PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

EV.PHEV充電スポット情報 長野県 諏訪郡 原村役場

長野県 諏訪郡 原村役場の充電スポット報告です。
駐車、充電しやすさ★★★★★(5満点)
休憩環境★★
必要: 不要 24時間対応 現状無料 ぶら下がっているノートに履歴記帳
原村役場
中央自動車、諏訪南ICを降りてすぐの所にある
長野県 原村は凄い!役場の駐車場に24時間対応の急速充電器と、200vの普通充電器
が備わっていて、2台同時の充電が可能な夢のようなスポットです。
(写真右が休息充電器。左の小さいのが普通充電器。)
充電スポットは、役場社屋と一般駐車場の間の奥まったところにあります。
周りには、ガソリンスタンド、スーパーがあります。昼間はスーパーで
トイレや買い物で時間がつぶせます。夜間はどこも空いてません。

ノートをみるとこの日はアウトランダー、リーフ、I-MEVと各種EVが利用しており、
原村が、役場あげて電気自動車普及に取り組んでいるのがよくわかります。


アウトランダーPHEV&コスモス

2013年9月月撮影、確認時点情報

以下近日アップ予定
👉近くのグルメ
👉近くの見どころ バラクライングリッシュガーデン

関連記事

PageTop

東京八重洲口の景観が一新! 東京グランルーフ完成。日本の建築技術は凄い!

東京駅は北側の丸の内口が、立派になってステキなのに比べて
南側の八重洲口は今一つパッとしなかったのですが、
いつの間にか大変身をとげていました!
それがこの230メートルに渡る、船の帆をイメージしたとの開放的な
屋根からなる通路状施設「東京グランルーフ」です。
東京グランルーフ
ガラス繊維と樹脂が使われているそうで、日光を通して明るく
気持ちの良いニッポンの首都玄関口となりました。
ご覧の通り支柱が意外に細くてしなやかなデザインなのですが、
よくこれで強度が保てていると感心します。
ニッポンの建築技術は凄い!*\(^o^)/*

東京オリンピックまでにまだまだやらなくてはいけないことが
沢山あります。
➡︎東京駅 KITTE

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV DETAILS ③ 細部をマクロレンズで紹介 一体何処か?

アウトランダーPHEVの細かい部分をマクロレンズで撮っています。
身近なものほど、意外にちゃんと見ていなかったりします。
一体何処の部分か推測してみて下さい。今回はその③です。何と全7回63パーツあります
正解は一番下に⬇★★

phevDETAILS
Mitsubishi outlander phev

★★正解★★
①ヘッドライトの正面からです。スーパーHIDヘッドライトと名付けられています。
②テールゲートのつけ根部分を真上から見たところです。モッコリしていてカワイイです。
③室内真後ろ側から見たフロントガラスにあるレーダー&カメラボックスでした。
④ハンドルの左側についているセッティングアジャスター。あまり真面目に見ないモノです。
⑤後部座席を跳ねあげた時の隠れていた後部用シートベルトです。タテになってます。
⑥リアガラス用のウォッシャー液吐出口です。これまた見てないところではないでしょうか
⑦リアの上部ブレーキランプです。拡大すると結構凝った処理です。
⑧したから見たエグゾーストパイプです。そう言えば乗り始めニオイに悩まされました
⑨リアのライトの後部テールゲート部分です。ここの処理はカッコイイ!

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEVで、日本屈指のドライブコース 蓼科ビーナスラインへ!

アウトランダーPHEVで初めての長野県に到達。
若い頃にスキーに来て以来、久々に蓼科に行ってきました。
日本屈指のドライブコースと言われるビーナスラインを走れました。
やはりこのクルマ凄いです!
こういう道を走ると、バッテリーを積んでいるので重心が低い為か、
車両の剛性が強いのか、はたまた2モーターのトルク配分が上手いのか、
素人にはわかり兼ねますが、
とにかくメチャメチャ運転が楽しい!
それにつきます。良く曲がります、しかもしっかり安定してカーブを抜けます。
ビーナスライン
セーブモードを使って電気倹約したものの、最後は電気がなくなってしまってHV走行に
なってしまったのは残念でした。(上り坂でいつになくエンジン音が高く聞こえてしまいます)
東急ハーベスト 蓼科
夜はハーベスト蓼科にお安く宿泊。
圏央道海老名ー八王子が通じたら中央自動車道が近くなるのでまた来たいです。

⇒近くの見所

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV サイドビューカメラの利用法 その3

アウトランダーPHEVは左サイドミラーにサイドビューカメラを設定出来ます。
この利用法についてのその3です。
左側をギリギリ迄幅寄せしたい時に使えます。
サイドビューカメラは、通常は前輪辺りを中心に広い範囲がうつります。
そしてサイドミラーをたたんでも映ります。
たたむとこんな風にサイドミラー真下を中心に広く映ります。
きちんと思った距離がとれているか把握出来ます。
サイドミラーをたたんでも機能するのでこんなシュチュエーションにも
便利です。
phev サイドビューカメラ利用法

Outlander phev


👉サイドビューカメラの利用法2へ

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV DETAILS ② 細部をマクロレンズで紹介 一体何処か?

アウトランダーPHEVの細かい部分をマクロレンズで撮っています。
一体何処の部分か推測してみて下さい。今回はその2です。何と全7回63パーツあります
正解は一番下に⬇★★
PHEV DETAILS

アウトランダーPHEV

★★正解★★
①センターコンソールボックス内のUSB接続ソケットです。これは便利。
②ドア部の内装テクスチャーです。白いステッチがカッコイイです。
③運転席足元右下にある、フロントボンネットオープナーです。
④センターコンソールボックス蓋の裏のリッド内にあるティッシュとペンホルダーです。
⑤フロントワイパーのつけ根部分でした。こういうところまで綺麗に処理されており掃除しやすいです。
⑥後輪のサスペンションです。1.8トンを支える強力なヤツ
⑦ヘッドライト中央上部です。丁度ハザードランプのつくところあたりの部分です。
⑧フロントドアの埋め込みスピーカーのネット。
⑨最後はフォグランプを正面から見たところです。

関連記事

PageTop

EV.PHEV充電スポット情報 中央自動車 談合坂SA 上り①

中央自動車 談合坂SA上りの充電スポット報告です。
駐車、充電しやすさ★★★★(5満点)
休憩環境★★★
必要: CHAdeMOもしくは、Nexco中日本カード

談合坂SA上りの
充電スポットは、進入路から入るとすぐですが、
如何せん、トイレから一番遠いとこに設置されています。
ここも、EVの充電待ちスペースが、1台分確保されています。
休憩施設は普通です。上りは非XPASA。下りの方が、XPASAで良いです。
談合坂SA

写真が夜で暗くわかりにくく、申し訳ないです。(丁度、台風でした)
👉台風時高速走行のPHEVへ
Outlander phev

2013年9月撮影、確認時点情報
⇒□談合坂SA上り②再へ (晴れてます!)

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV DETAILS❶ 細部をマクロレンズで紹介 一体何処か?

アウトランダーPHEVの細かい部分をマクロレンズで撮っています。
いつも気にしていない場所などもあるので、結構面白いです。
一体何処の部分か推測してみて下さい。今回はその❶です。何と全7回63パーツあります
正解は一番下に⬇★★
PHEV DETAILS

アウトランダーPHEV

★★正解★★
①エレクトロニックテールゲートのダンパーつけ根です。気持ちよく閉まります。
②後部100V電源口です。ちゃんとアース付き3ピン対応になっています。
③ルーフアンテナを真後ろから見たところです。カワイイ感じです。
④急速充電ソケットです。電極以外にクルマと情報交換する為のケーブルソケットがいます。
⑤運転席ドアにあるサイドミラーコントローラーです。これは簡単でしたね。
⑥後部座席を跳ねあげた裏側です。モコモコしてます。
⑦後輪ディスクブレーキです。回生多用で劣化が少ないことを期待。
⑧純正ホイールの一部です。結構カッコイイ!
⑨ボンネット内のパワードライブユニットPDUの蓋です。PHEVの証です。

あと6回分あります。お時間があればおつきあいください。
➡その②へ
➡その③へ
➡その④へ
➡その⑤へ
➡その⑥へ
➡アウトランダーPHEV DETAILS⑦最終回へ

関連記事

PageTop

クルマの撮影スポット(東京近郊) その4 川崎 千鳥町

工場の夜景もカッコイイ背景のひとつです。
京浜工業地帯では川崎の千鳥町が、プラントの夜景が撮影できます。
無骨な光の前にたたずむ、アウトランダーPHEVは、メカマシーンに
見えます。
Outlander phev

Outlander phev

Outlander phev

Outlander phev

アウトランダーPHEV

千鳥町
撮影場所のカッコ良さ★★★
撮影環境★★
とにかく夜は真っ暗です。撮影にはライト必要です。
⇒□川崎 浮島工場地帯

関連記事

PageTop

クルマの撮影スポット(東京近郊) その3 汐留 イタリア街

東京にいながら、ヨーロッパっぽい写真が撮れる場所に
汐留のイタリア街があります。
石畳に加えて、建物もそれっぽいので非常にカッコイイです。
但し建物も一緒に写そうと思うと、広角レンズが必要と判りました。
アウトランダーPHEVは都会の中も良く似合います。

Mitsubishi outlander phev

Outlander phev

アウトランダーPHEV
10/5追加しました PENTAX フィッシュアイレンズ使用
Outlander phev

Outlander phev

Outlander phev

イタリア街
撮影場所のカッコ良さ★★★★★(5★満点)
撮影環境★★★★
夜はクルマ、人通りも少なく、安心して停められる場所です。
この日はベンチにオッチャンが寝てました。
👉近くの充電スポット中央区役所駐車場

関連記事

PageTop