fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ジャパンモビリティショー2023 日産ブース見てきました

東京モーターショー改めジャパンモビリティショー2023
短時間ですが電動車両中心に見てきました。
三菱ブースの次は日産ブースです。
日産は、BEVコンセプトカー中心に意欲的な展示がされていました。
メインステージの3台は写真を撮りましたので紹介します。

ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーフォース 次期GTーR
こちらは「ハイパーフォース」と呼ばれるBEVスーパーカーです。
ど迫力です。次期GTーRとも言われています。

ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーパンク(小型BEV SUV)

次は直線で構成されているのでCG?かとも見えますが、
本物のモデルです。
次期キックス、ジュークあたりになるとも想像される
日産「ハイパーパンクHyper Punk」です。
テスラのサイバートラックばりのポリゴンで作られた様な斬新なデザインです。
今回思い切って曲面を廃したデザインのクルマも目立ちましたが
このクルマもその代表例です。
実際に走ったらすごく目立ちそうです。
ちなみにテスラのサイバートラックのボディはステンレス製だそうです。

テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック

➡︎□北米での販売が迫る?テスラのサイバートラック

もう一台実車が展示してあったのがこちらの「ハイパーツアラーHyper tourer 」です。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーツアラー 次期エルグランド
次期エルグランドと言われていますが、
これもグリルレスで全面に液晶と、小型LEDが散りばめられていて
表情を変えられるクルマです。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーツアラー 次期エルグランド
そして社外レールレスの大開口スライドドアを採用。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーツアラー 次期エルグランド
中は素晴らしい中央に走るアームレストバー(やかんが見えます!)の両側に対面シートになっています。
更に床が一面の液晶パネルになっていて、京都龍安寺の庭のイメージを投影していました。
外国人観光客の接待に受けそうです。
これは凄い!

ここまでが実際に見たクルマです。
実は本当に見たかったのは、実車が展示されていなかった
「ハイパーアドベンチャー」というSUVコンセプトカーでした。


ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーアドベンチャー 次期エクストレイル
(日産公式HPより)
「ニッサン ハイパーアドベンチャー」は自然を愛し、環境に配慮したライフスタイルを送りながら、アウトドアを存分に楽しみたいユーザー向けの本格SUV。週末に近くの山へ遊びに行くときも、人里離れた場所へ数カ月にわたって旅する時も、アウトドアにおける多様なニーズに対応するとのこと。
大容量バッテリーを搭載、長期間の旅や長距離ドライブが可能で、アウトドアでの給電にも対応。V2X(ヴィークル to エブリシング)機能によって、バッテリーの電力を自宅に供給したり、グリッドと接続して電力インフラをサポートしたりすることもできるそう。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーアドベンチャー 次期エクストレイル

走りでは進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」が、雪道や山道でも快適な乗り心地を実現。
外観はダイナミックな面構成のボディパネルでアクティブさを表現。フロントガラスがフロントフード下へ伸びつつ、フロントバンパーのエアダクトとつながっている独特の構造で、高い空力性能をもつとのこと。
また、ほぼ垂直に切り立ったリアゲートまでルーフラインが水平に伸びるシルエットによって、後席や荷室空間も広そうです。
その荷室空間には大量のアウトドアギアを積み込み可能。後席はボタン操作で180度回転して後ろ向きにセットできるため、景色を楽しんだり、登山やウインタースポーツの準備にも使えます。バックドア開口部にはラダー状のステップを装備。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーアドベンチャー 次期エクストレイル

前後バンパーやホイールにはアイゼン(氷や固い雪上を歩く、登山靴に装着する金属の爪)から着想を得たパターンになっています。
内装では左右のフロントピラー間をつなぐ超横長のワイドディスプレイを配置。フロントガラスには車外の映像が写し出され、運転時にはボディが透けたようなワイドな視界を実現。車の内外の空間がシームレスにつながる感覚が味わえるのだとか。
残念ながらこのモデルもバーチャル展示のみで、実車のコンセプトカーは展示されません。
➡□元記事に



アウトランダーPHEVとの兄弟車として開発された現行エクストレイルが、
やや都市型SUVに振ってうまく行っていないことを考慮すると、
今度のエクストレイルはこのくらいアウトドア志向に戻してちょうど良いかも
しれないと思い注目しました。
このリアラダーの実物が見てみたかったのですが、残念ながらモデル化するのも
難しいぐらいのコンセプトだったのかもしれませんね。

今後のアライアンス仲間日産に期待です。
続く、、。

新型三菱アウトランダー新型日産エクストレイルall new outlander x-trail

➡︎□兄弟車としての開発はこれが最後z。日産エクストレイルと三菱アウトランダー

関連記事

PageTop

ジャパンモビリティショー2023 三菱ブース見てきました

追記)昨日書きかけでアップされていました失礼しました。
ジャパンモビリティショー2023
東京モーターショー改め「ジャパンモビリティショー2023」に短時間ですが
行ってきました。
有明の東京ビッグサイトが会場です。
TOC有明ビルという所に一般車SUVも停まれる平置き駐車場があるので
そこに愛車を停めて徒歩で5分ぐらいで会場に着きました。
ジャパンモビリティショー2023 三菱ブース
お目当ての三菱ブースに到着。
三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
そして今回一番見てみたかった
MITSUBISHI D:X Conceptがステージ上で回っていました。
“未来のデリカ”をイメージしたクロスオーバーMPVコンセプト/世界初公開です。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
これは!まるで月面着陸車の様な雰囲気の見た事のないクルマです。
フロントグリルは無く、見たことのないダイナミックシールドデザイン処理です。
非常に新しい、次世代の三菱車の方向性を示すデザインです。
背負っているルーフボックスもレールに乗っているのでは無く一体化している様な
デザインです。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
ほぼ垂直なリアウインドウがボディから突き出ている様な
斬新なリアデザインです。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
よく見るとH字型のポジショニングライトは、フロントガラスに浮いて
設置されており、ライトの下にもガラスが見えます。
下の写真は、ヘッドライトのすぐ横まで回り込んでいるオーバーフェンダーです。
一見、ブラックですが近くで見ると細かいフレークが入っていることがわかりました。
とてもカッコいいです。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
そしてこのクルマ本当にアウトドアの三菱を具現化したタフなデザインです。
先ずは見たことのないアシストグリップの様な、鉄アレイの様にも見える形状の
プロテクトパーツが埋め込まれたバンパーです。
これ良いですね!斬新です。是非、将来実車で実現して欲しいアイディアです。
真ん中は、これまた凄いサイドガーニッシュ。
三菱得意の「盾」の様なシールドが左右から車体を包み込んでいる様な
デザインですが、シールドが浮いている様に見えます(車体との間に隙間が見える)
これが単にデザイン上のギミックなのか、本当に別パーツなのかは不明です。
一番下は、運転席、助手席の前についているアシストグリップです。
サイドミラーが無いのでこのグリップの付け根にカメラが埋め込まれている
様です。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
このクルマはパワートレインはPHEVということしか発表されていません。
しかしこのショートノーズ。
エンジンはどこに載るのか気になります。
しかも地上高が高いのでバッテリーは床に敷き詰められるのか気になります。
全固体電池、エンジンミッドシップだったりして、、
今後の開発に期待です。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
YoutubeではCGが走る動画が公開されています。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
注目はフロントガラスの下の本来はドライバーからは見えない路面
やフロントタイヤが見えています。
これはカメラで拾った映像を車内に表示していると思われます。
新しいです。斬新です。
アウトドアを志向する三菱ならではのハイテクで期待します。

三菱 MITSUBISHI D:X Concept ジャパンモビリティショー
その他、ルーフボックスはどこへ行ったのか?と思うパノラマルーフ,
路上に等進路を表示する機能、YAMAHAヘッドレストスピーカーなど
新技術てんこ盛り。
大いに実車化に期待しましょう。

その他三菱ブースで気になったクルマを紹介します。
ジャパンモビリティショー2023 三菱ブース アウトランダーPHEV ダイナミックサウンドコンセプト
アウトランダーPHEV ダイナミックサウンドコンセプト
アセアンのエクスフォース様に共同開発した、YAMAHAのサウンドシステムを
アウトランダーPHEVにインストールしたもの。
原稿が日産と共用のBOSEで、低温の鳴りが今一つと言われているので
これは羨ましいです。
残念ながら30分街だったので視聴はできませんでした。
マットブラック×ゴールドのツートンも素敵でした。
Mitsubishi Xforce 三菱エクスフォース ヤマハ

➡□エクスフォースに搭載のヤマハサウンドシステム

ジャパンモビリティショー2023 三菱ブース 新型トライトン
初見の新型トライトン(ヤマブキオレンジ)。
大迫力でしたが、やはり実車を見ると大きくて、悪路向け
アセアン向けで日本のユーザーは限られるか、、

ジャパンモビリティショー2023 三菱ブース 新型トライトン ACR
トライトンのアジアクロスカントリーラリー仕様車。
今回のモビリティショーはややラリー者、アウトドア者は人気がない気がしました。
多くのお客様が現実的およびクルマの未来を予感させるものに集まっていました。

三菱 MITSUBISHI Last 1 mile Mobility(ラスト1マイルモビリティ ジャパンモビリティショー
三菱ラスト1マイルモビリティ
意外に多くの会社が提案していたのがこのような、ラスト1マイル用モビリティです。
ベンチャーとの共同のようですが、やや老人がのるカートっぽいので、三菱が
作るならもう少しアウトドアに耐えうるイメージで作ってほしかったです。

以上駆け足で三菱ブースをレポートしました。
続く、、

ジャパンモビリティショー2023 三菱ブース コンセプトカー

➡︎□三菱DXコンセプトに関する過去記事に


三菱加藤社長 十勝アドベンチャートレイル

➡︎□加藤社長ジャパンモビリティショー出展車コメント


東京オートサロン2019 三菱「デリカD:5純正用品装着車」ルーフキャリア

➡︎□ミニバンにPHEVがない理由

東京モーターショー2019 三菱マイテックコンセプト Mitsubishi MI-tech


➡︎◻︎2019東京モーターショーで見た三菱マイテックコンセプト

三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

➡□トライトン、タイでの代表色ヤマブキオレンジメタリックカラー

関連記事

PageTop

VW新型『ティグアン』PHEVのEV航続距離は100km

なんだかんだ言って、ドイツの大衆車メーカーVWは、
ディーゼル燃費不正発覚後の電動化で今後の動向が気になるメーカーの
一つである事に変わりはありません。





フォルクスワーゲンは9月19日、小型SUVティグアン』(Volkswagen Tiguan)の新型に、欧州でプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定すると発表した。
VW ティグアンPHEV

新型ティグアンは3世代目モデルだ。新型ティグアンには、「MQB evo」車台を採用する。このプラットフォームによって、新型ティグアンでは、多様な駆動方式への対応をはじめ、さまざまな新技術の搭載を可能にした。
VW ティグアンPHEV

新型ティグアンには、最新のPHEVとして、「eHybrid」を設定する。EVモードの航続は、最大100kmまで延びた。さらに、すべてのeHybridバージョンでAC充電が高速化され、DC充電も初めて標準装備されている。

VW ティグアンPHEV

現行『ゴルフGTI』でデビューした「ビークルダイナミクスマネージャー」も標準装備された。このシステムは、電子制御ディファレンシャルロック「XDS」の機能と、「DCC Pro」システムのショックアブソーバーのラテラルダイナミクスを制御する。これにより、車両のハンドリングがより安定し、俊敏かつ正確になる、としている。
➡︎□元記事に


VW ティグアンPHEV

「XDS」
高速コーナリング時に駆動輪内側のグリップ不足を検知すると、クルマが瞬間的にブレーキをかけて内輪の空転を抑制。 トラクションを回復させてアンダーステアを軽減します。 これにより、ニュートラルで正確なハンドリングと安定したコーナリングを実現しています。

「DCC」
DCCとは、フォルクスワーゲンのゴルフヴァリアントなどの車両に採用されたサスペンションシステムのこと。電動パワーステアリングの特性やダンパー減衰力を瞬時にコントロールするもので、日常走行に最適な「ノーマル」、俊敏性を高めた「スポーツ」、乗り心地を重視する「コンフォート」の3種類のモードが存在する。




EUの内燃機関発売に関する緩和を受けて、
VWもBEV一辺倒からPHEVの開発を組み入れてくると
予想します。
EV航続距離100km超えは立派だと思います。
一方で、前方にエンジンとEDU、後方にリアEDUとバッテリー
の配置は、遠心に不利な気がします。
三菱の車の中心にバッテリーがある方が回転しやすい様に
思いますがどうなのでしょうか?。
系列のアウディ、ポルシェの多モーター電動車両の開発にも
注目していきたいです。


VW 新型ゴルフGTI

➡︎□VW ゴルフPHEV GTI


VW トゥアレグPHEV


➡︎□VWトゥアレグ PHEVについて


vw アウトシュタット

➡︎□本国で一時的なEV減産に追い込まれたVW、電動化一辺倒計画に修正が?

2023中国新型アウトランダー 48Vマイルドハイブリッド

➡︎□三菱、中国で特損(マイルドHVアウトランダー不振)

VW EV「ID.2all(アイディー・ツー・オール)コンセプト」

➡︎□VW ID2allコンセプト

テスラ中期計画2023

➡□テスラ数年内に300万円台BEV発売へ(新製造法導入)

テスラ 新型車計画

➡︎□テスラ25000ドル新型車発売計画について過去記述(資源高、為替変動でこのころからハードルは5000~10000ドル上がった?)

VW I.D LIFE id ライフ EV

➡□2021ミュンヘンに登場したVW「ID LIFE]は260万円を目指すと言っていたがその後の資源高騰で100万円高に?


アウトランダーPHEV諸元 EV航続距離 RAV4比較

➡︎□今更聞けないアウトランダーPHEV の「EV航続距離」は?

関連記事

PageTop

三菱自動車が中国撤退を発表(日経より)、、日本企業岐路に

過去記事にも取り上げていますが、
三菱の中国撤退が正式に決まりました。
今回はきちんとした情報をもとにしたいので日経の
記事紹介としました。
(写真は小生拾いを混入しています)




日本車メーカーが中国事業を見直し始めた。三菱自動車が24日、中国の自動車生産から撤退すると発表した。急速な電気自動車EV)シフトで割安な現地勢のシェアが高まり、強みである品質や燃費だけでは日本勢は勝ち残れなくなった。世界最大の自動車市場が変調し、グローバル戦略は修正を迫られる。
三菱自動車 中国撤退

三菱自動車は広汽集団との合弁会社「広汽三菱汽車」が運営する湖南省の長沙工場の生産から撤退する。撤退に伴い2024年3月期決算で243億円の損失を計上する。通期の業績予想には織り込んでおり、見通しの修正はない。

長沙工場は三菱自の唯一の中国新車工場だった。販売低迷を受けて3月から新車生産を停止していた。在庫がなくなり次第、販売もやめる方針で、撤退後の拠点は広州汽車グループのEV生産拠点として活用する。
三菱自動車 中国撤退

広汽三菱には広汽集団が5割、三菱自が3割、三菱商事が2割を出資する。合弁会社は存続するが、三菱自と三菱商事は出資分を引き揚げる。現在中国で販売する車の整備は続ける方針だ。

中国では23年に入り日本車の劣勢が続く。調査会社マークラインズによると、1〜9月のトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車の3社合計の中国の新車販売台数(乗用車ベース)は129万3千台で前年同期比で26%減った。トヨタと日産は3割減った。
三菱自動車 中国撤退



中国の急速なEVの普及と地場企業のブランド力向上が背景にある。中国汽車工業協会によると、22年のEV販売台数は21年比8割増の536万台で新車販売に占めるEV比率は2割だった。
日本車をはじめ、米欧ブランドのシェアを奪うかたちで、BYDや長安汽車など地場企業のシェアは50%を超えた。
「中国はEVを含む新エネルギー車が3カ月間で60モデルも出ている」。日産幹部は驚く。ガソリン車に強い日本車は苦戦し、電動技術やソフトウエアで進化する中国勢の新車開発のスピードに太刀打ちできていない。
三菱自動車 中国撤退

日本車メーカーは中国事業の構造改革に踏み出した。マツダは販売網再編に着手した。中国の販売店を22年度比で1割程度減らす方針だ。トヨタは広汽集団との合弁会社で7月、従業員約1000人の契約を満了前に終えた。
日本車の中国の年間生産能力、4割程度余剰か
ホンダや日産は現地の合弁工場で生産調整を余儀なくされている。日産は東風汽車集団との合弁工場で生産調整を続け、生産規模はピークの半分程度にとどまるもようだ。

東海東京調査センターなどの試算ではトヨタ、日産、ホンダの3社計の中国の合弁工場がフル稼働した場合の年間生産能力は約530万台。23年度の中国の販売台数計画から換算すると、各社とも4割程度の余剰能力を抱えている計算になる。
三菱自動車 中国撤退

日本の自動車大手は2000年代に中国企業と合弁会社を設け、乗用車の現地生産に相次いで進出し、生産規模を増やした。ゴールドマン・サックス証券によると純利益に占める中国の寄与度は、23年3月期時点で日産が34%、ホンダが27%、トヨタが18%と推計され、連結業績に与える影響は大きい。

部品・材料メーカーの中国の競争力にも目配り必要
日本車メーカーが中国において競争力が下がるなか、自動車部品・材料メーカーの経営の動向にも目配りが必要になる。
日本自動車部品工業会によると、生産機能を持った海外の法人数は中国が全体の3割(21年時点)を占め、ASEANに次いで多い。中国から日本への自動車部品の輸入額も22年は8000億円と輸入額に占める比率で3割を占め、供給網に組み込まれている。
自動車メーカーの苦戦が、部品・材料に連鎖すれば、自動車サプライチェーン(供給網)を不安定にする恐れがある。
日本車、北米と東南アジアの牙城を堅守できるか
世界最大の自動車市場の中国で日本車がシェアを下げるなか、日本の自動車メーカーが金城湯池としてきた北米と東南アジア諸国連合(ASEAN)の市場を堅守できるかが課題となる。
ASEANはガソリン車で日本勢が高いシェアを維持してきたが、ASEAN各国政府がEV産業の誘致を進め、中国勢の存在感が高まっている。19年時点で8割を占めたASEANでの日本車のシェアは23年は7割に下がった。
三菱自動車 中国撤退

日本車が強いタイは月間新車販売台数に占めるEV比率が23年9月に10%を超え、22年7月の0.8%から10倍以上に高まった。中国・比亜迪(BYD)がEV投資で攻勢をかけ、EVの車種がまだ少ない日本勢は今後、シェアを奪われかねない。
中国は内需縮小を見据え、EV輸出を増やす。23年の世界の自動車輸出台数では日本を上回り、初の世界首位になる可能性がある。経済産業省幹部は「中国はEVを中心に競争力を高め、輸出も増やしている。特に欧州やアジアで存在感を増している」と警戒する。
燃費効率に優れたハイブリッド車(HV)で世界に先行した日本勢だが、EVでは劣勢に立つ。マークラインズによると、22年時点の世界のEVの販売台数のメーカー別シェアは中国が30%、米国が20%、欧州は7%に対し日本は2%以下だった。
米S&Pグローバルは世界に占める日本車のシェアは20年の30%程度から、30年に26%弱まで下がると見込む。競争力の維持にはEVシフトに伴う自動車市場の構造変化に対応していく必要がある。
(川上梓、山中博文)
➡□元記事に



中国での三菱の「生産停止」は、記事化していましたが、、
「事業撤退」とは、、、
アナリスト的には、三菱の様な全方位が難しい規模の会社が
資源を集中してアセアンなど強いところに集中するのは、
良く受け取られるのかもしれません。

しかし小生の様な三菱のクルマ作りに共感してオーナーとして
載っている身からしては
世界一の電動車両市場「中国」から
競合に先駆けて50年前から電動車両で世界の先端を走ってきた
三菱が撤退するのは非常に残念でなりません。

中国がビジネスで難しいのは承知の上で言います。
この悔しさを素晴らしい電動車両作りで晴らしてほしいです。




三菱中国生産停止 広州汽車

➡□衝撃!三菱中国工場撤退 AIONに


中国のイメージ 日本から見た

➡□日本メーカーの危険地域「中国」について記述

BYD首位 2023世界EV販売台数ランキング

➡□中国での日本勢出遅れ鮮明に

中国EV墓場

➡︎□一方で中国EV墓場も


BYD首位 2023世界EV販売台数ランキング


➡︎□テスラを抜いて世界EV首位に?BYD大躍進


ICCT EV移行度ランキング

➡︎□世界のクルマメーカー電動化ランキング


テスラ中期計画2023


➡︎□BYDテスラにバッテリー供与か?


中国新興EV BYD ATTO3 オットー3

➡□中国BYD EV日本参入

BYD高級オフロードEV「仰望」U8

➡︎□BYDの高級オフロードEV「U8」

グローバル 電動車両比率とシェア2022

➡︎□電動車両業界地図 EV PHEV HVグローバルシェア

中国BYD ブレード リチウムイオン電池

➡︎□BYD社のブレイド型リチウムイオン電池が凄い

中国のイメージ 日本から見た

➡□2020年記述「中国国潮トレンド」はクルマにも?予言

中国 新型アウトランダー 「広汽三菱」48Vマイルドハイブリッド

➡︎□好調アウトランダーも中国では大誤算で減損

中国テスラモデルY暴走 死亡事故

➡︎□テスラモデルY中国広州で暴走

トヨタ bz sdn BEV 中国

➡︎□中国政府系サイトからトヨタ新型EVの情報流出

関連記事

PageTop

兄弟車としての開発はこれが最後?三菱アウトランダーと日産エクストレイル

昨今ルノー日産三菱アライアンスの縛りの軟化や共同購買中止など
今後の新車開発に大きな転換点を迎えた様にも見えます。
そういう意味ではアウトランダーPHEV GN0Wはアライアンスが
「最も強い時」に開発が始まり、完成したクルマだと言えます。
2022年の記事ですが日産エクストレイルと三菱アウトランダーPHEV
についてまとめた記事がモーターファンに載っていました。





ご存知のとおり、日産と三菱(とルノー)はアライアンスを組んでいる。プラットフォームをはじめとして、アライアンスでさまざまな技術やユニットを戦略的に共有して競争力を高めている。
新型エクストレイルアウトランダーPHEVは、ともにCMF-C/Dプラットフォームを使っている。
このルノー・日産・三菱アライアンスのモジュラープラットフォームであるCMF-C/Dを使うのは、以下のモデル群だ(すべてではない)。
ルノーオーストラル新型日産エクストレイル 新型アウトランダーPHEV
(ルノーオーストラル/エクストレイル/アウトランダー)

ルノー・エスパス
ルノー・オーストラル(Austral)
ルノー・カジャー
ルノー・メガーヌ
ルノー・コレオス
ルノー・セニック
ルノー・カングー
日産キャシュカイ/Rogue Sport
日産エクストレイル
日産セントラ/ティーダ
日産タウンスター
三菱アウトランダー
メルセデス・ベンツ・シタン(Citan)/T-Class
日産新型キャシュカイ
(キャシュカイ)
といったあたりだ。この3社にとってもっとも重要なプラットフォームがCMF-C/Dと言っていい。
ただし、パワートレーン戦略は3社三様。日産はe-POWERを、ルノーはE-TECHハイブリッドを、そして三菱はPHEVを主力に据えている。
というわけで、新型エクストレイルと三菱アウトランダーPHEVは血縁関係があるわけだ。
日産新型エクストレイル 三菱新型アウトランダーPHEV

まずは価格のチェックから。
三菱アウトランダーPHEV
M(4WD):462万1100円
G(4WD):490万4900円
G(4WD 7人乗り):499万6200円
P(4WD 7人乗り):532万0700円
新型エクストレイル
S(2WD):3198800円
S(e-4ORCE):347万9300円
X(2WD):349万9100円
X(e-4ORCE):379万9400円
X(e-4ORCE 7名乗り):393万0300円
G(2WD):429万8800円
G(e-4ORCE):449万9000円
やはり大容量バッテリー(20kWh)を搭載するアウトランダーPHEVの価格帯は約462万円~532万と少しお高め(PHEVとしてはリーズナブルだが)。
今回は、
アウトランダーPHEV M(462万1100円)
G(e-4ORCE):449万9000円
を比べてみよう。
ボディサイズ比較


新型三菱アウトランダー新型日産エクストレイルall new outlander x-trail


新型エクストレイル
全長×全幅×全高:4660mm×1840mm×1720mm
ホイールベース:2705mm
最小回転半径:5.4m
最低地上高:185mm

三菱アウトランダーPHEV M
全長×全幅×全高:4710mm×1860mm×1740mm
ホイールベース:2705mm
最小回転半径:5.5m
最低地上高:195mm
ホイールベースは2705mmで同じプラットフォームを使うだけあって、サイドビューはほとんど同じ。ただ、フロント/リヤのオーバーハングはアウトランダーの方が長い。当然全長で50mm、全幅で20mm、全高で20mm、アウトランダーPHEVが大きい。
パワートレーン&燃費比較
三菱 新型アウトランダーPHEV GN0W 22型パワートレイン


アウトランダーPHEVは2.4ℓ直4自然吸気エンジンを搭載する。
エンジン
形式:2.4ℓ直列4気筒DOHC
型式:4B12
ボア×ストローク:88.0mm×97.0mm
排気量:2359cc
圧縮比:11.7
最高出力:133ps(98kW)/5000rpm
最大トルク:195Nm/4300rpm
使用燃料:レギュラー
タンク容量:56ℓ
モーター(フロント)
S91型交流同期モーター
最高出力:116ps(85kW)
最大トルク:255Nm
リヤモーター
YA1型交流同期モーター
最高出力:136ps(100kW)
最大トルク:195Nm
日産新型エクストレイル パワートレインVCターボエンジン e-POWER
日産エクストレイルは、1.5ℓ直3VCRターボを搭載する。駆動はモーターで行なうe-POWERだ。リヤも独立したモーターが載る。
発電用エンジン
形式:1.5ℓ直列3気筒VCRターボ
型式:KR15DDT
ボア×ストローク:84.0mm×90.1mm
排気量:1497cc
圧縮比:8.0-14.0
最高出力:106kW/4400-5000rpm
最大トルク:250Nm/2400-4000rpm
使用燃料:レギュラー
タンク容量:55ℓ
モーター(フロント)
BM46型交流同期モーター
最高出力:150kW(204ps)/4739-5623rpm
最大トルク:330Nm/0-3505rpm
リヤモーター
MM48型交流同期モーター
最高出力:100kW/4897-9504rpm
最大トルク:195Nm/0-4897rpm
三菱はPHEV(プラグインハイブリッド)、日産はシリーズハイブリッド(e-POWER)という特徴あるパワートレーンを搭載しているが、どちらも「モーター駆動」を前面に押し出しているのは共通している。三菱が2.4ℓの直4自然吸気を搭載するのに対してエクストレイルは新開発の1.5ℓ直3可変圧縮比(VCR)ターボを使う。両車ともに主駆動はモーター(エクストレイルのエンジンは完全に発電用、アウトランダーPHEVは直接タイヤを駆動する場合もある)で、4WDのリヤ側はモーターを使う。また、型式は違うがアウトランダーPHEVとエクストレイルのリヤモーターはベースは同じだ。このMM48型はノート/ノート オーラ4WDのリヤ用、サクラ/eKクロスEVのフロント用にも使われている。


新型日産エクストレイル(X-TRAIL) 主駆動モーターは新開発 BM46型
日産の新型エクストレイルは、1.5ℓ直列3気筒の可変圧縮比(VCR)ターボエンジンを搭載しモーターで駆動するe-POWERである。それも、エンジン/主モーターともに新開発である

では、燃費はどうだろうか?
三菱アウトランダーPHEV M
WLTC燃費:16.6km/ℓ
 市街地モード15.3km/ℓ
 郊外モード17.2km/ℓ
 高速道路モード16.8km/ℓ
EV走行換算距離 87km
日産エクストレイル e-4ORCE
WLTC燃費:4WD 18.4km/ℓ
 市街地モード16.1km/ℓ
 郊外モード20.5km/ℓ
 高速道路モード18.3km/ℓ
モード燃費上はエクストレイルの方が良好な数値だが、アウトランダーPHEVはPHEVだから87km、エンジンをまったく使わないでEV走行できるのが強みだ。つまり、毎日87km(実際は70km前後か)の走行距離ならガソリンはまったく使わない。ただし、ガレージで200V普通充電できる環境でないとPHEVのメリットは享受できないことも注意が必要だ。
インテリア&ラゲッジルーム比較
3列シートSUV 三菱アウトランダーPHEV


新型エクストレイル2021 北米日産ローグ2020
(エクストレイルノインテリア)

もはや高級車の域に達している価格帯のアウトランダーPHEVのインテリアはゴージャスだ。インパネやシートなども少し前からの三菱車からデザインも質感もジャンプアップしている。
カタログ上の室内長×幅×高は
三菱アウトランダーPHEV M:1920mm×1520mm×1240mm
エクストレイルG(e-4ORCE):1980mm×1540mm×1255mm
である。


➡︎□元記事に


アウトランダーPHEVとエクストレイルe-POWERは、ルノー日産三菱アライアンスの
ゴーン氏率いる絶頂期に計画がスタートし、シャーシの共通化、パーツや安全システムの共通化をしながらも
両社の「らしさ」を追求し、完成したいわば「奇跡のコラボ」といえる2台です。
特に、立場の弱い三菱が、日産の良いところを取り入れながら三菱らしさを主張して、良いクルマに
仕上がったことを高く評価したいです。(逆にもしかして日産は少しエクストレイルの良さが薄まった感も)

今後ルノーは日産三菱との共同購買はしないと判断しました。
電動化(BEVに限っては共通化)、バッテリーや通信などの一社ではコストがかかりすぎる
開発費は共通化で分散するでしょうが、それ以外のメーカーらしさは独自色を出すものだと
思われます。
2030年ごろになると予想される次期エクストレイル、アウトランダーは、全く違うスタンスで開発されるかも
しれません。それとも2台とも共通の全固体電池を積むことになるか?
これからの数年また、予想しながら進捗を楽しみたいと思います。




日産 新型エクストレイル T33

➡︎□日産新型エクストレイル発売、新型アウトランダーPHEVとのパワートレインの考え方の違い
三菱アウトランダーPHEVは、巨大バッテリーに充分な電気が残っていれば、エンジンを回さなくても良い。そしていざとなれば
2.5Lエンジンの駆動力を直接タイアに繋げて(パラレル走行)高速走行します。
エンジン出力大、モーター中、バッテリー大の電動車両。*
それに比べて、エクストレイルは都度1.5Lターボエンジンを回転させて発電、
その力を強力ツインモーターの駆動力で走行する完全シリーズ走行車です。
高速道路でも大きく消耗する電気を補うためにエンジンを高回転しつづけます。
エンジン出力中、モーター大、バッテリー小の電動車両であるといえます。
(*絶対値ではなく、2台の相対イメージで書いています)

アウトランダーPHEVラリーアートバージョン 日産モーター使用予想 

➡□アウトランダーPHEVのリアモーターはエクストレイルと共通が判明

新型アウトランダーPHEV 納車時足元紙 日産


➡︎□日産との共同購買の証 小生のアウトランダーPHEV GN0W 2022年1月納車時に足元の汚れ防止市に「NISSAN」ロゴ!




Nissan rouge xtrail 2022 twotone 日産新型エクストレイル ツートンカラー

➡︎□新型エクストレイルに関するまとめ


日産 新型エクストレイル T33

➡︎□日産新型エクストレイル発売、新型アウトランダーPHEVとのパワートレインの考え方の違い

ルノー 日産 三菱アライアンス

➡□ルノー日産三菱共同購買 解消

関連記事

PageTop