PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

日産キャシュカイ(日本名ムラーノ)、エクストレイルのモノトーンカスタムモデル ジュネーブ登場

日産SUV2台が、超流行のモノトーン+差し色(今回は赤・オレンジと言わず
「プレミアムゴールデンコッパー」と呼んでいます)にカラーリングされています!

日産 エクストレイル キャシュカイ カスタム ジュネーブ



日産は、「キャシュカイ」と「エクストレイル」の特別仕様モデルを
『ジュネーブモーターショー2016』にて初披露すると発表した。

「キャシュカイ プレミアム コンセプト」と「エクストレイル プレミアム コンセプト」は
それぞれの現行モデルをベースに、
「キャシュカイ プレミアム コンセプト」はロンドンにある日産デザインヨーロッパで、
「エクストレイル プレミアム コンセプト」は日本の日産グローバルデザインセンターでデ
ザインされた。 両モデルは、デザインテーマや使用するカラー、マテリアルに共通性を持たせている。

中略

両車に共通するのは、シンプルでありながらも活気あふれる配色である。
モノトーンのシンプルさが、エレガントさと温かみを与える「プレミアムゴールデンコッパー」との
コントラストを作り上げている。

「キャシュカイ プレミアム コンセプト」では、プレミアムゴールデンコッパーによる
ホイールアーチやウィンドウライン、ヘッドランプ内やルーフレールといったボディパーツの
装飾がアクセントとなり、メインカラーのマットブラックとのコントラストが、
エクステリアのダイナミックなシルエットを際立たせている。
ボディ下部に使用されているカーボンファイバーや、20インチホイールの技巧的な装飾が
ダイナミックな外観を更に強調し、バンパーとサイドシルは、スポーティーであると同時に
高級感を感じさせる。


対照的に、「エクストレイル プレミアム コンセプト」はマットホワイトをメインカラーに採用した。
ボンネットやルーフには深いマットブラックのカーボンファイバーを使用し、プレミアム感に加え、
力強さと軽やかさを感じさせる仕上がりとなっている。
日産「エクストレイル プレミアム コンセプト」ジュネーブ

ホワイトとブラックのハイコントラストが、「Vモーション」グリルからボンネット、ボディサイドを通り
リアへと流れるラインを強調し、どのようなシーンにも活躍する、エクストレイルのタフさを表現している。
光沢のあるブラックカラーに塗られたボディクラッディングやフェンダーカバーが、
他のアウトドア向けクロスオーバーにはない、洗練された魅力を与えている。
日産「エクストレイル プレミアム コンセプト」ジュネーブ

中略
.
クロスオーバーは、欧州における日産の成功に重要な役割を果たしている。
両プレミアムコンセプトカーは、顧客の多様化に対応し、ターゲット市場を拡大したい
という日産の強い思いが表現されている。

日産自動車専務執行役員でチーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏は、
「デザインチームの創造力を遺憾なく発揮することにより、対照的でありながらも
共通のテーマを持つこの2台のコンセプトカーが出来上がりました
。両車はプレミアムクロスオーバーの新しい可能性を示しています」と述べた。



いいですね!
しかし本当にこの白✖️黒✖️赤系の差し色配色、グローバルレベルでブームになりそうな予感。
カスタムカーでなくって、今年後半には新車の代表色として登場して
きそうな勢いすらします。
いすゞビークロス等をデザインした中村史郎氏今だに頑張っておられますね。

ムラーノ2014


→◻日産ムラーノの歴史 2014:12新型キャシュカイ登場

X-TRAIL NISMO Performance Package 東京オートサロン2016

→◻日産エクストレイル カスタム東京オートサロン2016


SUBARU XV HYBRID STI CONCEPT スバル 東京オートサロン2016

→◻東京オートサロン スバルXV HV 白×黒×オレンジ塗装


アウトランダーPHEV アウトドアギアコンセプト 東京オートサロン2016

→◻東京オートサロン 三菱アウトランダーPHEV 白×黒×オレンジ塗装



→◻SUVサイズ比較
→◻アウトランダーPHEV vsハリアーHV vsXtrail HV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する