PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

PHEV鳥獣戯画 その26 「PHEVに合わないヒトとは?」


PHEV鳥獣戯画 その26 「PHEVに合わないヒトとは?」


つづく、、、

PHEVについて素人の「うさこ」にアウトランダーPHEV
3年乗っている「ケロタロウ」が少しづつ教えていくという
単純なマンガです。
三菱自動車のゴタゴタにもめげずにこの近未来カーについて
前向きに語っています。
ついついアウトランダーPHEVの事となると熱くなって
しまうのがたまに傷。
今回は友達のモン太くんが登場!果たして今後の展開は?
プラグインハイブリッド車の基本知識としてご覧いただければ幸いです。




アウトランダーPHEVに乗ると、従来のガソリン車とは、
クルマづくりの思想が異なる事が判ります。
従来のガソリン車は、
エンジンが、高回転してパワーを引き出して走る。
つまりエンジンが、加速やトルクを支配しています。
これを、モーターでアシストしているのが、一般的な
ハイブリッド車で、あくまでモーターはエンジンの補助的な
モノに過ぎません。
特に、一般的なハイブリッド車では、
エンジンが不得意な低速時の立ち上がりや、
加速レスポンスのタイムラグを埋めるのに、モーターが
使用されている事が多いです。

これをアウトランダーPHEVに期待すると、「おやっ?」
という事になります。
このクルマあくまでもEVとして、基本モーターで走ることを
前提に作られているので、エンジンは電気を発電する補助的な
役目でしかありません。
なので、モーターで十分なパワフル感が味わえますが、
エンジンが回る事によって、エンジン分の加速感が、そのまま
足される様な感覚にはなりません。
しかも、モーターが電費上不得意な高速領域に入ると、今度は
エンジンの回転が直接タイヤに伝わって、パラレルモードに
なった後、モーターはお休みに入ってしまう場合が多いです。
兎に角、エンジンがウンウンいって、その度にクルマが
引っ張られていく従来の感覚から、一度アタマを切り替えれないヒト
にはこのクルマは向かないかもしれません。

基本電気自動車に乗り換える気持ちで乗っていただく方が
良いクルマだと思います。
(自分も購入前にはここまでの割り切りはなくって、実は乗ってみて
判った事なんですけどね。)

あとは、充電するという事に、前向きであるという事が、
実は結構このクルマに合うかどうかの重要なファクターに
なってきます。

これを受け入れられるか、面倒くさいと思うかで、
乗り心地や、走りの快適さなどの普通のクルマの好き嫌い要素とは別で、
このクルマの評価がかなり変わってきます。

さてさて、モーターが主で走るクルマと、モーターが補助するクルマ
どちらを期待してアウトランダーPHEVに乗りますか?
この、違いで既にこのクルマに合うか合わないかは決まってしまう
様なものです。

モーター搭載車の違い
Mitsubishi Outlander ︎PHEV engine or motor

➡︎◻︎エンジンORモーター?

アウトランダーPHEV vs ハリアーHV vs エクストレイルHV

➡︎◻︎アウトランダーPHEVvsハリアーHVvsエクストレイルHV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する