PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

東京モーターショー2015総括◯個人的コンパニオンさん ベストフォト+世界のコンパニオンさん+美女とクルマ

今月一ヶ月に渡ってちょっとづつ写真を上げてきた
東京モーターショー2015に関して、今回で打ち止めとします。
(お付き合い頂けた方には感謝します)
最後はコンパニオンさんの笑顔で〆たいと思います。
東京モーターショー2015 コンパニオンさん
お気に入りのショットとブース名
東京モーターショー2015 コンパニオンさん
人に順番をつけるのはやめてます(笑)
東京モーターショー2015 コンパニオンさん
スマイルでなくても素敵です。
東京モーターショー2015 コンパニオンさん
今回のお気に入りSUZUKIブース嬢
ここで今年のモーター搭載車視点の東モレポートは無事終了です。


東京がこうですが、、、
かたや世界のモーターショーはということで、
以前WEB上から拾ったものを、
世界のモーターショー コンパニオンさん
世界にはきれいな女性がいるものです。
世界のモーターショー コンパニオンさん
大概海外のコンパニオンさんの方が大人っぽいです。
海外モーターショーがこんな感じです。

こうなったら、以前拾った「美女とクルマ」の
写真も載せときます(笑)
美女とクルマ
クルマと美女の組み合わせはいいですね。
美女とクルマ

理屈はありませんが、世界共通?良い世界観です(笑)。
お後がよろしいようで、、

関連記事

PageTop

連載4コマ漫画「アトランダーV」第41話 「DRセル軍団最終決戦へ」

連載4コマ漫画 アトランダーV 第41話



・本作はあくまでフィクションであり実際の企業・商品とは何の関係もありません。
・これもバカバカしい趣味なのでお目汚し勘弁ください。

・今年の2月から連載してきた当漫画ですが、続くかもしれないぐらいの
気持ちではじめて、とうとう年末を迎えてしまいました。
我ながら感心しています(笑)
遂に年内で大団円、最終回を予定しています。


➡︎◻︎連載4コマ漫画「アトランダーV」主な登場人物
連載4コマ漫画 アトランダーV 主な登場人物


ちなみに今年の印象に残ったクルマの一つはこのマツダロードスターでしょう。
うっすり笑っている様な可愛い顔も印象的でした。
マツダ新型ロードスター(ND)2015東京オートサロン
➡︎◻︎マツダ ロードスターのソフトトップを開閉してみた


一方ホンダは印象が薄い一年でした。
昨年のフィットから続いた連続リコールの影響で新車開発が滞った影響が
今年に響いてしまったのかもしれませんね。
最後に見た新型NSXのゴロゴリのメッシュグリルがカッコよかったのと、
モーターをレジェンドとは違うマウント法で、3個も積んできたのが
印象的でした。
ホンダ 新型NSX 東京モーターショー2015
➡︎◻︎東京モーターショーの新型NSX
こんなホンダはいらない

➡︎◻︎こんなホンダはいらない 日経

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEVで行く八ヶ岳ドライブ 全行程

八ヶ岳 清里〜蓼科ドライブ アウトランダーPHEV
10月の連休に行った、山梨~長野にまたがる八ヶ岳ドライブ
の全行程です。
(東京モーターショーと一緒にアップしていたので
大変時間がかかってしまいました)
清里エリアドライブ行程
➡□八ヶ岳ドライブスタート(圏央道~談合坂SA)
➡□北杜市 美味しい朝食 「にこみやさい nikomi831]
➡□EV充電スポット 道の駅 南清里
➡□清里 清泉寮
➡□清里 八ヶ岳倶楽部
➡□オーガニックカフェごぱん
➡□EV 充電スポット 道の駅小淵沢
➡□星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳




蓼科 ビーナスラインドライブ行程
➡□東急ハーヴェスト「蓼科リゾート」①
➡□東急ハーヴェスト「蓼科リゾート」②
➡□雨のヴィーナスライン(美ヶ原高原)
➡□EV充電スポット 車山高原
➡□欧州料理 アンファミーユ
➡□EV充電スポット ファミマ南諏訪IC店

アウトランダーphev 八ヶ岳ドライブ
今回は2000メートル級の高原に昇ったりアップダウンが多く、
アウトランダーPHEVのモーターパワーを活かした走りが堪能できるコースでした。
総走行距離 約600㌔ 燃費は17㌔/ℓといったところでしょうか


MMCSのマップが最新に更新されたのが実感できる
場面があったのが、うれしかったです。
アウトランダーPHEV MMCSナビ地図無料更新
➡□MMCSナビマップ無料更新


関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV今後どう乗る?(改)東京モーターショーを終えて。

東京モーターショーに次期RVR PHEVが展示されないので
いかがなものかと思っていたら三菱内部では色んな事が起きていたようで、
結局、RVR PHEVの発売は1年ではなく3年遅れた2019年になるようです
いつも三菱情報を見させていただいているi-ryujiさんのブログで良くわかりました。
➡□i-ryujiさん対象ブログへ
軽量化に課題ということですが、やはり電池だけでも200㌔合計2トン近くにもなるアウトランダーの
パワートレインを小型SUVに詰め込むのには、軽量化するのに多くの技術課題があるのだと推察します。

期待が大きかっただけにかなり残念な情報です。

アウトランダーPHEV 今後どう乗る?

もうひとつ、理解できたのは
先般日経などで取り上げられていた、三菱の新SUVはやはり2017年に発売されるようです。

三菱自動車 戦略
➡□日経「三菱新型PHV 2017発売 PHV用意」
この情報と、東京モータショーを見た感想から、
来春初めての車検を迎えるアウトランダーPHEV初号機乗りとして、
以前書いた、「アウトランダーPHEV 今後どう乗る?」を書き換えてみました。
今のところアウトランダーPHEVの「世界唯一のツインモーター4WD PHEV」
の地位は当分揺らぎそうにはありません。
東京モーターショーを見ても
スバルの新型フォレスター3モーターPHVの後退(?)や、VWグループの
不正&パワートレインの進歩が見られなかった点からも
このジャンルにおける三菱の技術的アドバンテージが際立つモーターショー
だったと思います。
(逆に、トヨタ・日産の次期電動パワートレインが注目)
➡□東京モーターショー個人的電動コンセプトカーベスト10
東京モーターショー2015 電動コンセプトカーベスト10


そういう意味でも電動SUVに興味のある方には、
新型アウトランダーPHEVは現状かなりの買いだと思います。

自分は、旧型のメタルコクーンデザインが気に入っているので
来春初めての車検を通そうと思っています。大事に乗っていきたいです。



さて、、、
今後の三菱の新車はどうなるのでしょうか
自分には次期RVRとこの「新SUV」の関係がよくわかりません。
三菱が世界で一番売っている戦略サイズがRVRです。
ここが、ジューク(日産GRIPZ)、ヴェゼル、トヨタC-HRと
ガチンコ勝負になるんでしょうね。・・・2019年では遅い気も。
そして、
三菱自動車 戦略
ここでは小型の中にRVRと「新SUV」が入っているので
アウトランダーとRVRの中間サイズなんでしょうか?
ここでは、PHVを用意とあるんですが、RVRサイズが3年延期で
一方の「新SUV」にはPHEVパワートレインがすぐに搭載できるのか?
まだまだ謎が多いので、今後の進捗を注意深く見たいと思います。
この電動車両分野、、技術進歩の仕方やクルマの開発のプロセスが
今までのガソリン車とは違っているので
どうやら世界各社もそんなに思った様には進まない
というのが現状だと思います。

そういう意味でもアウトランダーPHEVは良くも開発できたものです。
近未来のクルマを2013年から乗れた自分は幸せ
だと思う今日この頃です。


➡□アウトランダーPHEV 今後どう乗る?7月既述

➡︎◻︎書き直し2016.2月

関連記事

PageTop

東京モーターショー2015総括◯個人的 電動コンセプトカーベスト⑩ プラスα

今月少しずつ撮った写真を報告してきた
東京モーターショー2015です。
モーターを搭載したHV、PHV、EV、FCV中心に
見てきましたので、「モーター搭載コンセプト車」個人的ベスト10を報告します。
(市販が決まっている新型プリウスや、モーター搭載予定のないマツダ車は除いています。)

まずは①位から⑥位迄(➡︎は各車の記述にリンクしています)
東京モーターショー2015 電動コンセプトカーベスト10

➡︎◻︎①位 充電用エンジン搭載EV 日産GRIPZ コンセプト
➡︎◻︎②位 TNGA構造のSUV×HV トヨタC-HRコンセプト
➡︎◻︎③位 空白のSUV×EVポジション提案 三菱eXコンセプト
➡︎◻︎④位 驚きの自動運転EV 日産IDSコンセプト
➡︎◻︎⑥位 水素タンクT字マウントのレクサスLF-FCコンセプト

⑦位から⑩位迄とプラス2台
東京モーターショー2015 電動コンセプトカーベスト10
➡︎◻︎⑦位 メルセデスベンツから自動運転EVのVISION TOKYOコンセプト
➡︎◻︎⑧位 ホイールインモーター採用のFCV トヨタFCV PLUS
➡︎◻︎⑨位 アウディの新デザインPHV プロローグ オールロード コンセプト
➡︎◻︎⑩位 3モーターHV化 ホンダ新型NSX
番外
➡︎◻︎VW ティグアンにPHVを搭載 ティグアン GTEコンセプト
➡︎◻︎軽ベースEVの新提案 日産テアトロ フォー デイズ コンセプト

ということで、新型NSXは、市販が決まっているようなので対象外かも
しれませんが、正式発表前ホンダがいないのが寂しいので特別に⑩位とさせて
頂きました。
構成もHV3台、PHV3台、EV4台、FCV2台となりました。

こうしてみると2年前は、モーター搭載車はまだまだごく一部で、エンジン
主流感が強かったですが、今や次期コンセプトカーは
モーター搭載が当たり前
となってきました。時代はこの2年で一気に電動化に進みました。
もはや、単なるHVですら進歩的ではない時代到来か。

最後に今回の東京モーターショーを見ての傾向をポイントで述べます。
①正に「"モーター" モーターショー元年」電動車両花盛りです!
先述の通り。

②自動雨運転技術の進化が凄い!技術的には実現まであと少しか?
各社力を入れています。

③ヘッドライト、リアコンビネーションライトの進化が凄い!
2015東京モーターショー ライトの進化が凄い
LEDの進化によって高機能で多種多様なデザインが実現可能に

④ドアはセンターピラーレス観音開きが主流に?
2015東京モーターショー 観音開きドアがトレンド
とにかく今年は目立ちました。

⑤ボディカラートレンドはブルー系からホワイト、レッドへ、そしてメタリックシルバーに?
シルバーといっても蒸着したかのようなメタリック感の強い塗装が目立ちました。
新型プリウスが従来のエコカラー青から赤に変わったように赤い車が多く現れました。
2015東京モーターショー カラートレンドは赤とメタリックシルバーか

というような東京モーターショーでした。また2年後2017年を楽しみにしましょう。
それまで東京が、グローバルな注目都市のポジションを維持して、
世界の各企業が力を入れたコンセプトカーを出展、注力してくれるようになりたいですね。



ちなみに
ベスト10

➡︎◻︎2013 東京モーターショーEVHVコンセプトカーベスト10

関連記事

PageTop

EV.PHEV充電スポット情報 ファミリーマート 南諏訪インター店

三菱電動サポートからおくられてきたお出かけBOOKを
見て思ったのですが、
全国の充電スポットにおけるファミリーマートの貢献度は
すばらしいものがあります。

こちらは中央高速南諏訪インターチェンジすぐのファミマ南諏訪店
の充電器です。
EV充電スポット ファミマ南諏訪インター店
中央高速のPAに充電スポットがないところを
適確に埋める存在として非常にありがたいです。
双葉から諏訪湖までこの間充電器がないので
EVだったら一時降りて充電するのもありでしょう。



駐車、充電しやすさ★★★★(5満点) 


屋根なし待機場所なし(但しPスペース広い)

必要  NCS対応カード

休憩環境★★ 休憩場所はなし

2015年10月時点確認情報

関連記事

PageTop

”長いアウトランダー”「新型パジェロスポーツ2015」 タイで好調!

三菱タイ 新型パジェロスポーツ好調
最近見慣れたダイナミックシールドデザインの顔つきの
写真が日経に。
なんとタイの自動車市場全体を引っ張っているのが
「新型パジェロ スポーツ」だそうです。
よかったですね。
今年バンコクに行って、三菱のトライトンやパジェロが
非常に愛用されているのを見ました。
そして、新型は、実際カッコいいですもんね。
タイの方にもダイナミックシールドデザインが好まれたのなら
大変いいことですね。
➡□バンコク出張で見た三菱車

新型パジェロスポーツ2016
長いアウトランダーといったいでたち。

新型パジェロスポーツ2016
タイでは最高レベルの安全装置搭載。

➡□パジェロスポーツ2015 公開

これ、ニッポンでも欲しい方もいるのでは?
➡□日本のパジェロはどうなる?

三菱 スマホ連携オーディオ

➡2016欧州パジェロにスマホ連携三菱コネクトナビ搭載

関連記事

PageTop

トヨタ新プラットフォームTNGA採用の小型SUV「C-HR」16年秋日本発売!!

24日の日経一面トップ記事に東京モーターショーで展示された「C-HRコンセプト」の
写真がドーンとのってました。
何と世界戦略車としての先鞭として、
16年秋から宮城工場とトルコで生産開始!とのこと。
トヨタC-HR 16年秋 日本発売 日経
思った以上に早い発売です。
流石、新型プリウスと同じTNGAを採用しているだけあって、
開発が同時並行しているんだと思います。

SUVに合う、新型プリウスに採用された、ハイブリッド4WDのパワートレインも
当然ながら積んでくるものだと思いますし、
個人的には17年発売と言われる「急速充電プリウスPHV」の
パワートレインがのせられた「C‐HR PHV 4WD」がいずれ出ないかと期待しています。

最終的には世界で年間30万台!というとんでもない規模の
目標となっています。
唯一の懸念は、C‐HRコンセプト段階で非常にキーンなカッコいいデザインですが、
万人に受けるSUVを目指して普通のクルマになってしまうことです。

車体の外まではみ出すリアコンビネーションランプ是非残してほしいですね。


TOYOTA C-HR Concept トヨタchrコンセプト 東京モーターショー

➡□東モで見た「C‐HRコンセプト」




(・・・三菱も小型SUV急がないといけないですね。)

関連記事

PageTop

東京モーターショー2015◯三菱電気等その他ブース編◯三菱は三菱でも「三菱電機」さんのコンセプトカー

スリーダイアモンドがついたクルマが展示されていますが、
三菱自工のブースではありません、こちら「三菱電機」さんのブースです。
車載電気部品の説明の一環としてコンセプトカーの形にして展示しています
東京モーターショー2015 三菱電気 EMIRAI3 xAUTO


「予防安全(自動運転)コンセプトカー EMIRAI3 xAUTO」
「あなたを想う三菱電機の予防安全技術(Diamond Safety)」を搭載した
近未来のクルマに求められる安全性と快適性を実現し、
実際に走行できる自動運転コンセプトカー「EMIRAI3 xAUTO」を開発しました。


だそうです。
どこかで見たようなクルマですが、、

東京モーターショー2015 三菱電気 EMIRAI3 xAUTO
やっぱりベース車は初代旧型「アウトランダーPHEV」です。
上手くカスタムパーツをつけて、別のクルマのように見せています。
初代ランダーは比較的シンプルなデザインなので、カスタムするベース車両としては
良いのかなと再認識しました。
新型アウトランダーPHEVも「ダイナミックシールド顔に高度にカスタムしたクルマ」とも
言えるでしょう。

三菱グループとして電動車両の技術発展が実現するといいですね。

東京モーターショー2015 三菱電気 EMIRAI3 xDAS


「運転支援系コンセプトカー EMIRAI3 xDAS」
新開発のHMI技術・ドライバーセンシング技術・テレマティクス技術・灯火制御技術など
さらに進化した運転支援機能を集約した次世代の運転支援系コンセプトカー
「EMIRAI3 xDAS」を開発しました。


欧米系女性関係者に、ブースの方が一生懸命デモされていたのが
印象的でした。
液晶画面3面モニターは未来的!

東京モーターショー2015 エアバッグカー
こちらはエアバックメーカー豊田合成さんの
「エアバックカー」面白いですね!
「タカタ」が信頼を失っているので頑張ってほしいです。

東京モーターショー2015 コンパニオン その他

その他ブースのコンパニオンさん。
(ここだけオートサロン化してます(笑))

三菱電機 コンセプトカー 2015
→◻三菱電機コンセプトカー 記述ページに

関連記事

PageTop

今回「007スペクター」に車両協賛しているのは、ジャガー・ランドローバーなんですね。

ジャガー F-pace 007 specter
銀座のソニービルの1Fにジャガーの「F-PACE」がいたので何事かと思ったら、
来月公開の007シリーズ24作目の新作「007 スペクター」のプロモーションでした。
今回は、ジャガー・ランドローバーが車両協賛してるんですね。
ちなみにオーナーはインドのタタグループです。
この世界、お金が出るところが結果強い様です。
007 歴代作品 specter
クルマの写真を撮っていたら、ソニービルの8Fで「007」の展示も
やっているとのことなので、ちらっと見てみることに。
全作品のヒストリーがありました。
懐かしいですね。
やっぱり僕らにとってのジェームズボンドはショーンコネリーでしょう。
浜美枝さんもボンドガールで登場。
007 歴代作品 specter
ロジャームーア、ティモシーダルトンときて今のダニエルクレイグに。

007 specter 衣装
今回のスペクターの予告編もやっていましたが、
メキシコ、オーストリアでのCG無しのアクションが
凄そうでした。雪山でジャガーとランドローバーが激走
しておりました。ボンドカーの宣伝効果は抜群です。


ちなみに、イギリス諜報部員としては、
ボンドカーは英国車じゃないとまずくはないのかと
心配するのは野暮でしょうか。
後述 映画を見て
ジャガーは敵のクルマでした!
やっぱりボンドは英国製アストンマーチンに
乗ってました 2016/2

➡︎◻︎007スペクター見ました

アストンマーチン ボンドカー


➡︎◻︎アストンマーチン ボンドカー

関連記事

PageTop