PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

日産 ゴーン社長 三菱不正に対してまずは静観  大人のコメント

日産のカルロスゴーン社長の
三菱不正に関する、北京でのコメントが
出ていました



三菱自動車が燃費データを不正に改ざんしていた問題で、
車の供給を受けていた日産自動車のカルロス・ゴーン社長は
「全容が解明されるのを待ちたい」と述べました。
 「我々は不正があった車を三菱自動車から買っていたので
巻き込まれているが、ビジネスパーソンとして判断できるよう
全容が解明されるのを待ちたい」(日産自動車 カルロス・ゴーン社長)
日産 ゴーン 三菱不正 会見

 日産自動車のゴーン社長は中国・北京で行われている
国際モーターショーの場でこのように述べ、
三菱自動車による不正の実態が明らかになるまでは、当面、
静観する考えを示しました。

 一方で、日産の別の幹部は、
「三菱に責任をとって頂くのが第一だ」として、三菱側に対し、
購入者への補償などを求める考えを示しました。

 三菱自動車による燃費データの改ざんをめぐっては、
三菱が生産する2車種と日産向けに供給している2車種の合わせて
、4車種62万5000台で不正が行われていました。

 三菱は、27日までに、不正が行われた経緯などを
国土交通省に報告することにしています。(25日18:43)




大人のコメントですね。
(「日産別の幹部」に比べて、、)
「別の幹部」みたいにコメントすると日産も無責任だな
という風に伝わってしまうかもしれません。

ニュースでゴーンさんが三菱からクルマを「買っている」
「BUY」という単語を使っているのが気になりました。
一緒に開発しているのではなく、OEM先から買っている
という感覚だから使った言葉なのでしょうか。


カルロスゴーンさん

⇒□ゴーンさんの年棒について
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する