FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

アウトランダーPHEVで行った夏の軽井沢① かまど炊きごはん「御厨」〜「軽井沢レイクガーデン」

今年は大変暑い夏でしたが、皆さんはどうお過ごしでしたでしょうか。
小生夏休みに、愛車アウトランダーPHEVを駆って軽井沢に行ってきました。

軽井沢 かまど炊きごはん 御厨Mikuriya みくりや
初日は早朝に自宅を出て上信越自動車道へ向かい、碓氷軽井沢ICを出て
朝食をとることにしました。
着いたのがこちら南軽井沢エリアにある「かまど炊きごはん 御厨(みくりや)」さんです。
何と開店は7時15分から、8時過ぎに着いたのですが駐車場にクルマがいっぱい。既にお客様で満席。
少し待つことに。さすがお盆です。

軽井沢 かまど炊きごはん 御厨Mikuriya みくりや
横の水田を眺めていると程なく入店。

軽井沢 かまど炊きごはん 御厨Mikuriya みくりや

田んぼの中に立つ土壁の一軒家ですが、中もこのような古民家風。


軽井沢 かまど炊きごはん 御厨Mikuriya みくりや
売りは横の田んぼで作った「合鴨米」を自慢の「愛農かまど」で炊いた「かまど炊きごはん」です。


軽井沢 かまど炊きごはん 御厨Mikuriya みくりや
檜のおひつに入って出てくるごはんが主役の「卵かけご飯セット」1200円を頼みました。
ごはんが甘みがあって旨し!


水田の青さを横目に食べる至福の朝食でした。



その後は近くにある「軽井沢レイクガーデン」という公園施設に行ってみる事に。
軽井沢レイクガーデン 2018夏休アウトランダーPHEV
こちらがエントランスです。
打って変わって比較的空いておりました。

軽井沢レイクガーデン
池を囲んで作られた思った以上のすばらしい庭園です!


軽井沢レイクガーデン
ちょっと日本じゃないみたい。
林の向こうに浅間山の見えるスポットもあります。(中段左)

軽井沢レイクガーデン バラ
流石ちょっと涼しい軽井沢。遅咲きのバラが見れました。


軽井沢レイクガーデン
ゆったりした気分を味わったところで出発。
西軽井沢から佐久方面に向かうのですが、軽井沢方面が混んでいるので
一旦碓氷軽井沢ICまで戻り、再度上信越自動車道に乗って長野方面に
向かう事にしました。
続く、、、、

2018夏軽井沢 旅行アウトランダーPHEV行程 軽井沢レイクガーデン 御厨

関連記事

PageTop

クルマの撮影スポットその68 キャンプ場でクルマが撮れるスポット

アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
キャンプ場は、非常にクルマの撮影スポットとしては
素敵な場所だと思います。
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
新緑や林間とテントやタープの組み合わせは
ワイルドな自然の背景としてクルマを引き立てます。
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
こちらは御殿場「藤乃煌」さんの常設テント前
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
同じく富士山をバックに
➡︎◻︎御殿場グランピング施設「藤乃煌」
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
こちらは千葉の「THE FARM ザファーム」さんの常設テント前
➡︎◻︎千葉県グランピング「ザファーム」宿泊記
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
(こちらはデジタル後処理してます。)
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
山梨県ふもとっぱらキャンプ場で
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
同夜景をバックに
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
キャンプ場ではSUVの大きなリアラゲッジと雨よけにもなるゲートは大変重宝です。
アウトランダーPHEV キャンプ場 Mitsubishi Outlander phev camp
最後は栃木県ツインリンクもてぎキャンプ場




撮影場所のカッコ良さ★★★(5★満点)
撮影環境★★★★ クルマでの場内乗り入れが可能であれば良い写真が期待できます。



➡︎◻︎クルマの撮影スポット栃木キャンプラビットキャンプ場、静岡不動の滝キャンプ場他

➡︎◻︎クルマの撮影スポット 静岡西富士キャンプ場
➡︎◻︎クルマの撮影スポット 静岡ふもとっぱらキャンプ場

関連記事

PageTop

日本で買える輸入車PHEVについて、、「肉食系ハイブリッド?」

日本で買える輸入車のプラグインハイブリッドカー
がお値段の目安までついて乗ってましたので紹介します。



ドイツ車を含む輸入車のプラグインハイブリッドは、輸入車のエンジンでは主流となっているダウンサイジングターボに、極端に表現すればそのままモーターと大容量バッテリーを加えた成り立ちが多い。エンジンは日本車のプラグインハイブリッドのような高効率化(≒低燃費化)されておらず、バッテリー容量も日本車のプラグインハイブリッドほど多くないことが多い。そのためEV走行可能距離やハイブリッドカーになった時の燃費は日本車に及ばない傾向だ。

 この違いはプラグインハイブリッドがそれなりのEV走行距離を持つことに着目し、EV走行距離と1リッターの燃料で走れる距離で計算される燃費を向上させ、日本車の「EV走行距離が長いハイブリッドカー」に対し、輸入車は「EV走行もそれなりにできて、動力性能も高いハイブリッドカー」というコンセプト、考え方の違いによるものだ。たとえるなら同じプラグインハイブリッドでも草食系の日本車と、肉食系が多い輸入車といったところだろうか。

VW Golf ゴルフ パサートPHEV

フォルクスワーゲン(VW
・ゴルフGTE(464万円~、EV走行可能距離45.0km)
・パサートGTE(528万9000円~、EV走行可能距離53.3km)
・パサートヴァリアントGTE(548万9000円~、EV走行可能距離49.6km)
 VWのプラグインハイブリッドは1.4リッターターボ+6速DSGに1つのモーターを組み合わせる。走行モードには通常のハイブリッドモードに加え、エンジンとモーターのフルパワーを発揮するGTEモードもあり、GTEモードではゴルフGTEが204馬力、パサートは218馬力というシステム出力になり、爽快な加速を楽しめる。
VW Golf ゴルフ PHEV パワートレイン

 それでいながら3台とも約50kmのEV走行可能距離とリッター20km近いバッテリーが尽きた後のハイブリッド燃費を備えるというのは、価格に納得できるかはともかくとして、日本車も含めなかなかバランスの取れたプラグインハイブリッドといえる。



BMW&ミニ
・i8クーペ(2093万円〜、EV走行可能距離54.8km)
・i8ロードスター(2231万円、EV走行可能距離54.8km)
 BMW&ミニは日本車も含めてプラグインハイブリッドに非常に熱心なメーカーで、ラインアップも多い。
BMW i8 クーペ ロードスター PHEV

 BMWで未来的なクルマ作りを担当するi部門は、電気自動車とレンジエクステンダー(EVが軸足で、バッテリーが尽きた後シリーズハイブリッドとして使えるハイブリッドカー)を持つi3と、プラグインハイブリッドのスーパーカーであるi8をラインナップする。
新型BMWi3 2016

 i8はカーボンとアルミを部分によって使い分けたボディ構造、斜め上方に開くドア、ミッドに6速ATと組み合わされる1.5リッター3気筒ターボ(231馬力)、フロントにモーター、センタートンネルにバッテリーを搭載するなど、すべて未来を強く感じさせる4WDのスーパーカーである。パフォーマンスも0-100km/h加速4.5秒、最高速250km/hとスーパーカーに相応しく、それでいながらEV走行可能距離に加えハイブリッド燃費もJC08モードで15.9km/Lと良好で、銀座のような大通りを流すのも似合う独自のポジション、キャラクターを持つエコなのに肉食なスーパーカーに仕上がっている。

・225xeアクティブツアラー(535万円〜、EV走行可能距離42.4km)
・ミニクーパーSEクロスオーバーオール4(498万円、EV走行可能距離42.2km)
BMW 225ex アクティブツアラー mini ミニクーパーSEクロスオーバーオール4

 この2台はそれぞれBMWグループが持つFFプラットホームを使い、2列シートミニバンの2シリーズアクティブツアラーと文字通りクロスオーバーのミニクロスオーバーというキャラクターを持つ。この2台はプラグインハイブリッドシステムも共通で、システムを大雑把に言えばi8のプラグインハイブリッドシステムの前後を逆にしたような形で、フロントに6速ATと組み合わされる1.5リッター4気筒ターボ(クルマの性格を考慮し136馬力)、リアに駆動と回生制動を行うモーターを搭載する4WDでもある。

・330e iパフォーマンス(610万円〜、EV走行可能距離36.8km)
・530e iパフォーマンス(825万円〜、EV走行可能距離52.5km)
BMW 330e iパフォーマンス 530e i パフォーマンス

 それぞれ2リッター4気筒ターボにトランスミッションの中にインストールされたモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドで、フルパワーでは252馬力というシステム出力を発揮し、以前の328iと528iの後継モデルでもあるのに相応しい動力性能も備える。330eiのEV走行可能距離はプラグインハイブリッドとしては短いが、530eiは納得できるレベルとなっており、とくに530ieのプラグインハイブリッドとしてのなかなかのバランスといえる。

・740e iパフォーマンス(1093万円~、EV走行可能距離42.0km)
・X5 xDrive40e(992万円~、EV走行可能距離30.8km)
BMW 740e iパフォーマンス・X5 xDrive40e
(上X5 下740e)
 メルセデス・ベンツSクラス級のビッグセダンの7シリーズ、ラージSUVのX5というまったく違うクルマであるが、X5は4WDとなる以外は共通のプラグインハイブリッドシステムを持つ。

 そのプラグインハイブリッドシステムは2リッター4気筒ターボ+モーターとなり、モーターは共通ながらエンジンは740eiパフォーマンスが258馬力、X5 xDrive40eで245馬力に強化され、システム出力も740eiパフォーマンスが326馬力、X5 xDrive40eで313馬力に向上し、車名の「40」の部分通り4リッターガソリン車並みの動力性能も備える。また740e iパフォーマンスは、プラグインハイブリッドであることが運転手付きのショーワードリブンとして使われる際のイメージにも有利に働くだろう。
➡︎◻︎元記事に



ドイツの電動車両はBMW i3、i8以外は電動車両かどうか
外観ではわからないクルマが殆どなので、
どれ程売れて実際走っているか皆目ピンと来ません。

関連記事

PageTop

ガスランダーもMC、しかしエクリプスクロスがある今となっては、、、、

アウトランダーPHEV2019モデルの発売に伴い
ガスランダーもMCされました。
内容は下記の通り



三菱自動車工業は8月23日、ミッドサイズSUV「アウトランダー」の一部改良を行ない発売した。価格は266万8680円~335万6100円。

 今回の改良では内外装デザインの変更、快適性の向上、走行時の質感を高め、より上質なSUVへと進化させた。また、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」と誤発進抑制機能(前進および後退時)を標準装備し、全車「サポカーSワイド」に該当している。


アウトランダー ガスランダーMC 2018


20M 直列4気筒SOHC 2.0リッター 6速スポーツモードCVT 2WD(FF) 2,668,680円
20G 2,805,300円
20G Plus Package 3,083,940円
24M 直列4気筒SOHC 2.4リッター 4WD 2,940,840円
24G 3,077,460円
24G Plus Package 3,356,100円

 まずデザインについて、エクステリアではヘッドライト内部のデザイン変更とともにハイビームにLEDを採用したほか、ラジエターグリル、フロントスキッドプレート、リアスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更し、質感を向上。また、空力性能を向上させるリアスポイラーを「G Plus Package」に追加し、機能性も高めた。

 インテリアでは、オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更したほか、ロアコンソールやインパネ、ドアトリム部のオーナメントパネルに高級感のあるデザイン柄を採用(本革シートのオプション選択時)し、シート、ドアトリム、コンソールアームレスト、メーターフード、ステアリング、シフトノブにシルバーステッチを施すことでさらに上級感を高めた。S-AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)の作動状態を示すメーター表示も変更され、視認性を向上させている。

 また、フロントシートはサイド形状を変更するとともに、サポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることでホールド性を向上。メーカーオプションの本革シートには、上質なスムースレザーを採用することで質感を高めている。

 そのほか、後席用エアコン吹き出し口をフロアコンソール後部に追加するとともに、運転席から全席の窓をワンタッチ操作でオート開閉できる機能を新採用。挟まれ防止機能も合わせて全席のパワーウィンドウに採用した。

 一方、走行性能については前後席ドア、ラゲッジルームの開口部、リアホイールハウスのボディパネル接合部に構造用接着剤を塗布し、パネル同士の接合面積を増やすことで車体剛性を強化。また、前後のショックアブソーバーをサイズアップするとともに、減衰力特性を改良することで上質な乗り心地と高い操縦安定性を両立させた。さらにステアリングギヤ比をクイック化し、それに合わせた電動パワーステアリング制御を適正化することで、操舵時の質感向上と素直な応答性を実現したという



2012年末、第二世代ガスランダーが発売になり、
翌年始に派生車として初代アウトランダーPHEVが発売されたことを
考えると
5年半が経過して完全に主従が逆転しました。


アウトランダーPHEV 2014 マイナーチェンジ

➠□2014年初めてカタログが別になってわかりやすくなったアウトランダーと同PHEV

初期型を乗っている人間から見ると感慨深いものがありますね。
ガスランダーはエクリプスクロス発売で更に影が薄くなってしまいましたね。
3列シートがどうしても欲しい人向けという位置づけでしょうか。
しかしそれだったら来年のデリカD:5FMCを待った方が、、、


昔だったらめんどうくさいのでガスランダーを売っていたセールスさんも
多かったと思います。
しかし今は、補助金も加味するとあと80万円程度出す価値はあると、
PHEVをお勧めするディーラーさんも多いと思います。

アウトランダー 2015 USA

➠□現行のガスランダーには2015年には北米等で2.4Lエンジンがのっていました

関連記事

PageTop

大ヒット三菱「エクスパンダー」潰し?ダイハツから「テリオスカスタム」インドネシアで発売

トヨタグループえげつないですな。
三菱東南アジア快進撃の立役者「エクスパンダー」
にそっくりな7人乗りSUVをダイハツからぶつけて来ました。



ダイハツは、8月ジャカルタで開催される「ガイキンド(インドネシア自動車工業会)インドネシア国際オートショー2018(GIIAS 2018)」=インドネシアモーターショー2018に、コンパクトSUV『テリオスカスタム』などを出展する。
ダイハツ テリオスカスタム インドネシア

テリオスカスタムは、2017年11月発表の本格7人乗りコンパクトSUV「テリオス」をベースに、前後バンパーやサイドロア部分へアクセサリーパーツを追加したスポーティ仕様。GIIAS2018会場で初披露、インドネシア国内での受注を開始する。




まあ2億人いる大市場ですから
各社必死です。
日本より儲かります。
三菱 新型MPV エクスパンダー Xpander インドネシア


改めてそっくりじゃあないですか!!
日本車同士のパクり合い久々に見た気がしました。

三菱エクスパンダー輸出開始 インドネシア

➡︎◻︎三菱回復の鍵エクスパンダー

三菱 新型MPV MITSUBISHI EXPANDER エクスパンダー

➡︎◻︎三菱エクスパンダー 大ヒット!




ジャカルタ インドネシア 三菱エクスパンダー xpander


➡︎◻︎小生ジャカルタ出張時にエクスパンダーに遭遇

続きを読む

関連記事

PageTop

アウトランダーPHEV2019モデル発売で新たに分かった事 HV燃費は若干悪化等、、、。

アウトランダーPHEV2019モデル
今週から遂に英国に続いて、日本でもアウトランダーPHEV2019モデルが発売になりました。
関係者の皆様おめでとうございます。

アウトランダーPHEV2019モデル
今回の最大の改良ポイントは、PHEVパワートレインシステム全体の刷新です。
これには内燃機関エンジンを従来の2リッターから、2.4リッターに
格上げして「よりEV走行寄りにレベルアップ」した事と一見矛盾した様に
思える事を達成しています。
(この辺の解説は過去記述の各ジャーナリスト評ををご覧ください)

アウトランダーPHEV2019モデル

➡︎◻︎排気量アップなのにエンジンは裏方に


三菱アウトランダーPHEV2019モデル Mitsubishi Outlander phev 2019

➡︎◻︎乗ってる人にはピンとくる「エンジン拡大でEVらしく」


個人的には遂にアイミーヴから転用していた明電舎製リアモーターを
アウトランダーPHEV専用品にした事が一番羨ましく思います。

HV燃費はJC08モード(国土交通省審査値)18.6km/Lとなっています。
ちなみに燃費不正事件前のアウトランダーPHEVのHV燃費が20.2㎞/リッター
から19.2㎞に下方修正されました。それよりも若干悪いものになっています。
充電すればEV走行の比率を上げて走れます。総合的なPHEVとしての効率性を優先という
事と理解します。
➡︎◻︎燃費不正によるHV燃費の下方修正について

アウトランダーPHEV用明電舎モーター

➡︎◻︎アウトランダーPHEVの明電舎製モーターについて

アウトランダーPHEV2019モデル
これによって、スノーモード、スポーツモードも増えて
よりSAWDが進化したことは非常に素晴らしく思います。
来年出るデリカD5 PHEVにもこれが搭載されると予想されます
楽しみですね。
アウトランダーPHEV2019モデル
インテリアも基本構造のデザインは一時代前感を払拭できていませんが、
個人的には過去の改良の中で一番好きな質感に改良されています。
特にダッシュボード、ドアトリム周りそして純正のシートパターンは
今までで一番素敵です。

アウトランダーPHEV2019モデル レッドメタリック S - edition
グレードとボディカラーは昨年の継承でした。
勝手にに予測したエクリプスクロス用に開発された有料色の「レッドダイヤモンド」は
採用されませんでした。残念。

三菱エクリプスクロス ダイアモンドレッド

➡︎◻︎エクリプスクロス用新色レッドダイヤモンド
アウトランダーPHEV2019モデル スターリングシルバーメタリック
(スターリングシルバーメタリック×ブラックマイカ)
最高グレードS -Editionはツートーン塗装になった時に、
今回採用の大型リアスポイラーが目立って素敵です。
(今まではせっかくツートーンなのに天井だけなので上から見ないとよくわかりませんでした)
ブラックホイール(実際には高輝度ダークシルバー)もカッコいいですね!
この2点は非常に羨ましく思います。

アウトランダーPHEV2019モデル クオーツメタリックブラウン
こちらは通常グレードのクオーツメタリックブラウン。
アウトランダーPHEVはスバルが得意とするブルー系の色が無いので
次期FMCでは検討して欲しいですね。
(初期型のテクニカルシルバーと廃止色になってしまった
コズミックブルーマイカは希少品になってしまいました)

アウトランダーPHEV コズミックブルー レッドメタリック


➡︎◻︎初期型のボディカラー

アウトランダーPHEV2019モデル
いずれにしても一度ショールームで実車を見てみたいです。
(ナイトショールームはエクリプスクロスの様な完全なる新車には
適してますが今回のような乗って&見てみないとわからない改良には
向かないかもしれませんね)


三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較
三菱アウトランダーPHEV2019 vs 2017比較

➡︎◻︎アウトランダーPHEV2017モデルVS2019モデル比較


次期アウトランダーPHEV FMC2020までのスケジュール 経緯&予測

➡︎◻︎アウトランダーPHEV2019モデル発売までの経緯

関連記事

PageTop

ギョーム・カルティエ(三菱自動車専務執行役員)はポスト益子氏三菱CEO?



三菱自動車の次期CEO?ゴーン流の「伝道者」がメディア初激白
ギョーム・カルティエ(三菱自動車専務執行役員(グローバルマーケティング&セールス担当))特別インタビュー」
という記事が週刊ダイアモンドに掲載されました。




今年4月、三菱自動車の海外販売の最高責任者に、専務執行役員のギョーム・カルティエ氏(49歳)が就いた。日産自動車から送り込まれたこのフランス人が、日本のメディアで初めて本誌の取材に応じ、三菱自変革の狙いと展望を明かした。(「週刊ダイヤモンド」編集部 重石岳史)

Guillaume Cartier/1969年生まれ。95年仏エセック・ビジネススクール(ESSEC)卒業後、日産自動車に入社。欧州日産の販売担当副社長などを歴任し、2017年三菱自動車常務執行役員。18年4月より現職。




ギョーム カルティエ 三菱自動車執行役員







ギョーム・カルティエ氏
燃費偽装発覚に揺れた三菱自動車の社員に対し、カルティエ氏は「自信」を取り戻すよう鼓舞する Photo by Masato Kato

「私の日々の業務の大部分が、アライアンスのことで占められている。例えば部品を共同調達できないか、あるいは物流やマーケティング、販売金融を一緒にしてコストを下げることはできないか。お互いが違うブランドでありながら、規模の恩恵をいかに享受するかを常に考えている」

 カルティエ氏からすれば、三菱自は年間販売台数100万台規模の小メーカーでありながら、電気自動車やプラグインハイブリッド車を先駆けて世に送り出した「アブノーマル」な会社だ。

 その会社が1000万台規模のアライアンスの一員になったことで、開発以外でもさまざまなビジネスの選択肢が広がる。例えば米国の自動車関税が引き上げられれば、米国販売車の全てを日本から輸出する三菱自への打撃は甚大だが、アライアンス企業の米国工場で三菱車を生産することも選択肢になり得る、と明かす。
ルノー日産三菱アライアンス

 最後にカルティエ氏をめぐって取り沙汰される、ある観測について聞いた。それは、益子CEOの後継者としての野望だ。15年以上かけて日産を立て直したゴーン氏と同様、日本に経営者として長く在住する覚悟はあるのか、との問いにカルティエ氏はこう答えた。

「実は家族を呼び寄せている。日本に住んで1年以上になるが、私も家族もハッピーだ。質問に対する答えは、イエスだ」


➠元記事 週刊ダイアモンド


なんだか、ゴーン氏が送り込んでくるのは、
COOのトレバー・マン氏といい何故か、
「スキンヘッドのマッチョタイプ」なのは偶然なのでしょうか?。

こういう人が来ると言うことを聞かなければいけない気が
しそうなのは日本人のコンプレックスかなあ。

三菱CCO トレバー マン氏

➡︎◻︎三菱COO トレバー・マン氏

関連記事

PageTop

「アウトランダーPHEV」の2019年モデルのWebのライブ配信「NIGHT SHOWROOM」を、8月24日~実施

今晩から三菱本社ショールームからライブ配信があるそうです。



三菱自動車工業は、今夏の発売を予定している「アウトランダーPHEV」の2019年モデルを紹介するWebのライブ配信「NIGHT SHOWROOM」を、8月24日~9月29日の期間に実施する。NIGHT SHOWROOMが行なわれるのは期間中の金曜日と土曜日の21時~24時。
アウトランダーPHEV2019 ナイトショールーム

 NIGHT SHOWROOMは、スマートフォンやPCなどから見ることができるWebのライブ配信を通じて、ゲストとして登場するエンジン、デザイン、インテリアそれぞれの開発担当者やモータージャーナリストに直接チャットで質問できる、“自宅でゆっくりディーラー体験”が可能なデジタルショールーム。
アウトランダーPHEV2019 ナイトショールーム

 また、MCが装着したウェアラブルカメラがユーザーの目の代わりとなり、リクエストに応じてエクステリアやインテリアの細部を確認することも可能。NIGHT SHOWROOMのライブ配信中にピックアップできなかった質問は、後日Webサイトに回答が掲載されるという。

アウトランダーPHEV2019 ナイトショールーム




➠□三菱公式HP


エクリプスクロスで成功したということでしょう。
期間中にのぞいてみましょう

東京オートサロン2018 三菱エクリプスクロス カスタム

➠□三菱エクリプスクロス予約開始 2017年末

関連記事

PageTop

経産省の「2050年に電動車100%へ」取組案

日本政府も欧州各国に遅ればせながらやっと電動車両化のビジョンを示した。



経済産業省は2018年7月24日、「自動車新時代戦略会議」の第2回を開催し、2050年までの長期目標に向けた基本方針と今後5年間の重点取り組みについて中間整理案をまとめた。

 2050年のゴールとするのは、日本車で世界最高水準の環境性能を実現し、1台当たりの温室効果ガスの排出を8割程度削減することだ。新車販売の100%を電動車にすれば、乗用車の温室効果ガスは9割程度削減できると試算している。海外の一部の国が採用している電動車の導入義務を日本でも課すのではなく、普及目標と整合が取れる水準の企業平均燃費の達成を促す考えだ。
経産省の「2050年に電動車100%へ」

 (中略)

2030年に向けてEVPHEVを急速に普及させる。写真はホンダの「クラリティ PHEV」(クリックして拡大)
 自動車新時代戦略会議は、日本は世界で最も電動化の進んだ国の1つと位置付ける。2017年の新車販売に占める電動車(※1)比率は、ハイブリッド車がけん引して31.6%だった。米国(電動化比率4.0%)やドイツ(同3.0%)、フランス(同4.8%)に大差をつけている。新興国も電動化比率は中国で3.0%、タイが2.7%、インドが0.03%と低い水準だ。

(※1)ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)の4つ。

 2050年までの長期目標に向けたマイルストーンとして、2030年には電動車を含む「次世代自動車」(※2)の新車販売に占める比率を50~70%に増やす。新車販売のうち、HVが30~40%、EVとPHEVが20~30%、FCVが3%、クリーンディーゼル車は5~10%という内訳だ。2017年の新車販売のうち、EVは0.41%、PHEVは0.82%にとどまったことを考えると、2030年に向けてEVとPHEVを急速に普及させる方針だといえる。

(※2)電動車にクリーンディーゼル車が加わったもの。

経産省の「2050年に電動車100%へ」

 電池をはじめとする電動化に関する技術力や産業、人材の厚みについて、日本は世界トップレベルにあるとしている。電動車のコア技術である電池やモーター、インバーターは電動パワートレインの種類を超えて共通するため、これまで培ってきた経験や技術力を最大限に活用して世界をリードすべきだとした。

(中略)

 全固体電池は、現在1kWhあたり3万円の電池パックコストを1万円まで下げる目標だ。革新型蓄電池では、2030年ごろまでにバッテリーの密度を現在の150Wh/kgから500Wh/kgまで高め、燃料電池セルはスタックの価格を2025年ごろまでに現在の4分の1に下げるなどの目標が立てられている。




IEAクルマ電動化の技術普及シナリオ
IEAが示したシナリオを前倒しして達成する計画という事でしょうか。

日本の場合単純なハイブリッドHVの普及が進んでいるので
逆にPHEV、EVに落ちてこないというジレンマがあります。

今の異常気象を抑制することができるとしたら、
世界中で取り組まなくてはいけないのかもしれません。


フランス 仏 2040年にはガソリン車は販売中止

➡︎◻︎フランスでは純粋ガソリン車2040年販売停止へ





自動車の電動化予測と 自動車各社の電動化目標


➡︎◻︎EV大転換 2017年夏の日経新聞取材

関連記事

PageTop

韓国KPOPガールズグループの「Apink」がデビュー後7年でも頑張っている!

自分は妻の影響でKPOPを見聞きする様になりました。

最近ではTWICEの活躍などで、再度日本でもKPOPが
注目されていますが、自分が今回紹介するのは
デビュー7年になる「A pink」です。



Apink (エーピンク、ハングル:에이핑크)は、韓国の6人組女性アイドルグループである。2011年4月19日デビュー。Plan A Entertainment所属。コンセプトは妖精。グループ名の由来は最上級のAに少女らしさのpinkを合わせてApinkとなった。
メンバーは全員20代であり最年長のリーダー、チョロンが27歳になっている。




当初は「妖精」のコンセプト通り、年の割に大人っぽいKPOPの中では、
2011年のデビュー曲「I don’t know (知らない)」はあまりのピュアさに衝撃でした。

7年比較的コンセプトキープで人気を維持してきたA pinkですが、
先月から現地韓国で発表した新曲「I’m so sick」はあまりのイメージに違いに衝撃です。
かなり大人っぽくってもはや「妖精」から「大人の妖精」に。
(それでもA pinkはやっぱり「妖精」の様な気はしますが)

Apink (エーピンク) Aピンク 2011vs2018比較
狙ったのかどうかはわからないですが、、
曲名も「I〜」で始まる再デビューの様な意気込みでしょうか。

Apink (エーピンク) Aピンク 2011vs2018比較
メンバーの7年前と最新曲を比較してみると。
皆さんおキレイになっているのがわかります。

Apink (エーピンク) Aピンク 2011vs2018比較
あどけなさが残る10代と今。

Apink (エーピンク) Aピンク 2011vs2018比較
特にボミ、ウンジの2人は変わってますね。

Apink (エーピンク) Aピンク 2011vs2018比較
デビュー曲のオマージュか?!
後半の盛り上がり部分でメインボーカル ウンジ嬢が歌っている周りを
囲んで全員が踊るのが同一。
ナウンのパートから始まり、
サビをボミ〜ウンジで締める構成もデビュー曲通りでは無いですか!




Apink (エーピンク) Aピンク 2011vs2018比較
この7年を経た「変化」と、「同一性」お時間がある方は
ご覧ください。
➡︎◻︎YouTube『apink I don't know』2011

➡︎◻︎YouTube 『apink I’m so sick』2018


Kpop Apink ユギョン
ちなみにデビュー曲後直ぐに1名メンバーが脱退しています。
ユギョン嬢

TWICE dahyun(Korea)× Rika ADachi(Japan) 足立梨花 ダヒョン似てる


→⬜twiceダヒョン嬢と足立梨花嬢が似ている


kpop

→⬜2013年に注目したkpopガールズグループ

関連記事

PageTop