PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

中国ネット動画配信大手、楽視(LeEco)遂に中国工場建設に着手

中国の会社の中には、この会社の資金はどこまで続くのだろう?
と不思議に思う様なものがあります。
その一つがインターネット動画の楽視(LeEco)です。
いよいよ中国にEV工場を建設とのこと。
その投資額は1800億円!?。



 【上海】中国のインターネット動画配信大手、楽視(LeEco)は10日、ネット接続機能のある電気自動車(EV)の生産に向けた工場建設を発表した。120億元(約1830億円)を投じる計画とした。
中国のインターネット動画配信大手、楽視(LeEco)

 中国東部の浙江省北部に位置する莫干山近郊に、自動車テーマパークの一部として建設する。EVの計画年産能力は40万台。着工時期や操業開始時期の見通しは明らかにしていない。

 楽視の創業者で会長の賈躍亭氏は発表文で「莫干山事業はマーケティング、展示、カーシェアリング、自動車ローンなどの面で、ファラデー・フューチャーを含む楽視の全ての戦略的パートナーに開放する」と述べた。また、楽視とファラデーは生産、研究開発、サプライチェーン、充電施設の分野でグローバルな戦略的提携関係を深めると述べた。

 カリフォルニア州に本拠を置くファラデーは、楽視が後ろ盾についたEVベンチャー。ネバダ州ラスベガス北部に工場を建設中で、来年のEV販売開始を目指している。



この会社の資金が凄いことを示す記事もう一つ。


中国最大のインターネット企業の一つ LeEco(楽視)は火曜日(8月2日)、Netflix との重要な協力関係の計画があることを示唆した。詳細は年内に発表される見込みだ。LeEco の共同創業者で副会長の Liu Hong(劉弘)氏は、北京で開催されたイベントでこの協力関係について言及した。

LeEco は、北米進出の経営戦略を明らかにするアメリカでのイベントを2ヶ月にわたって遅らせており、その最終期限は9月に設定されている。LeEco はアメリカ本部とするため、カリフォルニア州サンタクララにある建物(編注:元 Yahoo の建物)を最近購入した。

Netflix のニュースがもたらされたのは、LeEco がアメリカの家電会社 Vizio を20億ドルで買収してから一週間後のことだ。安定的に製品を使ってくれるユーザを確保できることが Vizio 買収に至った理由の一つであり、Netflix も Vizio 同様に、そのような価値を提供できるだろう。
米家電 VISIO

しばしば中国版 Netflix の異名で呼ばれる LeEco だが、同社は Netflix よりも複雑な会社である(そして、おそらく Netflix と比較されることを好まないだろう)。LeEco は、スマートフォン向けのストリーミングサービス以外にも、スマートTV やコネクティッドカーにまで、そのサービス分野を拡大してきた



この会社、米国のテスラキラーと呼ばれるファラデーフューチャー社の
ラスベガス工場にも資金提供しているらしいので、恐るべき資金力です。

中国電動車両LeEcoの『LeSEE』

➡︎◻︎Le Eco のEVについて既述


ファラデーフューチャー

➡︎◻︎ファラデーフューチャーのラスベガス工場
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する