PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

一転悲報 当初「シロ」発表の三菱「アウトランダーPHEV」の燃費測定も「クロ」!!

月初に三菱の燃費不正において、国内で3車種のみ「シロ」と言っていた
中に含まれていた「アウトランダーPHEV」ですが、結局「クロ」との報道が、、、



三菱自動車の燃費偽装問題で、三菱自が2013年に発売した
プラグインハイブリッド車(PHV)「アウトランダーPHEV」の燃費を調べるための
走行データを測る際、法令で定められた重量より軽い車両を使い、
机上計算で補正していたことがわかった。

新型アウトランダーPHEV2015 カタログから



 4月20日に軽自動車の燃費偽装が発覚した後に行った社内調査で判明した。
5月11日の記者会見では公表していなかった。

 三菱自はこれまでアウトランダーPHEVについて、法令で定めた「惰行法」という
走行試験のやり方で測定していた3車種の一つで、正しい方法で測定していたと説明し、
現在も販売中だ。新たな不正が見つかり、三菱自のずさんな実態が改めて浮き彫りになった。

 関係者によると、タイヤと路面の摩擦や空気抵抗のデータ「走行抵抗値」を測る際、
本来は荷物を積んだ状況などを再現するため、車両重量に一定の重さを加えて
走行試験を行う必要がある。三菱自は、この手順を怠り、重量の違いによる
測定値の変化を机上で計算したデータを審査機関に提出したという




やっぱりぬかよろこびは禁物でしたね(ガックリ)
アウトランダーPHEVも補償対象車になってしましました。
しかし、オーナーとして、実にいろんな事を経験させられる
スリリングなクルマです。
ちょっぴり麻痺してきた感のある自分が怖いです。



残るデリカD:5、ミラージュはいかに、、、
よくよく考えたら、不正してない方が難しい状態
だったのかも知れませんね。
社内矛盾してしまいますから、、、
全部クロと思っておいた方がいいのかも、、、
三菱燃費不正 対象外 アウトランダーPHEV

⇒□アウトランダーPHEV仮シロ時既述


三菱自動車補償一

⇒□今後発生する三菱の補償範囲について

2度目の「ガソリン代をメーカーに払ってもらうクルマ」
になるのでしょうか、、、、、(前代未聞だと思います)。




⇒情報源 (YOMIURI ONLINE)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する