fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

アウトランダーPHEV 納得!ガソリン車より「反応が良く」感じる理由

アウトランダーPHEV レビュー 雪

yahoo carviewのサトーさんの新千歳モーターランドというところの雪上で
「三菱4WD車の乗り比べ その実力は?」というレポートがありますが、
アウトランダーPHEVについて専門家らしい非常に納得のいくレビューがありましたので
御紹介します。


⇒□元記事に


ご存じのように、ある程度回転が上がってから有効なトルクを生む内燃機関と異なり、
モーターは電流が流れた瞬間に最大トルクを発生することができる。
したがって、コンピュータの指令でトルクを伝える場合、
内燃機関はモーターに比べればワンテンポ遅れることになる。
逆に言えば、モーターは指令と同時にトルクを伝えることができる。

したがって、前後輪のトルク配分を変える場合、
「滑りを感知」→「後輪にトルクを伝える」という伝言ゲームが、
瞬時に行われることになる。加えて、このツインモーター4WD(S-AWC)では、
左右の駆動配分をブレーキでコントロールする。

右コーナーに侵入すると仮定すると、右前輪に制動力を発生させて
旋回しやすくすると同時に、後輪へのトルク配分を増やす。
コーナリングを終えたら、前輪へのトルク配分を増やしてコーナリング中と
逆のモーメントを発生させ、車両の動きを安定させる。
この一連の動きがシームレスに行われるのが、ツインモーター4WDの特徴だ。

また、たとえば車体の左半分が乾燥路面、
右半分がアイスバーンのような状態で発進すると、
当然ながら右側タイヤがスリップする。
この時に瞬時に左右前輪の駆動力をコントロールするAYCが作動することで、
スリップを減らすことができる。

総じて、モーターを用いた4WDシステムは、動きが上質になるという印象を得た。
今後、四輪を独立してモーターでコントロールするようになれば、
いままでにない運動性能を備えたモデルができるのではないか。
三菱自動車が、「モーター駆動による、プレミアムな4WDメーカー」になる可能性を感じた。



というのが、他の三菱4WDとの乗り比べからのアウトランダーPHEVの評価
です。
なるほどです!雪の上で程ではないですが、アウトランダーPHEVに乗っていて
実感するコーナーリングの良さと、クルマのレスポンスの速さ(ヒトとの一体感)
はこういうところからも来ているんですね。
モーターのトルクレスポンスの速さは、直線の加速時に発揮されるのは
理解していたのですが、S-AWDと相まって、ガソリン車より
「旋回しやすくする、滑りにくくする」のに直結していたのですね!
アウトランダーPHEVモーター
非常に納得してしまいました。
エンジンによる爆破をトルクに変える際、機械による力の伝達のタイムラグ
に対して、モーターの高起動トルク、電気による伝達タイムラグなしの駆動制御
がマツダではありませんが凄い「人馬一体」感を生み出しているんだなあ
と思いました。
アウトランダーPHEV s-awc


最後に、今は前後輪は、電気指示、左右はランエボ譲りのAYCの四輪制御ですが
記事のように将来本当に四輪とも独立した電気制御になったら更に凄い
操縦性操舵性の4WDが誕生するかもしれません
楽しみです。

ホンダ 新型レジェンド3モーターHV
後輪左右がモーターの電気制御ホンダの新パワートレイン
⇒□新型レジェンドの3モーターHV
➡︎□遂に発売ホンダの3モーターハイブリッド



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する