PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

「三菱 電動ドライブステーション」一号店、関東三菱世田谷店に行ってきました。その②

三菱 世田谷 電動ドライブステーション
三菱の次世代カーディーラーの雛形
「電動ドライブステーション」一号店に行って来ました。
頂いたパンフレットの様に素晴らしい施設に変身してました。
店舗の奥の一角が「ライフスタイルコーナー」というものに
なっていて、そこでV2Hのデモが受けられます。

三菱 世田谷 電動ドライブステーション
この様な自宅をもした様な空間で、液晶モニターを
見ながらスタッフの方からデモを受けます。
店舗の壁面の太陽電池パネルと店頭のアウトランダーPHEVが、
三菱電気のV2H「エネディア(EV用パワーコンディショナー)」に
繋がっています。
大型の液晶モニターにはリアルタイムのエネルギーフローが
映ります。

三菱 世田谷 電動ドライブステーション
カーテンを閉めて、部屋を暗くできる様にしてから、
実際にブレーカーを落として東京電力からの電気を遮断して
「擬似停電」状態を作ります。
当然灯もTVも冷蔵庫も消えてしまいます。
さてさて、ここからV2Hパネルを操作して、
アウトランダーPHEVのバッテリーから
電気を供給します。
(V2H自体にはバッテリーが無い条件になっていますし、
太陽電池からの供給も止めて、PHEVだけの能力を体感します)
エネルギーフローに電気が流れ、一度暗くなった室内に
灯がともり、TV冷蔵庫も復活。
電子レンジなどをつけていってどのくらいの電気容量になるかを
実感します。2kw以上になってもへっちゃらでした。
何と三菱電気のV2Hの出力は6kwもあるのです。
単体で1kwを超えてしまうエアコンやIHクッキング器の併用も
可能な出力です。

ここで、アウトランダーPHEVの100V供給ソケットの
限界が1500W(1.5kw)なのに対して、V2Hならばその4倍も
使えるという事を理解しました。

三菱 世田谷 電動ドライブステーション

そして、パンフにもある様に震災後電気が復旧する迄に3日ぐらいかかった
世帯が多いそうです。当然ガスやガソリンスタンドの復旧は 更に遅い。
こういう電動ドライブステーションが地域にできると助かります。
個人でも検討したくなる内容でした。
非常に勉強になりました。

三菱 世田谷 電動ドライブステーション


この店舗には店内にも普通充電のコンセントが2器
外に1器計3器あります。
普通充電の2倍の速さで充電できるV2H1器
これに急速充電器1器を合わせて計5器の充電設備を備えています。

LINE スタンプ
いいね!

三菱 世田谷 電動ドライブステーション

唯一惜しいのは、急速充電器がピカピカなシルバーのケースに
収められた、旧式のもののままだった事です。
(窓の淵の所から黄い躯体が見えます)
初の「電動ドライブステーション」なのですから、充電ソケットが
使いやすい高丘の最新器あたりに代えても良かったのでは
無いでしょうか。

全体として素晴らしいです
三菱の多くの店がこれになると良いですね〜期待します。

三菱 電動DRIVE Station

➡︎◻︎電動DRIVE STATIONについて



Nichikon EVパワーステーション


➡︎◻︎V2Hについて、ニチコンのEVパワーステーション等

アウトランダーPHEV エコプロダクツ展

➡︎◻︎アウトランダーPHEV V2Hと接続可能に 2014年12月

関東マツダ目黒碑文谷店


→◻素敵すぎるディーラーさんに行ってみたシリーズへのリンク


LEAF aero style 東京オートサロン2016

→◻カスタム リーフ エアロスタイル
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する