PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱自動車 いよいよゴーン会長体制に 何と社長に益子氏留任?!

今日のNHKニュースから



日産自動車は、カルロス・ゴーン社長が三菱自動車工業の会長に就任する人事を固めました。燃費の不正問題が発覚した三菱自動車は、近く日産の傘下に入る予定で、ルノーの会長と日産の社長を兼務するカルロス・ゴーン氏のもとで経営の抜本的な立て直しを進めることになります。


カルロスゴーンさん

日産自動車は、ことし5月、燃費データの不正問題が発覚した三菱自動車の株式の34%を取得することで基本合意し、近く傘下におさめる見通しです。
これに伴い、日産は、三菱自動車の新しい会長に、カルロス・ゴ―ン社長が就任する人事を固めました。

ゴ―ン社長は62歳。平成11年にフランスのルノーから当時、経営危機に陥っていた日産のCOO=最高執行責任者に就任し、翌年、社長となりました。
国内工場の閉鎖や従業員の削減など大規模なリストラを進めて業績のV字回復を実現し、その後、17年にわたって日産の経営トップを務めています。

今回の人事で、ゴーン氏はルノーの会長、日産の社長、三菱自動車の会長の3つのポストを兼務することになり、三菱自動車は、ゴーン氏のもとで経営の抜本的な立て直しを進めることになります。

また、三菱自動車の社長には現在の益子修会長兼社長を留任させる方向で最終的な調整を進めています。




ゴーン氏の会長は期待したいですが、
実行部隊が益子さんでいいのでしょうか?
ゴーン氏益子氏蜜月説も、、、、、
もしこの体制ならば、技術者の相川氏にやらせたかった
気もします、、、

三菱会長にゴーン氏 3役
今日の日経
ゴーンさん忙しいです。3役はスーパーエグゼクティブですね。
年棒は10億円から増えるのでしょうか?
⇒ゴーンさんの年棒

三菱 日産

⇒■ゴーン氏益子氏蜜月関係について


三菱燃費不正 2016

⇒相川氏辞任 益子氏「暫定」留任 5/18
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する