PHEV ブログ

アウトランダーPHEV(2013年新発売時 初号機)乗りのブログです

アウトランダーPHEVを真下から見てみると普通の車でないことがよくわかる

先日某所の平置き駐車場の2階にアウトランダーPHEVを停めました。
ここの駐車場は床が鉄の網目素材でできていたので、下の階から
クルマの下を見ることが出来ました。
アウトランダーPHEVを真下から見ると

あんまりこういうシチュエーションってないものです。
アウトランダーPHEVを真下から見ると
やっぱりあらためて驚くのが駆動用バッテリーの大きさです。
200キロもあるそうで、これがクルマの最下部にぶら下がっているのですから、
このクルマどっしり安定しているわけです。


アウトランダーPHEVを真下から見ると
更にEVでは無いはずのエグゾーストパイプがフロントのエンジンから
一生懸命バッテリーを避けて後方に伸びているのがわかります。
SUVというクルマの特性上、最低高を稼ぐために重ねない工夫がされています。

又4輪駆動でありながらドライブシャフトが無いのもこのクルマの特徴です。
後輪の駆動力は電気なのでケーブルだけで配分できます。

アウトランダーPHEVという近未来車の駆動システムは発売4年を経過しても
非常にユニークで素晴らしいのですが、その特徴がよく表れているのが
実は普段は見えないこの「クルマの底側」に表れているのかもしれませんね〜。


アウトランダーPHEV パワートレイン




東京モーターショー2015 アウトランダーPHEV
東京モーターショー2015 アウトランダーPHEV
➡︎◻︎先回の東京モーターショーでの後期型アウトランダーPHEVの裏側



アウトランダーPHEV 立体駐車場
➡︎◻︎アウトランダーPHEVは立体駐車場に入れるのか?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する