PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

今までにない自動車の楽しみ方がアウトランダーPHEVのオススメポイントか?

レスポンスにモータージャーナリスト片岡英明氏の
アウトランダーPHEV評があるので紹介します。



アウトランダーPHEV 評価

『i-MiEV』で培ってきたEV技術を注いで送り出した真感覚のクロスオーバーSUVが『アウトランダーPHEV』だ。優れた環境性能に加え、4WDならではの絶大な安心感と気持ちいい走りを高いレベルで達成している。PHEVのネーミングから分かるように、プラグイン方式を採用し、12kWhの大容量リチウムイオン電池を搭載した。満充電の状態なら60kmを超えるEV航続距離を誇る。

これはライバルと較べても優秀な数値だ。実走行でも40km以上のEV走行を可能にしている。EV走行できる距離が長いから、買い物や駅への送迎などの近場の移動ならガソリンを使わない。また、郊外への通勤なども無理なくこなせるだろう。

もうひとつ、アウトランダーPHEVが他のPHEVと違うのは、前輪と後輪に高性能モーターを組み込んだツインモーター4WDであることだ。積極的に4輪に駆動力を配分し、舗装路だけでなく、悪路や雪道でも意のままの走りを楽しむことができる。

最新のアウトランダーPHEVは、初期モデルより制御が緻密になり、ドライバビリティがよくなった。パンチ力も増している。アクセルを踏み込むと気持ちいい加速を見せ、そこから先はシームレスな伸び感だ。発進加速も鋭い。街中の走りで主体になるのは快適なEV走行である。静粛性が高く、加速もなめらかだった。モーターの効率が落ちる高速走行ではエンジンに出番が回ってくる。が、遮音を徹底したこともあり、EVに迫る静粛性だった。

一般的な走行シーンだと4WDを意識させる場面はまったくない。それくらい自然で素直な走行感覚なのだ。最新モデルは洗練された操舵フィールに加え、上質な乗り心地を実現している。速いコーナリングでもアンダーステアを上手に抑え込んでいるから狙ったラインにたやすく乗せることができた。前後左右の絶妙な駆動力配分と緻密なブレーキ制御によってタイトコーナーも苦にならない。EVから受け継いだ低重心設計と相まって、軽やかなハンドリングを楽しむことができる。

大容量のリチウムイオン電池は、アウトドアでは家電製品を使うことができて便利だ。エネルギーに柔軟に対応できるのも、他のクルマにはない魅力である。災害時に停電しても発電、給電、充電ができるから、非常時の電源確保ツールとして最適だ。今までにない自動車の楽しみ方と使い方ができる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

片岡英明│モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。新車からクラシックカーまで、年代、ジャンルを問わず幅広く執筆を手掛け、EVや燃料電池自動車など、次世代の乗り物に関する造詣も深い。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員




こちらは、欠点を述べていない
かなりの高評価です。
その割に部分評価の星が一つづつ足りないのは
何かが物足りないとお感じなのでしょうか。
今までにない自動車の楽しみ方と使い方ができる。
というのが片岡氏のオススメポイントなんでしょう。


三菱スターキャンプ2015

➡︎◻︎アウトランダーPHEVを使ってのEVキャンプ記事
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する