PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

遂に全体イメージ公開!3列シートMPV「MITSUBISHI XM Concept」



三菱自動車は4日、インドネシアで11~21日(一般公開は12日から)の期間に開催されるインドネシア国際オートショーにて、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー「MITSUBISHI XM Concept」を世界初披露すると発表した。


MITSUBISHI XM Concept



「MITSUBISHI XM Concept」は、三菱自動車が得意とするSUVの力強さとMPVの多用途性を融合させたスモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー。3列シートを最適に配置し、乗員7名がくつろげる広々とした居住空間を確保し、多彩なシートアレンジを可能にしている。

フロントフェイスには、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。伸びやかでスポーティなボディに、安定感をアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高など、SUVらしいスタイリングや機能を融合させている。同車のコンセプトを採用したスモールサイズのクロスオーバーMPVは、西ジャワ州ブカシ県の新工場にて10月から生産開始するとのこと。

インドネシア国際オートショーではその他、スポーティで上質なエクステリアデザインに一新したコンパクトカー「ミラージュ」2017年モデル(インドネシアで8月発売)、アセアン地域で好評を博し、インドネシアのメディアが主催するカー・オブ・ザ・イヤーで4冠を達成したミッドサイズSUV「パジェロスポーツ」など、インドネシアで販売する乗用車を出品する。



次期「デリカ D-5(6?)」とも言われるコンセプトカーですが、なかなかカッコいいでは
ありませんか!
昨年の東京モーターショーに出展し、その後日産傘下入りで、開発白紙とも噂される
次期電動RVR「eX コンセプト」のデザインを踏襲し、3列シート化したような感じに見えます
やっぱりRVRの電動化が中断したので、そのエッセンスをこっちに乗り換えたのでしょうか?
ともあれ遂にここでフロント、サイド、リアともすべて「ダイナミックシールド デザイン」で
一貫してデザインされる、自分が「フル ダイナミックシールド」と勝手に呼んでいる
クルマが遂に、実現するかもしれませんね。
楽しみです。

三菱が、燃料不正によって日産傘下になって、中期計画がズタズタになる中、
(電動車両の開発中止が判明)このMPVは期待の星です
是非いいカタチで発売してほしいですね!


三菱 eXコンセプト EV SUV 東京モーターショー2015
三菱 eXコンセプト EV SUV 東京モーターショー2015

➡□東京モーターショーのeX コンセプト

三菱自動車 ダイナミックシールド デザイン
三菱ダイナミックシールドデザイン


➡□フルダイナミックシールド車はいつ発売?


➡□インドネシア モーターショー既報
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する