PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

アウトランダーPHEVの大型サイドブレーキとシフトレバーは新旧混在?!

レスポンスにモータージャーナリスト
岩貞るみこ氏のアウトランダーPHEV評があるので紹介します



先端技術を満載させて登場してくるライバルを迎え撃つ、三菱『アウトランダーPHEV』である。いち早く登場したこともあり、インテリアには古さが否めない。

運転席でいちばん最初に目につくのは、大きなサイドブレーキレバーなのだが、ほかのPHEVたちがすでに電磁式で、指先でさわれる程度に小型化したパーキングブレーキスイッチになっているなかで、ものすごく違和感がある。がんばって未来的にデザインされ、小さくまとめられたシフトレバーとの対比は、新旧混在といった風情だ。
アウトランダーPHEV 評価

しかし、アウトランダーのアドバンテージは、そのちょうどいい日本サイズと、ためた電力をアウトプットできるところだろう。

停電したときに自力で電力をなんとかしたいというニーズは多い。そして、災害大国の日本では、そういう機会は頻発する可能性が高いのだ。外国勢がこのポイントをどうとらえてくるかはよくわからないけれど、日本のPHEVとしては、ここは絶対的なアドバンテージなので、ぜひ、今後も貫いていってもらいたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。




女性らしいインテリアに対する厳しいご指摘が。
特に
大きなサイドブレーキレバーが、ものすごく違和感がある。
小さくまとめられたシフトレバーとの対比は、新旧混在といった風情だ

というところが、成る程そこですか
と思わせられます。

この辺は是非モデルチェンジして欲しいですね。
下はすでに対応済みの北米仕様2017
新型アウトランダーPHEV 北米 電磁パーキングブレーキ
新型アウトランダーPHEV 北米2017 コンソール

➡︎◻︎2017北米仕様アウトランダーPHEV
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する