PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

予約殺到のトヨタC-HRのカタログが凄い! 何とマット紙に印刷

トヨタ C-HR カタログ
遂に発売されたトヨタのSUV「C-HR」です。既に多くのオーダーを抱え、
春以降の納車待ち状態になっていると伺います。
先日会社そばのディーラーさんでカタログをいただいたところ
びっくりしました。
普通自動車のカタログは表面がツルツルのコート紙が多いのですが、
このカタログはマットな質感の紙に印刷されています。
クルマのピカピカ感は表現できませんが、その分写真に雰囲気が出ます。
(デジタル化してしまうとわかりません、実物を見てみてください)

トヨタ C-HR カタログ
表紙をめくったところは、素人さんが撮影した写真も含む
まるでインスタグラムみたいなページになっています。
流石トヨタ。カタログの編集もトータルのコミュニケーション
戦略として表現コントロールされています。
(三菱も見習って欲しいです)
トヨタ C-HR カタログ
このクルマ新型プリウスに採用されたTNGAプラットフォーム
を共有しているのですが、プリウスより足回りがかなり強化されている様子。
トヨタ C-HR カタログ
30㎞/ℓとすごい燃費の1.8ℓハイブリッドが用意されていますが、
(HVは2WD、1.2ℓターボ車が4WD)

TNGAで作られているということは
理論上プリウスPHVのパワートレインが積めるはずです。
プリウスPHVとこのC-HRの両方が売れたら、「C-HR PHV」が発売
されるかもしれません。
アウトランダーPHEVオーナーにとっても、かなり魅力的です。
楽しみに待ちましょう。
なんせこのクルマ、:プリウスにはない300ℓを超えるラゲッジがあります。
トヨタ C-HR カタログ
かっこいいのが、ヘッドライトと、リアコンビランプ。
特にレクサス等の上位車種に採用のシーケンシャルターンライトも採用。
羨ましい!
ボディカラーは8色。ツートンは日本では見送られたものの、
ラディアントグリーンメタリックがカッコいいかもしれません。
ツートンは時期を置いて発売必須でしょう。
トヨタ C-HR カタログ
グレードはシートの質感が素晴らしくホイールがカッコイイ
Gグレードが良いようですね。
このバンパーをガードしてくれるロングラゲッジマットは
グッドアイディア!。
各社真似しても良いですね。
トヨタ C-HR カタログ
そんなこんなで300万円に9インチ液晶モニター、
オプションを付けると結構なお値段になってしまうところが
唯一の懸念点でしょうか。
しかしよく出来ています。
ホンダヴェゼル、マツダCX-3 日産ジュークはくわれると予想されます。
各社も頑張って切り返してください。

トヨタ C-HR 市販モデル ジュネーブ

➡︎◻︎ジュネーブでの欧州版ツートンC-HR


箱根駅伝2017 新型プリウスPHV 伴走車

➡︎◻︎いよいよプリウスPHV発売 箱根駅伝で試走


日産 NISSAN GRIPZ Concept 東京モーターショー


→◻今秋発売?次期ジュークと言われる日産GRIPZ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する