PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱中期計画を聞いてアウトランダーPHEV今後どう乗る?再度(改)

アウトランダーPHEV今後どう乗る?再度改

三菱の新車開発の中期計画を聞いて、
過去2回書いている「アウトランダーPHEV今後どう乗る?」
を書き直してみました。


今回明らかになったのが、三菱新型電動車両の発売年度です。
2016年 無し
2017年 新型小型SUV(アウトランダーPHEVとプラットホーム同じ?)
2018年 次期アウトランダーPHEV フルモデルチェンジ
2019年 次期RVR EVで発売

これによって、2013年2月から初代アウトランダーPHEVに乗っている
自分の場合は、2015型アウトランダーPHEVに乗り換える選択肢は
、よっぽどの事がない限り無くなりました。

普通であれば、次の車検に当たる2018年発売のアウトランダーPHEVの
フルモデルチェンジを待つのが筋だとは思います。
悩むのは、2017年に発売される新型小型SUV PHEVが、
メチャメチャ魅力的だった場合です。
三菱中期計画を見ると、このクルマはアウトランダー、デリカD5
と同じプラットホームになっているので、結構大きいクルマに
なると想定されます。
➡︎◻︎三菱中期計画
パワートレインが、4WDである事などが条件になるでしょうが、
「車中泊をしない。5人乗るのは年に1回ぐらい」などを考えると我が家に
ジャストな事もあり得ます。
個人的には本気で悩むぐらい、いいクルマであって欲しいです(笑)。

今年年末には、トヨタC-HR 、日産のレンジエクステンダー付き新EV、
ホンダCR-V PHV、 次期フォレスターHV やBMWi5等の状況も
判明している事だと思います。
もはや電動車両以外のクルマに乗る気がしない自分にとって、
今後、次々に選択肢が増えてくる事を期待します。

➡︎◻︎BMWi5本年発表?
➡︎◻︎次期フォレスター?スバル VISIV FUTURE CONCEPT
次期 2018 アウトランダーPHEV Mitsubishi Outlander phev next2018
次期 2018 アウトランダーPHEV Mitsubishi Outlander phev next2018

➡︎◻︎次期アウトランダーPHEV FMCはどんなクルマに?

関連記事

PageTop

本日開催の東京マラソン先導車にBMWのPHEV「BMW 330e」

東京マラソン先導車2016 BMW330e PHEV

マラソン、や駅伝の大会には、クルマのスポンサードがつきものです。
特に先導車、伴走車はTV中継がある大会では目立つので
宣伝効果が高いです。

今年の東京マラソンは、例年と同じくBMWジャパンが協賛。
i8が走った年もありましたが、今年はPHEVの3シリーズ
BMW 300e」が先導車を務めました。
このクルマのEV航続距離はマラソンコースちょっと届かずの40㎞
しかないので、エンジンを使用して先導したという
事でしょうか、、、。
BMWには、来年はCO2排出の無いクルマで参加して欲しいです。
ここは、充分出来る会社ですから。

市民レースなので抽選で、ランナーをBMWで自宅まで
送ってくれるプレゼントも実施。
日本国民に馴染もうとしていてドイツメーカーも必死です。
日本企業も負けじと頑張って欲しいですね。

BMW『330e』

➡︎◻︎BMW 330e & 225Xeアクティブツアラー日本発売

箱根駅伝2016年 新型プリウス伴走

➡︎◻︎2016箱根駅伝の伴走車は新型プリウス

関連記事

PageTop

新型パジェロスポーツが走ってるのが見れた!@バンコクは三菱がいっぱい

新型パジェロスポーツ バンコク
先日 タイバンコクに出張に行ってきました。
日本以上に日本車がいっぱい走っていて誇らしい気持ちになります。
⇒□タイ 自動車メーカーシェア
今回昨年発売した 新型パジェロスポーツが実際走っているのも
数台見かけました!
(あいにく写真は撮れませんでした。空港からバンコク市内に向かう高速道路
 にあった看板のみ撮れました)
まだ、タイにおいては珍しいLEDのポジショニングライトをつけて
比較的ほこりまみれのクルマが多いなかをピカピカで、しかも
新型アウトランダーを長くしたような最新のデザインのクルマが
走っていく姿はメチャメチャかっこよくて目立ってました!!



MITSUBISHI Thailand
タイMITHUBISHI展開のクルマたち(まだランサーもあります)と主力の
「パジェロスポーツ」「トライトン(ピックアップトラック)」
下はTOYOTAの競合車「FORTUNER」
たくさん人が乗れるクルマのニーズは高いようです。
トライトンの荷台にもたくさん人が乗ってました(それでピックアップも人気!)

三菱自動車 バンコク
移動のクルマの中から見かけた
旧型パジェロスポーツ。MITUBISHI SPACEWAGON(こんなクルマも!現在は廃止のよう)
黒い「TRITON」
その他ミラージュは走るは、アトラージュもいるわで三菱車がいっぱいでした。
三菱の中期計画で日本以外ではタイを中心とした東南アジアを意識している
意味がよくわかりました。

バンコク2016
日本と違って暖かく、食べ物もおいしいよい国です。
今後のタイを中心とした
メコン各国の経済発展に期待したいです。(日本はぜひ貢献しましょう)
但し7時間のフライトは疲れます。

➡□新型 パジェロスポーツ タイで好調


新型パジェロスポーツ2016

⇒□パジェロ スポーツ



アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー2015

➡︎◻︎タイ〜カンボジア国境越ラリーで苦戦するアウトランダーPHEV
三菱自動車グローバル 中期計画

⇒□三菱自動車中期新車開発計画



関連記事

PageTop

我が家の初期型アウトランダーPHEV 初の車検を通しました。

遂に我が家の2013年発売の初期型アウトランダーPHEV
ディーラーさんでの車検から帰ってまいりました。
(週末ドラーバーなので、走行距離は23000㌔
 1年当たりでは、前のガスランダー時代に比べて倍増近く
 たくさん走りました。しかもリコール時の代車走行除く)
電動車両の車検は初めてなのでどんなものかと
不安でした。
それなので、自分は購入時から三菱ディーラーさんで
行おうと決めておりました。


つくつく保証

自分はハーティープラスという初回車検まで
パックになっている点検プランに入っていたので
基本的な車検費用は今回いりませんでした。
但し下記のようなシビアコンディション点検
(ブレーキ分解や、エンジン下回り洗浄等)
というものをやっていただいたので、その分が
実費でかかっています。
これ以外は、自賠責と重量税1万円(エコ免税)
しかかかりませんでしたので
非常に費用負担は低い車検に終りました。
➡□ハーティー+と つくつく保障について

アウトランダーPHEV 車検

駆動用電池は、自宅ではなかなかできたかどうか
確認できない一回完全放電、リフレッシュをやっていただきました。
(スマホと同様寿命の延長につながるようです)
一方、補機バッテリーの劣化を指摘されましたが、
6万円と言われ今回はやめました
(電気が命のクルマだけに、今回唯一の不安点。
 やはりREADY状態の間は、常に駆動用から補機
 バッテリーに充電がされているので劣化が早いのか?
 これは、アウトランダーPHEVならではの長所でもあり、
 一方新たな、不安点発覚!。)
アウトランダーPHEV 補機用バッテリー

➡□PHEVバッテリー上がり(補機)について

アウトランダーPHEV 12ヶ月点検



戻ってきた愛車は洗車していただいたのでピカピカで、
コンディションも素晴らしく、ブレーキのききが良くなった
気がして3年乗った車の感じがしません。
懸念の駆動用メインバッテリーの劣化も今のところ気になりません。
次期アウトランダーPHEVが出るまで大事に乗りたいです。

MITSUBISHI アウトランダーPHEV
南伊豆 石廊崎港にて

関連記事

PageTop

PHEV鳥獣戯画 その②「PHEV 右に充電口・左に給油口」

PHEV鳥獣戯画 ②右に充電口・左に給油口

PHEVについて素人の「うさこ」にアウトランダーPHEVに
3年乗っている「ケロタロウ」が少しづつ教えていきます。
自分も3年前、乗ってみるまでは、
このクルマの事は本当にチンプンカンプンでございました。

そして、未だに最近解った事が出てくるような奥深いクルマです。
少しでもこれから電動車両をご検討なさっている方の一助に
なればと思います。

もしかして続くかもしれません。



アウトランダーPHEVの特徴をよく表している事の
一つとして、
クルマの右側にバッテリーに充電する為のコネクターを
接続する為のリッドが、
そしてクルマの左側に通常のガソリン車と同様の
給油口がついています。

プラグインハイブリッドならではの、
「エネルギー選択可能」な方式です。
しかもアウトランダーPHEVは、チャデモ方式の
急速充電に対応したソケットが標準装備で付いています
(2015仕様から)
ちなみに、急速充電に対応しているかどうかは以下の通り。
日本の電気自動車 EV PHV PHEV一覧 2016

EVsmartさんのブログに素晴らしい一覧表が
載っていたので転載させて頂きました(恐縮です)
同じプラグインハイブリッドと言っていても、
ドイツ車のものは、自宅でしか充電できないものが
多いので注意下さい。
出先で急速充電器が使えるのは、世界一の充電設備大国
ニッポンでプラグインに乗る事の大きなメリットだと
3年乗って実感します。
何せ地方の道の駅やファミリーマートでも充電できるんです!。

この素晴らしい環境に適したクルマです。
アウトランダーPHEV。
ちなみに200V充電、急速充電、ガソリン給油、
3つを備えているのは、2016年1月現在
04のBMWi3 レンジエクステンダー付きと、
アウトランダーPHEVの2台だけです。✳︎


これによっても、このクルマのユニークさが良く
わかります。




✳︎追記
2016年 年末発売予定、日産のレンジエクステンダー付き
EV。(一応新型「ノート」になるという噂です。)
2017年 発売予定の急速充電対応?のトヨタ 新型プリウスPHV
がこれに続くと予想されます。
(これも航続距離は50㎞になるものの、急速充電には
対応しないという噂もあって未確定要素多し)

関連記事

PageTop

ジュネーブで三菱の次期電動RVR 「eX concept」のパワートレインが明らかに!注目は進化系「S-AWD」

三菱 eXコンセプト EV SUV 東京モーターショー2015
東京モーターショー出展時にはあきらかに
されていなかった
三菱の、次期RVRとも言われる、ピュアEVのSUV「 eXコンセプト 」
(2019年発売予定)
のパワートレインがジュネーブモーターショーのリリースで公表されました。
(写真は東京モーターショー時小生撮影)




・次世代EVシステムは、エネルギー密度を大幅に向上させた
第二世代バッテリーと前後それぞれに配した小型・高出力モーターなどで構成し、
システム全体の軽量・高効率化だけでなく、車体側でも軽量化を徹底的に
推進することで航続距離400kmを実現します。
前後各70kW、合計140kWの力強く滑らかな、EVならではの加速感を存分に
楽しむことを可能としています。
・ツインモーター4WDをベースに、フロントはブレーキ制御、
リヤは左右のトルク移動を行う機構AYC(Active Yaw Control)を設けた
車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用しました。
これにより、左右トルク移動機構を搭載することで後輪の駆動力を自在に制御し、
意のままの操縦性と卓越した安定性を実現しています。


自動運転技術
・高速道路などで、カメラやレーダーなどの情報から周囲の状況を解析し、
自動で車両の加減速や車線の維持・変更を行う準自動走行を実現。
また、ホテルやレストランなどの駐車場で、駐車場側のシステムと車両のシステムを
コネクティッドカー技術で連携させ、すべて自動で入出庫する
自動バレーパーキングを実現するなど、先進の予防安全技術とコネクティッドカー技術を
連携させることで、安心・快適なドライブをサポートします。



注目は
進化系の「S-AWC(Super All Wheel Control)」です。
フロントはブレーキ制御、
リヤは左右のトルク移動を行う機構AYC(Active Yaw Control)を設けた

という所がアウトランダーのツインモーターS-AWDから更に一歩進めた
方式に進化したものと想定されます。
前輪はブレーキ制御は同じですが、後輪にはブレーキと書いていない
という事はもしかして機械的デフによって左右トルク制御を行うのかも???

ランエボ譲りのAYCシステムが電動になって復活するなんてワクワクします!
超期待です
2018次期アウトランダーPHEVにも採用されることを強く期待します。


アウトランダーPHEV s-awc

➡三菱S-AWDについての既述


→◻アウトランダーPHEVは何故上手くカーブを抜けられる?

三菱 eXコンセプト EV SUV 東京モーターショー2015
三菱 eXコンセプト EV SUV 東京モーターショー2015

→◻東京モーターショーのeX concept

関連記事

PageTop

カスタムカーの祭典「東京オートサロン2016」サマライズ 気になった電動車両ベスト8

東京オートサロン2016 電動車両ベスト8

東京オートサロンは、カスタムカーだけでなく
東京モーターショーに続いて最新のコンセプトカーを
展示してくれるメーカーさんもあって非常に
楽しいイベントです。
今回も、個人的に気になるモーター搭載車中心に
見て回りました。
最後に今回特に目に留まった電動車両(モーター搭載車)
ベスト8を。(➡︎で個別の記述ページに)
➡︎◻︎レクサスRXモデリスタ
➡︎◻︎新型プリウス モデリスタ アイコニックスタイル
➡︎◻︎アウトランダーPHEVアウトドアギアコンセプト
➡︎◻︎スズキ イグニスウォーターアクティビティコンセプト
➡︎◻︎トヨタ C-HR
➡︎◻︎日産エクストレイルパフォーマンスパッケージ&リーフ エアロスタイル
➡︎◻︎スバルXV HV STIコンセプト
東京モーターショーの電動車両の多さにはかないませんが、
オートサロンでも年々モーター搭載車が増えてきたのが、
実感できました。


東京オートサロン2016今年の傾向

傾向① 白×黒×オレンジ(もしくは赤)配色
はっきり流行と言えそうなのがこの色のカスタムカーです。
上記にあげたアウトランダーPHEV、エクストレイル、スバルXV。
みんなこの配色です。
デリカD5 アウトドアギアコンセプト 東京オートサロン2016
アウトドア、スポーツ感あふれる印象になります。
一方でレーシングカーの基本配色でもあるので、
かなりこの傾向が強く見られた今年のオートサロンでした。

傾向② 屋根クロ、ボンネット黒
近年のツートーンカラー塗装の延長なのですが、
ベースカラーが、白のクルマが多いためか、特に
屋根や、ボンネットを黒く塗装したクルマが目立ちました。
こちらもこれをするとスポーツ感、レーシング感が増します。
(夏は暑そうですが、、、)
VW GTI GTE 東京オートサロン2016
VW GTE

傾向③ マット塗装
今迄のパール、メタリック塗装傾向から、
マットな質感のボディー塗装車が目立ちました。
渋い(逆に新しい)印象を与えます。
マットと艶を同系色で塗り分けたクルマもあって
これは中々オシャレです。
(ツートーンに加えてこの塗装もそのうち、純正車両で
発売するメーカーが出そうな予感)
トヨタ純正用品 Sienta style Mb 東京オートサロン2016
シエンタ マット×ツヤ
横浜ゴム PORSHE 911 GT3(991)東京オートサロン2016
ポルシェ マット

傾向④ LEDの使いこなし
LED照明の進化が続いていますが、
今年も新しい試みが見られました。
個人的にいいなと思ったのが、新型プリウスのLED入り
フィンアンテナや、、、
PRIUS UP-GRADE STYLE モデリスタ 東京オートサロン2016
レクサスRXのLX−モードでのスリット状に配列したLED
レクサス RX LX-モード カスタム 東京オートサロン2016
色んなモノが出てきてます。



東京オートサロン2016 幕張メッセ
3年見ての個人的な東京オートサロン見物のコツ。
主要メーカーブースの位置は毎年同じ。
そして各ホールの奥の壁に沿って配置されている。
その為、お目当のメーカーブースを優先して、
この壁際にぐるっと先ずは一周するのが効率的です。
あまりに広くて展示車が多いので、
ホール内をグルグル回ると疲れ果てます(笑)。
自分は今年も三菱がある北ホールから入りました。

東京オートサロン2016 幕張メッセ
駐車場は、メッセのもではなく海浜幕張駅北側の、
市営地下駐車場がオススメです。
土日でも最大1000円しか取られない上に
入出庫に並びません。



最後にコンパニオンさんの笑顔で〆たいと思います。
今年もご苦労様でした!
東京オートサロン2016 コンパニオンさん
衣装もクルマと同様白が多い傾向。
東京オートサロン2016 コンパニオンさん
以前より、マスカラ控えめ口紅赤め
東京オートサロン2016 コンパニオンさん
また来年!!


東京オートサロン2015コンパニオン

➡︎◻︎2015東京オートサロンサマライズ


東京モーターショー2015 電動コンセプトカーベスト10

➡□東京モーターショー2015総括

関連記事

PageTop

東京オートサロン2016記は、 コンパニオンさん 写真アップにてそろそろ終了

一カ月に渡って、少しづつ撮った写真を
あげてきた東京オートサロン2016レポートですが、
コンパニオンさんの写真をアップする事で
やっと終了が見えてまいりました。
(コメント無しでブース名のみで掲載します
スクロールで、だんだん女性の雰囲気が変わります。)
東京オートサロンコンパニオン KUMHO TIRE
KUMHO TIRE
東京オートサロンコンパニオン デンソー DENSO
デンソー DENSO
東京オートサロンコンパニオン モデリスタ MODELISTA
モデリスタ MODELISTA
東京オートサロンコンパニオン2016 SUZUKI スズキ
SUZUKI スズキ
東京オートサロンコンパニオン2016 VW
VW
東京オートサロンコンパニオン2016 NE-STYLE
NE-STYLE
東京オートサロンコンパニオン2016 FLEX
FLEX
東京オートサロンコンパニオン2016 IDEAL
IDEAL
東京オートサロンコンパニオン2016 IDEAL
IDEAL
東京オートサロンコンパニオン2016 YOKOMO
YOKOMO
東京オートサロンコンパニオン2016
不明
東京オートサロンコンパニオン2016 KENDA
KENDA
東京オートサロンコンパニオン2016 フジツボ FUJITSUBO
フジツボ FUJITSUBO
東京オートサロンコンパニオン2016 Liberty Walk
Liberty Walk
東京オートサロンコンパニオン アイワ AIWA
アイワ AIWA
東京オートサロンコンパニオン2016 ROHANA
ROHANA
東京オートサロンコンパニオン2016 ROBERUTA
ROBERUTA
東京オートサロンコンパニオン2016 ROBERUTA
ROBERUTA
東京オートサロンコンパニオン2016 K-BREAK
K-BREAK

どんな風に雰囲気が変わったかは、わかりやすいので
ノーコメント(笑)。
後半あまりに混んできて、近づけないブース多数。
クルマも見てくださいよ!

東京オートサロン2015コンパニオン

➡︎◻︎東京オートサロン2015 コンパニオンさん集

関連記事

PageTop

三菱自動車 ジュネーブモータショーのリリースが出ました。

三菱自動車からジュネーブモーターショー
展示車のリリースが出ました。
車種は東京モーターショーに展示された
EV「eX concept」を含み、既述の通りですが、
ピックアップトラック「L200」(タイのトライトン)
小型SUV「ASX」(日本のRVR)の仕様が出ましたので
転載します。

三菱自動車 ジュネーブ2016 L200 geoseek asx geoseek concept



.コンセプトカー『L200 GEOSEEK Concept』 『ASX GEOSEEK Concept』

ピックアップトラック『L200』とコンパクトSUV『ASX』の「GEOSEEK Concept」は、
SUVらしさをいっそう強調し、アウトドア用品のギア感(道具感)を表現した、
アウトドアレジャーシーンに映えるドレスアップを施したコンセプトカーです。

(1) エクステリア
•ボディカラーはタフさを表現したソリッド調のパールグレイとし、
SUVの機能性を象徴するパーツ(フォグランプベゼル、フェンダーリップ、
アルミホイールリム、サイドガーニッシュ、テールゲートスポイラー、リヤバンパー)
及びアイキャッチしやすいドアミラーに、アクティブなイメージのオレンジを
挿し色として配色しました。
•フロントグリルにメッシュ状のインナーグリル、フロントバンパー下部に
スキッドプレートを採用したほか、自転車やキャンプ道具を搭載できる
ルーフバケットを装着し、アクティブスタイルを演出しています。
•『L200』ではルーフレールに作業灯やグリップ、『ASX』ではLEDフォグランプを
採用することで、それぞれのクルマの個性をいっそう引き立てています。

(2) インテリア
•ブラック内装をベースとし、エクステリア同様にアクティブなイメージのオレンジを
要所に挿し色として配色し、スポーツウェアのようなカジュアルでスポーティな
インテリアとしています。
•センター部には通気性のよいメッシュ素材とサイド部には滑りにくいスエード調の
生地を採用した機能性に優れたシートカバーを装着しました。



三菱自動車 ジュネーブ2016 L200 geoseek asx geoseek concept


➡□三菱 専用サイトへ

追記
ジュネーブのショーカー写真
三菱自動車 2016ジュネーブ トライトン asx RVR


ティザーで公開された下記の、写真の黒っぽいボディーカラー
がカッコいい感じでしたが、
実際は明るいいろだったんですね。
バンパー下のスキットプレートはナイス。
三菱自動車 2016ジュネーブモーターショー出展車


➡□ジュネーブモーターショー 第一報 

関連記事

PageTop

東京オートサロン2016 スズキブースに「イグニス」以外もいいカスタムカー有り。

毎年思うのですが、SUZUKIという会社は、
非常にイベントが上手でいらっしゃると思います。
常に訪れる人を楽しませようという
おもてなしの精神に満ちています。
何か新しい発見を見にわざわざ来てくれた方を
驚かせようと頑張ってます。
今回の東京オートサロンでも新型車「イグニス」が
その役割を果たしてました。
しかも「イグニス」以外も中々のカスタムカー揃いです。
先ずは人気のハスラーのカスタマイズ。
スズキ ハスラー ラフロード スタイル 東京オートサロン2016
「スズキ ハスラー ラフロード スタイル」
ペンキでわざと汚してしまったかの様なデカールがカワイイ。

スズキ アルト ワークス GP 東京オートサロン2016
「スズキ アルト ワークス GP」
バイクとセットでの提案。
ブルー×黒×イエローの配色がナイス。
カーボン製ボンネットと黒いホイールで
レース感と速そうな演出してます。
スズキ エスクード カスタム 東京オートサロン2016
「スズキ エスクード カスタム」
そんでもって、ステージの下にいたこともあって
人がいっぱいでうまく撮影できませんでしたが、
正直かなりカッコ良かったのがこのカスタマイズエスクードです。

「アトランティスターコイズパールメタリック」という
凄い名前のボディーカラーに流行のブラックツートーンルーフ。
そして各ピラーにブラック迷彩のデカールを施したクルマでした。
数々のオプションパーツを装着してあり、強化してあります。
SUVのカスタマイズカーとしては、各社が似た様な白いクルマを
展示していた中では、個人的に非常に魅力的に見えました。
やりますね〜SUZUKI。


スズキ イグニス ウォーター アクティビティー コンセプト 東京オートサロン2016
スズキ イグニス 東京オートサロン2016

➡︎◻︎東京オートサロンのカスタムイグニス

東京モーターショー2015 スズキ コンパニオン

➡︎◻︎東京モーターショー2015スズキブース

関連記事

PageTop