盛田昭、松下幸之助など名だたる「ものづくりスピリッツ」
を持った経営者が今のニッポンの土台を作ってきました。
井深大は「いいものを創るのに専門知識はいらない。必要なのは、心だ」
と言ったそうですが、
正にその「心」が「もの」を通じてひとに伝わるのだと思います。

応援している三菱自動車には、フォーカスすべき「SUV×電動」に開発の方向は決まったので、
今こそ「心、スピリッツ」を見せて欲しいと思います。

三菱自動車 開発魂

➡︎◻︎見せろ!三菱開発魂

PageTop