PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

スウェーデン「ケーニグセグ」の3モーター、エンジンミッドシップPHV「レゲーラ」

スウェーデンのクルマといえばボルボが有名ですが、
新興EVメーカーも登場してきました
それがこの「ケーニセグ」です。


ケーニグセグ レゲーラ スウェーデン

スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニグセグ(Koenigsegg)社は
3月14日、米国で3月23日に開幕するニューヨークモーターショー16において、
『レゲーラ』の量産モデルを北米初公開すると発表した。
クリスチャン・フォン・ ケーニグセグ レゲーラ

レゲーラの量産モデルは3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16
でワールドプレミア。今度は米国ニューヨークに場所を移し、
同車が北米プレミアを果たす。

レゲーラはプラグインハイブリッド(PHV)パワートレイン採用のスーパーカー。
ミッドシップに搭載されるエンジンは、5.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。
最大出力1100hp、最大トルク127.5kgmを発生する。

モーターは合計3個。後輪左右用に各1個、残るひとつは、エンジンのクランク部分に
レイアウト。
このモーターが、低回転域のエンジントルク不足を補い、エンジンスターター
としても機能する。

レゲーラは、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力1500hp以上、
最大トルク204kgm以上を獲得。乾燥重量は1420kg。ケーニグセグは、
動力性能について、「0‐400km/h加速は20秒以下、150‐250km/h加速は約3.2秒」
と説明している。






5歳の頃から "完璧なスポーツカー" を作ることを夢見ていた
クリスチャン・フォン・ケーニグセグが、
スウェーデン・エンゲルホルムに設立したスーパーカー・メーカー。
創立は1994年だが、最初に公道走行可能なクルマを
市販したのは2002年の「CC8S」。
2005年には「CCR」がマクラーレンF1の持つ市販車
世界最高速度記録を破ったことでエンスージアストの注目を集める。
またフォーブス誌に「CCXR」が「世界で最も高価格なクルマ」
として選ばれたこともある。2009年にはGMからサーブを
買収すると発表し、さらにそれを白紙撤回したことで
一般にも知られるようになった。
ケーニグセグ ケーニグセグone




なかなかカッコいいです。
北欧各国は国自体として良いものを作りそうなイメージが
あるので得ですね。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する