PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

PHEV鳥獣戯画 その23 「PHEVのモーターとは?」


PHEV鳥獣戯画 その23 「PHEVのモーターとは?」


つづく、、、

PHEVについて素人の「うさこ」にアウトランダーPHEV
3年乗っている「ケロタロウ」が少しづつ教えていくという
単純なマンガです。
三菱自動車のゴタゴタにもめげずにこの近未来カーについて
前向きに語っています。
10月発売の新型トヨタPHVについて関心のある方も、
プラグインハイブリッド車の基本知識としてご覧いただければ幸いです。




アウトランダーPHEVには明電舎製の2台の駆動用モーターがのっています。
これが独自のツインモーターによる4輪駆動です。
物理動力を伝える必要が無いので、両方を繋ぐプロペラシャフトはありません。
ロスが全く無くって非常に効率的ですね。
そして、PHEVにつまれているモーターの種類は
ACモーターで、永久磁石式同期 モーター(油冷/水冷) だそうでです。
アウトランダーPHEVの前後輪の駆動力は
前後のモーターを制御することで配分されています。
直進走行では、前後輪の回転数は同一に制御され、
旋回時には旋回半径に合わせて前輪の回転数が速くなるそうです。
前後とも、同じ60kWのパワーを発しますが、
コストの関係もあり、リアモーターはアイミーブと同じモーター(S61型)を
採用していますが、搭載スペースに限りがあるフロントモーターは、
専用開発品になっている(Y61型)そうです。
そして、
何とフロントモーターが油冷、リアモーターが水冷です。
何とも凄いツインモーターシステムです。
モーターの事を知るとこれを制御しているインバーター
なるものについても知りたくなります。
次回に続きます、、、

アウトランダーPHEVのモーター 明電舎


➡︎◻︎アウトランダーPHEVの駆動用モーターの種類は?



アウトランダーPHEVモーター

➡︎◻︎アウトランダーPHEVのモーターについて知らなかった事


アウトランダーPHEV 1500W電源 インバーターパターン

➡︎◻︎アウトランダーPHEVには外部給電専用にインバーターがもう一つ載っている!
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する