PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

アウトランダーPHEV オーストラレーシアン・サファリ2014 無事完走!おめでとう!

アウトランダーPHEVオーストラリアラリー



以下転載

西オーストラリア州で開催されていたオーストラリアン・サファリ
2014は9月27日にゴール。
プラグインハイブリッドカー、三菱アウトランダーPHEVを
ドライブしたスティーブ・グレニーは総合19位、A1-6クラストップで完走している。

セレモニアルスタートを含めて9日間という、長期間にわたって行われた
オーストラリアン・サファリがついにフィニッシュした。



前走車を抜かそうとしてクラッシュ、レグ6のSSをクリアすることが
できなかったアウトランダーPHEVのグレニーは、メカニックたちが
完全な状態に修復したマシンで最終ステージをスタートし、
SS2番手タイムをマークしてみせた。砂地やマディな上り坂で
トラクションがかかりにくい路面で、PHEVのモーターアシスト4WDは
素早いトルクの立ち上がりでしっかりとタイヤに駆動力を伝え、
難しい路面を軽やかに駆け抜けた。ファイナルステージでSS2番手の
タイムを刻んだグレニーは「ガソリンやディーゼル車では不可能な、
トルクフルな走りが今日はできた。
プラグインハイブリッドはラリーで速く走るためにも有効なデバイスだと
思うよ」と、満足した様子だった。

マシンを準備したTMR(チーム三菱ラリーアート)オーストラリアに同行し、
技術面からラリーをサポートした三菱自動車EV要素研究部の乙竹嘉彦氏は
「今回のマシンは市販車に限りなく近い仕様で、車高もあまり上がっていません。
信じられないほど荒れた路面で何度も下まわりを強く打ちましたが、
バッテリーを始めとするプラグインハイブリッドシステムは何もトラブルが
出なかった。これは、我々からしてみても驚くべきことです。
また、ボディに関しても歪みなどはなく、アウトランダーPHEVの堅牢性の
高さを改めて実感しました」と、長くハードなラリーを総括した。


めでたしめでたし!
完走!おめでとうございます!良かったですね。
アジアクロスカントリーラリーの泥道に続いて
オーストラレーシアン・サファリラリーの砂漠も
完走してアウトランダーPHEVの基本性能の
高さが実証されました。
この2つのラリーでのノウハウを是非次期改良に
つなげて下さい。期待しています。
⇒□アジアクロスカントリーラリー完走
⇒□オーストラレーシアン・サファリラリー参戦

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV オーストラレーシアン・サファリ2014 砂漠の中でクラッシュ中!

アウトランダーPHEVオーストラリアラリー



以下転載
前日のレグ5でグレニーは、破損したステアリングギヤボックスの
修理をサポートカーの故障が原因で行えず走行を断念。
その後アウトランダーPHEVはTMR(チーム三菱ラリーアート)
オーストラリアのメカニックによって完璧に修理され、レグ6での再出走を果たした。

SSのスタート後グレニーはしばらく順調に走行を続けていたが、
約75km地点で前を走るマシンに追いついてしまい、しばらく砂ぼこりの
中を走ることになる。やがて前を走るマシンがコースの端に寄り道を譲ったため、
グレニーは追い越しを試みた。しかし、その際に走行ライン上に固い木の株が現れ
グレニーは何とかそれを避けたが、その先の大きな土壁に当たってマシンは
大きくはね上げられ、前方に転がりかけた。転倒こそ免れたが、
不自然な着地のショックで左側の前後足まわりを破損。
その場でマシンはストップし、グレニーはSSからの離脱を余儀なくされた。

SSを走破できなかったグレニーには、結局16時間42分のペナルティが加算され
総合順位は20位に後退。
駆けつけたチームのメカニックによるロードサイドサービスで
足まわりの交換作業を行い、何とかカーナーボンのビバークにたどり着いた
アウトランダーPHEVは、整備の上明日の最終日に再出走する予定だ。




いや~やっぱりラリーは過酷です。
何とかゴール迄たどり着いて欲しいです。

メカニックのサポートカーが砂漠を疾走する写真が
カッコいいです。

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEVの良さを実感できる季節到来!窓を開けてもエンジン音無し

暑くなく寒くもなく一年で一番気持ちの良い
季節がやってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
(いつもブログをご覧いただきありがとうございます)
さて、アウトランダーPHEVにはこの季節は最高のシーズンです。
アウトランダーPHEVの良さを実感できる季節到来
夏に強いと何度か書いてまいりましたが、➡︎◻︎アウトランダーPHEVシチュエーション別レビュー
とにかくアウトランダーPHEVのEVモード走行時は静かで
快適なことったらありません。
特に郊外へでた時などに、窓を開けて走ると気持ちが良い事この上ありません。
「エンジン音がしないとつまらない」様な気がするという常識を
壊すくらいに爽やかな移動が楽しめます。
昨今はクルマの遮音性能が良くなっているので、窓を閉めれば
静かなクルマが多いのは事実です。マツダのクリーンディーゼルなんかも
かつてのディーゼルとは思えない位の静かさと聞きます。
しかしそれも窓を閉めての前提で、某新デミオの試乗レポートで
「窓空け時のエンジン音が思いの外うるさい」とありました。

その点アウトランダーPHEVは窓を開けても「シューン」という音しか
聞こえません。
鳥の声や木の香りを嗅ぐのもよし、音楽との融合を楽しむのもよし
特に他のクルマのエンジン音が聞こえない場合に楽しさが倍増します。
是非この季節は窓全開でEV走行をお楽しみください。
(一泊2日レンタルの方もいつもの様にエアコンをつけずにお試しを!)

アウトランダーPHEV
MITSUBISHI OUTLANDER PHEV

関連記事

PageTop

セインツ今季初勝利! やはり本拠地スーパードームでは強い。

vikings vs saints2014
週末のお楽しみNFL。今週も「日テレG+」で中継があったのでセインツ戦をビデオ鑑賞。
万歳!というかやっと勝った!ニューオリンズセインツは今季初のホームゲームで
ヴァイキングスを倒してシーズン初勝利。
アウェイで開幕連敗。しかもいずれも残り数秒での逆転負けスタートで
始まった今シーズンですが遂に本領発揮。
特にズタズタだったディフェンスが復調。相手先発QBキャッセルが負傷で
ルーキーのブリッジウォーターに交代したとはいえ、タッチダウン無しに
抑えたのでホッとしました。
ブリーズがサックされる場面もあり、ちょっとまだ心配な所はありますが
これから巻き返してシーズンを最後迄面白くしてくれればと思います。

Mersedes bents super dome
ところでセインツの本拠地ルイジアナ州ニューオリンズにある
「ルイジアナ スーパードーム」は、ハリケーン
カトリーナでニューオリンズが滅茶滅茶になった時に避難所になった所として
有名です。2011年からダイムラーがネーミング権を買って
「メルセデス・ベンツ・スーパードーム」と呼ばれています。
ご覧の様に、ドームの天井の内側と外側に「スリーポインテッドスター」が
燦然と輝いています(さすがアメリカ!商売が上手い)
ちなみにダイムラーの米工場は同じ南部のアラバマ州です。

三菱もアメリカでしっかり儲けて、何処かにつかないですかね。

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV consept-S もうじきパリで展示。(リア写真も流出)

三菱 アウトランダーPHEV consept-s
開催迫るパリモーターショーで公開予定の「アウトランダーPHEV コンセプト-S」
の写真が流出してましたので拾ってみました。
特に注目のリアはこの様なデザインでした!いいですね!
これで初めて、「メタルXグリル」「コの字+逆コの字」による
新しいデザインアイデンティティの正体が判明しました。
これはありそうで今迄無かったオリジナリティーの高いデザインだと思います。
三菱 アウトランダーPHEV consept-s
フロントは斜めからみてもヘッドランプが切れ上がっていてカッコいいです。
但し、この処理になるとどうしてもリアコンビネーションランプが細く
なってしまうので、リアはちょっとあっさりしすぎで迫力不足か。
三菱 アウトランダーPHEV consept-s
サイドはやっぱりアウトランダーPHEVだなあと思わせられる1枚です。
但しこうなってくるとこのフロント、リアのデザインを無理やり後から
付け足した感がどうしてもしてしまいます。
デザイナーさんは、もう一回クルマ全体のデザインをし直してみたくなったのでは。
黒い部分の強調されたホイールは素敵です。
センターコンソールは本物を是非みたくなりますね。

ということで非常にカッコいい「アウトランダーPHEV consept-S」なのですが
デザインが優れているだけに、、
アウトランダーPHEV コンセプトs
日本のナンバープレートをつけてみましたが、
残念ながらこのデザインとの相性は良くない様です。(T . T)
特にフロントは下にぶら下げたくなる感じです。マツダデザインと同じ
悩みですかね。
マツダデザイン

➡︎◻︎アウトランダーPHEV コンセプト-Sデザインの注目点

関連記事

PageTop

初めての長崎出張 中華街で食べた長崎料理「ハトシ」「角煮饅頭」がうまし。

長崎 中華街
初めて訪れた長崎は、独特の雰囲気がある素敵な街でした。
1日でしかも短い時間だったのですが、長崎らしいところとして
夜の中華街と思案橋横丁を見ることが出来ました。
横浜や神戸の中華街とはまた趣が違って良かったです。
長崎 中華街 ハトシ 角煮 皿うどん

中華街では、大変美味しい長崎らしい中華料理を頂けました。
皿うどんは期待通りでしたが、初めて食べたのが
「ハトシ」と「豚の角煮饅頭」です。
やっぱりニッポンにはまだ食べたことがない郷土料理が
沢山あるなと実感しました。
長崎はプライベートでまた来てみたいです。

卓袱料理(しっぽくりょうり)とは、中国料理や西欧料理が
日本化した宴会料理の一種。長崎市を発祥の地とし、
大皿に盛られたコース料理を、円卓を囲んで味わう形式をもつ。
和食、中華、洋食(主に出島に商館を構えた阿蘭陀、
すなわちオランダ)の要素が互いに交じり合っていることから、
和華蘭料理(わからんりょうり)とも評される。

ハトシ(広東語 蝦多士)は、
主に東南アジアや日本の長崎で食べられている、食パンの間に
エビなどのすり身をはさんで、油で揚げた料理。

東坡煮(とうばに)は
長崎県の代表的な卓袱料理である。
豚肉をたれに漬け込んで煮込む前に、
一度水煮することで余分な脂が取り除かれている
饅頭に挟んで食す、豚の角煮饅頭がある。

皿うどん(さらうどん)は、長崎県の郷土料理。
名称からはうどんの一種と思われやすいが、
「かた焼きそば」や多くのものは中国の炒麺に近い。

関連記事

PageTop

EVデイキャンプ 静岡県 富士宮市 「ふもとっぱらオートキャンプ場」 その①

先日アウトランダーPHEVで静岡県「ふもっとっぱら オートキャンプ場」にEVデイキャンプに行ってきました。
(2014/10/2 タイトル  富士吉田市➡富士宮市へ訂正しました fuka様ご指摘に感謝します)
EVデイキャンプ ふもとっぱらキャンプ場
こちらが今回利用したフリーサイトからの富士山の眺めです。(途中遮るものがない大きく見えます)
富士山を眺めながら朝食を食べるという目的で タープを設置してみました。
EVデイキャンプ ふもとっぱらキャンプ場
まずは、管理棟に立ち寄ります。早い時間(8時すぎ)でしたが、入場させてもらえました。
料金を払ってフロントに置く認証カードをもらって城内へ。
前日が土曜日ということもあり、管理棟や食堂近辺には昨晩からのキャンパーが多数。
非常に広大なサイトです。200サイトとWEBにはありますが、正直もっと泊まっている感じかと、、
奥が比較的空いていると教えていただいて、サイトの東寄りの端へ移動します。
EVデイキャンプ ふもとっぱらキャンプ場
今回は、デイキャンプでしかもPHEV電源使用なので、水も薪も使いません
(ちなみにこちらのキャンプ場は直火は禁止です)から
場所を選ばず、一番東の端へ。富士山が正面に見えて他の方に遮られない場所に
タープを張ることができました。若干芝草の下に火山岩があってペグが入りにくいですが
水はけがよく、前日雨が降ったらしく草が濡れていましたが、すぐに乾いてしましいました。
(トイレは仮説が近くにあるので問題なし)
EVデイキャンプ ふもとっぱらキャンプ場
とにかく広々していて、天気が良ければ、雄大な気持ちになる事間違いなしです。
富士山と反対側の山並みもまた素晴らしい眺めです。

その②アップしました
➡□ふもとっぱら その②へ
アウトランダーPHEV ふもとっぱら

関連記事

PageTop

ルノー のリッター100kmオーバー「EOLAB(エオラブ)」パリに登場。

ルノー EOLAB
EOLAB ルノー



以下引用
ルノーは、10月2日に開幕するパリ・モーターショーで、
ハイブリッドコンセプト「EOLAB」をワールドプレミアすると発表した。
同社のプレスリリースによれば、Bセグメント車のEOLABの燃費は
100㎞/リッター。これは、フォルクスワーゲンの超低燃費プラグイン・
ディーゼル・ハイブリッド「XL1」が誇る111㎞/リッターに迫る数値だ。
その名を「1リッターカー」(100km走行あたり1リッターの燃料しか
消費しないクルマ)構想に由来するXL1は、これまで圧倒的な燃費性能で
他の追随を許さなかった。
だがEOLABの出現により、ついにXL1の独壇場ではなくなったというわけだ。
➡︎◻︎モーターショーで見た「XL1」
EOLABは、スチールにアルミニウムや複合素材を組み合わせたボディシェルと、
マグネシウム製ルーフを採用する軽量な車体に、入念に研究を重ねた
エアロダイナミクス、アップデートされたルノー製「ZE(ゼロエミッションの意)
ハイブリッド」パワートレインの組み合わせで、最高レベルの燃費性能を実現。
特に車両重量は僅か400kgにまで削減され、これによりより少ないエネルギー
での走行が可能となった。なお、内燃機関と電気モーターからなる
パワートレインは、バッテリーのみでも約60㎞の距離が走行できるという。
更にルノーは、EOLABに「100にのぼる最新かつ実現可能な技術を搭載
しており、将来登場するルノー車にもそうした技術を活用する可能性がある」
と述べている。

➡︎◻︎ルノーのEV開発計画と日産の次期EV


EOLAB ルノー
デザインは今迄発表されたルノーのEVコンセプト車軍に対して、
際立った先進的なものです。
特にこの写真でわかる、パンチングされたグリルの間からヘッドライト
の光が漏れる処理はカッコイイですね。
➡︎◻︎ルノー「EOLAB」パリで展示!
⇒□外資系HV,PHVインデックス

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV オーストラレーシアン・サファリ2014 砂漠の中で苦戦中!

アウトランダーPHEV オーストラレーシアン・サファリ2014



以下転載
24日のレグ4で後半戦に突入したオーストラレーシアン・
サファリは
内陸のガスコインジャンクションから西海岸北部のエクスマウスまで
走行する長い1日。2本用意されたSSはかなりハードなコース設定となり、
特に2本目のSSでは多くの選手が脱落。総合13位につけていた
アウトランダーPHEVのグレニーも、2本目のSSの途中でステアリング
ギヤボックスのブラケットが破損するトラブルにより走行を中止した。

しかし、エクスマウスでのビバークに向かう途中の一般道でサポート
トラックにトラブルが発生し、修理に必要な機材がビバークに届かない
という不測の事態が発生。そのためアウトランダーPHEVは
ステアリングギヤボックスの修理が行えなくなり、
レグ5への出走を断念せざるを得ない状況となってしまった。

レグ5を走行しなかった参加者に対しては一律16時間50分という
ペナルティタイムが課せられ、グレニーは総合17位に後退。
コースはかなりラフで、市販車とあまり地上高が変わらない
アウトランダーPHEVには厳しいステージだった。

グレニーは、「ステアリングギヤボックスそのものではなく、
ブラケット部分が壊れたのはしかたないと思う。
気持ちを入れ替え、明日のレグ6からまた頑張って走るよ」
とポジティブな気持ちを言葉にした。



完走目指して頑張れp(^-^)qアウトランダーPHEV
ここが長年悪路と取り組んできた三菱の
腕の見せどころ!!
➡︎◻︎コース全図へ

➡︎◻︎ラリー用語「レグ」とは
➡︎◻︎ラリー用語「SS」とは

関連記事

PageTop

日産のEV商用車「e-NV200」はオプションで車中泊・キャンピングカー仕様へのカスタマイズ可能。

10月発売の日産のEV商用車「e-NV200」のオプションカタログを
入手したので、部分掲載します。
縮小のなんちゃってスキャンなのでご容赦ください(>_<)

日産e-NV200
まずはEVの必需品充電ケーブルです。
日産の充電ケーブルは、標準でも三菱より長い7.5mなのですが、
オプションカタログでは3つの長さ(15m7.5m3m)が選べる様になっています。
長いケーブルを巻きつけておけるケーブルホルダーも用意されていていいですね。

日産e-NV200
そしてこれが一番魅力的なのですが、最大積載容量100kgを誇る
ルーフ用ヘビーデューティラックです。いいですねー
これなら何でも積めそうです。
ユーティリティフックとシステムラックも使えそうです。
おしゃれなイルミ付きナンバープレートトリムセットがあるところが
初めから個人使用を想定してます。

日産e-NV200
そして、後方視野の悪いバンの必需品バックビューモニターなど
商用車なのでドレスアップできるパーツなどは用意されていませんが
実用的な内容です。

日産 e-NV200
次期パジェロPHEVなどが発売される迄は、「走る蓄電池 」e-NV200は
アウトドア派・車中泊派にも支持されるクルマであると思います。
思いっきり100V仕様の冷蔵庫や電子レンジ、TVを搭載しても楽しいですね。
(充電さえできればずっと暮らせそうですね 笑)
後部をキャンピング仕様にカスタマイズすれば
夢の「動く電気が使える宿泊施設」にも!

関連記事

PageTop