PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

2014オートサロンで見たカスタムカー個人的No1 プリウスbyKUHL(ルーフコーポレーション)これはもはやプリウスではない!

プリウスKUHL

プリウスKUHL

今回東京オートサロンは29万人を越す大盛況だったそうで、
非常に混んでました。自分は3時間強しかいませんでしたので
800台のうち1/3も見れていないとは思います。

限られたその中ですが印象に強く残ったのがこのクルマです。
名古屋のカスタムパーツメーカー「ルーフコーポレーション」作
ベース車は何と普通のプリウスです。

累計世界で500万台が走っているということで、
今やどちらを見てもプリウスという感じがしてしまいますが、
その大衆車をしてここまでカスタマイズしてしまうという点で
凄いです。

照明で赤っぽく見えますが、全体が流行りのマットブラック塗装。
ボリューム感あるワイルドなパーツに全体が固められています。
(丁寧な仕上げ、カスタムパーツと純正部の馴染みも凄い)
LEDや、足回りも強化、(後ろに乗ってるのは油圧!)
これは凄いことになっている気がする、世界で1台感溢れる
素晴らしいカスタムカーだと思います。


こういうのを見ると一度これを趣味にしてしまうとトコトンお金を
つぎ込んでしまいそうで怖いです(笑)





👉プリウスとPHEV乗り比べ

関連記事

PageTop

クルマの撮影スポット その12 静岡県 セブンイレブン熱海 網代店駐車場

三菱アウトランダーPHEV
セブンイレブン熱海網代

東京近郊とはもはや言えませんが、伊豆半島を南下していく途中には
海と一緒に写せるスポットが幾つかあります。
こちらは伊豆 網代にある、国道135号線沿い セブンイレブン熱海網代店さんの駐車場です。
こちらは東伊豆の海を一望できる高台に立っており
大駐車場がある休憩には絶好のお店です。
店舗右奥の駐車場にはこのように障害物がなく、朝日が昇ってくる
東向きなので、早朝にたまたま訪れるとクルマと一緒に撮影が可能です。
トイレ、飲み物も買えて絶好の撮影スポットです。


撮影場所のカッコ良さ★★★★
撮影環境★★★★

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEVメンテナンス 遂に洗車でゼロウォーターに至る。 確かにツルツルボディだ!

たまにオートバックスに行くとつい新しい商品を何か買ってしまいます。w
オートバックス

アウトランダーPHEV納車後、シールドの純正仕上げ剤意外に使った
商品の履歴は
「ソフト99 スムースエッグ リキッド」新聞広告につられました
ソフト99

次が「CCI スマートミスト」TVCFにつられましたw
cci スマートミスト

そして今回遂に本命のシュアラスター「ゼロ ウォーター」に行き着きました。
ゼロウォーター
昨年9月に出た「ゼロウォーターPRO」もあったのですが、高いのでためらいました。
初使用時の第一印象は、ツルツルボディで大変良かったです。今迄にない感じです!

(つい毎回クロス付きを買ってしまうのでクロスが一杯になってきましたw)

そして時間経過後のツルツル維持も効果が高いようです。
光が当たっている時に特にわかります。
Outlander phev


しばらく使ってから再レビューしたいと思います。

👉洗車時のオススメ用具

関連記事

PageTop

コールマン 2014カタログ送られてきました。COC(コールマンアウトドアクラブ)会員です。

コールマン カタログ


コールマンの2014年カタログが送られてきました。
年会費1000円を払ってCOC(コールマンアウトドアクラブ)に入っているからです。
入会するとオンラインショップでの購入が10%オフになります。
昨年タープを購入したので、それだけで元が取れると思って入会しました。


カタログは2冊になっていて、1冊目が、「STEP」と書かれた
写真やイラストが沢山の、アウトドア-ライフスタイル提案本のような
見ていてキャンプに行きたくなるような内容です。
もう一冊が「 PRODUCTS」でこちらが純粋な商品カタログです。
ロードトリップの新タイプが有りました。
欲しくなってしまいます。がちょっと高いです。


みているだけで楽しいダイレクトメールでした。
暖かくなったらEVキャンプにまた行ってみたいです。
アウトランダーPHEV
→EVキャンプ関連のページへ

関連記事

PageTop

クルマの撮影スポット その11 静岡県 熱川海岸駐車場

三菱アウトランダーPHEV

赤沢海岸駐車場


東京近郊とはもはや言えませんが、伊豆半島を南下していく途中には
海と一緒に写せるスポットが幾つかあります。
こちらは伊豆赤沢の 赤沢海岸駐車場です。
国道から少し降りたところにあるため、
海水浴シーズン以外は比較的空いていると思われます。


撮影場所のカッコ良さ★★★
撮影環境★★★★

UPしました
👉ここの横の美味しいグルメスポットm2

関連記事

PageTop

EV.PHEV充電スポット情報 首都高速湾岸線 〈西行き〉市川PA

首都高速湾岸線 西行き にある市川PAの充電設備スポット報告です。
市川PAは、西行きからしか入れません
しかも料金所の一番左からしか入れませんので注意して下さい

駐車、充電しやすさ★★★(5満点)充電器 左です

休憩環境★申し訳ないですが、高架下の暗いPAです
必要:

CHAdeMOもしくは、携帯
初回はその場で携帯・スマホで登録(クレジットカード番号必要)
一度登録すれば、パスワード入力だけで充電可能 現場無料
このシステムの使用方法に関しては平和島のページをご覧ください。
→平和島PAへ

市川PA

土地を確保しにくい都市部で高架下をPAにする
アイディアはいいのですが
いかにも暗い!

充電器には三菱マーク付き



2014年1月 確認時点 情報
アウトランダーPHEV

関連記事

PageTop

日帰り温泉巡り その6 伊東のマリンタウン 「シーサイドスパ」の500円朝食が凄いかも

マリンタウン シーサイドスパ

伊東の国道135線沿いに大型道の駅「伊東マリンタウン」があります。
休憩、食事、お土産購入にはもってこいの施設ですが、
実はここに朝5:00からやっている海が見える日帰り入浴天然温泉
「シーサイドスパ」があります。
ぬいぐるみは オリジナルキャラ「マリニャン」!

朝からやっていて6:00から併設レストランも空いているので、
よく知っているキャンピングカーの皆さんがたくさん来ておられます。

そしてここの「アジの干物定食」が7品ついての何と500円!
早朝入浴料とで1000円で伊東の朝の素晴らしい時間を過ごせます。

マリンタウン シーサイドスパ

関連記事

PageTop

2014 新型スカイライン HV 来月末いよいよ発売 銀座 ニッサンギャラリーにありました

スカイライン2014
スカイライン 2014 HV ニッサンギャラリーに展示してありました。
なかなかカッコイイではありませんか!

スカイライン2014
グリルにはインフィニティマークが、これはグローバル的考え方でこうなるのでしょうか。
フロントのスポイラー処理が曲面を多用してカッコイイのでは!

スカイライン2014
そしてこの車には世界初のステアリングバイワイアー技術「ダイレクト アダプティブ ステアリング」
が採用されています。
これは15年の開発期間をかけた凄い技術で、
タイアとステアリングが機械的に繋がっておらず、電気的にワイヤーで繋がっている
為に、悪路でハンドルが持って行かれない、低速時取り回しが自在、高速時直進性能に優れる
等を格段に改善しているとのこと。
乗ってみたいではありませんか。

ただしステアリングの事なので何かあっては大変です。人の命に関わります。
常時3つの(凄い!)ECUがシステムを相互監視。
万が一システムが作動しない場合には機械的に直結するバックアップを用意。

これの安全性を確認 認可を得るのに15年かかったんですね。


そしてハイブリッドのシステムが新規!
1モーター2クラッチ方式の「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」採用
モーターの前後に2つの電磁クラッチを設置
一つ目はエンジンとモーター間の接続に。
停止したエンジンをモーターと完全に切り離すことで出力ロスをカット
二つ目はトランスミッションの変速と発進時に使用。
一般的なトルクコンバーターレスで、モーターの回転をエンジンと直接的にリンク
レスポンシブルな走行が可能との事。


このステアリングとHVシステムの組み合わせはちょっと凄いかも?
そのまま1モーター動力を
後輪に持ってくる日産発の4WD HVシステムも用意
今後エクストレイルなどにも搭載されるのでしょうか?楽しみな最新技術です。
今かなり試乗して見たいクルマの一つです。

スカイライン2014

最後に高級感のあるインテリア(スマホ撮影なので不鮮明ご容赦)
スカイライン世代の諸先輩各位熱心に見ておられました。
但し、お値段は外車並みです(450~550)

関連記事

PageTop

東急ハーベストクラブ伊東から、寿司をつまみに近くの「つた好(つたよし)」へ行ってみました。

温泉とリーズナブルに美味しい魚が恋しくなったら
良質の源泉と漁港を備えた伊東は良い場所です。

ハーベスト伊東

市街地好位置にロケーションされる
東急ハーベスト伊東に宿泊しました。
今回は松川(山側)に向いた、洋室タイプ。

つた好
宿を出るとすぐに松川遊歩道。
温泉街の趣のある道です。
東海館が見えたら「いで湯橋」ここを渡ると
アーケード街「キネマ通り」通り抜けて
駅前通り「湯の花通り」に入るとすぐに
「つた好」さんがありました。(今回初回訪問)


つた好

あん肝(お通し)、刺身盛り合わせ、サザエ壺焼き(美味)、地物寿司握り
(握りは小振りですが、金目鯛等のネタが全部新鮮)
歩いて帰れるのでビール、焼酎を堪能!幸せ〜

やっぱり伊東はイイです!


→東海館と伊東ドライブ旅行サマライズ

関連記事

PageTop

地方自治体がトヨタ詣で 今一番来て欲しいのはFCV(水素電池自動車)関連工場

トヨタFCV


日経ビジネスに次期トヨタの水素電池自動車FCVが乗っていました
下から見るとこうなっていました
床下はLPGタクシーに電池つきみたいな絵になります。
一回水素充填で500キロ走り、
酸素を吸って水しかださない夢のクルマです。
→モーターショーのFCV

注目すべきは下のグラフです。
同じ価格だった時の1台にかかるコスト比率です。
EV車は原材料費が高く、部品費が低い
のですがFCVはガソリン車並みの比率ということだそうです。
リチウムイオン電池の鉱物が海外からの
原料輸入に依存する一方、FCVの部品は
国内関連企業からの調達可能とか。
なのでニッポンの雇用創出にはFCV有効だとか

ただしこれは構成比の話で今はEVHVの値段が
ガソリン車より高いので良いのでしょうが
EVHV比率が上がり、値段が下がると深刻です
ニッポンの雇用を支えているトヨタは
こんな心配もしてくれているということです。
FCV工場が出来れば、関連の国内水素関連企業の
工場も併設される事も。

なので今地方自治体が連日トヨタ詣でに訪れて
いるそうです

FCV工場はどこにできるか注目です。
👉お台場メガウェブではFCV展示中だそうです

➡️実際見てきました!メガウェブ

関連記事

PageTop