PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

気分は春、南房総 館山ファミリーパークでお花摘みをしてみました。

館山ファミリーパーク
アウトランダーPHEVで行く房総ドライブ旅行
2日目も鴨川を経由して再度南房総エリアに。
着いたのは館山ファミリーパークです。
ご覧の通り南国ムード漂う椰子の生える公園に
ポピーが満開です。(2月なのに流石南房総)
温室の中にも数々の花が咲いており、
妻はこちらでお花摘みをすることに。
館山ファミリーパーク
金魚草などは1本100円です。
置いてある花切り鋏で下の方から切って摘みます。
摘んだ後に、帰りに会計所へ持っていくと
上手に新聞紙で包装してもらえます。
(ここで摘んだ花はイキがよく、ずいぶん経った今も
家の花瓶で元気に咲いています)
南房総 菜の花ロード
ファミリーパークの外の道路は房総フラワーラインと呼ばれており、
道路の両側に黄色く咲いていて素敵でした。
直線亜距離も長くて走っているとずっと菜の花の中を
走っているような素晴らしい道路です。
館山ファミリーパーク
館山ファミリーパーク 房総フラワーライン

関連記事

PageTop

次期RVR PHEVか? MITSUBISHI Consept XR-PHEV Ⅱ 続報写真

MITSUBISHI XR-PHEV consept Ⅱ 次期RVR
ジュネーブモータショーに出展予定の三菱の新SUV
「MITSUBISHI Consept XR-PHEV Ⅱ」の写真が出てましたので
アップします。
MITSUBISHI XR-PHEV consept Ⅱ 次期RVR
おっと!この後姿は以前の Consept XR-PHEV よりも進化
しているではないですか!
これは「どっちが前かわからないくらいの」アグレッシブなリアデザインです。
正面から見たエックス形状が際立ちます
三菱 RVR 2016
(こちらが東京モーターショーの「Consept XR-PHEV」両脇のメタル縁取りがありません
 またリアアンダーカバーがシルバーメタリックからⅡで黒に
 ブレーキランプの処理も進化してる感じです)
アウトランダーPHEV consept-Sのリアデザインの流れを受けてます
 
アウトランダーPHEV コンセプトs
(こちらアウトランダーPHEV consept-S)
MITSUBISHI XR-PHEV consept Ⅱ 次期RVR
インテリアも強烈!
ここでもエクステリアと連動した
メタリックのサイド引締めパーツが印象的です。
センターコンソールの菱形の処理が未来的です。
アップルカープレイ搭載か
ハンドル、及びシフトレバーもかなり斬新!
MITSUBISHI consept XR-PHEVⅡ 次期RVR
サイドミラーもついたのですがこんなトンガリ。
メーターは真ん中にアナログ状のものを液晶で囲む形でしょうか・・
MITSUBISHI consept XR-PHEV Ⅱ 次期RVR
充電口の形状すらシャープなものになっています。
曲面を活かしたアウトランダーとはデザインコンセプトがかなり違います
このホイールもすごい。



このまま出ることはないでしょうが、是非今の良さを活かした
修正方向でお願いしたいですね。


⇒■MITSUBISHI consept XR-PHEV Ⅱ 次期RVR第一報

⇒□このクルマのアウトランダーPHEVとのシステムの違い

➡︎三菱のEVシステムの原点がわかるディスカバリーチャンネルの番組

⇒□XR-PHEV 動画からわかる事

関連記事

PageTop

マツダCX-3ディラーさんに入庫!期待の中、本日発売

マツダCX-3
会社のそばの時々おじゃまするマツダディラーさんに
遂にCX-3が入庫展示されました。
ディーゼルのみの割りきった設定です。
オートサロンでは舞台の上で遠かったですが、
今日は近くで見れました。
マツダCX-3 エクステリア
フロントグリル周りと、
後部cピラー周りがこのクルマのデザインの
見せどころだと思いますか、
実際も素敵です。
デミオより印象は大きく感じます。
マツダCX-3 インテリア
インテリアはベース車デミオの色ちがい。
売りの足元も広いです。
後方見切りはこんな感じで、
やや悪しかな
さすがに乗るとCX-5がぐっといいのは
仕方なし。
ですが、このクラスでは凄くバランスの
良いクロスオーバーSUVに仕上がっています。
ディラーさんには入庫したてだったので、
ボディをピカピカにされている最中のお忙しい中
手を止めて写真を撮らせていただきました。
感謝。
(なので、ダッシュボードちゃんとは閉まってません。)
明日発売以降SNSにあげてください
とお願いされたので御約束を
ちゃんと守りました。

又相手して下さい,よろしくお願いします。
予約された方は納車楽しみですね

⇒□新型デミオ見ました
⇒□CX-3 CX-5の違い
⇒□オートサロンのCX-3 CX-5

関連記事

PageTop

一面の菜の花畑で春を先取り 鴨川「菜な畑ロード」へ行ってきました

房総 鴨川 菜な畑ロード
房総の道の駅などに置いてあるパンフレットで、
一面の菜の花が写っている写真があり、
一体これはどこなのか?と思い急遽行ってみたのが
こちらの「房総 鴨川 菜な畑ロード」です。

房総 鴨川 菜な畑ロード
ナビに従って近づいていくと鴨川市役所で、本当に
こんなところに?と思っていると市役所の後ろの
畑が一面真っ黄色になっているではありませんか!
長靴を借りて菜の花摘みもできますが、
ここは写真を撮るだけにしました。
本当に、見事な菜の花でした。この日は観光の方も多数。

房総鴨川菜な畑ロード

関連記事

PageTop

「三菱自動車 電動車両サポート」サービス4月以降のプラン発表

「三菱自動車 電動車両サポート」サービスの4月1日(水)から本格的に
開始することと、そのプラン(サービス内容)及び料金が発表されました。

三菱電動サポートサービス
(写真は先行時(現在)のものです)



以下転載

三菱自動車は、電気自動車「MiEV(ミーブ)」シリーズと
プラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』の電動車両オーナーに向けた、
充電サービスなど各種サービスをパッケージにしたサポートプログラム
「三菱自動車 電動車両サポート」サービスを4月1日(水)から本格的に
開始することを発表しました

中略

お客さまのカーライフに合わせて、日常のほとんどを自宅で充電する方に
お勧めの月額500円(税抜)のベーシックプラン、
自宅以外で充電が多い方にお勧めの月額1,500円(税抜)のプレミアムプラン、
そして法人様向けのコーポレートプランの3つのプランを用意しました。
また、より多くのお客さまにプレミアムプランの利便性を体感いただけるよう、
2015年12月までの間、プレミアムプランの毎月の無料充電分を500円(税抜)
から1,000円(税抜)に増額します。

さらに、2015年3月1日から3月31日の18時までに入会お申し込みいただくと、
通常1,500円(税抜)かかる入会金が無料となる「入会金無料キャンペーン」を実施します。
入会お申し込みは、2015年3月1日より、ウェブサイトにて受付開始します。
三菱電動車両サービスカードプラン




➡□三菱HP

という事です。
内容は事前に出回っていた噂通りのようです。
(一般のNCS充電サービスのプランよりは割安に設定されています
 他メーカーのプランも含めて下のリンクの過去記述で比較ください)
➡□一般の方向けのNSC充電サービスプラン
良く考えて、3月1日以降に申し込もうと思います。
基本は家庭での充電なので
今のところベーシックプランかなあと思います。
これを持っていること自体には非常に意味があると
思っていますので。

関連記事

PageTop

ファーストショット公開!2016RVRと言われる 『MITSUBISHI Concept XR-PHEV II』

次期RVR2016 MITSUBISHI XR-PHEV conseptⅡ


三菱のプレスにジュネーブモーターショーに出展する
次期RVR(2016)と言われる
『MITSUBISHI Concept XR-PHEV II』の写真とスペックが載りましたので
速報させていただきます 。
「Ⅱ」となっていてフロントのデザインが少しかわっており、サイドミラーもちゃんと
ついているので市販仕様にだんだん近づいてきている気がします。
但し(この段階では?)4人乗り。

①フロントグリルが複雑な処理➡黒い樹脂で単純化+アンダーカバー状スキッドプレート
②LEDヘッドランプ3灯➡2灯
③カメラによるサイドミラーレス➡サイドミラー付
④かなりのスポーツシェイプ➡居住性を考慮してか全体のバランス微修正?

ですが、、結構初期インパクトを維持しています!カッコいいぞ

MITSUBISHI consept XR-PHEV Ⅱ 三菱次期RVR2016




以下HPより転載

『MITSUBISHI Concept XR-PHEV II』は、小型・軽量・高効率なFFタイプのPHEVシステムを採用し、
環境性能と走行性能を高い次元で両立する、都市型クロスオーバーのコンセプトカーです。

(1)エクステリア
筋肉質で引き締まった張りのあるサイドボディをシャープにカットしたキャラクターライン、
リヤフェンダーの立体的でかたまり感のある造形で、ダイナミックな躍動感を表現しました。
また、フロントフェイスは歴代パジェロのデザインを継承・進化させたもので、
バンパー両サイドのプロテクター形状を中央方向へ拡張、また、アンダーガードを下から
中央方向へ拡張することで、人と車を保護する新しい盾のカタチを表現しました。
更にフロントのモチーフをリヤにも反復し、視認性に配慮したハイマウントのテールランプで
特徴づけました。
(2)インテリア
水平基調のシンプルなインパネ、それを支えるコンソールから左右に広がるアルミフレーム
によって、SUVの力強さを表現。フロント周りは、ブラックとシルバーのみのハイコントラスト
な色調としました。また、操作系をステアリングホイールとコンソール中央部に集中配置し、
機能的で運転に集中できるコックピットを表現しました。
(3)PHEVシステム
今回のPHEVシステムは、MIVECエンジン、新開発のモーターとジェネレーター、
そして新型パワードライブユニットをフロントに搭載したFFタイプとし、
大容量バッテリーを低重心化に貢献するようフロア下に配置しました。
新型パワードライブユニットは、インバーターと可変電圧システムで構成し、
小型・高効率なシステムでありながら高出力・高トルクを実現。
走行時のCO2排出量を40g/km以下に抑え、プラグインハイブリッドで
クラストップレベルの環境性能としました。
また、このPHEVシステムは、モーター走行を基本に、エンジンが発電と
駆動の両方を担い、走行状況やバッテリー残量に応じて、EV走行、シリーズ走行、
パラレル走行のうち最適な走行モードを自動選択。
バッテリーセーブモードやバッテリーチャージモードを使うことで、
EV走行がしたい状況においてもEV走行することが可能になります。
さらに、力強くスポーティでありながら、静粛性に優れ、変速ショックの無い
上質で滑らかな走りを実現。走る歓びをより高い次元へと昇華させました。

●基本諸元
全長×全幅×全高
4,490[mm]× 1,890[mm]× 1,620[mm]
ホイールベース
2,670[mm]
乗車定員
4名
バッテリー容量
12kWh
モーター出力
120kW
駆動方式
2WD
CO2排出量
40g/km以下

2.スマートフォン連携ディスプレイオーディオ
今後、欧州向けの一部車種に搭載を予定している
Android Auto*2、Apple CarPlay*3対応のスマートフォン連携ディスプレイオーディオを、
ジュネーブモーターショーで世界初披露します。
スマートフォン連携ディスプレイオーディオにスマートフォンを接続することで、
Android AutoおよびApple CarPlayの優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。
Android Auto はドライバーの安全を第一に考え、シンプルで直感的に操作できる
インターフェースと音声操作により、運転に集中しやすくしています。
Apple CarPlayは、iPhoneを簡単かつ安全に使用できるよう、スクリーンにタッチしたり、
話しかけるだけの操作で、通話、地図、音楽、メッセージアプリへ簡単にアクセスすることが可能です。
ジュネーブモーターショーの三菱自動車ブースでは、このスマートフォン連携ディスプレイオーディオの
体感コーナーを設置します。
➡三菱HP



早く実物を見てみたいですね
世界初「アンドロイドオート」と「アップルカープレイ」の搭載も期待できます
RVRにこれが標準装備されたら、うらやましいな、、、

XR-PHEV
「mitsubishi XR-PHEV」(Ⅱじゃないやつ)




➡実は大注目2016RVR PHEV VSアウトランダーPHEV
➡東京モーターショーでのXR-PHEV consept

➡︎□続報へ
➡□ジュネーブ 「三菱 consept XR-PHEVⅡ」写真公開

関連記事

PageTop

東急ハーヴェストクラブ 勝浦宿泊記 (久々です)

東急ハーヴェストクラブ勝浦 エントランス

アウトランダーPHEVで行ってきた千葉県 房総の
ドライブ旅行での宿泊先は「東急ハーヴェストクラブ勝浦」です。
ここは、勝浦から山側に入った所にあり、房総の宿泊拠点として
便利ですが、この2年はご無沙汰していた施設です。
(夏には屋外プールがあります)
東急ハーヴェストクラブ勝浦
こちらが今回泊まった、室内の様子です。
全室海までは少し遠いですが、オーシャンビューです。
東急ハーヴェストクラブ勝浦
2階にあるレストランでの朝食。
和食と洋食を選べます。今回は洋食を選ぶと
パンや卵スープが席にサーブされ、サラダや、果物、
ベーグルコーヒーなどが中央のビュッフェコーナーで
選べる方式です。
3階に気持ちの良い大浴場(非温泉)があります。
東急ハーヴェストクラブ勝浦

関連記事

PageTop

ファミマdeチャージキャンペーンのオリジナル動画「エレキングバンド」が笑える

20150225103557b79.jpg
EV充電器の積極的な導入を推進してくださって大変評価できるコンビニエンス
ファミリーマートですが、
「ファミマdeチャージキャンペーン」のポスターが店頭に貼ってありました。
ウルトラセブンにでてくるピット星人が送り込んできた
電気を操る怪獣「エレキング」がのっています。
急速充電器の設置を記念して1名にリーフがあたるそうです。

このHPの中にオリジナル限定ムービー「エレキングバンド」という動画が
見れるようになっています。
➡FM deチャージキャンペーンHP
20150225103558313.jpg
この動画が結構笑えます。
エレキング(ちゃんと角が回転して口が光るリアルなやつ)がなぜか
バンドでギターを弾いてしまうという変な設定です。
20150225103600e4f.jpg
歌のメロディは、ファミマの入店音楽(歌うは篠崎愛)
マイクは急速充電器のコネクターだったりして、、、
知ってる人にはウルトラセブンの再現、「しっぽを巻きつけて
放電の図」、、、とか
作ってる方が楽しんでいるのがわかります(笑)

ファミマ・及び日産がEVの普及に頑張っているのが伝わる
キャンペーンです。
ユーザーの裾野がまだ狭いのにこのキャンペーン
を企画実施しているのに拍手したいです。
➡︎◻︎CP終了でリンクが切られてしまったので個人の方が作った動画へ

関連記事

PageTop

南房総の海沿いカフェでゆったりティータイム「and on caféアンドオンカフェ」

アンドオンカフェ白浜
南房総白浜の海岸沿いにある
白浜アパートの一階がカフェになっています。
こちらが「and on cafeアンドオンカフェ」さんです。
お店の前が駐車場になっています。
向こうに見えるのが、最南端に建つ野島崎灯台。
アンドオンカフェ白浜
とにかく太平洋を眺める最高の立地に、
テラス席(暖かくなったらきもちよさそう)もある
おしゃれなお店です。
ゆったりしたソファーや、センスの良い家具に混じって
「貝のアパート」のようなアート作品も。
美味しいコーヒーを頂くことができました。
アンドオンカフェ白浜
南房総は、いつの間にか結構なカフェ天国に
また訪れたら別の店にも行ってみたいです。
南房総 白浜海岸
こちらは近くの白浜の海岸。
流石南房総、春のような気持ちの良い暖かな日でした。
アウトランダーPHEV砂浜
砂浜走行?
嘘です久々ミニカーの登場でした。

関連記事

PageTop

テスラモータースの作った充電スポットが凄い( アメリカの話ですが)

テスラモータース ソーラーEV充電スポット

こちらは、アメリカ カリフォルニア州にできた
テスラモータースが作ったEV急速充電スポットです。
屋根にソーラーパネルを敷き詰めて、カリフォルニア
の豊富な太陽で発電する一方、
テスラモータースオリジナルの独特なデザインの
急速充電噐が8台備わっています。
テスラスーパーチャージステーションというものです。

何ともアメリカらしい豪快な施設ですね。
これはまだ1施設しかないらしいですが、
日本にはコンビニやショッピングモールから、
充電噐が増えているのに対して、
アメリカがこのようなセルフスタンディングの
ものができているのがお国柄でしょうか。

日本のテスラ充電噐が普及してきたら
テスラ→チヤデモのアダプターも発売して
欲しいです。
(テスラの充電噐はチヤデモより
充電スピード能力が高いそうです)
テスラチヤデモ変換アダプター
⇒□テスラモデルSの17インチ液晶パネル

関連記事

PageTop