fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

おかやま次世代自動車技術研究センターと三菱がインホイールモーター車開発中

岡山 EV 三菱自動車



おかやま次世代自動車技術研究センターは、「人とくるまのテクノロジー展2015」
(2015年5月20~22日、パシフィコ横浜)で
インホイールモーターを搭載する電気自動車(EV)の実証実験車「OVEC-TWO」を展示した。

同センターは、岡山県から世界に向けて次世代の自動車技術を発信するべく、
県内のモノづくり企業16社が参加して活動を行っている。
過去、SIM-Driveの技術を応用して独自開発したインホイールモーターを、
ベース車である「ギャラン フォルティス」の4輪に搭載する試作車「OVEC-ONE」を開発している。
OVEC ONE
OVEC ONE
OVEC ONE

 同プロジェクトは、2014~2016年度にかけての第2期が始まっており、
共同研究パートナーとして三菱自動車が参加している。
この第2期で開発した車両が、今回展示したOVEC-TWOである。

OVEC-TWOのベース車両はi-MiEVで、OVEC-ONEとは異なり、
後輪2輪にアウターローター方式インホイールモーターを組み込んでいる。
インホイールモーターは、軽自動車にも使えるように、
15インチホイールに装着可能な外径サイズと薄型構造を実現した。
モーター1個当たりの最高出力は23.5kW、最大トルクは570Nm、
定格出力が15kW。
電池パックはi-MiEVのものを流用し、容量は16kWhになっている。

 また、水冷インバータやインホイールモーターを組み込んだ
後輪2輪の駆動力と制動力を独立に制御する運動制御システムの他、
クロスメンバーの大容量マウントゴムで支持する防振構造を持つ
ダブルウィッシュボーンサスペンションをリヤ側に採用するなどしている。



軽自動車にも搭載可能という事で、より実用的なものに
なっていると思われます。
確かに大型のSUVなどはインホイール式にしないでも
レイアウトが可能なのかもしれませんが、
軽自動車ベースになると、よりインホイールのレイアウトの
メリットが出てきます、
これでボンネットの中が空きますので、より車内を広くとった
クルマの設計が可能となります。

同じアイミーブベースでも東大のモノと違ってちゃんと
車内にシステムが収まっています。


三菱にはこの技術を発展させて、もう一回4WDの四輪ホイールインモーター車の
開発にチャレンジしてほしいですね。



⇒■東大のワイアレスインホイールモーターEV
⇒■独ロボット研究所のインホイールモーターEV(カニ走り可)

⇒■日産インホイールモーターEVブレイドグライダー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する