PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

続々新車CM レクサスNX スバルWRX S4 スズキ新型ワゴンR VW新型POLO

新車デビューの秋到来です。
新聞に各社、全面広告出稿と載せましたが、
その4車種全部週末TVCMをオンエアしていました。(昨晩全部見れました)
レクサスNX CM
まずはレクサスNX の「泡芸」です。カッコイイ!
レクサスNX CM
オランダ アムステルダムを4時間も貸し切って撮ったそうです。
レクサスNX CM
最後は泡パーティへ行くというオチなのですが前編クルマが主役。お金かかってます。
レクサスのCMの中では屈指の出来では?
新型ワゴンR CM
次がスズキワゴンR 空から渡辺謙が降りて来る!ジャイアントロボ着陸みたいな。
新型ワゴンR CM
お決まりのエネチャージを今回は大放出!謙さんと新型ワゴンRの顔がシンクロ。
とにかく大げさ感は半端ではありません。ゴジラのCMか?
スバル WRX S4 CM
スバルWRX S4です。クルマの周りをカメラが回り込みます。バックがカッコイイ!
スバルWRX S4 CM
そしてコピーが入って走り出すとそこはサーキットというオチ。
こちらもクルマが主役になっているスバルらしい広告です。
VW 新型POLO CM
最後は、VW新型POLO。榮倉奈々さん登場。いわゆる2面割広告。
榮倉奈々さんがエレベーターに滑り込むと、POLOも駐車場に。
VW 新型POLO CM
榮倉奈々さんが動く歩道に乗るとPOLOのアクティブクルーズコントロールに。
最後は2面割が合わさって、終了。


4車それぞれ個性があって面白いです。
個人的には、レクサスNXの広告が好きですが、如何でしょうか。
クルマはスペックと同様イメージも非常に重要です。
TVCMを見て昨日の新聞だけとは印象が変わったクルマもあります。➡︎◻︎4社の新聞広告へ
(スバルWRXS4はレヴォーグより走り屋向けかな?と思っていたのですが、
犬が乗っていたのとデザインを見ると比較的大衆狙いかな?とか。)
やっぱりTVCMでないと伝わらない事もありますね。
当然YOUTUBEで見れるのは前提ですが。

関連記事

PageTop

旧軽井沢銀座散策 (「銀座」とついて納得のバラエティ豊かな商店街)

旧軽井沢散策
旧軽井沢銀座通りをぶらぶらと南下して行きます。
最近は観光地で「銀座」とついていてもさびれている
ところもありますが、流石軽井沢。人も多いですし、
楽しい店舗が一杯です。食べ歩きをしながら雑貨店等を
覗いて歩くとすぐに時間が経ってしまいます。
旧軽井沢散策
遅めの昼食は臨時交番の反対側にある「レストラン酢重正之」さんに。
銀座通り沿いは人が一杯です(人気店は並んでおります)が、
こちらは2階もあるので殆ど並ばずに食べることができました。
(歩きなのでビールを飲んでしまいました!しびれます。旨し)
ここが銀座通りの終点(駅から来ると始点)なので、一本裏になる
ショー通り沿いに戻って行くことに。
旧軽井沢散策
お土産用のジャムは色々ありますが、こちらはショー通り沿いにある
中山農園さん(銀座通りに中山のジャムさんがあってこっちが目立ちますが)。
目立たない店ですが他の方のブログを見てこちらで購入。
自宅用にアプリコットを買ったのですがシンプルな原料で美味!
旧軽井沢散策
最後は静かな諏訪神社をお参りして旅館に帰りました。
銀座通りの写真屋さんでは、ドレスを着てこちらの庭で撮影するサービス有り。
(昼からはこの一帯の道路は渋滞に。クルマを動かす心配がないので
つるやさんのロケーションの良さを実感。)
旧軽井沢散策
さて汗もかいたので、宿でゆっくり流すことにしましょう(続く)





アウトランダーPHEV 旧軽井沢
こちらは翌早朝、人けのない旧軽井沢でのアウトランダーPHEV

関連記事

PageTop

軽井沢の老舗「つるや旅館」さんに宿泊してみました。(チェックイン編)

今回軽井沢で初めて宿泊する「つるや旅館」さんに、チェックイン
時間にはかなり早いのですが行くことにしました。
こちらは旧軽井沢銀座通りにあるという絶好のシチュエーション
でもあり 、予約時に、クルマでお越しの際はチェックイン時間前でも
駐車出来るのでお声がけくださいとあったからです。
軽井沢 つるや旅館
事前に聞いていた、歩行者天国になる旧軽井沢銀座通りを避けて
回り込んで近づいて到着。(最後に頂いた地図を添付しました)
コンパクトな2階だての建物です。正面が🅿️になっているので駐車して
まずはフロントに声をかけに行くことに。
エントランスは風情あるいわゆる旅館風。
軽井沢 つるや旅館
先に混雑しないうちに記帳してくださいと、クラシカルな
ラウンジに通されます。洋風の椅子に座って記帳しているうちに
お部屋の準備が出来たとの事なので、早いですが部屋へ入れることに。
電磁式で無い普通の鍵を渡して頂きました。
夜の食事の際のデザートを選べるとの説明を受けたので、
6種の中から選択(女性には嬉しいサービス)。
クルマからトランクを出して2階へ(エレベーターはありません
旅館の方が親切にも持って頂けます)突き当たりの白樺の部屋です。
軽井沢 つるや旅館
室内は、決して広くありませんが洋室になっており(和室も選べます)
窓際に小さなテーブルとソファが。レトロな雰囲気のある部屋です。
軽井沢 つるや旅館
アメニティなどの特徴は、①太帯が付いた浴衣あり
②大浴場に行く時にタオルを入れて使う竹で編んだカゴあり
③備えのコーヒー、お茶の種類多く、ペットボトルの天然水もあり、
既にポットにお湯が沸いている④鏡台に目や足を冷やすシートあり。
軽井沢 つるや旅館
そして何と言ってもここの旅館のウリはそのロケーションです。
窓を開けるとそこは旧軽井沢銀座の真横です!素晴らしい。
停めた愛車が下に見えます。左奥は別荘地へ続く第2🅿️。
軽井沢 つるや旅館へのクルマでのアクセス
さて一息つけたので旧軽井沢銀座散策に出かけるとします。(続く)

関連記事

PageTop

続々新車デビュー レクサスNX スバルWRX S4 スズキ新型ワゴンR VW新型POLO

いよいよ秋の新車発売シーズン到来です。
昨日のY新聞はカラー全面広告(これは全国紙でやるとかなり高い広告費です)が目白押し。
レクサスNX 広告
まずはレクサス初のプレミアムコンパクトSUV 「NX」デビュー
こちらは既に実車を見ております。➡︎◻︎レクサスNX200h実車拝見
スズキ新ワゴンR Sエネチャージ
「エネチャージはどこまでも進化する。Sエネチャージ搭載NEWワゴンR誕生」
ということで、従来のエネチャージをエンジンアシストにも使った、「ほぼハイブリッド」の
リッター32.4km軽ワゴン燃費NO1車の発売です。➡︎◻︎半HV スズキ新ワゴンR
渡辺謙さんが出てくるとなんでも、もっともらしいのは流石ハリウッド俳優です。
スバルWRX
お次は販売好調。元気なスバルから
「最高の走りと 最上の安心をひとつにしろ 」というキャッチで
新型4WDスポーツセダン「WRX S4」の登場です。
レヴォーグの2.0リッターパワートレイン(水平対向ターボ)、
最新のアイサイト3を搭載したもので、1.6リッターは無いそうです。
VW 新POLO
更に同日チラシにはVW POLO の新型モデルの発売広告まで。
「Go Everyday いつだって自分らしく」というコピー。
(これまたちょっくら恥ずかしくなる様なベタベタコピーです 本国監修?
改良内容は物凄くコンサバティブで一見どこが変わったのか解りません(それも戦略)
赤の代表色で、ターゲットイメージと思われる女性が載ってます(完全女性寄り)
欧州で人気のディーゼル車が無いのもそのせい?
燃料電池車 読売
本紙記事には大きく「動き出す 燃料電池車」という見出しで、
水素燃料電池車の記事が。一般紙にも経済紙並の記事が出る様になってきました。
なんせ来年度関連予算で400億以上が振られようとしているので、トヨタFCVには
関心のない国民にも税金の行き先としては報道の義務があるという事でしょうか。
結果的に、一気に水素に行かないでも、HVやEVへの関心が高まるのは良いこと
です。左上のイラストなんかはメカに弱い主婦の方には親切です。
課題はステーション数、水素価格、車両価格の3つとの事。特にステーションの
建設が決まっているのは全国でまだ40ヶ所程度で例えば世田谷区は無しという話。
普及には時間がかかりそうな事も書いてありました。
スズキ新ワゴンR Sエネチャージ
ついでにスズキのSエネチャージの内容を。
(モーター単体で走らないのでHVではないそうですが、ハイブリッド(仮)みたいな所まできてます)
スバルWRX
最後にWRX S4の写真を前から見るとほぼレヴォーグです。黒ホイールがスポーツっぽい。

➡︎◻︎各社のTVCM放映中

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV 全身ミラー仕様 モスクワに登場

アウトランダーPHEV ミラー仕様

全身ピカピカのミラー仕上げアウトランダーPHEV特別仕様車が
8月27日に開幕した「モスクワ国際モーターショー」に登場。
赤を強調した富士山や桜をバックにした日本風ステージで
異彩を放っています。

徹底した鏡面塗装ですがフロントグリル部はブラックアウト
しているのがこだわりでしょうか。
ぜひ実物が見てみたいですね。展示終了後は何処に行くのでしょうか?

モスクワでの販売は今秋ということです。


ミラー ハリアー
こちらはトレッサ横浜で見たミラーハリアー。
物凄いビカビカで、周りの風景が映り込んでいます。
なので、安全上公道は走れないそうです。➡︎◻︎ミラーハリアーに遭遇
ミューロ ヴェゼル
こちらはオートサロンでのミューロ ヴェゼル。
同じ鏡面仕上げですが少しマットな仕上がりになっています。
映り込みが適度でカッコいいです。
➡︎◻︎ヴェゼル カスタマイズ@オートサロン

関連記事

PageTop

軽井沢が一望できるカフェ 「天空のカフェAURA アウラ」さんに行ってみました。

天空のカフェアウラ
旧三笠ホテルを見たら、そのまま三笠通りを進むと白糸の滝に抜ける
「白糸ハイランドウェイ」に入ります。
この途中の山の斜面に「天空のカフェアウラ」があるとガイドブックに
あるので行って見る事に。
天空のカフェアウラ
急勾配を上がるとありました!崖の上に現代的な建物が。
🅿️に既にクルマが停まっていますので並んで駐車。
階段を上がって建物に、裏側が店内への入口なので
そちらから入ってみることに、、、店内の窓の向こうには
おお〜ッ!これは凄い!正面に今通ってきた軽井沢駅周辺が一望です。
天空のカフェアウラ
運よくテラス席のベストポジションが空いたので着席。
1000円のおかわり出来るお茶を頼みました。(場所代込(^^)
下にもパラソル付きテラス席あり。
遠くの山並みの前に軽井沢の美しい緑が広がって非常に
気持ちがいいです。
天空のカフェアウラ
暫く写真を撮ったりお茶をお代わりしたりで
ゆっくりとした時間が過ごせました。
とかなんとか言っているうちに、下の🅿️は満車に
お客様も待っている様なのでそこそこでお会計(席で可)
天空のカフェアウラ
お土産の天空薬と書いた袋迄頂きました。
(中身は宿で開けてみたらカワイイクッキーでした ネタバレご勘弁!)
天空のカフェアウラ
以上この時だけ天気が回復したので、大変涼しく
気持ちの良い体験ができました。オススメです。

関連記事

PageTop

今週 通勤電車が全てマツダの広告でジャック!

マツダ 地下鉄車内広告ジャック
今週通勤電車に乗ったら、社内の広告全部が「マツダの一日乗りホーダイ」試乗キャンペーン
で埋め尽くされていました。
素材も既に乗った方の生の声がちりばめられていて、いったい何素材あるの?と思うぐらいです。
つい全部見たくなってしまします(笑)
スカイアクティブ・ディーゼルエンジンのトルクフルな走りは、結局広告だけでは
伝わらない、実際乗ってみてもらわないとわからないというのが狙いでしょうか。
各社、大規模な試乗キャンペーンを実施しているので、これを単純にディーラーレベルでやるのではなくて
本社のマーケティングもかんだ全国企画で実施するのが流行のようです。

マツダ地下鉄ジャック
試乗すると長友プレゼンツのオリジナルブックももらえるそうです。


➡□近日登場デミオの新エンジン

関連記事

PageTop

EV.PHEV充電スポット情報 軽井沢トヨタ自動車(株) 軽井沢U-Station

軽井沢駅から西へ行って国道18号戦沿いにあるEV充電スポットです。

軽井沢トヨタ自動車(株) 軽井沢U-Station

軽井沢トヨタ自動車(株) 軽井沢U-Station


駐車、充電しやすさ★★★★(5満点)

残念ながら利用時間が9:00-19:00(惜しい!)
但しこのツイン充電器(急速1+200V1)
ツイン待機場(各充電器に2つ)ありの
2×2の環境は素晴らしいです。

休憩環境★★

自動販売機ベンチあり
トイレ等なし
通りの向こうにはランチが食べれる店舗あり。

必要:
チャデモチャージ
トヨタ G-Station
エネゲート エコQ電
JTB チャデモチャージ機能付きおでかけCard
非会員1回500円

2014年8月現在確認情報


フリースタンディングの正に「EV充電ステーション」といった施設です。
全く既存施設の中に作ったのではなくて、(併設でもない)
EV充電のためだけに作られた施設として非常に珍しく・高く評価できます。
郊外の幹線沿いに土地があるところなどの充電スポットとしては理想的な
施設だと思います。
あとは管理方法などの見直しで、24H可能になれば文句のつけようが
ありません。
ぜひこういう施設が増えてくるといいですね。



関連記事

PageTop

日本で見ない 起亜自動車 ソウルEV (KIA SOUL EV)が既に韓国・米国で販売 

kia soul ev
日本で見ないけれど、頑張っている会社の中に韓国の
起亜自動車があります。
「SOUL」という5ドアハッチバック車に独自開発のEVパワートレイン
を積んだ「SOUL EV」がこちらです。
kia soul ev
注目!最後のイラスト
(ヒートポンプからヒントを得た、エネルギー消費を最小限に抑えた
ヒーター/クーラー・システムを開発。)

以下WIKIから転載させていただきました。


ソウルEV
2014年2月のシカゴモーターショーにてワールドプレミア。
翌3月11日、起亜は韓国国内において「ソウルをベースとしたEVを
4月より販売開始予定」とアナウンス、同年4月11日より同国内で販売を開始した。
ボディサイズはガソリン仕様と全く同じだが、ヘッドライトにはLEDを採用する。
81.4kwのモーターと27kwhのリチウムイオン二次電池を搭載し、それらにCVTを組み合わせる。
充電口は電動開閉式フロントグリルの奥に設置され、一回の充電で約148km走行できる。
充電時間は急速充電で24-33分、通常充電でも4時間20分ほどで完了する。
価格は4250万ウォン(416万円)だが、各自治体の補助金使用により
1.850-2.450万ウォン(181-240万円)程度まで安くなる。
夏以降は米欧市場にも投入し、年5000台程度の販売を見込む。


アウトランダー・テスラモデルS式の床下電池敷き詰め型、
フロントモーター搭載、フロントグリルに充電リッドはリーフ型です
結構いいではないですか!しかも補助後はお値打ち!

kia soul ev
インテリアのデザインは?という感じでしょうか
(SOUL自体がアメリカLA起亜でデザインされているらしいですが)
ECOインジケーターの表示はカッコいいです。
kia soul ev
こちらアメリカの自動車関連サイトに出ていた
本当に米国販売向けに量産されているの図。
(EVを量産している会社の写真は少ないので本気度がわかります)

kia sportage
最後は起亜自動車の人気車(ガソリン)スポルテージ「SPORTAGE」
の写真を載せておきます。
これが走っているのを上海出張の時に目撃したのですが
カッコ良かったです。(日本で見ないので特にインパクトありました)
こんなのにEVもしくはPHEVパワートレインが積まれたクルマが
でたら魅力的です。そうしたら日本発売も検討してみても良いのでは?
ガソリン車はブランド力がないので厳しいでしょうが
EVならば今はお客様の選択肢が狭いのでチャンスはあります。


➡□上海クルマ事情
➡□ヒュンダイ 次期燃料電池車イントラード

関連記事

PageTop

EV.PHEV充電スポット情報 軽井沢町役場

長野県軽井沢町役場の充電スポットです。

EV充電スポット 軽井沢町役場

非常にゆったりした駐車場に屋根付きで日産様寄贈の急速充電器
が屋根付きで設置してあります。
駐車、充電しやすさ★★★★★(5満点)

24時間使用可能。
鍵などありません。いつでも使えます。
非常に広い駐車場なので、待機も余裕で可能。
公共施設としては理想的な環境です。素晴らしいです!

休憩環境★
町役場なので休憩所はありません
トイレは借りれます。

必要:不要 ノートへの記帳のみ
現状無料

2014年8月現在確認情報
アウトランダーPHEV 充電中
Mitsubishi outlander phev. In charge

➡︎◻︎軽井沢町のEVで観光地の入場が無料になるキャンペーン
PageTop