FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱新型軽SUV「ek X(クロス)」の力の入れ方が凄いかも

三菱 eK X ekクロス 軽SUV CM 竹内涼真
三菱、日産との共同開発による軽自動車新型ekが発売されました。
その派生車として追加されたSUV仕立ての「eK X」が非常にアグレッシブに
プロモーションされています。

三菱 eK X ekクロス 軽SUV
こちらが仮面ライダードライブの
俳優竹内涼真さんを起用したTVCMです。

三菱 eK X ekクロス 軽SUV
代表色サンドイエローメタリックを
強烈に印象づける広告です。


三菱 eK X ekクロス 軽SUV
前編『黄色×黒』

三菱 eK X ekクロス 軽SUV


強烈なインパクトで「X(クロス)」が印象深く残ります。
エクリプスクロスよりも「クロス」の打ち出し方が上手いですね。
「ecripse cross」も「ecripse X 」にすればよかったかも?。

三菱 eK X ekクロス 軽SUV ツートン ボディカラー
今回ボディーカラーも積極的!
ツートンだけでも5パターンもあります!
アイボリー×オレンジなどは独創的ですごく目立つかも?!
三菱ek x アイボリー×オレンジ ツートーン

デリカD5が全部モノトーンしかないのと対照的。
三菱新型デリカD:5 2019モデル予約用カタログ

➡︎◻︎新型デリカD5のボディーカラー

三菱 eK X ekクロス 軽SUV オプション
そしてメーカーオプションも頑張っています。

三菱 eK X ekクロス 軽SUV オプション
アウトランダーPHEVオーナーから見ても羨ましい充実の
ディーラーオプションのバリエーション。
このクルマ意外に軽カスタムカーのベース車として楽しいかも
しれません。
三菱の元気の象徴になる様な予感もしてきました。



➡︎◻︎三菱公式HP


三菱新型ek x ekクロス 日産
→⬜デリカD5より強烈 三菱ek X(クロス)

関連記事

PageTop

妙義山~軽井沢ドライブ旅行②横川釜めし編

愛車アウトランダーPHEVで行った妙義山~軽井沢ドライブ旅行
その②今日は横川釜めし編
横川釜飯 おぎのや
群馬県JR信越本線の終点駅、横川駅です。
昔はここから軽井沢までアプト式鉄道が走っていたのですが今はありません。
廃線のレールの上を走っている電動車両アウトランダーPHEVの珍しい写真です。

横川釜飯 おぎのや
創業130年峠の釜めし発祥の地「おぎのや本店」さんで遅めの朝食をとることに
(この日は9:00-開店)

横川釜飯 おぎのや
店内はこんな感じ。
メニューはシンプルです。


横川釜飯 おぎのや
来ました!こちらが釜めし。プラスチック容器に香の物が。
どの具から食べるかはお好みで(あんずが最後が定石?)

横川釜飯 おぎのや
益子焼のお釜は持ち帰れます(ビニール袋をいただけます)
自宅で一合のご飯が炊けるそうです。


横川釜飯 おぎのや
通りの向かいにある小さな釜飯博物館にあった昔の販売台車と
歴代の掛け紙。
昔は色々な色があったんですね。
ご馳走さまでした。

続く、、、

関連記事

PageTop

日産リーフe+発売でも盛り上がりは?「EVが流行らない、本当の理由」

日産リーフe+が発売されて、EV航続距離はお買い物カーとしては
充分随分安心ゾーンに近づいてきました。
しかし改めてEVの普及を妨げる本質的理由をついた記述を紹介します。



(前部略)
新たに追加された「リーフ e+」を担当する日産EV事業部の関係者は、日本でEVがなかなか流行らない理由について、次のように答えました。
日産「リーフe+」

EVの車両価格が従来のガソリン車にまだ対抗できていないこと。また(ユーザー側の)EVの技術に対する(航続距離を含む)信頼性。そして、充電方法が面倒だというイメージがあるのではと思います」

 航続距離については、「リーフ e+」のようにガソリン車並みに走れるようになりました。今後は、電池の研究開発がさらに進み、バッテリー容量をさほど大きくしなくても、航続距離を伸ばすことが可能になるはずです。

 充電インフラでは、街中や高速道路などにさまざまな場所に設置され、全国に約3万基まで増加。EVと充電器は“鶏と卵”の関係をいわれるように、双方が増えていくことで相乗効果が生まれ、さらに充電器が増えることで、EVの販売台数も増えると予想できます。

 また、急速充電も将来的には大出力化される可能性が高く、そうなると充電時間が大幅に短縮される可能性があります。そして、新車価格は「リーフ」の場合、バッテリー容量40kwhでのエントリーモデルが324万円、そして「e+」は416万円とやや高い印象ですが、これらも販売台数が増えることでの量産効果で今後、価格が下がるはずです。





EVが流行らない、本当の理由
 EVが流行らない各種の理由以外に“本当の理由”があると、筆者(桃田健史)は考えています。これまで、世界各地でEVに関する取材をしてきましたが、そうした経験に基づく私見としご紹介します。
日産「リーフe+」

 第一は、自動車メーカーがEV車の販売に本気になっていないことが挙げられます。2019年2月時点で、EVの製造と販売が多い自動車メーカーは、世界中で日産とテスラだけで、両社ともEVの大量生産に乗り出したのは2010年代に入ってからです。

 なぜ、その他の自動車メーカーはEVに本気ではなかったのでしょうか。それは、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど、内燃機関と呼ばれる原動機の製造コストが、EVのモーターやバッテリーと比べるとかなり安いということが理由といえます。

 自動車メーカーとしては、内燃機関を少しでも長く作り続けることで、製造コストを安く抑えたいという意向が強いため、内燃機関にモーターを追加するハイブリッド車、またはEV走行距離が短いプラグインハイブリッド車を、次世代車の主流にしているのです。

 日産も内燃機関の製造をしていますが、経営戦略として他社がやらないことをいち早く仕掛け、先行者利益を追求しようとしました。
 
 この他、最近はメルセデス・ベンツやBMW、そしてアウディ、ポルシェを含むフォルクスワーゲングループから新型EVの発表が相次いでいます。これは中国で2019年から始まった、新エネルギー車の販売義務化に対応した動きです。
 
 製造コストは高くても、中国のように販売義務があり、それをクリアできない場合のペナルティが高額である場合、自動車メーカー各社は『EVを作らざるを得ない』状況になります。

 もうひとつ、EV車が流行らない理由は、リセールバリュー(下取り価格)が低いことが挙げられます。「リーフ」の場合、2010年から2016年までの第一世代の値落ちは極めて大きいのが実情。一般的に、新車の販売台数を伸ばす手法の定石は、中古での残価率を上げ、乗り換え需要に対する好循環を作ることが効果的です。

 しかし、2017年10月に第二世代「リーフ」を発売してから、第一世代「リーフ」の中古車に対する割安感から、リーフの中古車価格が徐々に上がってきたという話もあります。

 日産「リーフ e+」の発売を機に、中古車市場でのリーフ人気がさらに高まり、日本でのEV普及が進むことを期待したいです。

桃田健史➡︎◻︎元記事に



成る程です。
個人的には細かい話ですが2点ほど付け加えたいかなと思います。
一つは冬の寒い日本では未だ技術的に解決しなくてはならない技術課題があると思います。
それはEVは冬に電費が落ちるという欠点です。これは解決すべき課題だと思います。
もう一つは世界各国の「エコカー」に対する政策がまちまちでしかもコロコロ変わるという点です。
あれ程一時は舵を切ったかに見えた中国の梯子を外すような2020年問題がある一方で、
北欧ノルウェーのように着々とやっている国もあります。
消費者側から見ても何を信じていいかわかりかねます。(特に政権が不安定だったりすると一際です)。
地球の温暖化は世界的課題です。国家やメーカーのエゴを超えた部分でムーブメントになることを
期待したいですね。


EV耐寒調査 AAA

➡︎◻︎EVが本当に寒さに弱い実証データ



日経 中国EV電池 2020問題

➡︎◻︎中国2020年問題

世界で一番の電動車両先進国 ノルウェー

➡︎◻︎電動車両が世界で初めて5割以上に!最先進国ノルウェー

関連記事

PageTop

妙義山~軽井沢ドライブ旅行①アクセス 碓井アプトの道~めがね橋編

先日愛車アウトランダーPHEVを駆って、
群馬県~長野県に渡るドライブ旅行に行ってきました。
妙義山 横川ドライブ旅行
(写真は関越嵐山PAでの充電風景 花の下で良い場所です)

碓氷湖
先ずはこちら軽井沢と横川をつなぐ旧碓井鉄道沿いにある「碓井湖」です。

碓氷湖
朝人影も少なく(釣り人2人のみ)
有名な童謡「紅葉」(高野氏作詩)はこのあたりで読まれたそうです。
そのあと上記地図にある今は廃線となっている旧碓井鉄道(アプト式)
が遊歩道になっているというので行ってみました。

碓氷 アプトの道
このようなレンガ造りのトンネルの中を歩けます。

碓氷 アプトの道
5号トンネルは曲がっていて長くかなり怖いです。


碓氷 アプトの道
やっとでたらそこは有名な眼鏡橋の上でした!。

碓氷 アプトの道 めがね橋
200万個のレンガが積んであるとは凄いです。
(下から見上げたことはありましたが上に来たのは初めてです)

碓氷 アプトの道 めがね橋
眼鏡橋で折り返してトンネルを戻りました。
このトンネルはちょっとしたエンターテイメントです。

碓氷 アプトの道
そのあとクルマで再度めがね橋の下に

碓氷 アプトの道 めがね橋
下から見るめがね橋も壮観です(雨が小降り)
次は横川に向かいます。


続く、、、



アウトランダーPHEV 碓氷峠
アウトランダーPHEV 碓氷峠眼鏡橋

➡︎◻︎クルマの撮影スポット 碓氷峠眼鏡橋

関連記事

PageTop

スバルの久々に魅力的なコンセプトカー「 ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」



スバルはジュネーブショーで、コンセプトカー「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」を発表しました。
「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」
2013年の同ショーから始まったコンセプトカーシリーズ「ヴィジヴ」の最新版。現行インプレッサから実車展開しているデザインフィロソフィ「DYNAMIC x SOLID(ダイナミック×ソリッド)」を用い、そこに大胆なデザイン進化を謳った「BOLDER(ボルダー)」というコンセプトを取り入れた初めてのモデルになります。

ブルーに塗られたボディカラーの影響もあり、一見「XV」を連想しますが、高めの車高やゴッツいタイヤ、ブラックアウトされた大きめのフェンダーなど、SUV感の強いそのフォルムからはXVとは別のモデルとして良さそうな雰囲気です。
「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」

当然(?)プレスリリースにはスペックなどその他詳しいことは書いておらずあくまで憶測ではありますが、モデル化されるのであれば戦場は激戦のミドルクラスSUV市場。ライバルは多いものの、スバルが得意とするAWD技術が生かせるので、モデル化は現実的かもしれません。
「スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」

なんにしてもスバルはコンセプトカーと販売モデルのデザインの乖離が大きい印象があるので、これに近い形でモデル化されることを期待します…。
➡︎◻︎元記事に




個人的にスバルが久々に好みに合うアウトドア感の強い
デザインのコンセプトカーを出してくれました。
フェンダーの色の切り返しも斬新です。
カービュー誌が書くようになるべくこのまま出して欲しいです。
これが次期クロストレック(XV)で発売されPHEVパワートレインがのったら
買い替え対象に入れても良いくらいです。


スバル クロストレックハイブリッド XV PHEV

➡︎◻︎スバル クロストレックPHEV 北米から発売へ

SUBARU TOYOTA スバル PHEV BY TOYOTA HV

➡︎◻︎このクルマの過去記述スバルXV PHEV

スバル クロストレック XV phev

➡︎◻︎このクルマの過去記述 スバルクロストレックPHEV

次期フォレスター PHV

➡︎◻︎超魅力的だったスバルVIZIV 2 コンセプト 3モーターPHEV

関連記事

PageTop

三菱17回を迎える「スターキャンプ2019」申し込み開始 今年は5月スタート

恒例三菱スターキャンプが今年も開催されます。



三菱自動車は、17回を迎えるオートキャンプイベント「スターキャンプ2019」を静岡県、滋賀県、宮城県の3会場で開催する。この企画は、1991年からオートキャンプを通じて自然の大切さを学び、家族や仲間との絆を深めながら自然に親しんでもらうことを目的に実施しているもの。
三菱スターキャンプ2019

 今年は人気登山アプリ「YAMAP」とタイアップし、近隣の山へのトレッキングツアーをはじめとする初心者向け登山コンテンツを追加した。キャンプの延長で登山を体験してもらうことで、幅広いアウトドアのライフスタイルを提案していく。

 ほかにも、誰でも安心して参加できる「スポーツクライミング」や、「アウトドアクッキングワークショップ」、「丸太切り体験」、「ヨガ」といった体験プログラムに加え、三菱車のSUV、4WD性能をオフロードで実感できる試乗会など、子どもから大人まで家族で楽しめるプログラムを用意している。

 現在スターキャンプ専用ウェブサイトで、「スターキャンプ2019 in朝霧高原」の参加者募集がスタートしている。朝霧高原の会場ではレミオロメンの藤巻亮太さんをゲストに迎え、「キャンプファイヤー&ライブ」も楽しめるとのことだ。

 参加者は三菱車のオーナーに限らず、全国のオートキャンプファンが対象。参加費は1組5千円(消費税込み)で募集組数は各回250組まで、応募多数の場合は抽選となる。
→公式HP




今年は朝霧5月開催になったんですね。
昨年のように台風で中止になるリスクを回避したのでしょう。
涼しいし、賢明な判断だと思います。
(朝霧ふもとっぱらものすごく暑いですから、、、)
早くに5月としっていたならちょっと行ってみたかったけど
今年は旅行を計画してしまいました。
公表が少し遅いと思います。


アウトランダーPHEV2018年を振り返る スターキャンプ復活 中止
三菱スターキャンプ2018朝霧 中止

→■2018朝霧会場スターキャンプ中止

三菱スターキャンプ2015 ライトアップ

→□2017写真(個人情報)紛失事件。今年は注意してね



三菱スターキャンプ2017

→□2016中止後、2017は再開


三菱スターキャンプ2015 新型アウトランダーPHEV試乗

→□スターキャンプ2015参加時写真

関連記事

PageTop

テスラは米で基本店舗閉鎖、オンライン販売へ移行。

北米からテスラに関する衝撃のニュースが届きました。
何とオンライン販売へ全面移行するというものです。



【シリコンバレー=白石武志】米テスラ電気自動車EV)の本格普及に向け新たな手を繰り出した。2月28日に主力車「モデル3」の廉価版を米国で発売したのに合わせ、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がオンライン販売への全面移行を表明。米国に130ある販売店は一部を除き閉鎖するという。店舗閉鎖でリストラも必要となり課題もありそうだ。

テスラモデル3
(テスラモデル3)

テスラは28日午後2時に米国の自社ウェブサイトを更新し、モデル3に3万5000ドル(約390万円)と3万7000ドルの2つの廉価版を追加した。注文画面に進み車両のグレードやインテリアなどのオプションを選びカード決済で頭金を支払えば、購入手続きがオンライン上で完了する機能も整えた。

最低価格で4万ドルを超え日本円で500万~700万円とされる従来の中高級グレードの車両と比べて価格が安いのが特徴だ。

テスラは同日の声明の中で「スマートフォンから1分でテスラを買うことができる」と強調した。購入前に販売店で試乗する必要がないように返品のルールも見直し、購入から7日以内、または走行距離が1600キロメートル以下であれば代金の全額払い戻しを受けられるようにした。米店舗は一部除き閉鎖

テスラのウェブサイトによると同社は米国だけで約130の店舗を原則直営で運営しており、中国や欧州、日本など約30の国と地域にも販売拠点を構えている。テスラはこれらの全ての地域について段階的に店舗でのセールス活動をやめ、オンラインでの販売に切り替える方針だ。人通りの多い場所に立地する一部の店舗を販売機能を持たないギャラリーとして残すほかは、店舗を閉鎖する見込みだという。
テスラモデル3日本予約開始
(こういう風景は無くなる?)

狙いはコストの削減にある。高級車ブランドとしてスタートしたテスラは大衆車を含めて品ぞろえする自動車メーカーへの脱皮を目指して16年3月にモデル3の予約を始めた。当初から最安グレードの価格を普及価格帯の3万5000ドルにする計画を示し予約客を集めていたが、これまでは投資回収を優先し中高級グレードの車両しか納車してこなかった。

マスク氏もモデル3の価格が高止まりしている状況に「我々の製品はまだほとんどの人々にとって高価すぎる」と不満を漏らしていた。テスラではオンライン販売への移行と他のコスト削減策を組み合わせることで、テスラ車の平均価格を約6%下げることができると見込んでいる。

19年1~3月期は厳しく

車の不具合などの修理は基本的に遠隔診断できるサポート体制がある。本格的な故障の際は販売店と別のサービスセンターに運ぶ仕組み。日本のように正規販売店が保守点検しているわけではないため直接的に大きな影響はないとみられる。

テスラはモデル3の量産が軌道に乗ったことで2018年7~9月期以降、2四半期連続で最終黒字を達成したが、収益性の高い中高級グレードの車両引き渡しは終わり、残りの予約は低価格帯が中心となるとみられる。今後も収益性を確保できるかは不透明だ。

130ある直営店を閉めるにあたって従業員も解雇することになる。追加のリストラ費用も発生する見込みで、一時的な収益の悪化は避けられない。マスク氏が28日の発表直後の米メディアとの電話会見で19年1~3月期は利益がでるとはみていないとのべたため、テスラの株価は時間外取引で一時4%安を付けた。

米中、オンラインで先行

一般の消費財に比べてオンライン販売があまり浸透していなかった自動車市場だが、変化は少しずつ出始めている。米国や中国では購入手続きを完結できる販売サイトが増え、徐々に利用者数を伸ばしている。特に中国では電子商取引(EC)サイトでの自動車販売が100万台近くあるとされ、今後も増加が見込まれている。

オンライン販売では一般的な電子商取引(EC)サイトと同じように、予算や車種、塗装色などに応じて車両を絞り込める。360度カメラで撮影した画像で内装も確認できるため、現物を見なくても購入を判断できるという。

独自の与信管理システムで金融機関に行かなくても短時間で自動車ローンの審査を受けられる機能を提供しているサイトもあり、米国では特に中古車販売で普及が広がっている。

中国でも新興メーカーを中心に自動車のオンライン販売が普及し始めた。中国汽車工業協会によると同国での新車販売台数は年間2800万台を超えるが、うち100万台程度がオンラインでの販売といわれる。すでにネット通販大手のアリババ集団なども参入。EC決済の普及の早さもあり、若者を中心にした購入が増えているという。

メーカーにとっては在庫を抱えずにすむため、コストを抑えられる。そのため店頭で販売するより安くできるというのが最大の特徴だ。しかし日本市場ではオンライン販売の普及には懐疑的な見方も根強い。

いったん新車として販売した後に返品された場合は、同じ新車価格で販売することができなくなる可能性があるためだ。「(返品によって生じる)コストを吸収できないのでは」(輸入車メーカーの日本法人幹部)という声もある。

日本人は高額商品をオンラインで即決して購入するようなことはあまりしない。「米国ではいい戦略だと思うが、米国以外の市場でもやるつもりなのか一番気になるところだ」(同)。テスラの新たな戦略が自動車販売の商慣行に風穴を開けられるかどうかはまだ不透明だ。
➡︎◻︎元記事 日経に



テスラよりいち早くオールリース完全月額性を打ち出した
ボルボのEV新ブランド「ポールスター」の例もあります。
クルマの買い方、所有の仕方も変わってくるかもしれません。

日本も昔ながらの系列別ディーラーさん、自動車整備工場の人の
確保ができなくなる時代がもうすぐそこにきているかも
しれません。
テスラモデルが上陸する日もそう遠く無いかもしれません。
しかし命を乗せて走るキカイ「クルマ」はスマホと一緒で
いいはずがありません。
上手に安全を維持しながらカーライフが楽しめる社会への移行
デザインを国や業界みんなで考えて欲しいですね。

そういう意味でいつもテスラは我々に新たな問題を投げかけてくれている気がします。
そう考えると、こういう会社が業界にあるということは良いことかもしれません。


ボルボ ポールスター1、2、3

➡︎◻︎販売を全て月額固定性としたボルボのEVポールスター


テスラ マスクCEO 困窮 Tesla mask ceo

➡︎◻︎テスラ従業員7%カット既報

関連記事

PageTop

シトロエンのシティコミューターEV 「 AMI ONE」は仏っぽいカワイイデザイン

今日は珍しくシトロエンEV車を紹介します。



シトロエン(Citroen)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2019において、コンセプトカーの『アミ ワン』(Citroen AMI ONE)を初公開すると発表した。
シトロエン AMI ONE アミワン

シトロエンは1919年に創業し、今年、ブランド誕生100周年を迎える。ジュネーブモーターショー2019で初公開されるアミ ワンは、ブランド誕生100周年を祝う目的で企画され、都市のモビリティに関して、シトロエンのビジョンの「移動の自由」を表現するコンセプトカーになるという。

最高速45km/hのシティコミューターEV。航続は100km

アミ ワンは2名乗りの小型のシティコミューターEVだ。EVパワートレインは、最高速45km/hの性能を可能にするモーターを搭載する。バッテリーはリチウムイオンで、フロア下に平らにレイアウトされる。1回の充電での航続は最大100kmだ。バッテリーの充電は、およそ2時間で完了する。走行音が静かなEVのため、歩行者などに対する警告音として、男性と女性の声を融合した音楽が流れるシステムを装備している。
シトロエン AMI ONE アミワン

ボディサイズは、全長2500mm、全幅1500mm、全高1500mm。車両重量は425kgに抑えられた。最小回転半径は4mと取り回し性に優れる。シトロエンによると、アミ ワンはバスや地下鉄、路面電車などの公共交通機関や、二輪車、自転車、スクーター、キックスクーターなどの代替手段として開発したという。最新の一部シトロエン車に導入されている「エアバンプ」が装備され、車体を損傷から保護する。

スマートフォンと連携したEVを提案

アミ ワンでは、スマートフォンがマン・マシン・インターフェイスの中心になる。ドライバーはスマートフォンを使って、アミ ワンにアクセスする。青いゴム製革紐が付くドアハンドルのQRコードにスマートフォンをかざし、車両のロックとアンロックを行う。キャビンへのアクセスを容易にするために、運転席側には逆ヒンジ式のドアを採用。車内に乗り込み、スマートフォンを専用の場所に置くと、ワイヤレスで誘導充電が行われる。
シトロエン AMI ONE アミワン

ステアリングホイールのボタンを押すと、音声アシスタントが起動。アプリのメニュー操作も、このボタンで行う。5インチのスクリーン一体型メーターパネルには、速度などの情報を表示。「ドライブポッド」の右側には、スタートボタン、警告ボタン、オートマチックギアセレクター、音量調節付きのBluetoothスピーカーが配置される。助手席側には、ハンドバッグなどを収納するスペースが設けられた。手動で開くキャンバストップが装備されており、ルーフを開けて走行することも可能だ。
➡︎◻︎元記事に



さすがフランス人、ドイツや日本とは違う発想のクルマをデザインしてきます。
左右のドアヒンジの位置が逆だったり、ドアノブの代わりにつり革のような
取っ手が付いていたり、ひねり満載です。



PSA シティコミューターコンセプト PHV

➡︎◻︎同じ仏PSAグループが作るインホイールモーター採用のシティコミューター

トヨタ e-Palette(イーパレット)

➡︎◻︎トヨタが作るとこんな感じ「eパレット」

関連記事

PageTop

自衛隊『73式小型トラック』のベースは、三菱「パジェロ(2代目・Jトップ)」

今日は自衛隊が使っている三菱車パジェロについて



人員輸送や厳戒態勢で活躍するための工夫

 自衛隊といえば、国の防衛や自然災害での人命救助や復興活動など、日本国民の生命と財産を守ってくれる大切な存在。高速道路でも自衛隊の車両を見かけることができますが、大阪オートメッセ2019では「87式偵察警戒車(通称RCV)」や「軽装甲機動車(通称LAV)」など、普段はお目にかかれない特捜車両が展示された。
自衛隊73式小型トラック パジェロ

 なかでも最も身近な存在といえるのが『73式小型トラック』。ベースは、三菱自動車工業が販売する「パジェロ(2代目・Jトップ)」というおなじみの車種なのだが、市販車とは主にどこが違うんだろう。会場にて自衛隊大阪地方協力本部の岡田所長に話を伺った。大阪オートメッセ2019 自衛隊 73式小型トラック

 そもそも73式小型トラックとは、名の通り”73年”(昭和48年)に導入された小型軍用車両。展示されていたのは、三菱・ジープに続いて96年(平成8年)より配備された2代目で、”73式小型トラック”の呼称はそのまま継承されている(平成13年導入分より1/2tトラックへ名称変更)。

「主に少人数での人員輸送や演習などで活躍しています。先代の三菱・ジープは、マニュアルミッション(4速)でしたが、パジェロからはオートマに変更。自衛隊向けの4輪駆動車も昔と比べて随分と乗りやすくなってますね。ちなみに、我々は”パジェロ”と車名で呼んでいます」とは岡田所長。
自衛隊73式小型トラック パジェロ

 ボデイサイズは、全長4140mm/全幅1765mm/全高1970mmと、悪路走破性を考慮して市販パジェロより車高をアップ。その他にヘッドライトやテールランプといった灯火類、前後バンパーやフェンダー、ドアノブといった細かいパートも専用品へと変更されている。幌は、左右に小型スクリーンを2つ設けており、リア側はジッパーで開閉できるようになっていた。

ドア内側に大きな空間がある理由

 さて、内装はどこが異なるのか。前述のように変速機は、ロックアップ機構を省いた4速ATとなり、デフロック可能なフルタイム4WD機構を装備。走行シーンにあわせて調整することで、山道や不整地を走行することの多い自衛隊車両で大きな武器となっている。また、電装系は市販モデル12Vに対して、73式は24V仕様。ダッシュボードの形状こそ似ているが、自衛隊車両ならではの装備もある。大阪オートメッセ2019 自衛隊 73式小型トラック

「運転席まわりで市販車とちがう点で言えば、ステアリングの右下にあるロータリースイッチですね。ブレーキランプやヘッドライトといった灯火類を管制(コントロール)するもので、街中を走るときは道交法に厳守し、厳戒体制では明るさや点灯方法を変えるなど、状況に応じて切り替えするようにしてます」。大阪オートメッセ2019 自衛隊 73式小型トラック

 また、マニュアルながらもエアコンが装備されたのも2代目の73式から。エアコン操作パネルの下には、災害時などの情報収集を行うためのAM/FMラジオをはじめ、ETC車載器も完備されていた。内張りのないオリーブドラブ色に染められた空間がスパルタンさを物語っているものの、あまり特別感は感じられない。


「あとは市販車と異なるのは、内張りが取り外されたドアですね。左右のドア内側には、小銃を固定するための大きなポケットが備わり、そこには取り付け具をセットしています。パワーウインドウを取り外し、横方向にスライド開閉する構造としたのも空間を確保するためのだと思いますよ」。大阪オートメッセ2019 自衛隊 73式小型トラック

 他にもロールバーや専用シートカバーなどを装備し、隊員たちの足となって活躍する73式小型トラック。車重は市販モデルより約200kg増の1.94t、最高速度は135km/hと記載されていた。もし、街中などで見かけることがあったならば、市販車との違いをじっくりと観察してみるといいだろう(運転中はダメですよ)。
⇒□元記事に





国防にも使われているクルマです。
何とか次期モデルが発売されるといいですね。
電動化されても自衛隊には継続使用してもらいたいです。
なんせ非常電源としても使えますから。
但し自衛隊基地に充電設備を導入してもらわないといけませんが。

三菱 パジェロPHEV 2019

➡︎◻︎今年次期モデルがPHEVで復活と予想したベストカー誌


三菱CCO トレバー マン氏

➡︎◻︎三菱トレバーマン氏パジェロ開発に注力発言2018年5月


パジェロ製造

➡︎◻︎益子氏業績回復の折にはパジェロ、ランエボ復活に意欲2017年6月

シンゴジラ印象に残ったシーン

➡︎◻︎自衛隊VSシンゴジラ

関連記事

PageTop

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記(④日の出〜朝食編)

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記
今年の結婚記念日旅行で初めて泊まった伊豆の「ふたり木もれ陽」さんは
相模湾を正面にした遮るものがないオーシャンビューで、
初島がやや左手に大島が右手に見える絶好のシチュエーションです。
この日の日の出は6時20分。少し雲はありますが天気も良いようです。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
誰にも邪魔されない離れの露天風呂に。


宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
空が不思議な色になってきたと思ったら、
「ああっ!」太陽が登ってきました。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
うっすら雲があるからこその凄い色になって太陽が昇ってきます。
(ミノルタのマーク状)

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
飛行機雲との共演。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
溶けそうな色の日の出です。
(お湯に浸かりながら裸で必死にシャッターを切っています 笑)

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
いやあ凄かった。しかも海とお風呂の境がわからない
正に「インフィニティ露天風呂日の出」でした。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記日の出
今度は自室の部屋風呂に。
こちらも本当に真正面が日の出です。
季節によって陽の出る場所は異なるようですが
後で調べたらこの時期は正に最高の角度で日の出が観れるようです。
本当に価値ある早起きでした。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記
8時になるとスタッフの方が朝食をセットしにきてくれます。
和洋選択できますが、あえて和食に。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記
和食一品ごとに美味しく正解でした。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記
ヴァーミキュラ社の鋳物で炊いて出てくる山形つや姫の
美味しいこと!。完食してしまいました。


宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記
宿に置いてあった「JAPAN COLLECTION2019 旅館ホテルTOP100」
という本にもこちらの宿は紹介されていました。
このクラスは気軽に行けないところなので、今回は贅沢感を
堪能させていただきました。
特に一室しかないこちらのプライベートスイートは素晴らしいと思います。
最後に本と同じ角度で写真を撮ってみました。

予約してくれた妻に感謝。終わり。

宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記

➡︎◻︎ふたり木もれ陽宿泊記①到着〜施設編


宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記

➡︎◻︎ふたり木もれ陽宿泊記②施設〜温泉編


宇佐美ホテル「ふたり木もれ陽」プレミアムスイート初宿泊記夕食

➡︎◻︎ふたり木もれ陽宿泊記③夕食〜星空編

関連記事

PageTop