FC2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

モーターファン別冊「新型アウトランダーPHEV&アウトランダーのすべて」買ってみました

新型アウトランダーPHEV2015は羨ましいですが、
モーターファン別冊「新型アウトランダーPHEV&アウトランダーのすべて」
は540円で楽しめます。
遅ればせながら購入してみました。

モーターファン別冊 アウトランダー アウトランダーPHEVのすべて2013
ニューモデル速報として発行されていますが今回が517号。
頑張ってますね。アウトランダーPHEV&アウトランダーという
事でPHEVが遂に先になっているのが時代の流れを感じます。
「ビッグマイナーチェンジで深まるONLY ONEの価値観
プレミアム大増量 」がサブタイトルです。
ある意味言いえてますね。
モーターファン別冊 新型アウトランダーPHEV&アウトランダーのすべて2015
ちなみに173号が2代目アウトランダー号「アクティブ&スマート」
179号がアウトランダーPHEV号「未体験の世界へ 発電する電気自動車、登場!」でした。
納車される迄食い入るように読んだ事を思い出します(笑)。
こう見ると如何にPHEVの発売はセンセーショナル、一方の
ガスランダーにインパクトがなかったか再認識させられます。


モーターファン別冊新型アウトランダーPHEV改良ポイント2015
今回良く分かったのは、改良で実に細かい所まで手が入れられている
という事です。防音や剛性の強化対策素晴らしいですね。
リアゲートの空気の巻き込み防止や、エンジン吸気系の耐震対策など
こだわりの丁寧な仕事です。
モーターファン別冊新型アウトランダーPHEV改良ポイント2015
そしてトランスアスクルの作動という中央の図が新しく、しかもわかりやすいです。

拡大してます。
アウトランダーPHEV トランスアスクルの作動

今迄簡略化して解説されてきたエンジンと、ジェネレーター、
モーターと前輪の駆動軸との関係が初めて理解できました。
なるほどね。本来トランスミッションがある所にあって、
エンジンのエネルギーを全てジェネレーターに送って(エンジンシャフト
のクラッチをオフして)発電に回すシリーズモードか、
エンジンシャフトのクラッチを繋げて、モーターと一緒にもしくは
単独でエネルギーを直接前輪の駆動に使うパラレルモードか
を切り替えているんですね。

シリーズモードではエンジンは回ってますが、
「エンジンの機械エネルギー」と「モーターの機械エネルギー」は
混じっていないのがわかります。
エンジンのエネルギーは、ジェネレーターを通じて、電気信号に
変わって再度モーターで間接的に機械エネルギーになるんですね。
だから呼び名が「シリーズ(ひと続き、連続)モード」なんだ、、と

一方のパラレルモードでは、
「エンジンの機械エネルギー」と「モーターの機械エネルギー」が
混じって一緒になって(並行して)前輪の駆動に使われるので
「パラレルモード」なんですね。


アウトランダーPHEV シリーズモードかパラレルモードか
<自己納得型モーター入りフロー図>
2年半乗ってやっと理解しました。
(素人 文化系はこれだから困りますよね(笑))

モーターファン別冊 新型アウトランダーPHEV改良ポイント2015
一番羨ましいのが、実は足回りやブレーキの強化です。
これは、良いにこした事は無いのでどれだけレベルアップしてるのか
乗ってみたくなりますね。
後輪のサブフレームなどはパーツを付けただけではなく
完全新設計なので金型代もかかってます。
頑張りましたね〜。素晴らしいですね。

新型アウトランダーPHEVの良さが分かった上で、
今乗っている愛車の理解も進んだ「モーターファン別冊」
でした。興味のある方には540円以上楽しめます。

別途デザインアプローチについて
記述➡︎◻︎新型アウトランダーPHEV デザインアプローチ

⇒□新型アウトランダー試乗記
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する