PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

メルセデスの2モーター4駆EV パリモーターショーに登場

東京モーターショー以来久しぶりにメルセデスベンツ
EVのニュースが。パリモーターショーに出展されるとの事!



オーストラリアの自動車情報サイト『Motoring』の取材に
メルセデス・ベンツ・オーストラリア・パシフィックの取締役デヴィッド・マッカーシー氏が
語ったところによると、メルセデス・ベンツは9月29日に開幕する
パリ・モーターショー 2016で、高性能EVセダンのコンセプトカーを
公開する予定であるという。
メルセデスベンツ EV パリモーターショー2016


それは前後に電気モーターを搭載する4輪駆動で、航続距離は500kmと、
テスラ「モデルS」に匹敵する優れた性能になるそうだ。
マッカーシー氏は、テスラにとって「よい刺激になるだろう」と述べている。
メルセデスはこのEVを2018年に市販化し、
価格は1,500万円〜2,000万円程度になると見られている。

マッカーシー氏はメルセデス・ベンツの長い歴史や、これまで予定通りに
製品を発売してきた優秀な実績についても語っているが、しかし、
よりハイエンドなEVの需要に関して、少なくともオーストラリアでは
他国に比べて悩みの種があることを認めている。オーストラリアは
都市間の移動距離がとても長いため、航続距離について不安視せざるをえないというのだ。

これまでメルセデス・ベンツが開発したEVは、「Bクラス エレクトリックドライブ」と
2シーターのスマート「フォーツー エレクトリックドライブ」のみである。
今年5月、メルセデス・ベンツは2020年までに4台の新型EVを開発する
という報道があった。その内2台は先述のモデルを含めてセダンであり、
残り2台はSUVになるという。いずれも航続距離は少なくとも400kmを
超える性能になるとのことだ。


東京モーターショーの出展車がびっくりのコンセプトカーだったので
今度は現実路線でしょうか?>
値段が付いているのも発売間近という感じなのでは?


東京モーターショー2015 メルセデスベンツ ヴィジョン トウキョー Vision tokyo

➡︎◻︎2015東京モーターショーのメルセデスのEV

東京オートサロン2015コンパニオン
➡︎◻︎東京オートサロンでのメルセデスベンツ コンパニオンさん
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する