PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱の新型車予想イラストあり。次期アウトランダーPHEVも(久々にベストカー買ってみました)

コンビニで珍しくベストカーを立ち読みしたら、
誌上東京モーターショーという特集があって、
次期アウトランダーPHEVの予想イラスト等が
載っていたのでおもわず買ってしまいました。
(なんちゃって転載お許しを、
面白そうだと思う方は本誌購入を)



三菱 新型車予測 ベストカー
メーカー別になっていますので、当然トヨタから
始まるのですが、しばらくめくると三菱のページが
カラーで3P掲載されていました。
まずは、中期表にも載っていなかったので
ノーマークだった新型ミラージュの18年発売。
ダイナミックシールド顔になって1.1リッターターボ
エンジン搭載とか。
更に期待の次期デリカD:5が17年夏。
そして小型SUVが17年秋発売となっている。
ここで、新しい情報としては、このクルマ発売時は
ガソリン車だけで発売するらしいという事です。
そして、一年以内に1.1リッターエンジン+ツインモーターのPHEVが
追加されるということです。

これは本当なら、新情報です。
という事は、新小型SUVのPHEVと、次期FMCアウトランダーPHEV
の発売はほぼ同時の2018年になるって事でしょうか、、。
2度目の車検を迎える自分としては、大いに悩む年に
なりそうな予感です。

それより三菱が今回の燃費不正のダメージを乗り越えて、
企業としてきちんと新車開発が続けられる状態になっている
事が大前提ですが、、、


三菱 新型車予測 ベストカー
それでもってこちらが、18年秋発売としている
次期アウトランダーPHEVのFMCになります。
そうですか〜、春じゃなくって秋予想なんですね。

デザインはちょっと見慣れた感じでコンサバな予想
ですね。実際はもう少し未来感が強調されるべきでしょう。
スペックはEV航続距離をBC誌は80㎞に改善と予想。
個人的には100㎞を期待したいです。

そして2019年春となっている新型RVRはEV同時開発
との事。
こちらもツインモーター、航続距離400㎞となっているので
期待したいものです。


とにかく不正発覚後は暗いニュースばっかりだったので、
久しぶりに明るいニュースとして思わずBC誌購入して
しまいました。
各評論家の皆さんも、あえて三菱の経営状態に触れずに
(もしかして取材時には未だ未発表だったのかもしれませんが)
三菱の新型車に対して、:非常に期待する前向きの
コメントが書かれていました。

これに答えるべく、是非頑張ってもらいたいものです。


新型車予測 ベストカー2016
ちなみに今年発売される期待のクルマの1位は、
11月発売となっている新型プリウスPHVでした。

これいいクルマっぽいですもんね。
高速の急速充電器は、年末は充電初心者で大混雑でしょう。

そして気になるトヨタのプリウスと同じTGNAからできた
ハイブリッド新型SUV C-HRが第4位。9月発売。
こう見るとレクサス、ダイハツも含めトヨタグループ強いです。

三菱も独自路線で頑張れ!
新車開発が続けられるように、三菱グループ、関連企業の皆さん
是非応援してあげて下さい。

次期 2018 アウトランダーPHEV Mitsubishi Outlander phev next2018

➡︎◻︎次期アウトランダーPHEVの勝手な予想


三菱自動車グローバル 中期計画

➡︎◻︎アナリスト向け三菱の新型車発売スケジュール



新型プリウスPHV NYニューヨークデビュー プリウスプライム


➡︎◻︎新型プリウスPHVは凄い


トヨタ C-HR 市販モデル ジュネーブ
➡︎◻︎トヨタC-HR市販モデル
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する