FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

ホンダ レジェンド3モーターHVのシステムは凄い。これがランク下に普及したら。

新型レジェンドの立派なカタログを青山本社ショールームで
これまた立派なレジェンド紙袋に入れて頂きました。
このカタログ普通の光沢紙のカタログの表紙だけにマットな
素材の紙が貼り合わせてあり、しかもブックカバーの様に
折り返しが付いているという凄い物です(国産では最高レベル)
ホンダ新型レジェンド カタログ
これが今回の世界初の3モーターHVシステムです。
レジェンド3モーターHV
前に3,0リッターV6エンジンとワンモーター。
ドライブシャフトは無くて、排気管と電気系コード
だけが前後を繋いでいます。
そして後ろにリチウムイオン電池とツインモーター
が載っています。
レジェンド3モーターHV
ステアリングだけで車を曲げるその常識を変えた先代SH-AWD
その機械式4駆を後輪は完全モーターによるe-4駆に変えたのが
今回の新型SH-AWDです。
旋回時に、後輪の左右の回転を独立して制御して車を曲げる
(しかも今回は独立したモーターで)という凄い技術です。
曲がる外側の後輪に力を内側の後輪に減速力を与え、
ステアリングを切った前輪に加えてクルマを曲げる
という理屈ですね。
これがホンダの言う「第2の曲がる力」という事です。
「感動と安心感に満ちた一体感のある旋回フィール」
という良くこんなカッコいい表現を考えつくなあと
思う様なコピーが付いています。
きっと凄く良く曲がるんだと思います。
唯一気になるのが、このパワートレインの配置、クルマの中心部
には何も無くて、両端に重たい物が分散しているので、旋回には
不利な様な気もしますがどうでしょうか?
アウトランダーPHEVや、テスラ、もしくはホンダでもジェイド
の様な電池の積み方の方がバランスは良い気もします。
室内空間の広さにこだわるとこの積み方になるんでしょうか。

今後電池やモーターやインバーターがコストダウンされて、
ヴェゼル辺りのランクに小型エンジンとこのシステムが採用
されたら気持ちのいいHV車になる様な気がしますが、
気が早すぎでしょうか(笑)
何せレジェンドの700万は高いです。

➡︎□新型レジェンド発売決定記述

➡︎□再々延期の末やっと発売 新レジェンド

➡︎□新型レジェンド CM バリハイ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する