PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

いろんな色に塗装されたBMW i8がいっぱい。東京オートサロン2016。

BMW i8 東京オートサロン2016
今回は東京オートサロン2016会場でのBMWの電動車両の写真を
アップします。
先ずは、BMWブースにあった「i8」(PHV)
相変わらずカッコいいです。特にこのブルーと
赤いリアランプがすごく良く合います。
BMW X1 xDrive 25i 東京オートサロン2016
こちらは、プラグインハイブリッドの「BMW X1 xDrive 25i 」
68万円ものアクセサリーを装備したwith Mパフォーマンス。

BMWコンパニオン 東京オートサロン2016
BMWブースの品の良いコンパニオンさん。

BMW i8 東京オートサロン2016エナジーコンプリートカーEVO i8
ENERGY MOTOR SPORTさんは遂にi8のパーツを発売。
カスタマイズカーを展示していました。
それがこの「エナジーコンプリートカーEVO i8」超ド派手です。

BMW i3 東京オートサロン2016 エナジーコンプリートカーEVO i3
こちらはi3のカスタマイズカー、
「エナジーコンプリートカーEVO i3」
エナジーモータースポーツ コンパニオン東京オートサロン2016
エナジーモータースポーツのコンパニオン嬢。
胸元のロゴシールに目がいってしまいます。

BMW i8 東京オートサロン2016
こちらはオートバックスブースにあったi8。
凄いカラーリング!そうかオートバックスカラーか!。

BMW i8 東京オートサロン2016
ホイールBBSさんのブースには渋い色になったi8。
このクルマ結局どんな色を塗ってもカッコ良くて目立つので
こういうイベントには最適のベース車です。

さて次のBMWの電動車「i5」はSUVスタイルで発売との噂も。
乞うご期待。

bmwi5
➡︎◻︎BMW「i5」について

→◻あまりにもカッコいいi8のカタログ

関連記事

PageTop

遂に近くで見れた!ヌメヌメボディーが凄い「MAZDA RX-VISION」

マツダ RX-VISION 東京オートサロン2016
東京モーターショーではステージの奥。
近づきたくても人が多くて近づけなかった
クルマの一つがこの「MAZDA RX-VISION」です。
今回東京オートサロン、MAZDAブースで遂に間近に
見ることができました。
マツダ RX-VISION 東京オートサロン2016
近くで見ると一層凄い超有機的ヌメヌメボディー。
昨今のMAZDAデザインが素晴らしいのが改めてわかります。
どうやって鉄板をこういう風にしているのか?と感心して
しまいます。
ポジショニングライトがヘッドライトの周りを
ボディに切れ込むように取り囲んでいるデザインが素晴らしい!。
マツダ RX-VISION 東京オートサロン2016
モーターショーではよく見れなかったリアも凄かった!
リアスポイラーが横一文字にブレーキランプの前を横切っているのは
斬新!オリジナリティー溢れます。
マツダ RX-VISION 東京オートサロン2016
樹脂の中に埋め込まれたブラックカーボンと縦一文字の
LEDがカッコいいのです。

これはこのまま公道に出てきたら大変なことになりそうなクルマです。
ロータリーエンジン搭載の噂もある大変楽しみなコンセプトカーです。
良いところを踏襲して出して欲しいですね。
マツダ ロータリーエンジン搭載EV

➡︎◻︎EVのレンジエクステンダーにロータリーエンジン!?


➡︎◻︎東京モーターショーのRX-VISION

東京オートサロン2016 コンパニオン マツダ
マツダブースはここでも真面目な雰囲気。
清楚なコンパニオンさんがカタログを配布。

関連記事

PageTop

「チャデモ CHAdeMO」方式、どうやら世界のスタンダードを確保か?

CHADEMO チャデモ 世界10000台
今から思うと、3年前にアウトランダーPHEVを購入する際に、
ちらりと脳裏をよぎったのが、充電方式にどうやら日本式と欧州式が
あるらしく、後になって日本方式はなくなってしまったりしないかどうか
という事に対する不安です。
アウトランダーPHEV 充電中

ここにきて、不安は杞憂に終わりそうなデータが。
世界の急速充電方式の2/3はベタベタの日本っぽい名前
「チャデモ」方式が確保し、その数は10000台を突破したようです。
多くの国への広がっている事実。
そして世界のEV38万台のうち、50%がチャデモで充電できるという事実。
(コンボ方式、テスラ方式よりもグローバルスタンダードになっているのが、
わかります。)
2009年にチャデモ協議会ができてから、まだ6年ですが、
この2年ぐらいで一気に日本での数が増えたのが、大きいようです。
ちなみに欧州も、コンボ、チャデモ両方が使えるマルチ充電器が
現れているようです。

CHADEMO チャデモ方式
こちらは協議会のHPです。
こちらには更に正確な世界の設置台数が表示されていました!。

どうも、技術を発明するのは上手なニッポンですが、反面
仕組みやビジネスモデル、グローバルスタンダードに仕立てて
いくことは非常に苦手としています。
今回のEV充電方式に関しては、メーカー、国を挙げての頑張りで
何だか世界基準を取れそうな予感がしますね〜。
素晴らしい!


東京五輪まであと4年。
世界一のEV充電環境を目指しましょう!。

東京五輪開催決定 目指せ!EV環境都市

➡︎◻︎祝 東京五輪開催決定!

追記
EV急速充電規格 国際標準 

➡□「何故チャデモは国際基準になりえたのか」という記事がありました

アウトランダーPHEV充電中

➡︎◻︎アウトランダーPHEVはCHAdeMO高速充電器、中速充電器どちらでも充電時間が変わらない

関連記事

PageTop

現状最も未来的PHEV? リンスピード社が出展したスポーツPHEVコンセプトカー「Etos(イートス)」

凄いPHEVコンセプトカーが
CESに出展されているのを発見しました。


独創的なクルマのコンセプトメイク、シンクタンクのリンスピード社は、
これまで数多くのスポーツカーのコンセプトカーを
ジュネーブモーターショーに出展してきたが、
今回はデジタル化された電動化スポーツカーにふさわしい舞台として
ジュネーブではなくCES 2016が選ばれた。
リンスピード社 スポーツPHEV「Etos(イートス)」


リンスピード社はスイスにあるイノベーション・ラボで
2シーター・スポーツカー「Etos」をデザインした。
アルミ製の骨格と樹脂製ボディパネルを採用したPHEVスポーツカーで、
自動運転機能を備えている。
Etosは1.5Lエンジンを搭載し駆動モーター出力は96kW、
システム総合出力は362ps/570Nmの4WDとしている。
ボディ後部のフラットな形状の大型ディスプレイ部には
なんとドローンの離着陸用スペースにもなる機能が備えられている。


リンスピード社 スポーツPHEV「Etos(イートス)」



そしてコクピットのステアリングホイールは、
自動運転モードになると自動的に折り畳まれてダッシュボードに格納され、
2人の乗員の前には大型のディスプレイが展開する。
折り畳み式のステアリングシステム、つまり
リトラクタブル・ステアリングホイールはZF TRWが提供したシステムだ。



リンスピード社 スポーツPHEV「Etos(イートス)」


これはかなりきてます。
ドローン発着所付き。
リトラクタブルステアリング。
そして遠隔操作や、斬新な液晶パネル。
充電ステーションが、
ドローンのステーションにもなっている様子。
全面がブラックアウトした
フロントフェイスデザインも実は結構斬新。
未来感抜群です。

日産 NISSAN IDS Concept 東京モーターショー

➡□日産IDSのハンドル格納モード


トヨタ TOYOTA FCV PLUS 東京モーターショー

➡□トヨタFCV PLUSのハンドル格納モード

何となくですが、自動運転モードの時には
「運転席にハンドルはいらない」
という概念が定着してきそうな雰囲気すらあります。
そして格納するには、
「操縦桿型、もしくは割れるハンドル」
になっていくんでしょうか、、、
単純にわくわくしますね~。

関連記事

PageTop

えっ?これってどこのクロスオーバーカー? 豊田自動織機「TICO CONCEPT MODEL」

東京オートサロンは、不思議なクルマを発見できる場でもあります。
見たこともないデザインのクロスオーバーカーがいるので
何かと思って近づいてみると、、、
作っているのは「豊田自動織機」さんらしいです。
豊田自動織機TICO CONCEPT MODEL 東京オートサロン
豊田自動織機TICO CONCEPT MODEL 東京オートサロン


当社は、トヨタ自動車株式会社より委託を受け、
VitzとRAV4を生産しています。
また、「自分達のクルマを自分達の力でもっと魅力的に!」
の考え方のもと、お客様の好みやニーズを先取りし、
積極的な提案を行う「わが社のViRA活動」を行っています。


ということで、Vitsのラリーカーなどを作っているようです。
そんな一環で、今回出展したのが、公道は走れないクルマの
様ですが、こちらのコンセプトカー。
「TICO CONCEPT MODEL」


クーペの持つスペシャリティ感と走りをイメージする
スタイリングに、SUVのダイナミックさ・使い勝手を付与し、
アクティブなアッパーエイジのパートナーとしての理想を
素直に表現しました。新しい走りとレジャーの方向性を提案します。



これが、結構カッコいいんです。
ロングノーズな、スポーティなイメージを醸し出しながらも、
SUVっぽい居住空間。
独創的なCピラー部や、意外に見たことのない
オリジナリティーのあるヘッドライト、リアライト周りの
デザインがマッチしていて結構いい味出してます。

トヨタが、RAV4の代わりに出してくれたら売れそうな気すらします。
ノーマークでしたが素敵なコンセプトカーに出会えました。

関連記事

PageTop

クルマの電子化、デジタル化、について。グローバルにクルマの頭脳を制されると大変!?

一昔前のクルマと言えば、エンジンンと機械部品で構成された、正に
「アナログ機械車」でした。
昨今、これが電動制御されるようになって、エレクトロデバイスがのってくる
ようになり、「デジタル電子カー」に変貌しつつあります。
「カーエレクトロニクス化の進展と課題」という大学の先生の論文があって、中に
わかりやすい図がいくつかあったので部分転載させて頂きました。

➡□参照元

クルマの電子化、デジタル化、コネクテッドカー

まずは、電子化の歴史。
80年代にはじまり、ほぼ90年代には今の機能の原型は導入されているんですね。


クルマの電子化、デジタル化、コネクテッドカー
次はどこがエレクトロニクス化されているのかが一目で
わかる図です。
ちなみにこれはガソリン車ベースの話です。
これに更に昨今では、EVのような駆動にバッテリーを使う電動車両の登場により、
駆動そのものが、エレクトロニクス化されたクルマが登場します。


クルマの電子化、デジタル化、コネクテッドカー

次に車両の電子部品のコスト比率が上がっていることがわかります
普通のガソリン車ベースでも、電子比率の向上がうかがえます。
ピュアEVになるとコストの半分が巨大リチウムイオン電池というクルマもあります。
こうなると、走る電子部品という感じでしょうか。
電子部品の納入会社が躍起になるのがわかります。

下がECU(クルマの頭脳にあたる部分です)の構造図です。


エンジンコントロールユニット(英: Engine Control Unit, ECU)とは、
エンジンの運転制御を電気的な補助装置を用いて行う際に、
それらを総合的に制御するマイクロコントローラ(マイコン)である。
エンジンコンピュータ、または単にコンピュータとも呼ばれる


これも目にあたるセンシング部分も、アクチュエーターの先の
制御する部分も拡大、進化しているわけですから、
どんどん制御する内容が複雑になってきている今では、
大変な量のデーターを、瞬時に処理しなければなりません。
プログラムの重要度が上がりますし、コストを下げるには
標準化、オープン化が必要になります。

クルマの電子化、デジタル化、コネクテッドカー
大変な時代になったものです。
テスラは、インターネットからプログラムを読み込んで、
機能をアップデートする「テスラ モデルS」を販売中。
➡︎◻︎テスラモデルSの自動運転機能アップグレード
モーターショーに登場する次世代自動運転コンセプトカーになると
「走るデジタルツール」のようなものも登場の予感です。

論文は、


①自動車メーカーや系列にとらわれない,
②各産業・科学の英知を結集した,
③国境を超えた国際的な,
④産学官が相互に協力し合った,
グローバルなオープンイノベーションが
求められる



でしめくくられていますが、
こうなるとグローバルでクルマのWINDOWSや、GOOGLE
のようなプログラム主導権を握る事を狙って競争が繰り広げられる
事になります。

自動車各社が今迄通り機械部分だけを作っていれば安心な時代からは
大きな転換期を迎えつつある今日この頃です。



トヨタ自動車は5日、米カリフォルニア州パロアルトに人工知能(AI)の
研究・開発を行う新会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」を設立したと発表した。
AIを活用し、自動運転車の実現を目指す。研究面で助言を得るため、
前駐日米大使のジョン・ルース氏を議長とする諮問委員会も設置する。(時事通信)


トヨタ様は自力でやろうとなさっているようです。


自動運転車

➡□2020年東京五輪に自動運転車は間に合う?



クルマのハッキング 遠隔操作

➡︎◻︎クルマのハッキングも現実的に?

アウトランダーPHEV 開発車 北海道 雪上試乗会

➡︎◻︎プログラムの書き換えで乗り味が変わるアウトランダーPHEV

関連記事

PageTop

スズキの新車 コンパクト×SUV「イグニス」がいきなりカスタマイズ@東京オートサロン

新発売されたスズキのクロスオーバーコンパクト「イグニス」
東京オートサロンでは既にカスタマイズされたクルマが展示されてました。
スズキ イグニス ウォーター アクティビティー コンセプト 東京オートサロン2016
スズキ イグニス ウォーター アクティビティー コンセプト 」


週末はカヌーを乗せてフィッシングポイントへ。
スマートにクロスオーバー車を乗りこなしたいユーザーに向けた大人向けのカスタマイズ車である。
マットカーキメタリックの車体色にオレンジのアクセントを加え、専用デカールで外装を仕上げた。
内装もオレンジとカーキの専用カラーを採用している。



スズキ イグニス ウォーター アクティビティー コンセプト アルト ワークス 東京オートサロン2016
<下は、アルトワークス
(1/30 訂正)失礼しました、このイグニスは非軽自動車、1.2リッター
エンジン搭載の小型車でした。>
この「IGNIS」サイドデカールは品が良くってしかも目立って
カッコいいですね!
オートサロン三菱アウトランダーPHEVのは少しやりすぎか、、
アウトランダーPHEV アクティブキャンパーコンセプト 東京オートサロン2016
↑コレ➡アウトランダーPHEV巨大デカール付

イグニスのパワートレインは、、


全車にマイルドハイブリッドとK12C型デュアルジェット エンジンを搭載し、
28.8km/L(HYBRID MG 2WD車)の優れた燃費性能と力強い走りを実現。
全車エコカー減税の対象車とした。
また4WD車には、急な下り坂や雪道などでの走行をサポートする機能を採用している。


という事らしいです。

スズキ イグニス 東京オートサロン2016
こちらもカスタマイズされた塗装と思われるイグニス。
往年のクルマ(ギャランあたりの配色)を想起させて、
レトロカッコいいです。
トランクも結構ひろいです。


三菱オートギャラリー展 ギャランGTO
➡□三菱 往年の名車ギャランGTO


東京モーターショー2015 スズキ イグニス

➡□東京モーターショーでのイグニス


遠くから見るとちっちゃい「ローバー・イヴォーク」っぽくも見えます。
新しいシルエットの軽自動車です。
レンジローバー イヴォーク2015
➡□ローバーイヴォーク2015について

関連記事

PageTop

レクサスの豪華カスタマイズカー@東京オートサロン2016

東京オートサロン2016で気になったクルマの写真をを
少しづつあげています。
レクサスも今年の東京オートサロン2016では、
目立ったカスタマイズベース車でした。
やっぱりいいクルマを買うといじりたくなる
人と変えたくなる心理が働くのでしょうか。
レクサス LX モデリスタ 東京オートサロン2016
まずは、モデリスタのブースにあった、正統派でカッコいい
やりすぎないエアロパーツ装着モデル。
レクサス LX モデリスタ」
レクサス RX モデリスタ 東京オートサロン2016
レクサス RX モデリスタ」
これもかなりいいですね~
直系列パーツメーカーがあるって羨ましいですね。
レクサス LEXUS RC F GT500仕様東京オートサロン2016
「LEXUS RC F GT500仕様」
こちらはレース仕様。
エンジンルームの中までカーボンパーツが。
レクサスGS F 東京オートサロン2016
「レクサスGS F」
運転席にすわらせてもらいましたが、
高級感は抜群ですが、レクサスに共通して
いえる事ですが、アウディのバーチャルコックピット
みたいな「未来感」がもう一息ほしいですね。

レクサス LX カスタム 東京オートサロン2016
「レクサス LX カスタム」
ピッカピカで素敵な、ダブルエイトさんチューンのブルーのカスタムLX
LXは日本ではオーバーぐらいの感のあるアメリカンサイズなんですが、
今回カスタムベースカーとしては、人気があるようでした。
GMなどを日本で買う事を考えれば非常に良いクルマだと思います。
(ただし高いですが、、、)
レクサス RX LX-モード カスタム 東京オートサロン2016
「レクサス RX LX-モード カスタム」
こちらのRX用エアロパーツもカッコいいです。
RXのジグザグ フォグランプグリルが強調されてます!
東京オートサロン2016 コンパニオン レクサス
最後はレクサスのカタログを手にニッコリ。
日本初高級車のポジションを確立しつつあるレクサスの
今後に期待。


関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV 開発中プログラムセッティング車輌 試乗記 responseから

三菱自動車が、北海道でマスコミ向けに実施した
試乗会記事が、responseさんに掲載されたので
一部を転載させて頂きました。



三菱自動車は恒例となっているSUVウインター試乗会を開催。
開発中の『アウトランダーPHEV』の試乗をメディアに解禁した。

アウトランダーPHEV 開発車 北海道 雪上試乗会

今回試乗したクルマは、開発中とはいえ新しいデザインや装置、
機構などが採用されているわけではない。
変更されているのはその中身、プログラミングを変更しているだけ。
つまり見た目はまったく変わらないのが
今回の開発中のアウトランダーPHEVだ。
アウトランダーPHEV 開発車 北海道 雪上試乗会

アウトランダーPHEVは昨年のマイナーチェンジで
内外装を変更するとともに、プラグインハイブリッドや
モーターの制御を見直している。
このマイナーチェンジで見直された前後駆動力配分の制御で
トラクションや旋回性能が向上、左右駆動力配分制御
(AYCブレーキ制御)により、旋回時のレスポンスや
リニアリティが向上している。

<中略>

アウトランダーPHEV 開発車 北海道 雪上試乗会

一方の開発車両は前後の駆動力配分の制御を変更したもの。
なによりも変わった感じがするのが、前に前へとクルマを進めること。
コントロール性がよくなったからだろう、
コーナーで足踏みするような動きではなく、
アクセル操作で少しでも前にクルマを持って行ける。
走行モードを4WDロックにすればその傾向はさらに高まる。
コントローラブルで速くなる、それが開発車両だった。

この味付けはおそらく次のマイナーチェンジや
これから登場する新しいPHEVに生かされてくるはず。
三菱の電動SUVがファンになっていくのが楽しみだ。



なるほど、今回は新型2015アウトランダーPHEVの
プログラムだけを書き換えた「開発中モデル」の
試乗で、雪上での反応の良さを体感してもらう企画だったんですね。
このクルマ、ECU(MCU)のプログラムだけを書き換えるだけで
色んな乗り味を提供できるんですね。
今回の開発中プログラム車両、ちょっと乗ってみたいものです。


➡︎◻︎response元記事はこちら

三菱 次世代SUV ラインナップ計画 2016

➡︎◻︎試乗会時に公表された三菱次世代SUVラインナップ計画


アウトランダーPHEV レビュー 雪

➡︎◻︎昨年の試乗会記事(carviewより)わかるガソリン車より反応が良い事

関連記事

PageTop

東京オートサロン2016 トーヨータイヤのショーが本格的で凄い!

東京オートサロンでは、コンパニオン嬢は、ニッコリ、ポーズをきめるだけ、
案内嬢は、カタログを配る役目と思っていましたが、
今回トーヨータイアブースを見て考えを改めました。
こちらでは、1日に何回かブース内に作られたステージでダンスショーが
行われます。(15分ぐらいのものでしょうか)
今回初めてちゃんと見てみましたが、、、、、
これは本格的!演じるのも本格的な「ダンサーさん」で、いわゆる「コンパニオン嬢」や
「レースクイーン」とは、別物でした。

東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
まずは5人で登場、衣装はSFサイバー系
東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
踊りはパフュームチック。
東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
うって変わって2人での健康カジュアル系。
東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
息があっていて素敵です。

東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
表情や動きがファニーでかわいい。

東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
またまたイメージが変わって、ゴージャスな衣装にセクシーな振付。

東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
ワイルドなダンスに戦士系衣装。

東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
最後は全員でフィナーレ。拍手。

東京オートサロン2016 トーヨータイア TOYOTIRES
開始15分前から並んでみた価値がある立派なものでした。
お見事!

トーヨータイヤ TOYOTIRES
並んでいる間に、トーヨータイヤのACミランの選手を使ったCMを
モニターでしっかり見させられるので(本田選手出演)、
広告効果も十分に思います。

Toyo a24

➡︎◻︎アウトランダーPHEV初期搭載のTOYO A24
不正免震ゴムで信用失墜の東洋ゴム。
タイヤでは頑張って欲しいです。

関連記事

PageTop