PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

今後4年のEV・PHEVの発売がわかる経済産業省「EV・PHVロードマップ」

経済産業省の「EV・PHVロードマップ」
なるものが公表されました。


経済産業省が3月23日、自動車メーカーや電力会社、大学教授など、
幅広い関係者で構成される「EV・PHVロードマップ検討会」でとりまとめた
「EV・PHVロードマップ」を公表しました。
経産省 EV PHVロードマップ



次世代自動車「EV」や「PHV」は「FCV」と共にCO2排出削減効果が高く、
災害対応等の新たな価値も期待できることから、経産省が普及に向けて
2020年までに必要となる戦略について検討を重ねて来たもの


欧州では「EV・PHV」を次世代自動車の主軸に位置付けており、
日本にも多くのモデルを投入するなど、その動きが積極化しています。
こうした状況を受け、今回公表された「EV・PHVロードマップ」の概要は以下となっています。


・2020年における普及台数目標を最大で100万台に設定
・電欠回避のため、わかりやすい場所に充電器を計画設置
・EV、PHVユーザーが設置費を広く薄く支える仕組みを作る
・国民の4割が居住する共同住宅への充電器設置を促進
・居住者の合意形成を得るための必要情報をガイドブック化

経済産業省は「EV・PHVロードマップ」を
「水素・燃料電池戦略ロードマップ」のFCVに関連する部分とともに、
今後の次世代自動車戦略の柱としていくそうです。



2020年に保有台数100万台を目標とした
ロードマップです。
実現に向けて、国を挙げて取り組んでほしいです。
経産省 EV PHVロードマップ
さて、
注目すべきは、外資も加えた自動車メーカー各社の
EV・PHVの発売のロードマップも載っています。
検討会に自動車メーカーも参加しているので、
結構ちゃんとしています。

例えば、2016年にBMW 225xeは既に日本発売済み。
2016年後半にプリウスPHV、ボルボXC90発売。
2017年になるとホンダPHV(CR-V?)、テスラモデル3発売。
2018年ぐらいになると、BMWi5、AUDI Q6e-tronが
発売になっています。

一方、本来2017年から順に発売になる予定の
三菱の新小型SUV(PHEV)2017、次期アウトランダーPHEV2018、
RVR EV2019、軽EV(不明)ですが、全部表の一番右端2020の列に
並んで載っています。(がっくり_| ̄|○)
想像するに経産省の検討会に三菱は参加していなく、
ヒアリングでこうなってしまったのか、、
その辺は不明ですが、外資までちゃんと順になっているのに
何とも情けないです。(T_T)
上記に挙げたクルマに関する記述へのリンクを以下青文字にはっています。

BMW『225xeアクティブツアラー』

➡︎◻︎BMW225xe 発売

新型プリウスPHV

➡︎◻︎トヨタ新型急速充電対応プリウスPHV 今秋発売

ボルボ VOLVO XC90

➡︎◻︎ボルボXC 90

ホンダ 次期 cr-v

➡︎◻︎ホンダ次期CR-V PHV?

テスラモデル3 遂に発表へ

➡︎◻︎テスラモデル3 納車は2017年後半から?

bmwi5

➡︎◻︎BMWi5 アウトランダー直撃SUV? 本年発表?

AUDI クアトロ eトロン

➡︎◻︎AUDIクアトロe-tron Q6?
➡︎◻︎米CESのAUDIe-tron

三菱自動車グローバル 中期計画

➡︎◻︎三菱中期計画

アウトランダーPHEV今後どう乗る?再度改

➡︎◻︎アウトランダーPHEV今後どう乗る?(再改)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する