fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

「007スペクター」見ました。カーアクションが凄い!

先日、出張の飛行機の中で遅ればせながら
007の最新作「007スペクター」を見ました。
個人的には楽しめるポイントが
ありました。
その一つがカーアクションです。

まずはローマ市内でのボンドカー(英 アストンマーチン)と
敵のジャガーのカーチェイスが凄い!
(今回インド資本のジャガーランドローバーが劇中車協賛)
007スペクター アストンマーチンVS ジャガー

アストンマーチン・DB10と、ジャガーC-X75、の一騎打ちなんですが、
どうやって撮影したのかと思うくらいの凄い迫力。
スポーツカーで石段を降りるところが驚き。

以下転用。


アストンマーチン・DB10
Qが009のために製造したプロトタイプ車両で物語前半にボンドが
ローマに向かう際に勝手に持ち出した。
その後ローマでMr.ヒンクスのジャガー・C-X75とカーチェイスを
繰り広げ秘密兵器を活用しながら逃走を図ったが最後はボンドが
緊急脱出機構を作動させて操作不能に陥り、川に落ち沈没した。
完全防弾であり、銃撃を受けても傷つかない。
また3.2秒で時速60マイル(吹替版では100km/h)に達するとのこと。
特殊装備としてはリアのエンブレムに機関銃が仕込まれており、
運転席側のパネルに照準器を表示させて後続車両を狙うことが
できる(ただし作中では弾薬が未装填で発砲できなかった)。
そのほかに後方に火炎を噴射して後続車両を炎上させる武器と
パラシュート付きの運転座席を射出する緊急脱出機構が装備されている。
シリーズで初めて一般に販売されている車両を改造したものではなく
映画のために製造された特注品となっており10台が生産された。



そして次がオーストラリア雪山でのセスナと
ランドローバーディフェンダー、レンジローバーSVR
との激しいカー&プレーンチェイス。
007スペクター ランドローバー


これはあまり既存映画でも見た事のない
シチュエーション。見てのお楽しみです。



ジャガー・ランドローバー・スペシャル・ビークル・オペレーションズと
ランドローバー・デザインは、映画製作側のためにボンドカーの提案と製作を行った。
オーストラリアで撮影されたシーンでは、
特別にモディファイしたランドローバー・ディフェンダーと
最もパワフルなレンジローバー・スポーツSVRを見ることができる。



007スペクター レア・セドゥ
フランス人のボンドガール マドレーヌ役「レア・セドゥ」嬢が素敵です!
何とも雰囲気、個性のある女優さんで、ご覧になると日本人が
見てもファンになってしまう人も多いのでは?

という様な見所のある映画です。チャンスあればどうぞ。


007 specter 衣装

➡︎◻︎昨年末銀座で遭遇 007展とジャガー
映画を見てから見てみたかった。納得でした。



追記
ラストでは、ジェームズ・ボンドは、
結局アストンマーチンに乗って去っていきます。


アストンマーチン・DB5
2016022005055805e.jpeg

前作で大破した個体をQ課が復活させたものでボンドが
Qのところに赴いた際に組み立て作業が行われていた。
またラストでは完璧に修復できたようでボンドがQ課から
取りに行き助手席にマドレーヌを乗せて走り去っていたが
装備を搭載しているかどうかは不明。


この後ろ姿がカッコいいんです!
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する