PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

「君の名は」を109シネマズ エグゼクティブシートで見てみました。

君の名は 新海監督
見たかったのですが
見れなかった新海誠監督アニメ「君の名は」を二子玉川東急シネマズ
のエグゼクティブシートとやらで見てきました。

君の名は 新海監督
見るまでは、大林宣彦監督作品「転校生」的な、男女の入れ替わりもの
と思っていましたが、実はこれが大きく違ってました。
(以後ネタバレ注意)
【ポイント①】
実は壮大な、タイムスリップ、時空トリップ映画でした。
何せ、過去未来が変わったりします。
ファンタジーであり、SFです。
単なる恋愛ものではありません。

【ポイント②】
日本は「神の国」だと改めて思わされる、日本とは?
を問う作品です。
人と人、人と自然、そして日本古来の神が繋がっている
事を、感じさせられます。
西洋的な、人間個人が完全に独立し、権利を主張する
社会ではなく、日本人は、「むすび」によって。
各々が、大きな和によって繋がっていると思わされます。
非常に日本人の原点を問う作品だと思います。

【ポイント3】
そして、神の国でこの時代に生まれてきた自分は、
一体「誰そ彼」、『君の名は?』、何者なのか?
自分とは一体何者なのか?
そう考えさせられます。

君の名は 背景画


色々な年代の人に色々な見方ができる良い作品です。
勿論、評判のCGでない、ものすごく美しい風景や描写
は世界に誇る日本のアニメの真骨頂です。
見てよかった映画でした。
109東急シネマズ エグゼクティブシート 君の名は

そして、109シネマズのエグゼクティブシートに
初めて座って見ましたが、リクライニングできて、
足元が広く、サイドテーブルが充実。
全くお尻が痛くなくって、値段だけの事はありました。
この日もこの席だけは混んでました。


またここぞという時に利用してみたいです


シンゴジラ印象に残ったシーン

➡︎◻︎シンゴジラの好きなシーン

PageTop

「シンゴジラ」見てきました 平和ボケの日本に危機感をあおる名作?。

シンゴジラ見てきました
土曜日に噂の「シンゴジラ」見てきました。
今までの怪獣映画と一線を画す、個人的には
近年の邦画の中で出色の大変面白い映画でした。

以下面白かったポイントを挙げます(ネタバレ有り)
①今の平和ボケの日本にとって「日米安保・自衛隊を含む国土防衛」
について考えさせられる映画でした。
今や、「日本の国土を脅かすものはない。」
仮にあっても、「いざとなれば米軍など誰かが守ってくれる」
なんて、甘く考えている現代日本人に対する警告になっています。
最後は「自分たちで何とかしなくては!」と考えさせられました。

②その中での「完全生命体チックなゴジラ」が凄い。
今回のゴジラはメチャメチャ凄い生物です。
どんどん進化し続けるし、ある意味エイリアンみたいです。
唯一の弱点は一定量活動すると休止期間があることぐらいです。
しかも休止している間も攻撃に対する自動反撃が凄い。
ラストも意味深ですね〜。

③政府のドタバタ感がリアルで面白い
各省庁間の責任のなすり合いや、米国に対する遠慮姿勢、
まさにお役所仕事な感じや、役に立たない専門家、識者達。
一方、政府が崩壊したのち、実際対ゴジラ作戦を仕切っていく
内閣官房副長官と、現場の一匹狼や鼻つまみ者達。
そして最後は日本人は、自衛隊や民間も一体になって
対ゴジラ作戦を遂行していく、、
内閣官房副長官役の長谷川博己さんの芝居が上手です。

いいですね。大人向きです。
自分はエヴァンゲリオンとの関係性よりは、庵野監督の
一級のエンターテイメントとして純粋に楽しみました。
「日本はこのままでいいのか?』と問題意識を持っている
方には刺激になる映画だと思います。



以下に自分が印象に残った、シンゴジラのシーンを
3つあげたいと思います。
シンゴジラ印象に残ったシーン
血液凝固液を民間の化学会社などが、調達・運搬してくるところ
や、世界のスーパーコンピュータを繋ぐところなんかは
、国民や、世界が協力している感じが出ていました。

ニッポン人が本気になった時は凄いんだというメッセージでしょうか、、
ゴジラが出てこないと真剣になって国がまとまらない様では困ります。

PageTop

「007スペクター」見ました。カーアクションが凄い!

先日、出張の飛行機の中で遅ればせながら
007の最新作「007スペクター」を見ました。
個人的には楽しめるポイントが
ありました。
その一つがカーアクションです。

まずはローマ市内でのボンドカー(英 アストンマーチン)と
敵のジャガーのカーチェイスが凄い!
(今回インド資本のジャガーランドローバーが劇中車協賛)
007スペクター アストンマーチンVS ジャガー

アストンマーチン・DB10と、ジャガーC-X75、の一騎打ちなんですが、
どうやって撮影したのかと思うくらいの凄い迫力。
スポーツカーで石段を降りるところが驚き。

以下転用。


アストンマーチン・DB10
Qが009のために製造したプロトタイプ車両で物語前半にボンドが
ローマに向かう際に勝手に持ち出した。
その後ローマでMr.ヒンクスのジャガー・C-X75とカーチェイスを
繰り広げ秘密兵器を活用しながら逃走を図ったが最後はボンドが
緊急脱出機構を作動させて操作不能に陥り、川に落ち沈没した。
完全防弾であり、銃撃を受けても傷つかない。
また3.2秒で時速60マイル(吹替版では100km/h)に達するとのこと。
特殊装備としてはリアのエンブレムに機関銃が仕込まれており、
運転席側のパネルに照準器を表示させて後続車両を狙うことが
できる(ただし作中では弾薬が未装填で発砲できなかった)。
そのほかに後方に火炎を噴射して後続車両を炎上させる武器と
パラシュート付きの運転座席を射出する緊急脱出機構が装備されている。
シリーズで初めて一般に販売されている車両を改造したものではなく
映画のために製造された特注品となっており10台が生産された。



そして次がオーストラリア雪山でのセスナと
ランドローバーディフェンダー、レンジローバーSVR
との激しいカー&プレーンチェイス。
007スペクター ランドローバー


これはあまり既存映画でも見た事のない
シチュエーション。見てのお楽しみです。



ジャガー・ランドローバー・スペシャル・ビークル・オペレーションズと
ランドローバー・デザインは、映画製作側のためにボンドカーの提案と製作を行った。
オーストラリアで撮影されたシーンでは、
特別にモディファイしたランドローバー・ディフェンダーと
最もパワフルなレンジローバー・スポーツSVRを見ることができる。



007スペクター レア・セドゥ
フランス人のボンドガール マドレーヌ役「レア・セドゥ」嬢が素敵です!
何とも雰囲気、個性のある女優さんで、ご覧になると日本人が
見てもファンになってしまう人も多いのでは?

という様な見所のある映画です。チャンスあればどうぞ。


007 specter 衣装

➡︎◻︎昨年末銀座で遭遇 007展とジャガー
映画を見てから見てみたかった。納得でした。



追記
ラストでは、ジェームズ・ボンドは、
結局アストンマーチンに乗って去っていきます。


アストンマーチン・DB5
2016022005055805e.jpeg

前作で大破した個体をQ課が復活させたものでボンドが
Qのところに赴いた際に組み立て作業が行われていた。
またラストでは完璧に修復できたようでボンドがQ課から
取りに行き助手席にマドレーヌを乗せて走り去っていたが
装備を搭載しているかどうかは不明。


この後ろ姿がカッコいいんです!

PageTop

新スターウォーズ フォースの覚醒 見てきました!BB-8の走るのがメッチャ早い!

新スターウォーズ フォースの覚醒
夕方、地元のシネコンの事前に予約した非常に見やすい席で、
新スターウォーズ見てきました!いやー楽しかったです。
(しばらくスターウォーズ見ていない方は、
エピソード6「ジェダイの帰還」をおさらいで見ておくことを
オススメします。そうするとこのエピソード7に上手く繋がります)
非常に内容の濃い、スターウォーズファンにはたまらない
楽しい映画です。CGっぽくない実写と思われるシーンが多く、
素晴らしかったです。

新スターウォーズ フォースの覚醒 BB-8

自分的には、新ドロイド「BB-8」かなり気に入りました。

新スターウォーズ BB-8
今迄の「C3PO」「R2D2」がかなり遅いのに比べて、
この「BB-8」転がって走るのですが、メッチャ早いんです!
人間の全速力にも負けないぐらいのスピードです。
新しいキャラとして今回は大活躍でした。
ロボットには足が必要かどうかを問う、しかしタイアでいいのか?
という根本的なことを考えさせる良いキャラです。

新スターウォーズ フォースの覚醒

終了後には、映画館の入り口にコスプレも登場!
かなりの盛り上がりです。
今年初めて映画館で見た映画ですが、これこそ、
大音響大画面で見るべき一本です。
年末年始に是非!

➡︎◻︎スターウォーズの空飛ぶクルマ ランドスピーダー

RIPSAW TANK EV2

→◻まるでSF!なタンク発見

PageTop

スターウォーズ にでてくるクルマと言えば「X-34 ランドスピーダー 」

いよいよ「フォースの覚醒」が公開になって話題沸騰の
スターウォーズです。
自分は本日見に行く予定です。
(今年初めて映画館を予約しました。)

スターウオーズに出てくるクルマと言えば思い出すのが
最初の作品でルークスカイウォーカーが乗っている
「「X-34 ランドスピーダー 」が思い出されます。
スターウォーズ ランドスピーダー
今見ても素敵です。
レクサスLXのCMで浮くホバーボードは実現しましたが、
浮く車は未だ実現していません。
➡︎◻︎レクサス 本当に浮くホバーボード

スターウォーズ ランドスピーダー
自分たちが生きている間にはタイアレスカーは
実現しないのか、、、
今回の「フォースの覚醒」でもどんな乗り物がでてくるか
今から楽しみです
ワクワク!


話は変わりますが
この、アメリカの方が、スターウォーズの乗り物の大きさを比較した絵とムービーがかなりイケてます!
是非ごらんください。
スターウォーズ乗り物
➡□スターウォーズの乗り物を比べよう対象サイト

PageTop