PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

VW golf GTE についている「GTEボタン」とは?

レスポンスに
VW ゴルフGTE 試乗記事が



ほとんどのプラグインハイブリッドカーは、「EVモード」「ハイブリッドモード」を選択できるようになっている。VW『ゴルフGTE』も同様でありEVモードを選択すれば、最高出力80kW(109ps)/最大トルク330Nmのモーターでの走行が可能だ。
VW golf GTE

正直、ゴルフクラスの寸法であれば、このモーターの出力だけでも十分にキビキビ走ることができる。EV走行のまま130km/hまで走れるし、航続距離は最高50kmほど。EVのゴルフとして、静かで力強く、快適な走りを楽しむことができる。ハイブリッドJC08モード燃費23.8km/リットルも悪くはない数字と言えるだろう。

しかし、ゴルフGTEには、もうひとつ「GTEボタン」が用意されている。これが、このモデルの最大の特徴ではないだろうか。

このボタンを押すと、最高出力110kW(150ps)の1.4リットル直噴ターボのTSI(R)エンジンが目覚めて、駆動はエンジン主体となる。もちろんモーター駆動よりも走りはキビキビと力強い。しかし、キビキビはこれで終わりではない。その状態でアクセルを深く踏み込むと、エンジンの力にモーターの力がプラスされ、目の覚めるような強烈な加速を味わえる。エンジンの力にモーターをプラスして、1+1=2のパワーを楽しめるのだ。

日本のハイブリッドのほとんどはエコ/省燃費志向だ。しかし、ハイブリッドは他にも使い道がある。それが「運動性能を高める」であり、ゴルフGTEはそちらの方向でハイブリッドを利用していたのだ。




成る程、このセッティングは、
自分がアウトランダーPHEVを買う前に
想像していたプラグインハイブリッドの
イメージに近いです。
正に1+1=2
みたいな感じでした。

しかしアウトランダーPHEVには
見事にそしてEV寄りに裏切ってくれました。
一方VWは、アウトバーンを高速で走る必要に多く
迫られる独車ならではと思いました。
さて渋滞、信号の多いニッポンに合った
プラグインハイブリッドはどのように進化
していくのでしょうか。
いずれにしても、電動部分の高機能化と
燃料機関部分の効率化は、鍵になるような
感じです。

VWコンパニオン 東京オートサロン2016


→◻東京オートサロンでのgolfGTE
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

2016-12-07 (Wed) 05:59