PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

ボンネットとルーフが一体で開く?!ルノーEVコンセプトカー「トレゾア」登場

今年のパリモーターショー2016は電動モーターショーとも言えるほどの
EV、PHEVが花盛りです。
こちらはルノーのビックリEV。


フランスの自動車大手、ルノーは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、EVコンセプトカーの『トレゾア』(TREZOR)を初公開した。
ルノー「トレゾア」ボンネットとルーフが一体で開くEV


トレゾアは、ルノーデザインの新たな段階の始まりを告げるコンセプトカー。ボディサイズは、全長4700mm、全幅2180mm、全高1080mm、ホイールベース2776mm。未来の2シーターGTスポーツを提案した1台となる。

圧巻は、ボンネットとルーフが一体で開く点。ワンピースのクラムシェルルーフは、宝石箱のように持ち上がり、室内へのアクセスを可能にする。ルノーは、「サプライズなプロポーションが特徴」とコメント。

パワートレインは、EV。EVレースの「フォーミュラE」マシン用を基本とするモーターは、最大出力350hp、最大トルク38.7kgmを発生する。車両重量は1600kg。0-100km/h加速は4秒以下で駆け抜ける。
ルノー「トレゾア」ボンネットとルーフが一体で開くEV
フロントのCシェイプのLEDライトは、最新ルノー車に共通するデザイン。足元には、21インチと22インチの大径タイヤ&ホイールを装着。走行モードは、ノーマル、スポーツ、自動運転の3種類となる。




これはきてます。
見て見たいものです。
ルノーは時々とんでもないコンセプトカーを
出してくるので楽しい会社です。

ルノー エオラブ

➡︎◻︎ルノーのリッター100キロカー「EOLAB」2014パリ


ルノーKWID

➡︎◻︎ルノーの小型ヘリ内蔵SUV「KWID」2014デリー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する