PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

三菱エクリプスクロスのフロントデザインは未だ進化の途中?

三菱期待の新型SUV「エクリプスクロス」が発表になりました。
後ろ向かって上方に切れ上がるエッジを効かせたサイドデザイン
左右のテールランプを横一文字にLEDで繋いだリアデザインは
、ユニーク且つ未来的で、特に評価が高いようです。

一方、ちょっと評価が分かれるのがフロントデザインです。
三菱ダイナミックシールドデザインが踏襲されているのですが、
そもそもユニーク且つ未来的かというとそうでもないことに加え、
従来車と変わりばえがしないという印象だからでしょうか。

三菱ダイナミックシールドデザイン エクリプスクロスのフロントデザイン
頬がえぐれて、大型のLEDが埋め込まれているところが特徴ですが、
ガンダムチックな感じがお嫌いな方や、レクサス等の日本車の単純に怖い顔化
に飽きてきた方には新鮮さ、未来感が足りなく感じられるのかもしれません。
パッと見の印象が後期現行アウトランダーやRVRと同じなのも三菱ブランドとしての
一体感重視という事なのでしょう。
ただ、昨年の不祥事で地に落ちている今となっては、
心は残しながら「新生三菱としての新しいイメージ」を期待する方が多いのかもしれませんね。

エクリプスクロスは、左右から張り出しているいわゆる「クロームライン」はほぼそのまま、
下から突き上げるローワーガードデザインにもボディ色ではなく、シルバー(マット?)を
使っているところがアウトランダーやRVRと違うところです。
実車の印象を早く見てみたいですね〜。今秋の東京モーターショーに期待。
三菱ダイナミックシールドデザイン
この3方からのプロテクトするイメージが、
三菱ダイナミックシールドデザインの考え方です。
三菱ダイナミックシールドデザイン

➡︎◻︎ダイナミックシールドデザイン開発についての過去記述


三菱ダイナミックシールドデザイン
一方三菱最新のコンセプトカーにおけるフロントデザインの傾向は
少し変化しつつあります。
上から次期RVR(eX コンセプト)次期デリカD;5(XR コンセプト)
次期アウトランダーPHEV(GT-PHEV コンセプト)です。
一見してわかるようにダイナミックシールドは踏襲しているものの、
上側のヘッドライトをポジショニングライト化し、下の左右からの
張り出し部分の中に大型のLED複合ヘッドライトを埋め込もうとしています。
これはかなり未来的です。
日産ジュークが4つ目で先鞭をつけたとも言えますが、シトロエン他各社が
追求しようとしている近未来カーの新しい潮流です。
是非次期アウトランダーPHEVのFMCでは新生三菱の顔としてチャレンジ
してほしいですね。

そういう意味でエクリプスクロスの顔は、昨年の不祥事と旧来三菱の
印象を振り切りきれていない、進化途中の顔と映るのかもしれません。

MITSUBISHI conect 三菱 コネクト eXconcept

➡︎◻︎eXコンセプト下部ライトの方が上より光量が多い
三菱ダイナミックシールドデザイン
個人的にはダイナミックシールドデザイン自体は嫌いではありません。
タイで人気のパジェロスポーツをはじめ、デザインを上手に
仕上げれば、三菱伝統のスピリッツを残しながら、未来感も、
変わった感も演出できるデザインモチーフだと思います。

但しそこには、お客様におおっ!今度はやるじゃないかと思わせる繊細な
工夫が必要だと思います。三菱デザインチームには、
是非頑張って欲しいです。



三菱 新型SUV エクリプス クロス MITSUBISHI eclipse cross

➡︎◻︎エクリプスクロスのサイド、リアデザインは良いですね!


日本車の怖い顔化


➡︎◻︎日本車の怖い顔化について
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する