PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

2016年を振り返る 電動車両、注目のコンセプトカー、次期発売モデル 11選

今年も各社から意欲的な電動車両が発表になりました。
来年以降の発売が決まったものもありますが、
その中から注目のクルマを11台。
➡︎で対象車の記事にリンクしています。

アウディ 「クアトロe-tron」
アウディ e-tron クアトロ コンセプト
アウディの4輪駆動ピュアEV。前1後ろ2の、
3モーター合計の最大出力は370kWの強力な意欲作。

➡︎◻︎アウディ クアトロe-tron


VW「ID」
フォルクスワーゲンVW 「ID」
ビートル以来の革新とも、未来のゴルフ
とも言われる2020年発売のVW「ID」
➡︎◻︎VW 「ID」

VW「BUDD-e」
VW BUDD-e ラスベガス
背水の電動車両シフトに向かう排ガス不正事件後のVW。
こちらは初のモジュール化された電動パワートレインを
搭載したミニバンピュアEV「BUDD-e」。
➡︎◻︎VW「BUDD-e」

ポルシェ「ミッションE」
ポルシェ ミッションe
ポルシェの2モーターを搭載、合計最高出力は600ps以上、
0-100km/hを3.5秒以下で加速するピュアEVスポーツ。
王様なら欲しい一台。日本発売は2020年以降?
➡︎◻︎ポルシェ「ミッションE」

マツダ「RX-VISION」
マツダ RX-VISION 東京オートサロン2016
当初は電動車両でないので外そうかと思っていたクルマですが、
マツダはロータリーエンジンをレンジエクステンダーとして
使用したEV参入を示唆したので、急に浮上。
このクルマや次期CX-3等に電動パワートレインが乗るといいな。
➡︎◻︎マツダ「RX-VISION」

スバル VIZIV FUTURE CONCEPT
東京モーターショー2015 スバル VIZIV FUTURE CONCEPT
この次期フォレスターも、東京モーターショーではただのHV
になってしまったのですが、その後スバルのEV、PHEV参入報道で、
北米を皮切りに電動パワートレイン搭載が現実味を帯びてきました。
すでに完成度は高いので、注目の一台です。
➡︎◻︎スバル「VISIV FUTURE CONSEPT」

日産「ブレードグライダー」
日産 スポーツEV「ブレードグライダー」2016
今年、三菱を傘下に入れた日産は久々に意欲的な
スポーツEV「ブレードグライダー」をブラジルで公開しました。
3人乗りインホイールモーターを搭載。SF感満載。
➡︎◻︎日産「ブレードグライダー」

メルセデス「EQ」
メルセデスベンツ 「EQ」
とんでもないデザインが多かったダイムラーが、
急に現実的なコンセプトカーをパリに出展。「EQ」はEV専用ラインになるようです。
フロントとリア計2基の電動モーターを搭載。4輪を駆動。システム最高出力は408ps
➡︎◻︎メルセデス「EQ」


レクサス「UX」
レクサスUX LEXUSUX
レクサスの小型SUV。パワートレインは不明ですが、
プリウスPHVのものが搭載可能なサイズなのと、年末にかけて
トヨタがピュアEVへの参入を表明したことも加味して。
➡︎◻︎レクサス「UX」

ホンダ 5代目「CR-V」
ホンダ 新型CR-V 2017
来年頭にも北米から発売となるホンダ5代目「CR-V」
当初はPHEVのパワートレイン搭載は無いようですが
積まれる噂もあり要注目の一台です。
➡︎◻︎ホンダ 5代目「CR-V」

三菱「GT-PHEV」コンセプト
次期アウトランダーPHEV GT-PHEVconcept
そして最後が次期アウトランダーPHEVとも言われる
三菱「GT-PHEVコンセプト」です。
前1後2の3モーターによる4輪駆動と、
EV航続距離120キロ、総航続距離1200キロは魅力。
➡︎◻︎三菱「GT-PHEV」コンセプト



来年はこれらがどのように実車に向けて進化するか
楽しみです。
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する