PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

PHEV鳥獣戯画 その30 「続それでもPHEVを愛す」

PHEV鳥獣戯画 その30「続それでもPHEVを愛す」


つづく、、、

PHEVについて素人の「うさこ」にアウトランダーPHEV
3年乗っている「ケロタロウ」が少しづつ教えていくという
単純なマンガです。
三菱自動車のゴタゴタにもめげずにこの近未来カーについて
前向きに語っています。
ついついアウトランダーPHEVの事となると熱くなって
しまうのがたまに傷。





不正発覚後も不正な方法で燃費測定

国土交通省によりますと、三菱自動車は、燃費の不正問題が発覚した後も、都合の良いデータだけを選んで燃費を算出する不正な方法で車の燃費を測定し、問題が無いとして販売を続けていたということです。

これについて燃費を測定した担当者は「不正な測定方法だと認識していなかった」と説明していて、経営トップの益子修会長も30日の会見で「詳細については、現場に任せていた」と述べるなど、ずさんな法令順守の体制が浮き彫りになりました。

三菱自動車は、日産自動車の事実上の傘下に入って経営の立て直しを進めることにしていますが、信頼回復に向け再発防止に取り組む会社側の姿勢がより一層、厳しく問われることになりそうです。



これでクルマが悪いクルマだったら、
いっその事楽なのかもしれません。
何故ならこんな会社の作るクルマはあっさり見捨てて、
別のクルマに乗り換えればいいんですから。

しかし、、、しかしなんです
アウトランダーPHEV、これがいいクルマなんです。
だから一層三菱のなってない対応が、
歯がゆくって仕方ありません。

「勿体無い」の一言に尽きます。
「ダメだこりゃ」という記者会見です。
日産から乗り込まれる方は、ご苦労お察しします。
もう今更、体裁を保つ必要も無いでしょう。
「体裁」自体が無いですから。

追記
三菱販売停止 燃費不正の保証
昨日新しいリリースが三菱HPに出てました。
販売再開に向けて国交省に再申請した様です。
(未だに再販売には至ってません)
三菱 燃費不補償対象車検索
この様な対象車検索ページも出来ておりました。
自分の初期型ランダーPHEVは、
「対象外の車両」と判定されました。
と出ます。
気になる方はやってみて下さい。

➡︎◻︎三菱HP対象ページに


PHEV鳥獣戯画 その29「PHEVも一時販売停止」

三菱 販売停止車種

➡︎◻︎アウトランダーPHEVも販売停止!!




PHEV鳥獣戯画 その16 それでもPHEVを愛す

➡︎◻︎それでもPHEVを愛す その①
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する