fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

おめでとう!三菱航空機「MRJ(ミツビシ リージョナル ジェット)」初飛行

MRJ 初飛行


昨日スリーダイアモンドのついた国産飛行機が、初飛行テストに成功しました。
おめでとうございます。
長い開発期間を経ての成功なので、開発にかかわった方々は感慨ひとしおと
お察しいたします。
スリムな機体でカッコいいですね。
旅客用飛行機はボーイングかエアバスしかないので、今迄あまり関心jはありませんでしたが、
納入されたら一度は乗ってみたいものです。

三菱航空機(MITSUBISHI AIRCRAFT Co」は、三菱自動車工業と同じく
三菱重工を袂とする会社です。
エンジンは米国製らしいですが、軽量化素材や電子制御、バッテリー開発などで
グループシナジーがないものかとも思います。

日本の航空機史の簡略がのってましたので転載します。


戦前には「零戦」などの軍用機が開発・製造され、航空機産業には国内で
100万人程度が従事していた。
しかし敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)に生産禁止とされ、技術継承が約7年間途切れた。
 生産解禁後、官民一体となって国産旅客機「YS11」を開発。
東京五輪(1964年)の聖火輸送にも使われ、航空機産業復活の象徴ともなった。
しかしコスト管理の甘さなどから赤字続きで73年に生産を終了。
その後、国内メーカーは海外メーカーの機体の部品製造など「下請け」にとどまった。
 三菱航空機が開発したMRJはYS11以来、約半世紀ぶりの国産旅客機。
2008年の事業化決定から7年かけて初飛行にこぎつけた(2017年ー納入予定)



新型アウトランダーPHEV ポルトガルラリー参戦
➡□見せてほしい三菱自工の開発魂
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2017-01-05 (Thu) 09:49