PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

乗り物好きに「GOODSPRESS」最新号、男の乗り物号は必見!国産ときめきマシン10がキテる!

グッズプレス

徳間書店から出ている雑誌「GOODSPRESS」の最新号
「ココロときめく男の乗り物」が乗り物好きの方にはオススメです。
最新のスポーツカーから飛行機まで乗っていてかなり面白いのですが
その中に自動車ライター萩原文博氏の記事で
「国産にもあったときめきマシン10」というのがありました。
バブル期にワクワクした懐かしい国産車が出ていてシビれたので
荻原氏推しの6台プラス自分推しの1台を加えた7台を以下にのせます
(尚、本誌の写真ではありません)


いすゞ ビークロス
いすゞ ビークロス
モーターショーのコンセプトカーがそのまま市販されて
度肝を抜かれた元祖ウルトラ警備隊風SUV
そうですか!日産の中村史郎さんのデザインだったんですねー
今見てもカッコイイ!

トヨタ セラ SERA
トヨタ セラ
ルーフを含めボディの上部がガラスで覆われたグラストップと
何と!何と!憧れのガルウイングドアを採用した凄いクルマ!
キャッチコピーが「とんでるセラ」はいただけない(≧∇≦)

ホンダ CR-Xデルソル
ホンダ デルソル
ルーフをトランクに収納する電動オープン機構を搭載。
この収納する際の動作の派手さはトランスフォーマー
ぐらいのかっこよさで目立ち度ハンパじゃない!

スバル アルシオーネ
スバル アルシオーネ
バブル期後半の何でもありカー!
水平対向6気筒 4WD 3300CC しかもガラスで囲われたドアルーフ周り
分割開閉サイドウインドウが目立つ&懐かしい。

マツダ ペルソナ
マツダ ペルソナ
売れていたトヨタ カリーナED対抗でラウンジソファー式リアシートを採用!
バブル感ありますが斬新。

日産 エクサ EXA
日産 エクサ
懐かしい!Tバールーフ&着脱式リアハッチを備えた画期的なクルマ。
これらを外せばオープンも楽しめるが置いておく所に苦慮。
リトラクタブルヘッドライトも流行りました。

最後は荻原氏は入れてなかったのですが自分推しの1台を
いすゞ ピアッツア
あのイタリアの天才デザイナージウジアーロが手掛けた名車
「いすゞピアッツア」です。
今見ても普遍的な素晴らしいデザイン。インテリア、ホイールも凄い!

グッズプラス誌には現在これらを中古で買うとしたら
の価格と買う場合の留意点が記述されています。
以上素晴らしいバブル期の国産車達でした。

➡️未来のワクワク10台@東京モーターショー

関連記事

PageTop

「ルノーKWID」が斬新なのはデザインだけでなく、何と小型ヘリ内蔵SUV!@デリーモーターショー

ルノーKWID
ルノーKWID

久々に破天荒なコンセプトカーが、仏 ルノーから提案されました。
@デリーモーターショー。

それがこの「ルノーKWID」CONSEPTです。
インド市場に適した小型SUVなのですが、
まずそのエクステリアデザインが凄い!
①リアのハニカム状になっているコンビネーションランプのグリルの
一部がボディの外まで飛び出しています。しかもリアウイングの中に
組み込まれています。新しい!
②リアバンパーのアンダーに黄色いふんどし!
③顔は目を細めたブッダ?!(インドモーターショーだけに)

そしてまたインテリアがキョーレツ!
①デザインコンセプトは「鳥の巣」だそうで
全体に中国の五輪競技場のようなデザイン処理
②運転手が真ん中の3列シート。
しかもシートを固定しているのは中央の1点!

そしてそして、これでもかという提案が
最後の小型ヘリ「フライングコンパニオン」
が屋根が開いて飛び出して並走します(本当に!?、(^o^))
インドの渋滞を偵察してくれるのでしょうか?


とにかくクリエイティブです。ゴーンさんの会社やります。

👉ルノー販促ツールのカレンダーも凄い
アップ済み
👉27日ルノー CAPTURE発売

関連記事

PageTop

アサヒ 「スーパードライプレミアム」VS キリン「新一番搾り」VS サントリー「プレミアムモルツ」

スーパードライプレミアム 新一番搾り プレミアムモルツ
帰りの通勤電車に乗っていたら、中吊り広告に
「アサヒ スーパードライプレミアム」が発売というのが目に止まりました。
そして逆側を見ると、、、
「新しくなったキリン 新一番搾り」
そしてその向こうには
矢沢栄ちゃんが本当にうまそうに「サントリー プレミアムモルツ」を飲んでいるでは
ありませんか、!
スーパードライプレミアム 新一番搾り プレミアムモルツ
会社でちょっと良いことがあった日だったので
ローソンに入ると3ブランドとも並んでいたので
普段は発泡酒ばっかり飲んでいるのですが、
ついつい350ml3つとも買ってしまいました(笑)σ^_^;
スーパードライプレミアム 新一番搾り プレミアムモルツ
個人的好みは
プレモル>ドラプレ>新一番搾りでしょうか
まあ気分のいい時のビールはどれもうまいのですが。

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV 冬はタイヤ空気圧が下がり気味、ECO走行のために空気圧を上げましょう。

冬になると、気がつかないうちにタイヤの空気圧が低下します。
アウトランダーPHEVには純正で18インチ 225/55RのTOYO製タイヤとアルミホイール
がついています。

Toyo a24

フロントドアピラーにシールが貼ってあり。
タイア空気圧kPa[2.4]と表記してあります。

ちなみに周りに散りばめられているのが、初期生産
バッテリーリコール車の証です。((≧∇≦))

アウトランダーPHEV タイア空気圧

お勧め2.4より気持ち高めでも良いかもしれません。
若干固い乗り味になりますが、確実に転がります。
EVにとっては苦手な冬なので燃費、電費を伸ばすのには
一番確実な方法とも言えるでしょう。

Outlander phev



👉東洋タイヤ TOYO A24

12ヶ月点検時にタイヤローテーションしてもらいました。
流石に1.8トンの重量級車体を1年支えてくれたので、リアの溝残が7.0ミリと
フロントよりも0.5ミリ浅くなっていました。
ローテーションの意義を実感します。

➡️法定12ヶ月点検

→超重量級ならではの留意

➡️スペアタイヤは積んでいません

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV 納車1年目 法定12ヶ月点検 (ハーティープラス➕つくつく保証で安心)

つくつく保証

今回アウトランダーPHEVは、コンピューターの粋を集めた特殊なクルマなので、やはり
ディーラーさんで点検してもらった方が良いようです。

「ハーティープラス」というメンテナンスがセットになったプランが用意されています。
多くのオーナーの方が購入時導入していると思います。
1年目点検時は、駆動用リチウムイオン電池を1回完全に放電するそうです。
これも、電池のメンテナンスの一環だと思います。(当然ハーティープラス内)



アウトランダーPHEV 12ヶ月点検




更にクルマの部品などの保証期間を延長するサービスとして「つくつく保証」
が用意されています。
こちらも電動部品が多いPHEVでは安心の保証です。
(但し、メインのリチウムイオン電池は保証対象外となっているとの事)
とにかく電池が生命線のクルマです。電池のメンテナンスに関しては、
きちんとしていただきたいと切に願います。

アウトランダーPHEV 12ヶ月点検




ハーティープラスメンテの一環でタイヤローテやエンジンオイル交換、
ワイパーブレード交換(あんまり傷んでない気もしますが)などをやっていただきました。

寒いからか、サスペンションが納車時に比べて軋む事があったので
増し締め、給油してもらいました。
ちゃんと大人しくなって帰ってきました。感謝!
点検後気のせいかもしれませんが、
①足回りが滑らか、&しっかりした
②EV走行低速時の出足が気持ち良くなった?
気がするので、暫く乗ってみて又記述したいと思います。

アウトランダーPHEV

➡️タイヤ空気圧留意でECO走行

➡️12ヶ月点検時にエンジンフードエンブレム装着

→一年目の実燃費へ

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV エンジンフードエンブレム装着! (納車1周年記念)

法定12ヶ月点検に合わせて、
ディーラーさんにディーラーオプションの新アイテム
「エンジンフードエンブレム」を着けて頂きました。



三菱アウトランダーPHEV エンジンフードエンブレム
(ちょっとローバー風でカッコイイです
大きさも意外にさりげなくて、気に入りました)

三菱アウトランダーPHEV エンジンフードエンブレム

素材は厚みのある「スーパーハイボスカル」というものらしく
耐久性に優れた軟質樹脂ステッカーです。上手に貼っていただきました。
金属ではないのに、厚みがあるのでご覧のように立体感があって
高い質感に見えます。

メタリック感も周りが映るくらいの仕上がりで中々良いです。

1年経って、見慣れた顔つきに少しアクセントが加わりました
Outlander phev エンジンフードエンブレム

➡️MCに合わせて新オプション発売
アップしました
➡️法定12ヶ月点検


→本物のロ-バ-@モ-タ-ショ-
ローバーのエンブレム
ローバーの写真もつけときました

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV で行ってみた 雪のヨコハマ ドライブレコーダー切り出し映像

2週続けて週末が大雪という滅多にない状況になった首都圏です。
ノーマルタイヤなので雪の間はアウトランダーPHEVを出動させるのは
やめようと思っていたのですが、雪が減ってきた
最後の日曜日に、いてもたってもいられなくなって早朝横浜に行ってみました。

ドライブレコーダーの写真を切り出してみました。


ドラレコ 雪のヨコハマ
自宅の周りの裏道はまだ雪が積もっていて危険な状態でした。
アウトランダーPHEVは、安定した駆動であやしげな雪の残る道を
抜け出しました。未だ通行止め多数。

ドラレコ 雪のヨコハマ
横浜中心部も結構降った事がわかります。
ドライブレコーダー 雪のヨコハマ
後から見たら、その時肉眼で見たよりもずっとキレイな雪のヨコハマの映像が
記録されていました。
ニンゲンの目は必要な情報以外は中々認識できないのを実感です。
ドライブレコーダー 雪のヨコハマ
珍しい雪のヨコハマ風景でした。購入して1年になる
ルックイーストの「zuiji ZS1080RD80」中国製ですが、HD画質でキレイに
録画出来て調子が良いです。
➡️アウトランダーPHEVにドライブレコーダー設置

Mitsubishi outlander phev on snow
今回、初めて少しだけ雪の残る道路を体感しました。
「4WDLOCK」ボタンも久々に押してみました。
アウトランダーPHEVは、ドライブシャフトがないので
機械的に4輪は繋がっていませんので、あくまで「疑似的に4輪をロックしたような」
モードだそうです。実際には前輪にトルクを増やして悪路に対応するそうです。
恐る恐るでしたが、しっかり力が配分されていました。
流石、悪路のエキスパート三菱ですが、タイヤが
ノーマルなので過信は禁物と無理せず帰還することに。
➡️東京五輪応援ナンバープレート

都築PA 雪で充電できずガッカリ
最後に充電しようと第三京浜の都築PAに寄ってみたらーーー
ガーン!
除雪した雪で急速充電スポットが埋まっているではないですか(≧∇≦)
すごすごと帰宅することにしました。
(これは仕方ないです。)

➡️第三京浜都築PA EV充電スポット

➡️首都圏記録的大雪PHEV出動中止

三菱アウトランダーPHEV 雪
三菱アウトランダーPHEV 雪

関連記事

PageTop

ルノー「 Renault CAPTURE キャプチャー」ニッポンでも今月末発売 「ヴェゼルVEZEL」とカブる?

Renault capture
ルノーから2月27日発売のキャプチャーです。
流行の小型クロスオーバー車として凄くカッコイイのですが

Renault capture
何だかちょっと鮮度が薄れているのは何故だろうと
考えたらーーー

CAPTURE VS VEZEL

ホンダ ヴェゼルとカブっているような気がしてきました、
どちらもかなりユニークなのですが、
ぱっと見の印象
フロントの顔つきの印象
サイドの切れ込み処理
そしてここがカブリの元凶のリアのピラー角度
何とホイールのデザイン迄!
同種ですなこれは

CAPTURE VS VEZEL
全長 mm 4,125 VS 4295
全幅 mm 1,780 VS1770
全高 mm 1,565 VS1605
ホイールベース mm 2,605 VS 2610

ボディサイズもVEZELがノーズ分ちょっと長い
ぐらいでほぼほぼ同格
パワートレインはターボ付きDOHC1.2ℓのCAPTUREに対して
DOHC1.5ℓにハイブリッドまでつくVEZELがやや強力という
感じでしょうか、、、、

CAPTUREのカッコイイ点、屋根の塗装色が違うバイカラーが流行の兆しですが
これでVEZELからバイカラー特別車が出たら、かなりルノー潰し感あり。

👉ルノーの小型ヘリ内蔵カー?!アップ済み
👉ルノーのカレンダー

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV 今日でついに納車一周年! 納車日の感動がよみがえります。

昨年の1月をもって、長年お世話になった初代アウトランダーに別れを告げ、
発売からほぼ一ヶ月経った昨年2月22日にアウトランダーPHEVが納車されました。

納車の日の感激を昨日のように思い出します。
早いものでもう1年と思うと感慨深いです。

リコール等色々ありましたが、本当に印象深いこのクルマとの一年間でした。
➡️色々あった2013年

アウトランダーPHEV



非常に素晴らしいクルマなので、是非これからも大事に乗って行きたいです。
2年目を迎え、その後数多くの競合車が発売されましたが、
一昨年末、実車も見ないで契約したのは正しかったと納得しています。
但し、週末ドライバーなので、全然乗り尽くした感じには程遠いです。
累計走行距離7500km(自分としてはかなり多いです)
➡️リコール復帰後のPHEVレビュー
➡️過去最大級の賛辞レビュー

アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV

行きたいところが沢山あります。

もっとEV充電スポットが充実して欲しいです。


Mitsubishi outlander phev

➡️エンジンフードエンブレム装着! アップしました
➡️法定12ヶ月点検
アップしました
Mitsubishi outlander phev

→一年目の実燃費へ


ブログも書き慣れてませんでした
👉懐かしい納車日

関連記事

PageTop

2020年東京五輪時に選手村から会場に選手を輸送する「自動運転車」は実現するか?

ソチ冬季五輪真っ盛りですが、2020年東京五輪までも実はあと6年。
都知事も決まったことで、本格的に準備に入らないと結構時間はありません。
特に五輪に合わせて、ニッポンの表玄関である首都東京の交通インフラ
を充実、整備することは、五輪終了後を考えても重要と考えられます。

老朽化した首都高速の整備や、環境対応車とそのステーション整備は
ぜひ取り組んで欲しいものです。

もう一つ東京五輪は「ニッポンのモノづくり」を世界に発信するにも絶好の
チャンスです。
現在選手村から選手を会場に送迎するのに、「自動運転車」を使うことなどが
検討されているそうです。
自動運転車




クルマがハンドルを操作しなくても勝手に目的地に連れて行ってくれる
のはそれこそSFの世界でしたが、今や結構実現に近いところまで来ています。
日産は2020年までに実車の発売を発表していますし、(実走行試験段階)
TOYOTAは安部首相を試作車に乗せて走っています。
アメリカで西海岸を実車で走り回っているGoogleに負けてられません。

自動運転車





技術的には既にレーダーやカメラの認識技術が飛躍的に進んだので
それを操作系に繋げれば技術的には可能な段階に入っていると思われます。
但し、今後は万が一事故があった時の責任所在に関する法整備などが
課題になってくるそうです。確かにそうです、今、ブレーキアシストやオートクルーズ
が機能しなくても、基本は運転者、人間が責任を負いますが、完全自動運転の時は
クルマが責任を負う事になるのでしょうか。

自動運転車



まずは段階的に高速道路の業務用トラックから実験に入る検討がされているそうです。
ニッポンは物流の多くを陸上のトラック輸送に依存しており、運転手確保、人件費、高速料金、
ガソリン代のコスト問題。そしてCO2排出、渋滞、長距離の交代人員や居眠り運転の危険性など
自動運転が解決できる余地は非常に大きいと期待されます。
(トラックは空気抵抗が大きいので、数メートルに連なって走ると非常に燃費効率が
よくなるそうです。)
先ずはこういうところから、実験を開始して、五輪までの実現につながるといいですね、
上手にコンピューターを使えば、人間が操作するより安全な場合もあるので
充分なテストをして導入して欲しいです。

自動運転車



こういうことと、ドライブを楽しむのは全く次元が違います。
高速道路で疲れたらトラックの後ろについて自動運転。
走りたい時は、自分の意思で意のままにクルマを操る。
そんな選択ができるようになる時代が来るかもしれません。

自動運転車

👉ロシアのアウトランダー
👉祝2020東京五輪決定 目指せEV都市!

→東京五輪応援ナンバープレート発行へ

関連記事

PageTop