PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

日産 今年度中にレンジエクステンダー付EV日本に上市

日産のレンジエクステンダー付EVがいよいよ発売になる様です。



日産が航続距離300kmを超える次期型「リーフ」を開発中という話は
聞いているが、近い将来、これとは別に同社から、航続距離の長い
電気自動車(EV)が登場するようだ。日産のカルロス・ゴーンCEOは、
6月に開かれた同社の年次株主総会で、レンジエクステンダー方式の
新型コンパクトカーが日本に導入されることを明らかにした。
また、ゴーン氏によると単一車線での自律走行機能を備えた最新の
自動運転技術「プロ パイロット」も製品化に向けて開発中だという。
どちらも2017年3月末までに市場に投入される見込みだ。
日産 レンジエクステンダー付EV 新型ノートEV 新型セレナ

昨年秋のフランクフルト・モーターショーで公開された
「ニッサン グリップス コンセプト」は日産のレンジエクステンダーを
予告する存在だった。このコンセプトカーには、リーフと同じ駆動用の
電気モーターと、それに必要な電気を発電するガソリン・エンジンを
組み合わせた「Pure Drive e-Power」と呼ばれる
シリーズ・ハイブリッド・システムが搭載されていた。
この技術が新型車に採用されるものと見られる。
日産 NISSAN GRIPZ Concept 東京モーターショー

株主総会でゴーンCEOは「この新型車は、航続距離の拡大と、
燃費の向上を求めるお客さまニーズにお応えします。
本モデルに搭載する新しいe-Powerシステムは、日産リーフと
同様の軽快な走り、静粛性、優れた加速性能、そして高い効率性を
実現しています」と述べた。




車種は「ノート」だという噂も出ていましたが、
何れにしてもリーフ以外のEVが発売されるという事、
そして、電欠の心配が少ないレンジエクステンダー
(エンジン)搭載車が出るという事は、EVの裾野が広がる事に
貢献すると思われます。

期待しましょう。
ちなみに同じエンジンを積んだEVでも、
レンジエクステンダー付EVは、シリーズ走行しかできないクルマ。
(例えばBMW i3等)
パラレル走行(エンジンからも動力がタイヤに伝わる)も出来るのが、
PHEVという事になるのだと思います。
(アウトランダーPHEVやプリウスPHV等)

日産スウェイ SWAY

➡︎◻︎昨年12月の既報は本当だったという事ですね


日産 NISSAN GRIPZ Concept 東京モーターショー


➡︎◻︎勝手に期待したい三菱・日産 シナジー車



モーター搭載車の違い
モーター搭載車の違い 車検証

➡︎◻︎2年前に書いたモーター搭載車の違いについて
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する